フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 第7回“アコーディオン喫茶かるふーる”のお知らせ | トップページ | バロックで始まる朝 »

2005年10月11日 (火)

KODAIRAわいわいバザール

 昨日は東京・小平市にある施設内で開催された「KODAIRAわいわいバザール」に行って来ました。障害を持つ人たちが働き・生活できる地域をめざしての活動で、あいにくの雨にもかからわず、賑わっていました。今元気な人でも、年齢と共にいろいろと障害が出てくることもあります。事故や病気で身体に障害が残ることもあります。他人事だと思わずに、誰もが暮らしいやすい地域を作ろうと一人一人が思うことが大切だと感じます。地域で開催される、このようなイベントに参加すると、日々の生活の中で忘れてしまいがちな大切なことを、思い出すいいきっかけになったりします。

 このイベントを知ったのは偶然で、アコーディオン二台と二胡によるユニット(aco-nico)の無料演奏があると聞いて、それが目的で行ったのですが、イベントそのものも良かったです。

 aco-nicoは、大塚雄一さん・田ノ岡三郎さんのアコーディオンと山平憲嗣さんの二胡の三人のユニットですが、活動を始められた頃からのファンです。ちょっととぼけたような三人のトークも面白く、演奏は温かく、気持ちよく楽しめました。

 45分間のaco-nicoの演奏終了後、会場をぶらぶらと歩いていると、別の場所でもコンサートをやっていました。自宅近くのライブハウスで時々ライブをやっている評判のいいグループが、ちょうど演奏を始めるところだったので、そちらも聴いて帰りました。こちらはJammy Lifeという若い女性ヴォーカルと男性ピアノのデュオでした。ヴォーカルののびやかな唄も力強いピアノもステキな演奏でした。

 無料で、いい演奏がたっぷり聴けて、雨模様の一日も全然気にならず、得した気分の一日でした。

« 第7回“アコーディオン喫茶かるふーる”のお知らせ | トップページ | バロックで始まる朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/6349750

この記事へのトラックバック一覧です: KODAIRAわいわいバザール:

« 第7回“アコーディオン喫茶かるふーる”のお知らせ | トップページ | バロックで始まる朝 »