フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 聴けば効く! | トップページ | 第8回“アコーディオン喫茶かるふーる” »

2005年12月 1日 (木)

風がたどった道

 牧田ゆき さんのCD「風がたどった道」。今朝なぜこのCDを思い出したかというと、新聞のコンサート紹介の欄に、このCDに使われている写真を見つけたからです。アルゼンチンの伝統音楽であるチャマメをパリでラウル・バルボーサから学び、日本でチャマメを紹介しようと精力的に演奏活動なさっている牧田さん。小柄な女性なのに そのアコーディオンから出てくる音はとても歯切れが良く力強い。彼女のオリジナルからなるアルバム「風がたどった道」は楽しく 美しく もの悲しい。日本ではまだ広く知られてはいないかもしれないけれど、チャマメはとても魅力的な音楽です。牧田さんのライブに何度か行って、すっかりファンになりました。私が新聞で見つけたコンサートの紹介も次のサイトでご覧になれます。
http://www.planet-y.co.jp/makita/ http://www.planet-y.co.jp/makita/index2.html

« 聴けば効く! | トップページ | 第8回“アコーディオン喫茶かるふーる” »

コメント

eteさん、こんばんは。
杉村先生、覚えていてくださったとしたら嬉しいです。この3月まで活動していたTAMの会員になってくださっていたので、クリスマス会とかコンサートとかに時々来てくださっていたのですが、杉村先生の周りには何となくほんわかした雰囲気が漂っていたことを思い出します。
「チャマメ(茶豆)と言えばビール!」という方のほうが多いかもしれませんが、アルゼンチンのチャマメ楽しいです。でも、自分では弾けそうではありません。リズムが難しそう。私の演奏は期待してしまうとがっかりしますよ! 10年経っても進歩が見られないかも。でも、アコーディオン弾くことは楽しんでま~す!

牧田ゆきさんの演奏一度聴いたことがあります。
まだチャマメというものが何なのか全くわからなかった頃。今もそうですけどね。
昨日杉村先生に会ったので、くどうさんのことを尋ねたら、先生覚えてましたよ。
活動的な人、って言ってました。
一度演奏を聴いてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風がたどった道:

« 聴けば効く! | トップページ | 第8回“アコーディオン喫茶かるふーる” »