フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 田中一彦・マーケット・空間・展 | トップページ | 週末ライブ »

2006年5月12日 (金)

確かなこと - 小田和正

 何となくつけていたラジオから聞こえてきた歌、「あ、いいなぁ。誰の歌かなぁ?小田和正さんかしら?」と思っていると、そのうちにアコーディオンの音色っぽい音が聞こえてきました。アコーディオンだかハーモニカだか、あるいは単にシンセサイザーだったか分かりませんでしたが、曲目紹介で小田和正さんの「確かなこと」という曲であることが分かりました。また聴いてみたいと思う曲でした。

« 田中一彦・マーケット・空間・展 | トップページ | 週末ライブ »

コメント

♪foohtaさん、「たしかなこと」のこと教えていただけて、とても嬉しいです。こんどCD借りてきてちゃんと聴いてみようと思います。私もアコーディオンに夢中になり過ぎて時折反省しています。でも、きっと子どもたちも日々のことに疲れ果てて生気のない親を見ているより、生き生きと何かに向かって頑張っている親の姿を見せていた方がいいのだと思うようにしています。とは言え、子どもの病気は辛いです。家族の健康は最優先項目ですね。そんなことを思いながら最近自分の食生活が乱れていることに気付き反省。家族の食事だけはしっかり準備して自分は簡単に済ませてなんてことを続けていてはダメですよね。反省反省。

♪田舎のアコ弾きさん、web上での演奏交流会、面白いことを思いつかれましたね。早速演奏聴かせていただきました。とても、先生もなく田舎で一人で弾かれているとは思えませんよ。私自身は機械いじりが苦手で、自分の演奏をアップするなんてことを覚えられそうにありませんが、また次の曲を楽しみにしています。

くどうさん、こんばんわ
「かるふーる」いつかは参加したいと思っているのですが、なかなか機会に恵まれそうにありません。
で考えたんですが、web上で「演奏交流会」が開けないかと・・・私にはとても出来そうにありませんが・・・
でも、もしそんな事が出来るんであれば・・・
なんて思いながら自分の演奏をとりあえずブログにUPしてみました。
是非、聞いてみてください。
そして、コメントも頂ければ・・なんてあつかましいことを考えております。

えりさん、こんにちは。
昨年暮れ、お兄ちゃんが肺炎で入院した時、面会時間が終わって帰って来て、ビデオで撮っておいた小田さんのクリスマスコンサートの中のこの曲を聴いて、ボロ泣き状態になりました。

「たしかなこと」の歌詞…

『時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか
空を見て考えてた 君のために 今何ができるか
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
忘れないで どんな時も きっと傍にいるから
     ・・・・・・・・・・
いちばん大切なことは 特別な事ではなく
ありふれた日々の中で 君を
今の気持ちのままで 見つめていること』

アコーディオンに夢中になっていて、お兄ちゃんを守れなかったような気がして…自己嫌悪。

小田さんの綺麗な声がまたジーンと来ちゃうんですよね。
ビデオの中ではこの音はピアニカだったと思います。

このコンサートの時、すごかったのは「眠れぬ夜」で小田さんの歌ってる横でキーボードの人がこの曲の時だけ、ナンとエキセルシャのアコを弾いていた事。(右手だけでしたが…)わぁ~わぁ~言っちゃいました。
ボロ泣きしたり、興奮したり、この時は大変でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確かなこと - 小田和正:

« 田中一彦・マーケット・空間・展 | トップページ | 週末ライブ »