フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 生き返ったピアノ | トップページ | カフェバー空 C00 »

2006年1月22日 (日)

<音楽を楽しむ会>Vol.3

 “アコーディオン喫茶かるふーる”でもお世話になっている<炭火煎珈琲はるもにあ>さんで昨日は<音楽を楽しむ会>が開催されました。雪の舞うお天気の中でしたが、千葉県や埼玉県、神奈川県などからも参加者があり、アットホームな楽しい時間を過ごすことができました。昨年4月、7月に続いて第三回目でしたが、堅苦しくなく気軽に音楽を楽しめて人と出会う場を求めている方は私を含めて大勢いるんだなと改めて感じました。

 ヴァイオリン、フルート、ケーナ、マウイザフーン、ジャズピアノ、アコーディオン、アコーディオン四重奏、ヴォーカル、ピアノ&アコ、フルート&アコなど、楽器もいろいろで様々な音楽を楽しむことができ、会の終わる頃には、初めて会った方も含め全員と仲良くなれたような気持ちで会場を後にしました。

 私はフルート&アコーディオンでミュゼットの「ジェルメーヌ」、ピアノ&アコーディオンで「パリの空の下セーヌは流れる」を演奏させてもらいました。気軽にアンサンブルを楽しめることも、この会のいいところです。普段アコーディオンの音で聴き慣れているメロディーをフルートで奏でるのも新鮮でした。「パリ空」ではジャズワルツでアドリブも入れてやるというスリリングな経験もさせていただきました。出来はさておき練習を含めて楽しい経験でした。新しいことに取り組むのは老化防止にもいいかもと、今後も実験的なことにチャレンジしようと思います。

 温かい手作りスープで迎えてくださったお店のオーナーのMakikoさん、いろいろな演奏で楽しませてくださった参加者の皆さんに感謝の午後でした。ありがとうございました。

« 生き返ったピアノ | トップページ | カフェバー空 C00 »

コメント

♪運転士さん、全くの初心者の相手をしていただいて感謝しています。ちょっぴりジャズが見えてきたかもしれません。とりあえずは自分で楽しめることが肝心ですね。運転士さんの列車に乗りたい方はたくさんいそうです。次回は休む間がないかもしれませんよ!

Sous le ciel de Paris (= under the sky of Paris) は古いフランス映画の中で使われた曲で、その映画の邦題タイトルが「パリの空の下セーヌは流れる」だったと思います。通常「パリの空の下」と短く呼ばれることが多いようですね(日本語でもフランス語でも)。私が普段ソロで弾いている形は、実はこの映画を見てコピーしたものが元なので、すごく古びた感じです。今回の運転士さんの考えたコード進行は生き生きとしたスピード感があって新鮮でしたね。またいろいろと教えてください!

♪Makikoさん、こちらこそ第一回<音楽を楽しむ会>時のフルートのピアノ伴奏をきっかけに次々いろんな試みをやってきて、二人でいろいろやることが、すっかり楽しみになっている私です。昨夜ちょっと遊んだヴァイオリンとのデュオも楽しかったので、きちんと仕上げる曲を決めるために事前に遊び弾きをたくさんしましょう!

えりさん、昨日はいろいろなところで助けて頂いてありがとうございました。
デュエットも楽しかったです。
もう少し早く私のエンジンがかかり、構想をねったり裏メロ等を考える事ができていたらと思うと悔やまれますが、私からしてみれば前進です。
譜面を探しにいくのもこれから楽しくなりそうです。
こんな私にいつも丁寧にお付き合い下さり、楽しみ方を投げかけてくれるえりさんに感謝です。

楽しかったですね。
始発駅から一つ目の駅までは、下り勾配で、速く走ったので、
次の2つ目の駅までは、今度は上り勾配なので、
ゆっくりなのをやりましょうか。何がいいですかね?
パリ空の正式名称は、セーヌは流れる、が付くのですか。
SOUSがセーヌなの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/8274241

この記事へのトラックバック一覧です: <音楽を楽しむ会>Vol.3:

« 生き返ったピアノ | トップページ | カフェバー空 C00 »