フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

ハローキティーのアコーディオン

そういえば、もう一台アコーディオンを持っていたことを今朝になって思い出しました。義理の妹がプレゼントしてくれました。実用向きではないのですが、可愛いです。簡単な曲なら弾けます。

2006年5月30日 (火)

新しいオモチャを手に入れた子ども?

 自分のブログに写真が載せられると分かったら何だか嬉しくて、本当は他にやるべきことがあるのに、自分のアコーディオンの写真を撮ってアップしてみました。サイドバーの少し下の方の「マイ・アコーディオン」というところから私が現在使っている3台のアコーディオンを見ていただけます。

 こうやってパソコンのことやデジカメのことやインターネット関係の新しいことを少しずつ覚えていくのは、なかなかいいかも!

続・猫好きの方へ

http://isfactory.blog61.fc2.com/

先日紹介した たまちゃんのホームページの他にブログもあったことを知りました。結構楽しめます。猫ちゃん好きな方は是非どうぞ!

2006年5月29日 (月)

星の王子さま

星の王子さま 先週末、ザ・ライフ・カムパニイのミュージカル「星の王子さま」を見てきました。そういえば家にフランス語の本があったはずと探したら出てきました。作者アントワーヌ・サン=テグジュペリの手になる挿入画がたくさんあります。「王子さま」との最初の出会いは中学生の時、教育実習に来ていた若い女の先生がクラスの皆に自分で描いた王子さまのデッサンをプレゼントしてくれました。次の出会いは高校生の時、英語の教科書に冒頭の部分が挿入画と共に英語で掲載されていました。そしてフランス語のテキストを手に入れたのは大学生になってから。読んだ形跡はあるものの内容はかなり忘れていました。
 ミュージカルを見ながら、少しずつ内容を思い出すとともに気付いていなかったいろいろなメッセージを感じていました。本を読んだり芝居を見たり音楽を聴いたり、直接お金を得ることには結びつかないし、生きていくうえで必要不可欠ではないように思える日々の営みからも人間は様々ことを学んでいくんだなぁと思います。
 人によって受け取るメッセージは様々だと思います。今回私が一番強く感じたことは、やはり想像力の大切さ。目に見えない大事なものに気付くには想像力が必要。そして自分は充分に想像力なら持っているなどと過信せず、生きている限り想像力を育んでいく努力を続けなければと思います。相手の立場を慮る気持ちの余裕をいつも持てれば、世の中から争い事など激減するだろうにと思います。(家庭内での小さなトラブルを回避できずに反省することばかりの私のひとりごとです・・・)

2006年5月28日 (日)

猫好きの方へ

 アコーディオンが好きな人以外には大して面白くもないと、わざわざ知らせてはいなかったけれど、話のついでにブログをやっていると言ったら、義弟が探して見つけてくれました。その義弟は猫が主人公のホームページを作っています。猫の好きな方、よかったら覗いてみてください。http://www.vesta.dti.ne.jp/~isaka/

<炭火煎珈琲はるもにあ>

 “アコーディオン喫茶かるふーる”でお世話になっている<炭火煎珈琲はるもにあ>さんのホームページのアドレスが変わりました。一時利用できなくなっていた掲示板も(一般掲示板・みんなの多目的掲示板)も完全に復活したようです。ブックマーク・お気に入り登録などが古いものになっている方は、変更の上、またご利用くださいね。(実は自分が、つい最近まで変更手続きを忘れていることに気付いていませんでした。)

 “アコーディオン喫茶かるふーる”以外に<音楽を楽しむ会><うたごえ喫茶>の情報などもあります。

♪<炭火煎珈琲はるもにあ>のHP http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
♪“アコーディオン喫茶かるふーる”のページ http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html

♪一般掲示板 http://hpcgi2.nifty.com/harmonie2000/keijiban/joyful-dy.cgi
♪みんなの多目的掲示板 http://hpcgi2.nifty.com/harmonie2000/keijiban2/patio.cgi

2006年5月26日 (金)

6月の<かるふーる>

 次回<かるふーる>は

6月2日(金)夜7:00~
<炭火煎珈琲はるもにあ>にて

http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/(お店のHP)
参加費1000円(軽食・飲物付)

参加ご希望の方で、まだご連絡をいただいていない方は、準備の都合上5月31日までにメールでお知らせください。いつものように、演奏・おしゃべりを楽しみましょう。初参加の方も大歓迎です。興味のある方はお問合せください。詳細については、カテゴリー[“かるふーる”詳細について]からご覧下さい。

2006年5月25日 (木)

セレンディピティ

 新聞のコラムで面白い単語を覚えました。英語の辞書には「当てにしないものを偶然に発見する能力」と書かれているそうです。セレンディピティ。
 エリザベス・J・ホッジス著「セレンディピティ物語-幸せを招ぶ三人の王子」(藤原書店)という絵本があるそうです。「セレンディップという国の3人の王子が苦難の旅を続けるうちに、幸運に助けられて、求めていたものを見つけ出す。そんなおとぎ話がもとになって、いろいろな国で物語になっただけでなく、セレンディピティという言葉がひとりで旅をするようになった。」「科学の世界ではよく使われる言葉で、たとえば英国の細菌学者フレミングが偶然にカビの生えた培養皿からペニシリンを発見したことなどがその代表例だという。」とコラムにはありました。

 当てにしないものを偶然に発見する、不思議な縁のつながりで人と出会う、こういう経験は楽しく嬉しく喜びにつながりますね。「セレンディピティ物語」どんな絵本かな、ちょっと見てみたいです。http://www.fujiwara-shoten.co.jp/book/book612.htm

携帯からの投稿

携帯からの投稿

今日は新しいことを一つ覚えてみようという気になりました。無事投稿できますように! よく分からないけど 試しに携帯の中にある写真を添付してみます。お正月に この格好でアコーディオンを弾いてきました。(高齢者施設で)

2006年5月24日 (水)

五月の巴里

 “かっちさん”からいただいたコメントを目立つところへ勝手に移動しちゃいます! 「五月の巴里」というデュオ・ユニットのネーミングがステキですよね。アズナヴールの“J'aime Paris au mois de mai”(5月のパリが好き)という曲が大好きですが、そのうちこの曲もやってくださると嬉しいなぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下は、かっちさんからのコメントです。)

