フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 空中庭園でのコンサート | トップページ | face to face »

2006年2月 7日 (火)

流しのアコーディオン

 昨日の新聞に写真入で紹介されていたのは、流しのアコーディオン奏者村井茂さん(73歳)。戦前の流行歌を弾き語れる数少ない演奏家で主な活動拠点は浅草だそうです。「カラオケとは違う生の音を味わってほしい」と4月1日、浅草・木馬亭で独演会を開くそうです。

 いろいろな形でアコーディオンと関わっていらっしゃる方が各地にいらっしゃるんだなと、このような記事を見ると、やはり嬉しくなります。 

« 空中庭園でのコンサート | トップページ | face to face »

コメント

てるおさん、これから流しに挑戦も出来そうですね!

転勤で岡山にいた時、小さなバーでたまたまアコーディオンが置いてあって弾いて遊んでいたら、ヘッタピィな流しに間違われて、調子に乗って数曲弾いたことがあります。
多分、ところどころ間違って弾いた筈です(^^;

当時は今のようなカラオケ機械が無くて、8トラックテープで歌のない歌謡曲みたいな演奏のエンドレステープだったような記憶です。

mariさん、お帰りなさい。流しで弾くには、それなりに演奏力・レパートリー・人を引きつける力・体力など必要ですよね。誰にでもできることではありませんね!

レパートリーも即伴奏できる力もない私なのですが、流しのアコーディオン弾きって憧れだったりします。
以前、新宿で流しのギター弾きと少しお話ししたことがあるのですが、「昔はアコーディオンでまわっていたが、腰を悪くしたのでギターにした」とのことでした。
アコーディオン流しは体力勝負でしょうねー。

♪foohtaさん、本が見つかってよかったですね。私も久しぶりに読んでみようかと書棚から引っ張り出すところまではしたのですが。これを読んでバグパイプとアコーディオンの縁を知っていたせいか、バグパイプの音色も大好きです。このブログにコメントくださる方、皆さんfoohtaさんと同じ病気だと思います、私も含めてですが。アコって聞いただけで「なになに?」って身を乗り出してしまいますよね!

♪parmerhuseさん、ほなほなさんのこと、parmerhuseさんのブログで拝見してコメントしようとしたらエラーになって出来なかったのですが、すごいですよね。<かるふーる>でほなほなさんに出会いマトリョミンに出会った後、偶然聴いたラジオに、ほなほなさんが出演なさってマトリョミンの話をなさっていたなんて。出会いって本当に面白い! 今週末のparmerhuseさんの大阪での出会いも楽しみですね。

♪コロポさん、早速のお返事ありがとうございます。確かにバスの中では蛇腹を大きく開くのは難しそうですね。いつか、コロポさんの乗られるバスで旅行に行きたいですね!

♪てるおさん、レパートリーが増えたら広島で流しをやってみるなんて、いかがですか? 私の住む街は、やたらと居酒屋さんの多いところなんですが、夜の街へ出て行って「アコーディオンはいかがですかぁ~?」と回ってみようかなんて、(冗談ですが)思ってしまいました。

取材はないと聞いて、気楽になりました。

アコーディオンで流しっていいなぁ。
昔、アコーディオンとギターで流しをしていた映画を見た記憶がかすかにありますが、あれは岡晴夫と上原げんとだったのかな、
アコーディオンを弾きながらかっこよく歌ってた岡晴夫は好きでした。

はとバスツアー、2000年ごろの話でテレビでも紹介されていましたが今はやってないみたいです。
「揺れ」一般道では結構揺れるので主に高速に入ってからです、あまり気にならないです。
 それよりもジャバラが大きく使いづらいのと
ベースの音が聞き取りにくいこと、普通の会場と違い声が通りにくい(地声は大きい方ですが。
暑い(これは、速乾性のシャツで対応、コンサートでもいいですよ) 

おはようございます。ちょっと休憩時間でーす。今日も朝から忙しいです。でも、これっていいことです。仕事にありつけない人もいるんですから。さて、コマソン、至る所にアコの音が出てきて気持ちいいですよね。パンチと歯切れがよくって。それから、ほなほなさん、マトリミヨンのラジオ出演したのですよ。私、しっかり聴かせてもらいました。いいですね。ところで、今度の空中庭園、読売の主催らしくて、私の不細工な顔が新聞に出たらどうしましょうって感じ。緊張。

くどうさん、おはようございます。
先日てるおさんのブログでコメント頂いた『パリ・ミュゼット物語』昨日近くの図書館に行ったら置いてあり、早速借りてきました。
最初のほうはヨーロッパの歴史?…で頭痛~い、(歴史弱いもんで、トホホ)感じでしたが…。
オーベルニュ地方からパリに持ち込まれたバグパイプとイタリアからのアコーディオンの出会いが「ミュゼット誕生の鍵」…のあたりから面白くなってきました。
「流しのアコーディオン」の記事私も目に留まりました。何だか最近アコの記事やCMの曲などがやたら目につき耳に留まり…私チョッと病気?かも??


コロポさん、おはようございます。
はとバスツアーでアコーディオンが聴けるというのも、あるんですね。コロポさんもバスでの演奏なさっていますが、揺れは気にならずに弾けるのでしょうか?

くどうさんこんにちは
村井さん面識はありませんが、はとバスでの浅草ツアー、各種イベント、歌も話も評判ですね、静岡へも今月来られるみたいですが、あいにく他の用事とかさなり聞けません。
 アコ好きとしては関連記事があると、うれしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/8546134

この記事へのトラックバック一覧です: 流しのアコーディオン:

« 空中庭園でのコンサート | トップページ | face to face »