フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« アコーディオンとの出会い | トップページ | 第10回“アコーディオン喫茶かるふーる” »

2006年2月 2日 (木)

川の流れのように

 月に一度の高齢者施設での演奏ではレパートリーを増やすためにも毎回何か新しい曲を入れるようにしているのですが、今回は「川の流れのように」をやってみました。美空ひばりさんの歌は今まで弾いたことがなかったのですが、この曲はすっかり気に入ってしまいました。先月は着物まで着て気合が入りすぎていたのか終わった後、何だか上手く行かなかったように感じていたので、今回はやり方も少し変えてみました。あと、今日は施設のスタッフの方の参加もあったので、やりやすかったです。1月にいろいろと覚えたロシア民謡も弾いてみましたが、「来月は日本の民謡もやってよね」と言われたので、次は日本の民謡をいくつか覚えたいと思います。

« アコーディオンとの出会い | トップページ | 第10回“アコーディオン喫茶かるふーる” »

コメント

♪コロポさんのHPでソングリストを拝見して、「すごいなぁ~」と溜息ついています。でも、千里の道も一歩からと毎月一曲ずつでも新しい曲を入れたいなと思っています。

♪てるおさん、90代ぐらいの方となると、私が生まれる前の曲を弾いても、「そんな新しい曲よりもっと古いのをやってよ」なんて言われたりもします。それでも、その同じ人が最近流行っている演歌をリクエストしてきたりもするので面白いものです。

♪私も歌の大好きだった母(現在入院中)や九州で一人暮らしの父を思い出しつつ、直接できない親孝行をしているつもりになっています。毎回お顔をみる方たちは何だか自分の親戚のような気がしてきます。

お年寄りに喜んでいただけるなんて、最高ですね。私の亡き両親、思い出してしまいます。歌声は、人を元気にさせます。声を高らかに出すことによって、ストレス発散、そして、腹筋が健康になるんですよね。私も、琵琶湖周航の歌、いっしようけんめいに練習していました。

施設だと新しい曲よりも昔流行った曲が望まれるんでしょうね。
てるおが入院していた病院は5階が療養型病棟で看護師さんの他介護福祉士さんや介護補助者さんが沢山いらっしゃったです。
何時も懐メロが流れていました。
その階は、かなりの高齢者さんが殆どでした。
日本民謡や唱歌、童謡も良いんでしょうね。

施設での演奏お疲れ様です、意欲的にレパを増やしているのですね、コロポも来週ありますが1月と同じメニューでやるつもりです(2月毎歌詞カード変更)
 引越しありがとうございます、ココログベーシックでは画像アップができないみたいです、でもくどうさんは文才ありですから絵に頼る必要ないですね。
そうそう、てるおさんのブログコメントで目にしましたが「大先輩じゃありません(笑)、私も長いブランクがあり、まじめにやり始めたのはたしか1992頃から、ほぼ、くどうさんと同じ時期です」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/8466650

この記事へのトラックバック一覧です: 川の流れのように:

« アコーディオンとの出会い | トップページ | 第10回“アコーディオン喫茶かるふーる” »