♪告知して頂いて、本当にありがとうございます。ネットのどこかへ宣伝に行きたいけどなぁ…と、躊躇していたところなので、本当に嬉しいです。葦は、楽しめるヒトには本当に良いお店ですし、7時からのDJモドキも紹介する音源は素晴らしい物ばかりだと自信があります。自分の演奏も胸を張ってお聴き頂きたいと思います。いや、少なくともそういう気持ちでないと聞いて頂くのが失礼に当たるとは思っています。もちろん心意気ほど出来が良くないという批判は当然ですし甘んじて受ける覚悟もあります。

♪本当にご紹介ありがとうございます。今日は明後日に向けて2人で練習してきたところです。3月に初めて合わせて先月もフレンチ・ナイトで弾いた「帰ってきたツバメ」が良い感じで嬉しくなりました。新レパートリーはまだまだですが、きっと6月の国分寺ではもっと上手く弾けると思います。よろしければくどうさん、そっちに来て下さいね。6月のかるふーるに宣伝に行きます。

金曜日も張り切って務めますので、皆様もお誘い合わせの上是非、おいで下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■かっちさんのライブ - 明後日です
 
   5月26日(金)7:00~ 「葦」フレンチ・ナイト♯15
    ~ アコーディオン音楽紹介+五月の巴里アコーディオンミニライブ ~
    詳細はかっちさんのブログで http://love.ap.teacup.com/variete/

マルセル・ロフラー(フランスのアコーディオン奏者)

 新聞でちょっと気になる記事を見つけました。若手シンガー・ソングライターのおおはた雄一さんという方が最近発表したアルバム「ふたつの朝」の中でフランスのアコーディオン奏者マルセル・ロフラーさんが共演なさっているそうです。おおはた雄一さんもマルセル・ロフラーさんも知らなかったのですが、ちょっと興味津々です。

http://www.yuichiohata.com/index2.html(おおはた雄一オフィシャルサイト)

山口いづみさんのライブ情報

 今年一月には“アコーディオン喫茶かるふーる”で楽しいライブを繰り広げてくださったSarasaの福嶋亮さんよりのお知らせです。Sarasaの次回ライブも待ち遠しいですが、こちらも面白そうですね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。アコーディオンデュオSarasaの福嶋です。この度本業の方でライブの企画プロデュースをすることになりましたので皆さんにお知らせさせて頂けたらと思います。

私が担当マネージャーをしている女優山口いづみさんのデビュー35周年も記念したライブです。デビュー曲「緑の季節」をはじめ、70~80年代の名曲からシャンソンまでをあえてピアノ一本でアレンジし歌いあげます。コンセプトは「大人が寛げるお洒落な時間」。皆様と素敵な夏の夜をご一緒できたら幸せです。私は企画・制作・構成をやらせて頂いております。お時間のある方是非足を運んでくださいね♪


  山口いづみライブ
    「夜会服で逢いましょう~南青山のひととき~」

      pf.川越好博

2006.7.28(金)
18:30open  19:30start
チャージ¥4500(1ドリンク付)
南青山MANDALA(
URL:http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html)
お問合せ03-5474-0411

  予約専用アドレス 
vert.saison@hotmail.co.jp
  予約専用FAX  03-5379-4347
  (6/1より前売り開始)

  山口いづみ公式ブログ
http://yaplog.jp/vert_saison/

以上よろしくお願い致します。
福嶋 亮

2006年5月23日 (火)

ライブ情報

■■かっちさんのライブがもうすぐですね。
    5月26日(金)7:00~ 「葦」フレンチ・ナイト♯15
    ~ アコーディオン音楽紹介+五月の巴里アコーディオンミニライブ ~
    詳細はかっちさんのブログで http://love.ap.teacup.com/variete/

■■牧田ゆきさんのライブ
    5月31日(水)open18:30 / start19:00
    三軒茶屋『GRAPEFRUIT MOON』
    詳細は牧田ゆきさんのHPで http://www.planet-y.co.jp/makita/index2.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪「五月の巴里」というのは、かっちさんがボタンアコのお仲間と始めたボタンアコ・デュオですが、今後Sarasaのお二人のように活躍の場を広げていかれるのかと楽しみです。
♪牧田さんの今回のライブはアコースティックではなくエレクトリックな編成で行われるそうです。4組出演中の4番目で21:00過ぎ頃登場予定。

2006年5月22日 (月)

千葉ユンゲルハーモニー

 10代の頃からずっと合唱団に入って歌っている友人から定期演奏会の案内が届きました。アマチュアですが、かなりレベルの高い合唱団です。

 千葉ユンゲルハーモニー 第21回演奏会
     日  時: 2006年6月18日(日) 開場13:30 開演14:00
    入場料: 500円 全席自由
    場  所: ぱ・る・るホール(JR千葉駅より徒歩3分)
    指  揮: 山田 茂

http://cjh.vis.ne.jp/(千葉ユンゲルハーモニーのホームページ)

チケットを2枚持っていて、私は行く予定ですが、もしご興味があり行ってみたいという方がいらっしゃいましたらメールでご連絡ください。eri-kudo2005fevrier@nifry.com

2006年5月21日 (日)

虹の彼方へ

 昨日は午後、青空の下 新緑を楽しみながら一時間ほど気持ちよくウォーキングを楽しんできました。帰宅後30分ほどすると突然空いっぱいの雲が現れて突風と共に激しい雨。マンション6階の我が家から見ていると、下から上へと雨が舞い上がり、まるで嵐でした。優しい一面を見せてくれたかと思うと直後にはこの厳しさ。自然の前には人間はなす術はないんだなぁなどと思っているうちに、ふと空を見ると、また少し空が明るくなってきました。そして大きな虹が出ていました。何ともいえず美しい自然の色合い、見とれてしまいました。あの突然の嵐の中、たくさんの人たちがずぶ濡れになってしまったことでしょう。その人たちへお詫びの印とでもいうかのように現れた虹を見ながら「虹の彼方へ」を弾きたくなりました。

2006年5月20日 (土)

