フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« お着物デビュー! | トップページ | いつか読書する日 »

2006年1月 6日 (金)

音楽の化学反応

 昨日の話題の続きですが、人前で演奏する時の聴き手側の反応って、結構演奏者に影響を与えると思います。本当に力のあるミュージシャンは、そんなことに左右されないのだと思いますが、私などいつもその場の雰囲気に影響されて時としてボロボロ状態になったりします。今日は、高齢者のデイサービスの新年会だったので、皆さん意識もしっかりあって音楽を聴く体制で座っていてくださったので、とてもやりやすくて、こちらも相手側の様子を見る気持ちの余裕も持てました。「りんごの唄」「君恋し」「青い山脈」「パリの空の下」を演奏して、終了後お抹茶と和菓子をいただいて帰りました。スタッフの方から、「普段あまり懐メロなどの音楽に反応しない男性の方がシャンソンの演奏には楽しそうにリズムを取って聴いていましたよ。」と言っていただき、一曲シャンソンにして良かったと思いました。

 音楽って不思議です。演奏者と聴く人との間に化学反応が起きているように感じます。お互いに影響し合い、それがいい結果を生むこともあれば、実験失敗というような結果に終わることもあります。聴き手側にいい反応をしていただくには、やはり演奏者側がそれなりの演奏をしなくてはダメですね。練習の時にも自分の前にお客様がたくさんいると想定して、その方たちが笑顔で聴いてくださる様な演奏をしたいなと思いながらイメージトレーニングでもしてみようかと思いました。

« お着物デビュー! | トップページ | いつか読書する日 »

コメント

foohtaさん、初めまして。
二回ほど障害をお持ちのお子さんたちの施設でも演奏させていただいたことがあります。反応がストレートで、とても気持ちよく演奏出来たのを覚えています。音楽に身をゆだねるとでも言うのでしょうか、体中で音楽を感じてくれているのが弾いている方へも伝わってきて、こちらも楽しい気持ちになり、共に楽しく満ちたりた時間を過ごせたように思い出します。高齢者の施設で弾かせていただいている時にも、ふと見ると、いつも無反応だった方が、ある曲が始まったとたんに身体をゆすり始めたり手を叩き始めたりと、「ああ、聴いてくださっているんだ」と嬉しく思う時がよくあります。そんな素敵な瞬間を楽しみに、これからもいろんな場所で演奏をさせていただこうと思います。温かいコメントありがとうございました。

はじめまして。演奏会で相手の反応…という内容だったので思わず書き込んじゃいます。
私の息子は重度の障害があり、自分の感情が上手く表現できません。でも音楽は大好きで首を振り振りしてのったりする事もあります。音楽の力って凄いんだなぁと思います。
お友達で、もっと重度な方はほとんど反応がなく、楽しめているのかまったくわからない事もありますが、お母様に聞くと「凄く喜んでる!」との事。
障害の重いお子さん(に限らないか…)は音楽が大好きな子が多いです。反応がなくてもじーっと心に溜めて味わっていると思います。
いろんな方を対象に演奏なさっていてご苦労もある思います。でも、くどうさんの演奏を聴いて感動している方のために、これからも頑張ってください。

parmerhuseさん、おはようございます。
伊豆でウォーキングを楽しんで、元気になってお帰りですね。いよいよ来週の日曜日、またお目にかかれますね!

こんばんは。おかげさまで、自転車事故の筋違いの後遺症、治りました。帰宅後、元気に奏でています。

こんにちは。隙間ねらいの旅は、音楽とともに断固続けます。あと一泊、時間的にも経済的にもウォーキング出来そうなので、伊豆に行っちゃいました。今、踊り子号で修善寺から帰路についています。イメージトレーニング!!えりさんのおっしゃるとおりです。相手がどのように自分の演奏を受け止めてくださるか、それから、話題性ですね。それを考えた演奏って大事です。まずは、かるふーるで少しはまともな演奏出来るようにしたいです。今回は、セッチミオ・ソープラーニを持って行きます。ただ今整備中。アイリッシュミュージック目当てにという方も多いようですから、それも用意しようかなぁ、それとも、兼ねてからのご当地ソングにしようかなぁ、思案しています。少しは、聴いていただけるもの、指になじみやすいもの、欲張らず。

suirenさん、コロポさん、こちらからも「おめでとうございます!」

suirenさんのブログも、新しいボタンアコの写真がアップされるのがいつかと楽しみで拝見しています!

コロポさん、コメントいただき、ありがとうございます。コロポさんのように長く本格的にやっていらっしゃる方からすると私のやっていることは赤ちゃんの遊びのようなレベルですが、継続することで発見も学ぶことも多いし、上手く行った時の喜びは何物にも変えがたいですね!

もう6日ですね、くどうさん明けましておめでとうございます、せせらぎブログにはじめてよせてもらいます。さわやかほのぼのブログいいですね。
 私も4日にディサービスへアコを担いで行ってきました。暮れの30日の夜に急に頼まれたので、、おかげさまで正月もしっかり練習できました。
 くどうさんも書いてますが高齢者の施設での演奏大変でもあり工夫も本当に必要ですね。平均してつきに2度くらいやっていますが、皆が喜んでくれる、そして自身も成長できるということが源泉なのかと思って可能なかぎりやらさせていただいてます。長々失礼致しました。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
今年もくどうさんのブログでの素敵なお話を楽しみにしています♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/8030178

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の化学反応:

« お着物デビュー! | トップページ | いつか読書する日 »