フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 初 アコる・デ・ノンノンさん | トップページ | ボロディンの「ダッタン人の踊り」 »

2006年3月18日 (土)

ブルートレイン

 昨夜、品川駅で電車待ちをしている時に目の前を通り過ぎていく電車をボーっと眺めていると、熊本行きのブルートレイン(寝台車)が目に入りました。突然、胸がキューンとしてきました。「えぇ~、何? これって郷愁っていうやつ?」 突然わいてきた感情にちょっと驚きつつ、生まれ育った土地への愛着って知らず知らずのうちに心の奥に眠っているんだと思いました。普段<ふるさと>への思いなんてあまり意識していませんが。

 前に帰ったのがいつだったか思い出せないぐらい御無沙汰してしまった故郷へ今月末久しぶりに帰省します。私も両親の顔をみたいし、孫の顔もみせてやりたいし、です。ブルートレインではなく飛行機での往復となります。

 ブルートレインには思い出があります。受験のため18歳で上京してきた時に初めて乗りました。当時、私の故郷大分から東京までは夜行寝台で18時間かかりました。長時間ガタンゴトンと揺られた後の私は東京滞在の初日、一日中身体がゆらゆらと揺れていたことを思い出します。その後も何度もお世話になったブルートレイン。昨夜は遠い故郷に思いを馳せて一時的にちょっとセンチメンタルになっていました。(でも、そのセンチメンタルな気持ちも一時間後には<あんざいのりえ&アコる・デ・ノンノン>の<パラシュート・リサイタル>ですっかり吹き飛んでしまっていました。)

« 初 アコる・デ・ノンノンさん | トップページ | ボロディンの「ダッタン人の踊り」 »

コメント

富山の薬売りさん、こんばんは!
松尾さんも九州の方だったんですか。お仲間ですね、嬉しいです。私も「さくら号」にも何度か乗りました。帰省なさる前に是非 新薬の治験でもなさっていってくださいませ!

くどうさん、ブルトレ懐かしい~43年前長崎発「さくら号」にて19時間~東京駅に着いた事を懐かしく思い出しました。今年は、故郷天草に両親のお墓参りに帰省しようかと思っております。それまで「良い薬が一袋(一曲)でも調合出来ると良いのですが?」なかなか良い薬が出来ません。帰省前に「かるふ-る」で試薬の発表もやらないと駄目ですね。この前、アコ-ディオンを担いでいて間違われた「富山の薬売り」松尾でした。

♪てるおさん、私がいつも乗っていたのは「富士」でした。一眠りして朝起きると、ちょうどお天気が良ければ富士山がきれいに見えるのです。

♪parmerhuseさん、わざわざ歌詞を調べてくださって、ありがとうございます。いい詩ですね。故郷への思いって不思議です。東京暮らしのほうが ずっと長くなってしまいましたが、時折ふっと思い出す懐かしい故郷。

えりさん、ありました。これです。
ホームにて


作詞/作曲 中島みゆき


ふるさとへ 向かう最終に
乗れる人は 急ぎなさいと
やさしい やさしい声の 駅長が
街なかに 叫ぶ

振り向けば 空色の汽車は
いま ドアが閉まりかけて
灯りともる 窓の中では 帰りびとが笑う

走りだせば 間に合うだろう
かざり荷物を ふり捨てて
街に 街に挨拶を
振り向けば ドアは閉まる

振り向けば 空色の汽車は
いま ドアが閉まりかけて
灯りともる 窓の中では 帰りびとが笑う

ふるさとは 走り続けた ホームの果て
叩き続けた 窓ガラスの果て
そして 手のひらに残るのは
白い煙と乗車券

涙の数 ため息の数 溜ってゆく空色のキップ
ネオンライトでは 燃やせない
ふるさと行きの乗車券

たそがれには 彷徨う街に
心は 今夜も ホームに たたずんでいる
ネオンライトでは 燃やせない
ふるさと行きの乗車券
ネオンライトでは 燃やせない
ふるさと行きの乗車券

えりさん、コメントありがとうございます。望郷の念がひしひしと伝わってきます。中島みゆきさんの曲にこんなものがあります。ブルートレインを題材にした歌で「ふるさとへ」というものでしょうか。歌詞をしっかり調べていないんですが、うろ覚え。
「ふるさと行きの急行に お乗りの方はございませんか 優しい声の駅長が 耳元でささやいている あぁ、ふりかえれば空色の汽車が ホームに止まり ・・・ たどり行けば、幼い頃のふるさとの景色が目に映る・・・」ちょっと思い出せません。とにかく、最後は、ネオンライトに列車のテールランプがとけ込んで、しばらく、ふるさとに帰れない切ない思いが込められている歌なのです。私も、辛いことがあると、この歌思い出して、元気を出そうと思っています。今、竹倉温泉でゆっくりしながら、また、この歌を思い出しました。 

「あさかぜ」「はやぶさ」は20代の頃、広島から東京への出張でよく使ったです。
懐かしいなぁ。
東広島市に住んで以来てワンコを飼っていると泊まりがけのお出かけは無いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141463/9142081

この記事へのトラックバック一覧です: ブルートレイン:

« 初 アコる・デ・ノンノンさん | トップページ | ボロディンの「ダッタン人の踊り」 »