大切なものは目ではみえないのだよ、心でみなければ

 歌と踊りでストーリーを紡いでいくミュージカル。結構好きなのですが一年に一度行けるかどうか・・です。ついついアコーディオンのライブなどが優先となってしまいます。それでも、アコーディオンが取り持つ縁でお知り合いになれたSさんからいただくミュージカルのお誘いには都合のつく時には行くようにしています。宝塚歌劇団出身のSさんの歌と踊りは、とても素敵なのです。

 今回お知らせいただいたのたは「星の王子さま」。義母のお誕生日のお祝いを兼ねて一緒に行くことにしました。二人でコンサートやお芝居になど行く機会はこれまでなかったのですが、たまにはいかがですかと誘ってみたら、喜んでくれました。

   ザ・ライフ・カムパニィ(作・演出 かぶきひさお、音楽 田尻光隆)
      
ね、ひつじの絵をかいて 星の王子さま

http://homepage3.nifty.com/the-life-com/hosi-no-ohji.htm

2006年5月19日 (金)

純情きらり

 音楽家を目指す桜子ちゃんが主人公のNHKの朝ドラ『純情きらり』。「貧乏しても好きなことは止められないんだよね」という一見怪しげな、だけど、ひたむきに生きている人たちと暮らす桜子ちゃんが、この先どうなっていくんだろうなということと共に楽しみなのが、番組エンディングの岡崎のアマチュア音楽家の方たちを紹介するコーナー。

 来週は、いよいよアコーディオニストが登場するようです。中部アコーディオンクラブ(CAC)前会長の杉浦さんが26日に出演なさるようです。見逃さないようにしなくては! CACの掲示板に詳細がありました。http://otdi2.jbbs.livedoor.jp/231362/bbs_plain

2006年5月18日 (木)

小さな楽器の集い

 ローカルな話題ですが、東大和市内の狭山公民館で活動しているグループの発表会に参加させていただいてきました。<かるふーる>にも参加してくださっているWさんが代表となって昨年3月から活動をしている<小さな楽器の集い>というグループです。「会則も会費もありません。楽器もバラバラ。指導者もいません。全員でひとつの曲を合奏することもまだ無いです。しかし、きちんとしたグループに入るには敷居が高い。かと言って、家でひとりで演奏してもつまらない。みんなで楽しみ、触発しあいながら少しずつ技術を高めていくのが目的です。」とのこと。楽器はバイオリン、ギター、アコーディオン、リコーダー、ウクレレ、ハーモニカなどで、現在の会員数は13名位だそうです。東大和市民でなくとも参加できるようです。東村山など隣接する市からの参加者もいらっしゃるようです。興味のある方は工藤までお問合せください。eri-kudo2005fevrier@nifry.com

 今日の発表会は、会員の皆さんの演奏の後、ハーモニカの方たちと私がゲストと言うことでお声をかけていただき、演奏させていただきました。

 会員の方たちの演奏は、ハーモニカ独奏、リコーダー&ウクレレ、アコーディオン独奏、ヴァイオリン五重奏などがあり、最後はリコーダー・ウクレレ・アコーディオン・ヴァイオリン5人による合奏があり、練習の成果を感じることが出来ました。合奏曲目は「見上げてご覧夜の星を」で、アコーディオンの前奏で始まり、最高齢の70代後半の女性の吹かれるリコーダーのきれいな音色に軽やかなウクレレの伴奏、ヴァイオリンもパートを分けて重奏になっていて工夫が感じられました。

 ゲストのコーナーではハーモニカ・トリオの方たちの演奏では、クロマチック・ハーモニカ、ベース・ハーモニカ、コード・ハーモニカと3種類の楽器をそれぞれが演奏し、楽器の解説もしてくださって、とても面白かったです。アコーディオンも様々なものがありますが、ハーモニカも奥が深いのだと感心しつつ見ていました。
 ハーモニカの方で詩吟がプロの腕前と言う方がいらして、詩吟を楽しむことも出来ました。「青葉の笛」も吟じてくださって、しみじみと聞き惚れてしまいました。別の方がやはり「青葉の笛 幻想曲(だったかな?)」という編曲でハーモニカでも聴かせて下さり、このところ「青葉の笛」に縁のあった私には、とても嬉しいことでした。
 私のアコーディオンも何曲か聴いていただき、楽器の説明も少しさせていただき、楽しい3時間を過ごして帰ってきました。地域のイベントなどを目標に皆で一緒に音楽を楽しむ、本当にいいことですね。やはり家で一人で弾いているのは寂しいです。仲間と一緒に楽しんでこそ「音を楽しむ 音楽」となるような気がします。

 今日の集いにお誘いくださったWさんに感謝です!

2006年5月17日 (水)

バロック効果

 このところ自分の体力を考えずに出歩き過ぎて、さすがに昨日はダウンしてしまいました。アコーディオンを持って出かけることになっていた集まりをキャンセルして早々とベッドへともぐりこんでしまいました。それでも朝はお弁当と朝食の用意をしなくてはと6時に起きて、ボーっとした頭で包丁を握っているとラジオから聞こえてくる音楽が何とも心地よいのです。それを聴いているうちに次第に頭も身体も目覚めてくるようで、「今日は気持ちのいい朝だなぁ~」なんて感じながら朝のひとときを過ごしました。

 聞こえてきていたのはバロック期のフランスの舞曲だったのですが、打楽器も入った軽快な感じの曲が多く、今朝の私を元気にするにはピッタリの曲たちでした。血圧が低いせいか朝気持ちよく目が覚めるということは少ないのですが、不思議とバロック音楽を聴いていると気分が良くなってきます。私が10代の頃からずっと同じ時間帯にバロック音楽を流す番組を続けているということは、早朝の時間帯にバロックを聴いて心地よく感じる人が多いからなのでしょうか。

2006年5月16日 (火)

