フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 悪口(あくたい)まつり・滝流しの式 | トップページ | 尺八奏者との出会い »

2005年12月24日 (土)

チャンスの前髪

 小さい頃、学校の先生に「チャンスには後ろ髪がないんだよ。来たときに前髪をつかまないと逃げていってしまうんだよ。」といった内容の話を聞いたことがあります。以前の私は、いろいろなことに結構躊躇する方でしたが、最近は図々しいかもと思うぐらい積極的です。多分子どもの頃の私を知っている人は驚くことと思います。

 レストランでの演奏のお仕事に声をかけていただいた時も「私でいいのかなぁ」と思いつつも、「演奏レベルではなく、気持ちを込めて弾くということで、頑張ってみよう!」と引き受けることにしました。昨夜、30分を4回という演奏は体力的には少々きつくはありましたが、あるといいなと思っていた素敵な出会いがありました。
 最終回8時半からの演奏時には、お客様の数はそれ程多くはなかったのですが、近くの席にいらしたご夫婦が、とてもアコーディオンに興味を持ってくださって、いろいろと話しかけてくださって、温かい言葉と気持ちのやり取りができました。とても嬉しい時間でした。
 全体的には反省点も多々ありの夜でしたが、このような経験を積み重ねることで、もっともっと練習して頑張ろうという励みになります。アコーディオンという楽器を通じて見ず知らずの方たちと言葉を交わして温かい気持ちになれるということは本当に幸せです。そんなチャンスを逃がさないように、より精進しなくてはですね。昨夜の私の拙い演奏を聴いてくださった方たちに感謝!

« 悪口(あくたい)まつり・滝流しの式 | トップページ | 尺八奏者との出会い »

コメント

川井さん、お役に立てませんでしたが、いい方が見つかったようで何よりです。

静岡市でうたごえとCafeをなさっているコロポさんがとりあえず対応していただいたようです。 ご協力ありがとうございました。

parmerhuseさん、私のアコーディオン・マイブームも10年を超え、まだまだ続きそうです!

川井さん、私個人的にはご紹介できるような指導者あるいは独習書などを残念ながら知らないのですが、どなたかご存知の方がいらっしゃるといいのですが。

parmerhuseさん、私のアコーディオン・マイブームも10年を超え、まだまだ続きそうです!

川井さん、私個人的にはご紹介できるような指導者あるいは独習書などを残念ながら知らないのですが、どなたかご存知の方がいらっしゃるといいのですが。

話題がずれちゃってすみませんが、沼津にお住まいの紳士で定年を迎えるにあたりアコ、それもボタンアコを始めたい方がいらっしゃいます。どなたか沼津ないしその近くで初心者にボタンアコを教えていただける方を御存知でしたらお知らせください。また、ボタンアコの独習書など御紹介いただけると幸甚です。

こんばんは。大阪はクリスマスイヴ、寒いけれど、どこも賑わっていて、盛り上がってまっせ。えりさんは、とてもとてもタフでびっくりしました。そして、いつもお伝えしていますが、前向き。すてきな出会いがあってよかったですね。アコーディオンは、お客さんに向かってすべてが見えるので、ギターと同じように目立つんです。明るい顔して弾かれていたから、聴いている方にも、楽しさがわかり、つながりが出来るのかも。うらやましい。私も、そんなゆとりがほしい。
ところで、私も、今回の大阪行きで一歩前に出たことがあります。買っちゃいました、MP3レコーダー。13800円也。松尾さんが、これいいよって、かるふーるで紹介していらっしゃいましたよね。練習記録、演奏記録をパソコンに取り込み、ブログで紹介出来るのです。ナヴィカトーレさんのブログにそれがあります。すてき。私も、来年はアコをマイブームに頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/7803292

この記事へのトラックバック一覧です: チャンスの前髪:

« 悪口(あくたい)まつり・滝流しの式 | トップページ | 尺八奏者との出会い »