フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 流しのアコーディオン | トップページ | うたごえ喫茶 in はるもにあ »

2006年2月 8日 (水)

face to face

face to face    eddy Louiss  richard Galliano (DREYFUS JAZZ   VACR-2054)

フェイス・トゥ・フェイス   リシャール・ガリアーノ&エディ・ルイス

「ジャズが好きで好きでたまらない」という訳ではない私が、一度聴いてすっかり気に入ってしまったアルバムです。もちろん、ガリアーノのアコーディオンと以前から好きだったハモンドオルガンの奏者との共演ということで興味があって買ったのですが、期待以上にいい内容でした。

"face to face" というタイトルからしていいのですが、共演の二人が寄り添いながら顔と顔を見合わせながら、対話をしながら音楽を作っているというのが素直に感じられるアルバムです。それぞれがミュージシャンとして一流であるからこその結果であるのかもしれませんが、この二人の組み合わせは私が今まで聴いたデュオの中で一番かもと思うぐらい好きです。

シャンソンから「パリの空の下」、レオ・フェレの「アヴェック・ル・タン」、ブラジルの曲「ビリンバウ」なども含み、二人のオリジナルも多いのですが、個人的には何度聴いても飽きない一枚です。

http://www.richardgalliano.com/home.htm(Discographyから辿るとCDに使われている二人の写真が見られます)
http://www.neowing.co.jp/FM802/detailview.html?KEY=VACR-2054(試聴もできるようです)

« 流しのアコーディオン | トップページ | うたごえ喫茶 in はるもにあ »

コメント

てるおさん、本当ですね、良く見たら廃盤となっていました。すごくいいCDだと思うんですが・・・

ガリアーノのアコーディオン、素敵ですね。
ジャズアコも良いなぁ。
「パリの空の下」素敵な演奏でした。
これはもう廃盤みたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: face to face:

« 流しのアコーディオン | トップページ | うたごえ喫茶 in はるもにあ »