田ノ岡三郎さんのライブ情報

田ノ岡三郎さんからのライブ情報も届きましたので、ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月後半からの様々な出演予定のステージの御案内をさせていただきます。野外ステージ、庭園ライブ、カフェライブなど春まっただなかを存分にお楽しみいただけるステージもたくさんです。田ノ岡三郎
       ========================
★5月17日(水)  
サンブザキpresents幻想情熱系ライブ@都立大学悠久庵http://www.you-q-an.com/
〒152-0032 東京都目黒区中根2-12-5大菊ビルB1 TEL/FAX: 050-3012-3075  
出演:サンブザキ/マニャン open19:00
投げ銭(任意)のみでご覧になれます。ギター井咲氏との企画第一弾。
・20時~出演:『マニャン』世界中のいろんな音楽と楽器でつくりあげる実験音楽ユニット。聞く人の心の試験管を刺激します。 笛、アコーディオン、民族打楽器の3人の音楽を核にした即興のステージです。
       Ethnic flute,Guitar:(Hikari*soma)
       Accordion:Ikeda satoshi
       Ethnic Percussion:Miura-1gou
・22時~出演:『サンブザキ』 各方面で活躍する、アコーディオン奏者、田ノ岡三郎とギタリスト、鈴木井咲による幻想情熱系ユニット。 ジャズや各国音楽を取り入れ独自の雰囲気をかもし出す音世界。 今回はスペシャルゲストで、クラッシー(パーカッション)、クリ子   (歌)が登場。 お祭り的幻想世界へご招待します。

★5月19日(金)
       風趣(星優子fl田ノ岡三郎acc)プレゼンツ
       風趣&aco-nico ジョイントライブ
       @大泉学園まほうの竜
       http://www.mahounoryu.jp/
       03-5387-1599
       星 優子(Fl) 田ノ岡三郎(Acco) 大塚雄一(Acco) 山下憲嗣(二胡)
       今回は4人でのセッションの他に、全ての組み合わせ(4×3÷2=6通り)
   でのデュオ演奏もあり。 乞うご期待です!!

大塚雄一さんのライブ

大塚雄一さんからもライブのお知らせをいただきましたので、ご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、大塚雄一です。日替わりで変化する天気に戸惑う最近ですが、皆様はいかがお過ごしですか? さて、来る21日(日)に西荻窪の<音や金時>でソロライブを行います。ゲストにパノラマスティールオーケストラの原田芳宏さんをお迎えしてお送りします。のんびりリラックスした雰囲気でお届けしたいと思っています。皆様のお越しをお待ちしております。

<大塚雄一ライブ!>
日時:5月21日(日)19:30スタート
場所:音や金時 03-5382-2020http://www2.u-netsurf.ne.jp/%7eotokin/
JR
中央線・総武線・地下鉄東西線で西荻窪駅下車、北口より徒歩3分。
(土曜・日曜は休日運転のため、中央線快速は止まりません。総武線・地下鉄東西線をご利用ください。)
料金:2,100円
出演者:大塚雄一  http://www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka
ゲスト:原田芳宏  http://home.att.ne.jp/theta/y-h/

その他5月は様々なライブ盛りだくさんです。
5月19日はaco-nico & 風趣、5月24日はTAPの宇川さんとのニューユニットで横浜のモーションブルーなどなど。是非こちらでチェックしてみてください。http://www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka

五十嵐美穂 アコーディオンライブ

 先日、日程だけお知らせして詳細後日となっていました、五十嵐美穂さんのライブのご紹介です。場所は“アコーディオン喫茶かるふーる”の会場、<炭火煎珈琲はるもにあ>です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     五十嵐 美穂  アコーディオン ライブ

スタンダードナンバーを中心に、ソロの魅力をお届けします。美味しいコーヒーを飲みながら、アコの音色を楽しんでみませんか?

日 時: 7月8日(土)   18:30開場   19:00開演
場 所: はるもにあ http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
入場料: 1,500円(1ドリンク付)
定 員: 25名(先着順です)
曲 目: ♪スタイルミュゼット ♪小さな喫茶店 ♪ハンガリア舞曲第5番 ♪シェルブールの雨傘 他

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
既に残席は半分位となっているようです。“アコーディオン喫茶かるふーる”でも、いつも素敵な演奏を聴かせてくださる五十嵐さん。この機会に、その演奏をたっぷり楽しみたいという方は是非事前のご予約をお薦めします。ご予約はこちらまでメールでどうぞ。eri-kudo2005fevrier@nifty.com(工藤)

2006年5月15日 (月)

週末ライブ

■■カフェバーCooでアコーディオン・ライブ■■
 土曜日の夜は、あいにくの雨となりましたが地元のPTA仲間とそのご家族、Cooでハーモニカ・サークルの活動をなさっている方たちが来てくださって、7時半から10時まで途中少々の休憩を入れながら、たっぷりアコーディオンを弾かせていただきました。普段家では思い切り音をだせない状況なので、遠慮せずに音を出していい環境で弾かせていただけるのは大変嬉しく、演歌・懐メロからシャンソン・タンゴ・クラシックなど思いつくままに弾いているうちに、さすがに最後の方はフラフラしていました。
 一部は歌のステージということで高齢者施設で一緒に活動してくださっているKさんの独唱もお願いし、お客様にも歌っていただきました。二部は竹之内貴英くんとのデュオでリコーダー・ギター・アコーディオンによるアンサンブル。三部はアコーディオン・ソロでやってみました。アコーディオン・ソロだけでのライブより楽しくやれたように思います。

■■赤崎郁洋さんのライブの前座■■
 大変素敵なギター・インストを聴かせてくださる赤崎郁洋(あかざきいくひろ)さんのライブの前のオープニング・アクトということで竹之内貴英くんとのデュオ(母の日限定、一日親子デュオ?)で5曲(20分ほど)演奏させていただきました。久しぶりに、すご~~く緊張していました。赤崎さんのリハーサルを見せていただいて本当に素敵な音色に酔いしれているうちに、「えぇ~、この素晴らしい演奏を聴きたくて来る方たちを、いきなりがっかりさせちゃったらどうしようぉ・・」なんて思うと、何だかとっても硬くなっていました。息子の貴英くんの方が落ち着いていたようでしたが、まあ何とか無事に終わり、その後のライブは心ゆくまで楽しむことができました。
 途中ボブ・ディランの「風に吹かれて」やディープ・パープルの曲による
歌の披露もあったり、軽妙なおしゃべりとともに曲目もしっとり系・にぎやか系と多彩で、ギター一本でこんなに様々な音色を表現できるんだと改めて感動して見ていました。お疲れさま会にも参加させていただき、いろいろと楽しいお話も伺うことができ、また是非ライブにも行ってみたいなと思うギタリストさんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 自分にとっては大変充実した週末となりました。そしてライブに足を運んでくださった方々には心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

