フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« バッハのミュゼット | トップページ | 初 アコる・デ・ノンノンさん »

2006年3月17日 (金)

LOVE LETTERS IN THE SAND

   「砂に書いたラヴ・レター」 パット・ブーン

私の記憶の中では初めて聴いたレコードです。子どもの頃我が家には立派なオーディオセットなどありませんでしたが、ある日父がどこからかポータブル・レコード・プレイヤーを持ち出してきて古いレコードを聴いていました。その中にあったのが、この「砂に書いたラブ・レター」でした。小学校高学年頃だったと思いますが、ちょうど洋楽を聴き始めた頃で、何だかとても気に入って何度も何度も聴いた覚えがあります。後年、懐かしくて買ったパット・ブーンの曲ばかりを集めたCDを久しぶりに聴いてみました。やっぱり13曲入っている中で一番好きな曲でした。

ちなみに、家にレコード・プレイヤーがあると分かり、初めて自分のお小遣いで買ったレコードは映画「大脱走」のテーマ曲でした。「大脱走マーチ」とかいうタイトルだったように思います。映画の中では歌は出てこなかったと思いますが、何故か私の買ったレコードには英語の歌詞が付いて歌が入っていました。これも何度も何度も聴きました。小学校5年生頃から高校卒業ぐらいまでは映画に夢中でした。それも洋画ばかり。そして、その頃流行っていた映画の音楽もやっぱり大好きなものが多いです。7月には映画音楽をたくさん入れたプログラムで小さなコンサートをやろうと思っています。

« バッハのミュゼット | トップページ | 初 アコる・デ・ノンノンさん »

コメント

てるおさんのお兄様はコレクションの保管用に家を借りていらっしゃるのですか? コレクションも素晴らしいですが、それもすごいですね!

兄は本も大好きでね、「音楽の友」は創刊号から持っていたはずです。
昔の布で表装された漫画の「のらくろ」や「タンク・タンクロー」も全巻持っていましたよ。今じゃぁ手に入らない貴重物ですが、保管状況が・・・
保管用に借りている借家は閉めっきりで風通しがされたいないからかびくさいかも(もったいない

てるおさんも映画音楽お好きなのですね。それにしてもお兄様の数千枚のコレクションもすごいです。貴重なものが沢山含まれていそうですね。音楽好きな御兄弟なのですね。

映画音楽って素敵ですよね。
昔のアナログレコードがかなりあります。何を一番最初に買ったかは忘れましたが、確かバレー映画の「レッドシューズ」のサントラ盤か「ホフマン物語」の邦盤だったような・・・。ヨーロッパの映画音楽が好きでした。アメリカ映画音楽も買っていましたけどね。その後がパリミュゼットにのめり込んで兄と一緒に買いまくったです。てるおは横浜時代に保管場所に困って売ってしまって手元にあるのは15枚くらいですが、兄は全部持って居る筈なんですよね。もう聴かないでしょって聞いたらオーディオ装置が壊れて聴けないからねーって言っていました。
探して借りたいくらいですが、数千枚の中に埋もれているらしく諦めました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOVE LETTERS IN THE SAND:

« バッハのミュゼット | トップページ | 初 アコる・デ・ノンノンさん »