フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 田ノ岡三郎さんの週末ライブ情報 | トップページ | 新鮮野菜 »

2006年6月 9日 (金)

「私の好きな歌」 淡谷のり子

 子どもの頃、テレビで歌っている淡谷のり子さんの良さが全く分かりませんでした。怖い顔をしたおばさんだなぁぐらいに思っていました。何年か前、図書館で偶然に見つけた3枚組みのCD「私の好きな歌」が何故だか気になって借りてみました。http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A003002/VICG-60271.html

 聴いてみると、「えぇ~、淡谷のり子さんって、こんなに素敵な歌を歌う人だったんだ!」とビックリ。すっかりファンになってしまいました。収録曲は上のサイトで見ることができますが、シャンソン・タンゴなどアコーディオンのレパートリーとしてもよく弾かれる曲がたくさん含まれています。桑山哲也さんの師匠として知られているアンドレ・レジャン(=デデ・モンマルトル)さんのアコーディオンも聴くことができます。解説書には淡谷のり子さんとアンドレ・レジャンさんが並ぶ写真が掲載されています。レジャンさんはビクターに「モンマルトルのタンゴ」というLPを残しているそうです。そういえば以前、桑山さんがコンサートの会場へLPアルバムを持ってきてステージ上の椅子に乗せて、師弟共演のような感じで演奏されていたことがありました。それが「モンマルトルのタンゴ」だったのかもしれません。
 そういえば、6月25日の桑山さんのコンサートのタイトルも「モンマルトルのタンゴ」です。ヴァイオリンやバンドネオンの方もゲストで出演なさるようです。http://www.eire-productions.net/kuwayama/index.html?SID=aed19a10d7ca3c991ee8dbbb03087c25(桑山さんのHP)

« 田ノ岡三郎さんの週末ライブ情報 | トップページ | 新鮮野菜 »

コメント

市原さん、ミッシェルさんとはご縁があるのですね。確かにテレビで見ても、整ったお顔立ちで話し方にも好感が持てる方ですね。
義理のお父様がアコーディオンを弾かれるとのことで、市原さんもアコーディオンに興味を持たれたのでしょうか。桑山哲也さんはデデさんの唯一の弟子として中学生時代は千葉のデデさんのお宅に住み込みで修行なさったそうです。デデさんと同じボタンアコ奏者です。とてもいいですよ!

コメントの返信ありがとうございました。
実は私、ミシェルさんと同じ市内の別の高校のサッカー部でしたので、何度か彼の高校と練習試合(本大会もありました)をしたことがあります。もちろん、彼は私のことを知らないのですが、当時からやはりルックスが際立っていて存在感ありありでした。
ちなみに、私のカミさんのお父さんが御歳75歳でアコーディオンをひきながら老人ホームなどをボランティアで訪問しており、その影響でデデ・モンマルトルさんのことを知り、また、ご子息がミシェルさんだったことを以前知っておどろきました。

申し訳ありませんが、桑山さんのことはあまり良く知らないのですが、これから彼の作品も聞いてみたいと思います。
では。

市原緑さん、コメントありがとうございました。
数年前に、楽器の修理でお世話になっていたお店で、その話を聞いて以来、テレビで宮澤ミッシェルさんを見るたびにデデさんのことと桑山さんのことを思い出すようになってしまいました! お父様の写真とやはり似ていらっしゃいますね。

デデ・モンマルトルさんのご子息は、先日までワールドカップで盛り上がっていたNHKでのサッカー解説者宮澤ミシェルさんです。
千葉県市原緑高校出身。

カブトガニさん、デデさんのことを教えていただいて、ありがとうございました。フランスでもベルギー式を弾かれる方は、あまり多くないのですね。25日には久しぶりに桑山さんの演奏を聴きにいくので楽しみにしています。

デデ・モンマルトルの師匠はフランス・アコーディオン界の重鎮Edouard DULEU(1909-2001)で一番の長寿でしたが2001年に亡くなりました。Maurice LARCANGE(1929-)André LOPPEらベルギー式の家元で桑山哲也は孫弟子になります。

カブトガニさん、すてきな思い出をたくさんお持ちですね。うらやましいです! 淡谷のり子さんのシャンソン、生で聴いてみたかったです。楽器修理でお世話になっていた神田の渡辺節男さんのお店に最後に伺った時に、その千葉のお店にデデさんが出ていらした時の写真を見せてくださいました。こちらも生で演奏を聴きたかったです。

懐かしい!! 淡谷のり子さん、デデ・モンマルトルさん。

淡谷さんは私が出ていたキャバレーによくお出でになり、バンドとは顔なじみで私に「貴方もう私の唄譜面要らないわね」などと東北なまりで云ってノー・パートで伴奏させられたりしました。

デデさんは私の友人清水さんの千葉ミュンヘンに出ていた頃からの知り合いで、デデさんが名古屋のホテルに出演中何かで抜けた時私がトラ(代役)した事もありました、彼のLP大事に持っています。

コロポさんもそうでしたか。若い頃歌われていたシャンソンなどの方がずっと魅力的に感じました。ブルースの女王などと呼ばれていた記憶がありますが、シャンソンやタンゴの方が似合っている気がしました。

こんばんは、コロポも「淡谷のり子さんって」と淡谷さんの若い時のシャンソンを聴いてびっくりしたことがあります、お年を召されてからの姿、声しか知らなかったので。
 デデ・モンマルトルさんテレビでミュゼットもの弾いたのを聞いたことがあったけ。千葉のミュンヘン?でしたか、長らく弾いていたのに聞きに行ってればよかったです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「私の好きな歌」 淡谷のり子:

« 田ノ岡三郎さんの週末ライブ情報 | トップページ | 新鮮野菜 »