2006年5月12日 (金)

確かなこと - 小田和正

 何となくつけていたラジオから聞こえてきた歌、「あ、いいなぁ。誰の歌かなぁ?小田和正さんかしら?」と思っていると、そのうちにアコーディオンの音色っぽい音が聞こえてきました。アコーディオンだかハーモニカだか、あるいは単にシンセサイザーだったか分かりませんでしたが、曲目紹介で小田和正さんの「確かなこと」という曲であることが分かりました。また聴いてみたいと思う曲でした。

田中一彦・マーケット・空間・展

 「忙しいという漢字は心を亡くす」と書くんだとよく言いますが、亡くしつつある心を取り戻してこようかと、近所の喫茶店<カフェテラス えごの樹>からご案内をいただいていた作品展を見てきました。建築家としてお仕事をなさっている方の作品展だということで、絵の他にモビール作品その他、こまごまとした作品群が店内のあちらこちらに飾ってあって、とても面白いものでした。

 <炭火煎珈琲はるもにあ>のMakikoさんとも旧知の仲であるオーナーさんご夫妻の軽妙な会話も楽しく、おいしい珈琲とともにホッとするひとときを過ごし帰ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 明日、カフェバーCoo(空)でのライブではアコーディオンがメインということで、7時半頃から10時頃まで、何となくいろいろとやっていると思います。7時半からは歌の方のステージで「船頭小唄」「影を慕いて」「竹田の子守唄」「今日でお別れ」「琵琶湖周航の歌」などをアコーディオン伴奏で。お客様と一緒に歌うコーナーもあります。8時半ごろからは竹之内貴英くんにもお手伝いいただいてアコーディオン・ギター・リコーダーによるステージ。9時過ぎからはお応えできるものにはリクエストにもお応えしながら、アコーディオンを弾いていると思います。お暇な方はどうぞ。

 翌日14日(日)は小平市内のMAKIバレースタジオで開催される赤崎郁洋さんのライブ(16:30~)の前座として竹之内貴英くんとデュオで演奏します。ご興味のある方はメールでお問合せください。

2006年5月11日 (木)

アコーディオン発見!

 地域情報誌をめくっていてピピッとアンテナが動いた先にはアコーディオン! 「うたごえ喫茶再び活況」というタイトルで多摩地区でのうたごえ喫茶の活動の紹介をしていました。写真は青梅駅ちかくの「茶房となりのレトロ」で月に一度開かれているうたごえ喫茶の様子です。アコーディオンの新井幸子さんが写真の真ん中でアコーディオンを弾いています。お客様も皆さん楽しそうです。

 多摩地域の同様の活動がいくつか紹介されている中に、ありました、<炭火煎珈琲はるもにあ>の<うたう会>。毎月第二土曜日14時から。次の土曜日13日がちょうど開催日ですね。こちらはアコーディオンではなく、ピアノの先生の伴奏で歌のリーダーYoshieさんの素敵な歌声とともに皆で歌います。60代~70代の方を中心に楽しまれているらしいうたごえ喫茶ですが、<炭火煎珈琲はるもにあ>の<うたう会>には若い方もよく来ているようです。曲集には新しい曲もずいぶん入っています。

Bon appetit - ボナペチ

かとうかなこさんのニューアルバム・リリースと発売記念ライブがあるそうです。楽しみですね。(以下スニマ企画さんからいただいたご案内より)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★━5/15ミュゼットコンセプトアルバム『ボナペチ』リリース ━★

5月15日。いよいよ・・・・★ ついに・・・・☆
『Bon appetit! ボナペチ』がリリースになります。
■どんなアルバム??
 フランスの名車“ルノーキャトル”と、フランス音楽“ミュゼット” がコンセプトになった楽しいアルバム。全10曲。これから夏に向けて、部屋の窓を全開にして・・、ドライブで聴いて頂きたいアルバムです。ルノーキャトルのエンジン音やクラクション=з!!、パリで撮ってきたメトロや、公園の子供達の声もちょこっとはいったりしてます。
 ●参加ミュージシャン :
  笹子重治(ギター) from ショーロクラブ、
  大森ヒデノリ(ヴァイオリン)、
  田中良太(パーカッション)
 ●5/1よりこちらで試聴できます・・・・
  →http://www.katokanako.com/cd/cd.html

■どうしたら買えるの??
 ①5/1からインターネットで受付開始致します。 ご希望の方にはサインをお入れします! 発送は5/10からとなります。但し、送料とお振込み手数料はお客様のご負担となります。こちらで購入できます。 →http://www.katokanako.com/cd/cd.html
 ②5/15から全国のCD店で買えます。置いていないお店は、予約注文になります。
  商品番号:TAKI-6001(価格2000円)
  アーティスト:かとうかなこ  でご注文ください・・・・。
 ③ライブ会場で・・・・!
  できればライブ会場で購入頂けると一番嬉しいです。 ライブ終了後は、いつもサイン会を致しますので、是非いらしてください。生ミュゼットは より楽しいですよ~。
■お知らせ~。
 ①ボナペチをご購入頂いた方に~
  抽選で、アコーディオンなど色々なものが当たります。 アルバムの表に“応募券”が貼ってあります。官製はがきにボナペチCDについている応募券を貼っていただき、お名前・性別・年齢・住所・電話番号をご記入の上、下記宛先まで郵送してください。(締切 2006年10月31日消印有効) これからプレゼント増えていくので、チェックしてくださいね。
  →http://www.katokanako.com/present/present_20060403.html

 ②東京、南青山マンダラでリリースライブやります・・・・
┌―●2006/5/19(金) 東京 南青山マンダラ――――――――
|    東京都港区南青山3-2-2 MRビル TEL:03-5474-0411
|    http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html
|  ○Open   18:30 / Start  19:30
|  ○チケット :  3,600円(整理番号付・1ドリンク込)
|  ○出演  :かとうかなこ(アコーディオン)
|              笹子重治(ギター)、向島ゆり子(ヴァイオリン、ヴィオラ)
|              田中良太(パーカッション)
|  ○発売  :インターネット予約:
|              http://www.harmony-fields.com/ticket/ticket.html
|            チケットぴあ:0570-02-9966(Pコード/223-765)
|              http://t.pia.co.jp/
|  ○案内フライヤー  :
|       表 → http://www.katokanako.com/concert/fl/20060519_1.html
|       裏 → http://www.katokanako.com/concert/fl/20060519_2.html
└――――――――――――――――――――――――――――

