フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« カフェバー空 C00 | トップページ | 1月の“アコーディオン喫茶かるふーる” その後 »

2006年1月22日 (日)

ロシアンティーの真実

 「歌と踊りとロシアンティー」というイベントで歌の伴奏をさせていただきました。妖精のような愛らしいお嬢さんオルガさんの歌3曲と<ロシア民謡を歌う会>という伝統あるグループの歌3曲と全体合唱曲でした。<ロシア民謡を歌う会>の伴奏は専属伴奏者として普段の練習に参加なさっている高校生アコーディオン奏者 松永小春さんとご一緒でした。人数の多いグループでしたので2台で伴奏してちょうどいい感じでした。以前から知り合いではあったものの一緒に演奏するような機会はなかった小春さんとご一緒できたことも楽しい経験でした。

 もう一グループ、東京外国語大学ルムークの方たちのアカペラとバラライカを交えた歌も素晴らしく、世界民族舞踏団スランチェの方たちのロシアンダンスも自然と身体を動かしたくなる楽しさでした。

 歌と踊りの後は、黒パン・ジャムとともに紅茶を楽しみながらの交流の場となり、にぎやかに和やかに会話が弾みました。一つ驚いたことは、オルガさんが仰るには、ロシア人は紅茶の中にジャムを入れて飲むようなことはしないということです。スプーンですくったジャムを舐めながら紅茶を飲むのだそうです。日本でロシアンティーと一般的に呼ばれているような飲み方は、あまりしないとのお話でした。トリビアにだせる???

 ロシアの美しいワルツをいくつか覚えたので、来月の“アコーディオン喫茶かるふーる”ででも聴いていただこうかなと思っています。

« カフェバー空 C00 | トップページ | 1月の“アコーディオン喫茶かるふーる” その後 »

コメント

mariさんなら多分初見で弾けるような譜面だと思います。お楽しみに!

わあ。是非よろしくお願いします。私は簡単なコードでないと弾けないので、メロディー譜大歓迎です。

mariさん、とても楽しい会でした。また秋頃にロシア民謡の会をやるようなお話でした。ロシアのワルツ、簡単なコード付きメロディー譜でよければ、3月に差し上げますよ。

ロシアンティーの会、行こうと思っていたんですが、前夜よふかししたせいでものすごく朝寝坊(恥ずかし)してしまったので断念致しました…。
とても楽しそうな会ですね~。
ロシアでお茶といえば、サモワール。やはりサモワールで沸かしたお茶だったのでしょうか。ロシアのワルツも気になります。

parmerhuseさん、連日でお目にかかれましたね。昨日は予想以上のお客様に来ていただけたようで、賑やかでしたね。私も外語大の学生さんたちにアコーディオンのことを聞かれたので<かるふーる>にお誘いしました。サークル所有のアコーディオンがあるそうなので、少し練習すれば弾ける人がいそうな感じでした。歌や踊りって本当に人の気持ちを楽しくさせてくれますね。私もすっかり楽しんで過ごしていました。ありがとうございました。

お疲れ様でした。私は、今、帰り着きました。それにしても、初めての場所って、緊張します。でも、歌や踊りが進むにつれ、みんななごやかになり、いい雰囲気を感じ取れました。立ち話の時は、どんな話から切り出そうか迷いました。切り口は、アイルランドとロシアが共和国という共通性から、友好国になっていて、スミノフというお酒を特別にロシアから輸入出来る間柄だったこと、アコーディオンとバヤンの違いのことでした。かくするうち、外語大の学生さんたちが、バラライカとバンドーラという楽器の回りに集まりだし、話が弾んでいたので、そこに合流しました。あの楽器のことは、NHKテレビ、「世界の音楽」で立川澄人さんが紹介してくれて、初めて知りました。実物を見たのは2回目です。そして、こんなに間近に見れたのは初めてでした。バラライカは三角形、弦は4弦、上から2つ目までは低音を効かすため同音のベースA、その次が1オクターブ上のA、その次が標準のEだったと思います。バンドーラは楕円で、やはり同じ4弦の構成、バンドーラはバス、テノール、アルトと3種類ありますが、高音のマンドリンのような音がしていましたので、アルトだと思います。(うろ覚え。)すごく、いい曲がたくさんありましたね。システムの違う楽器でも、ぶつっけ本番でも、えりさんと小春さんとの息がピッタリで、すごいと思いました。
あの後、感動に浸って、勢いでアイリッシュパブでも国際交流しちゃいました。最近、大阪の行き帰りで都内を素通りするだけで、めったには行かないから。セッションに参加していた頃は、よく、アイリッシュパブに馴らしたモノです。買い物して、それから、池袋、新宿、渋谷のダブリナーズでそれぞれ、30分ずつはしご酒しました。そして、感想をメモにしたためたり、アイリッシュの方たちと会話したりしました。えりさんのおかげで、いい休日が過ごせました。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/8284521

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアンティーの真実:

« カフェバー空 C00 | トップページ | 1月の“アコーディオン喫茶かるふーる” その後 »