フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« ウインナ・ワルツ | トップページ | 本日は晴天なり »

2005年10月22日 (土)

はだかの王様

 デンマークの童話作家アンデルセンの生誕200年を記念したイベントに行ってきました。

~音と映像と語りのファンタジー「NOSTALGIA・ノスタルジア」~

       アンデルセンの回想

 春風亭小朝さんと小川範子さんの朗読に穴澤雄介さん(バイオリン)・福嶋亮さん(アコーディオン)・川越好博さん(ピアノ)の演奏。語りと音楽とスクリーンに映し出される映像とが織り成す大人のための空間を楽しんできました。

 アコーディオンの福嶋さんは来年1月の“アコーディオン喫茶かるふーる”にゲストとして来て頂く予定のアコーディオン・デュオSarasaのお一人。知り合ったのは7~8年前でしょうか。東京アコーディオンメイツのメンバーズ・コンサートで毎年魅せる演奏を聴かせてくれていました。岩城里江子さんとSarasaを結成してからの福嶋さんの姿を、いつも感嘆の思いで見てきました。サラリーマンとしての仕事のかたわら、コンサートやライブの回を重ねるごとに、どんどん演奏力も表現力もアップしていくのが見て取れました。今夜の演奏も、とても素晴らしかったです。プロの語り手の舞台にミュージシャンの一人としてお声がかかるということは、地道に努力を積み重ねていらっしゃった福嶋さんのことを見ている人がたくさんいたということだろうなと思いました。福嶋さん、ブラヴォー!

 アンデルセンの生涯を語る朗読、小朝さんと小川範子さんのトークショー、「はだかの王様」の朗読、そして音楽だけを楽しむ時間もたっぷりあり、満足の夜でした。「はだかの王様」を聞きながら、何となく人の意見に左右されてしまいがちな自分の生き方をちょっと反省したりもしていました。自分の目で見て、自分の頭で考えて、しっかりと行動できる大人でありたいなと考えたりもしていました。思うことと実際に出来ることは一致しないものの、時折いろいろと考えることはいいことかなと思います。

« ウインナ・ワルツ | トップページ | 本日は晴天なり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/6521768

この記事へのトラックバック一覧です: はだかの王様:

« ウインナ・ワルツ | トップページ | 本日は晴天なり »