 ③“着うた”でボナペチの収録曲がダウンロードできます。 au EZweb専用です。
  ・http://www.sekaiminzoku.com
  ・QR CODEはこちらにあります → http://www.katokanako.com/   
☆ かとうかなこ への応援メッセージはこちらに・・  kanako@katokanako.com

2006年5月10日 (水)

“友情のフォトグラファー” 写真展

 開催中の写真展へ行ってきました。初日のレセプションに出席させていただき、主催者や写真家・谷本美加さんの生の言葉を聞いてきました。展示されている写真からはもちろん、以前からの知り合い、あるいは初めて会った方との言葉のやり取りを通じて、またいろいろと考えることもありました。

 自分が実際に足を運ぶことが出来ずとも、被災地・紛争地などを実際に見てきた方たちの話を聞き、そこで暮らす人たちのことを思う、写真を見て日々の暮らしを想像する。私には、それ以上の大きな支援はできないけれど、信念を持って活動を続ける方たちを心で応援し続けたいと思います。

“友情のフォトグラファー”写真展 (主催 国境なき子どもたち)
    パキスタン大地震 - 厳冬を乗り越え春へ
       写真家 谷本美加

     2006年5月8日(月)~5月17日(水) 
     アイデムフォトギャラリー「シリウス」にて開催中


詳細は国境なき子どもたち(KnK)のホームページでどうぞ。http://www.knk.or.jp/

労音アコ研「ひとときコンサート」

労音アコ研の方からメンバーの皆さんのソロ演奏会のご案内をいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ひとときコンサート」
  
会場:十条台ふれあい館(労音十条会館すぐ近く)
      埼京線十条駅または京浜東北線東十条駅それぞれ10分
  期日:6月11日(日)2時~4時
  (入場無料)
  ---------------------------------------------
  詳細はHPで(毎週火曜日更新しています)

  http://www5f.biglobe.ne.jp/~akoken/index.html

2006年5月 8日 (月)

今後の予定(かるふーる以外)

♪<炭火煎珈琲はるもにあ>を開場とするイベント
■■6月24日(土)午後2時~  牧田ゆきアコーディオン教室発表会
アルゼンチンの音楽チャマメを日本で広めようと精力的に活動なさっている牧田ゆきさんのお弟子さんたち4名による発表会です。牧田さんの演奏はありませんが、お弟子さんたちの演奏も素晴らしいです。
■■7月8日(土)五十嵐美穂さんコンサート(詳細は後日掲載します)
1月にもリサイタルをなさった<かるふーる>常連の五十嵐さんのスタンダードを中心とした演奏です。
■■7月15日(土)午後2時~5時「国境なき子どもたち(KnK)」支援イベント
昨年7月に引き続きKnK支援のための工藤の個人企画です。KnKスタッフによる活動紹介・写真展示があります。
2
時~3時 アコーディオン・ソロ・コンサート(映画音楽&ミュゼット-工藤)
3時~4時 KnKスタッフによる活動紹介
4時~5時 朗読やアンサンブルなど(工藤が朗読とのコラボレーションに初挑戦!)
以上は現時点での大まかな予定です。時間内の出入りは自由、入場無料。KnKで募金箱を設置しますので支援協力をしていただける方は、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪その他の会場でのイベント(工藤がアコーディオンを弾きます)
■■5月13日(土)午後7時半~9時頃 東大和市駅近くのカフェバーCoo(空)にて
アコーディオン演奏及びアコーディオン伴奏での唄のライブです。お客さん参加のコーナー(皆で唄を歌う)もあります。http://www.cafebar-coo.com/(Cooのホームページ、地図もあります)
■■5月14日(日)午後4時半~ 小平市内のMAKIバレエスタジオにて
ギタリスト赤崎郁洋さんのアコースティック・ソロ・ギター・コンサートの前座として演奏(竹之内貴英さんのギター/リコーダーとのデュオで30分位の演奏です)
チケット2500円(1ドリンク付)が前売で2000円になります。当日精算もできますので興味のある方はご連絡ください。
eri-kudo2005fevrier@nifty.com 

演奏予定曲目:グリーンスリーブス、シチリアーナ、やさしさに包まれたなら、いつも何度でも、ムーランルージュの唄、ジェルメーヌ、シーベックシーモア etc.

<かるふーる>6月~9月の予定

■6月2日(金)夜7時~9時  軽食付1000円(要予約)
■7月2日(日)午後3時~5時  珈琲代600円(要予約)
7月は予定していたゲストの方のご都合でコンサートは延期となりました。別の方をゲストにとも考えましたが、6月から7月にかけて他にもアコーディオンのイベントが続くので、7月の<かるふーる>は交流会のみとしました。
■8月4日(金)夜7時~9時  軽食付1000円(要予約)
9月には檜山学さんをゲストにコンサートを予定しています。昨年11月の大塚雄一さんのコンサート&交流会&懇親会の際に、突然来てくださって一緒に楽しんでいってくださいました。その時にも素晴らしい演奏を聴かせていただきましたが、9月には、たっぷり一時間のコンサートで檜山さんの魅力を堪能できます。
93日(日)
  1:30~2:30檜山学さんのコンサート(1,500円)

  3:00~5:00檜山さんも参加しての交流会(600円)
         定員25名で受付を開始します。
  ご予約はメールでどうぞ。
eri-kudo2005fevrier@nifty.com 

第13回“アコーディオン喫茶かるふーる”懇親会

 交流会の後、引き続き行われた懇親会には柏での川井さんのアコパからハシゴをしてくださったparmerhuseさんが、もうお一方ハシゴのお仲間をお連れ下さって、17名で賑やかに食べて飲んで歌って弾いて、おしゃべりもし、楽しみました。柏の方の楽しかった様子も伺いましたし、いろいろな情報交換もできました。今日もまたギター・リコーダー・カホン・ピアニカ・マウイザフーンなど持参で参加してくれた竹之内兄弟のおかげで、交流会・懇親会ともにアコーディオンだけでなく、いろいろなアンサンブルを楽しむこともできました。初参加の方お一人もリュックの中から様々なパーカッション類やハーモニカなど取り出してきて楽しませてくださいました。

 一年間いろいろとやってきて思うのは、やっぱり音楽は一人密かに楽しむより仲間と一緒に楽しみたいなということです。もちろん、たまには一人静かに聴く音楽もいいものです。でも仲間と共に作っていく音楽は最高です。デュオ、トリオなどいろんな形で、楽器も何でもありですので、これからも音楽を楽しんでいきましょう!

