フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« L’ALLEGRESSE アレグレス | トップページ | Saudade PIERRE BAROUH »

2005年12月 8日 (木)

あおパジャマくん

 家の近所にある素敵なカフェテラス「えごの樹」から絵本の原画展の案内をいただいていたので行って来ました。

 「あおパジャマくん」(草炎社刊)の原画が店内に展示されていて、偶然ですが、そしてとてもラッキーなことに、その絵の作者 古屋洋(ふるや よう)さんが来店されていてお話をすることが出来ました。メルヘン調の明るく優しい感じの絵でした。ご本人も温かい雰囲気の物腰穏やかな紳士でした。

 おいしい珈琲とほのぼのとした気持ちになれる絵を見て、ほっとするひとときを過ごしてきました。心痛む事件も多い日々ですが、忙しいとばかり言っていないで、たまには絵本でも眺めてみるのもいいかもと思いました。

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31603247(「あおパジャマくん」の紹介HP。)
http://www.yosioka.jp/page106.html(「えごの樹」を紹介するHP。お店で作っているHPではないそうです。)
http://www.yosioka.jp/page057.html(上記のHPでたまたま見つけた写真ですが、私のブログのタイトルとなっている「せせらぎ 木漏れ日 そよ吹く風」の場所を写した写真も見つけました。残念ながら木漏れ日の風景ではないのですが、せせらぎの音を聞きながら上を見上げるとお天気のいい日には木漏れ日がきれいなのです。)

« L’ALLEGRESSE アレグレス | トップページ | Saudade PIERRE BAROUH »

コメント

parmerhuseさん、春の小川の題材になった用水路って国分寺の近くなのですか。知りませんでした。今でこそ交通量も多くなりましたが、昔は国分寺あたりも原っぱが広がっていたのでしょうね。クリスマスは大阪で過ごされるのですね。アコーディオンの試奏もでき、楽しめそうですね!

おはようございます。次の大仕事は通知票の作製です。プログラムが終わり、今日は、「出来ました。」と精度チェックを終え、持って行くことが出来ます。ホッ。昨夜は、やっぱり夜遅いから、音出しは不可能。指だけはしっかり動かしていました。好きなことだから、自然にやっちゃうんですよね。さて、えりさんは、フランスで暮らしたことがあるので、色々、芸術に興味がおありですね。なーんだか、この記事のホームページを訪ねると至福の一瞬です。嬉しい。絵と音楽って、色という共通の土台がありますね。私も、きれいな風景を見ると詩情が沸き、曲のイメージが沸きますね。だから、旅も楽しくて止められません。そう言えば、「春の小川」の題材になった用水路にも足を運んだことがあります。国分寺の方、西武線に駅があります。嬉しいお知らせ、三木楽器さんから返事がありました。23日Vアコのデモンストレーションがそごう12階であるそうです。そこで、試奏が気軽に出来るそうです。ぷらっとこだまの予約しちゃいました。江戸堀温泉にも予約入れなくては。いいクリスマスになりそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/7523966

この記事へのトラックバック一覧です: あおパジャマくん:

« L’ALLEGRESSE アレグレス | トップページ | Saudade PIERRE BAROUH »