フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« パラシュート・リサイタル VOL.1 | トップページ | 自分らしさ »

2006年2月18日 (土)

1+1+1= ?

 1+1>2、1+1+1>3 etc. というように単純な足し算にならないところがアンサンブルの楽しさだなと思います。部屋で一人で弾いているより二人で弾くと何だか楽しい、もう一人加わるともっと楽しい、そんな風に同じ楽器同士でも違う楽器とでも人と共同作業で何かを作り上げていくと言うのは本当に楽しいと最近つくづく感じています。

 40代も後半になって、このような楽しみを見つけることができるなんて、若い頃にバンド活動にもライブなどにも縁のなかった私には、ちょっと不思議な気持ちです。今日はギター・ピアノ・アコーディオンで3月のライブに向けての練習をしました。それぞれが持ち寄った曲を形作っていく、そんな時間がとても楽しく幸せです。

« パラシュート・リサイタル VOL.1 | トップページ | 自分らしさ »

コメント

parmerhuseさん、仰る通りmariさんの言葉は心にとめるべきものですね。何となく弾き流すような練習は良くないですね。

mariさんがコメントしていらした「練習曲でもアナリーゼはだいじ。」ということば、だいじにしたいです。楽譜を見て、曲想を考えて、自分はこのメロディーを大切にしたいと判断し、メリハリの計算をつける。ひととおり指で撫でてみて、音がわかったら、暗譜。いいじゃぁないですか。楽器がかわいくなり、音が味わえるようになってきます。

parmerhuseさんも日々音楽を友として楽しんでいらっしゃることが、よく分かります。

こんばんは。楽しさが伝わってきます。私も、小学校の器楽合奏の時間や吹奏楽の部活時間、大好きでした。今夜から、少しずつ、3月に向けて、楽譜読むようにします。指が動き出したから、どんな動きしているのか確かめ、より合理的な方法研究出来そうです。横森さんと同じやり方しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/8720220

この記事へのトラックバック一覧です: 1+1+1= ?:

« パラシュート・リサイタル VOL.1 | トップページ | 自分らしさ »