 最後にいつもいつも、心を込めておいしいお料理を用意してくださるMakikoさんに感謝。そして、今日差し入れをしてくださった方たちにも感謝です。ごちそうさまでした。

第13回“アコーディオン喫茶かるふーる”

 連休最終日の日曜日、あいにくの雨となりましたが、ご予約いただいた皆さまは誰一人欠けることもなく、当日参加の方もあり予定より少し多い人数での交流会&懇親会となりました。

 話の下手な私が長々しゃべるよりはと、2年目へ向けてのご挨拶の文面を印刷物でお配りし、「クラリネットポルカ」の二重奏で幕を開けました。その後、3時間に渡って参加者の皆さんが演奏してくださった曲目は以下のようなものでした。

♪パリの空の下 ♪グラスホッパー物語 ♪ホ!ホ!ホ! ♪天使の飛行 ♪美しきロスマリン ♪口笛吹きと子犬 ♪帰ってきたつばめ ♪7月9日(タンゴ) ♪プレリュード ♪チャルダッシュ ♪みどりのそよ風 ♪ゆりかごの歌 ♪アクアレリクバーニ ♪ジェルメーヌ ♪ピンボール ♪ケセラセラ ♪バラ色の人生 ♪聞かせてよ愛の言葉を ♪小さな世界 ♪山のロザリア ♪パッヘルベルのカノン ♪愛の賛歌 ♪サントワマミー ♪パピヨンのテーマ ♪アベマリア ♪ひとしずく ♪ワルツテーマ ♪天空の城ラピュタ ♪コンドルは飛んでいく ♪サンタルチア ♪涙のトッカータ ♪クリスタルの真珠 (いくつか曲目を控え損ねたものがあります、すみません。)

 途中、一周年を記念してということで、思いがけず花束やこれまでのゲストや参加者の方々からのメッセージをまとめた冊子などをプレゼントしていただき、あまりの嬉しさに涙がこみ上げてきてしまいました。この一年、お店の営業時間延長をはじめ多くの面で協力してくださったMakikoさん、充分なお礼は出来ないにもかかわらず快くコンサートを引き受けてくださったゲストの皆さん、遠くからも繰り返し足を運んでくださった参加者の皆さん、本当に全員が主役で皆で作り上げてきた<かるふーる>だと思います。私一人が「こんなことやりたい」と言っても出来なかったことです。関わってくださった皆さんの温かいお気持ちがあってこそ一年続けてくることが出来、そして二年目へと駒を進めていくことが出来ました。今日のこの記念すべき日に初めて参加してくださった方たちもいらっしゃいました。これからもまた新たな出会いを楽しみにしたいと思います。

 本当に心からの感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

2年目へ向けて

“アコーディオン喫茶かるふーる”2年目へ向けてのごあいさつ

“アコーディオン喫茶かるふーる”もいよいよ2年目に入りました。この一年、楽しいことでいっぱいでした。大変なこともあったでしょうと思ってくださる方もいるかもしれません。でも、そんなことはありません。すべてが素敵な思い出となっています。
 病気をしたことがきっかけで、もっと充実感のある人生を送りたいと思い「自分は何をやりたいんだろう?」と考えたら、やっぱり大好きなアコーディオンで何かをやりたかった。そんな形で生まれた“アコーディオン喫茶かるふーる”です。たくさんの人たちとの出会いは身体も心もすっかり元気にしてくれました。この一年関わってくださった全ての方たちに感謝の気持ちを持ちつつ、また新たな一年に向けて進んでいきたいと思っています。
 私自身も決して無理はせず、参加してくださる方も無理せずご都合つく時に来ていただき、堅苦しくなく気軽に交流を図れる“場”として続けていくことで、私を含めて この場を共有する皆が豊かな気持ちになれればいいなと夢見ています。この場ではジャンルとかテクニック的な優劣は関係なく、音楽を楽しむことで日々の生活をより充実させていければという思いです。
 これからも、行き届かない点も多々あるとは思いますが、どうぞ私の元気の素である“アコーディオン喫茶かるふーる”に“ゆる~く”お付き合いください。今日は、丸一年が過ぎ二年目へと向かう節目の回にご来場いただき、本当にありがとうございました。(昨日の会で参加してくださった皆さんにお配りしたごあいさつ文ですが、昨日いらっしゃれなかった方へも気持ちを伝えたいと思い、こちらへも掲載しました。)

2006年5月 6日 (土)

一周年記念交流会

 いよいよ明日となりましたが、“アコーディオン喫茶かるふーる”の一周年の節目の回にも多くのお申し込みをいただき、ありがとうございました。天気予報によると雨が降るような話ですので、楽器をお持ちになる方は どうぞお気をつけていらしてくださいね。気持ちの良い五月晴れで「こんな日に家の中に籠もっているなんて!」という天気より、かえっていいかもしれません。「外歩きするお天気じゃないし、こんな日はおいしい珈琲を飲みながらアコーディオンを思う存分楽しもう!」と素直に思えますね。(あまりに気持ちのいいお天気だと外をフラフラと歩きたくなってしまいそうですから)

 歌詞カードやチラシなどをお持ちくださる方もいらっしゃると思いますが、交流会にお申し込みいただいている人数は20名、懇親会の部も15名の予定です。お教室や個人のイベントなど、宣伝したいものがある方は、どうぞ遠慮なくご持参ください。

 それでは楽しみにお待ちしています!

2006年5月 5日 (金)

悪魔のトリル - タルティーニ

 たまたまつけたテレビでヴァイオリンの美しい旋律が聞こえてきました。解説と美しい映像とともに名曲を紹介するNHK「名曲アルバム」の時間でした。ピアノ伴奏で奏でられる もの悲しく美しいメロディーは、なんと作曲者タルティーニの夢の中で悪魔が奏でていたものだそうです。夢から覚めると同時に書きとめて曲となったものの生前には公表せず、死語30年ぐらいしてから発表されたとか。悪魔のたたりを恐れたのでしょうか。

 こんな風にして生まれてくる名曲もあるのですね!

2006年5月 4日 (木)

雪が解けて春が来た!

 連休中とはいっても、高齢者施設などで働く方たちには関係なく、普段通りのお仕事・活動をなさっています。ということで毎月第一木曜日の午後やらせていただいているボランティア演奏もいつもと同じに楽しんできました。(自分たちが楽しめることが、聴いてくださっている方たちに より楽しんでいただくために必要だと思い、とにかくやっている自分たちが楽しく演奏し歌うことを心がけながらやっています。) デイサービスで一時間、その後、引き続き特養施設で一時間、終わるとさすがに「ああ疲れたぁ~」という感じですが、でも今日は何だか いつも以上にいい気分で帰ってきました。ちょっと嬉しいことがあったからです。

 実は今まであまり会話をしたことのなかった方と初めて心の通じる会話が出来たと感じたのです。その男性は、初めて会った時にはテレビの前に座っていて「アコーディオンの伴奏で皆さんで歌ったりしますので、すみませんが一時間ほどテレビは消させてくださいね。」と言うと怒って出て行ってしまわれたのです。その後も、私たちが行くとプイといなくなることが多かったのですが、いつの頃からか、その場に残って何となく歌を聞いていたり、たまにちょっと口ずさんだりするようになりました。そのうちに、たまには大きな声で歌うこともでてきて、意外と歌がお上手だし好きらしいということが分かってきました。最近ではテレビを消すことに嫌な顔をせずに、いつも参加してくださるようになりました。

 そして今日は何とご自分から私に話しかけてくださったのです。そして今日歌っていた曲について少し話をしました。入居から随分と日も過ぎて施設にも馴染み、月に一度の私たちの活動にも慣れてくださったのでしょうか。何だかとても温かい気持ちのやりとりが出来たように感じました。雪が解けて春が来たというような気持ちになりました。

2006年5月 2日 (火)

主役の皆さん、もうすぐですね!

 参加者すべてが主役という形で開催したいと思っています次回の<かるふーる>、いよいよ5月7日(日)が近づいてきました。お馴染みの方たちに加えて今回初参加という方たちもいらっしゃいます。演奏曲目もご連絡いただいているものは以下のようなバラエティーに富んだものとなっています。

♪グラスホッパー物語 ♪パリの空の下 ♪ホ!ホ!ホ! ♪プレリュード ♪チャルダッシュ ♪みどりのそよ風 ♪ゆりかごの歌 ♪愛の賛歌 ♪サントワマミー ♪パッヘルベルのカノン ♪クラリネット・ポルカ ♪ひとしずく ♪クリスタルの真珠 etc.

 2時から5時の演奏を中心とした交流会に引き続き、軽食付の懇親会がありますが、こちらもお申し込みが多く、夜の部もにぎやかに楽しめそうです。準備の都合がありますため、もし懇親会に参加のご予定で未だご連絡いただいていない方は5日までにメールにてご連絡いただけますと助かります。

続・演歌DEナイト 

 昨日の記事を読むと、私がすごい演奏をしてきたように誤解をされてしまったかなと思い補足です。

 私が時々参加するCooのライブではよくあることですが、お客様は近所の方数名、「内輪で楽しんでます!」みたいな雰囲気で、その場しのぎのことをやっても暖かく受け入れてくださるという、ありがたい環境です。地域の人たちの交流の場となればということで週6日お店を開けてライブをやったりセッションデーを設けたりしています。ママさんが講師のポップス教室や、やはり本格的なシャンソン・カンツォーネを歌う方のカンツォーネ教室などもやっています。
 そして、この夜私がやったことは全然大したことではなく、ピアノの弾き語りに合わせて、ところどころアコーディオンの音を入れてみるといったことで、コードに合った音を何となく入れてみていただけでした。演歌にアコーディオンは合うんじゃないかと、お声をかけていただいたので何事も勉強と思ってやってみて、結構楽しかったです。何でもバリバリこなせるプロではない私のような者でも、いろんなことにチャレンジする場を提供してもらえるカフェバーCoo(空)が大好きです。http://www.cafebar-coo.com/(CooのHP)

2006年5月 1日 (月)

演歌DEナイト

 昨夜はカフェバーCoo(空)で「演歌DEナイト」というライブがあり、ママさんの杏子さんのピアノ弾き語りにアコーディオンで参加させていただきました。と言っても、邪魔をしていただけかもしれませんが。(客観的に見ていないので分かりません。)

 君恋し、人生いろいろ、東京ラプソディー、柔、千曲川、知りたくないの、私は泣いています、津軽海峡冬景色、ここに幸あり、オリビアを聴きながら、などなど

 お客さんのリクエストに応えて演歌以外のものもありました。どんな曲でもパパッと譜面見ながら自分の歌いやすいキーに転調してピアノで弾き語りしてしまう杏子さんの技にはいつも驚いてしまいます。昨夜はピアノのすぐ後ろで、その美しい指捌きを見ながら「邪魔になっていなければいいけど・・」と気にしつつアコーディオンを弾いていました。こんな状況で、もっと堂々と「間奏部分は私に任せて!」と大きな音で弾けるようになりたいものです。時々、こんなことをやらせていただいているうちに少しずつでも力を付けていきたいと思います。

目のやり場に・・・・

 近くのスーパーにユニクロが出店したので、品揃えはどんなものかなと買い物ついでにのぞいてみました。すると下着コーナーまであり、原色のカラフルな女性用下着まで飾ってありました。そこへちょうど反対側から歩いてくる初老の男性。「まさかこんなところで立ち止まりはしないはず・・」と思っていたら、そのまさか。さらに、まじまじと眺めた後、手に取ってじっくりと観察しています。「あぁ、どうしよう、こっちの方が恥ずかしいよぉ~」と思い、急いで通り過ぎました。怖くて後ろを振り向くことはできませんでした。母へ、妻へ、それとも娘へのプレゼントにでも選んでいたのでしょうか。

 そういえば自分も夫や息子の下着を紳士用下着売り場で手にとって選んでいます。その反対も当然アリですよね。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »