フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« ライブ情報 | トップページ | Patricia Kaas - rendez-vous »

2006年6月28日 (水)

スイカの皮

 先週いただいた新鮮なスイカ。皮(白い部分)までおいしくいただきました。赤い部分を食べた後、白い部分をかじっていると新鮮なだけあって、この部分もおいしい。これは捨てるのはもったいないと、表面の硬い縞々の部分だけむいて捨てて、白い部分いろいろと料理してみました。

①千切りにして軽く塩コショウ味でバターいため
②薄切りにして塩もみしてキュウリ・ワカメとともにポン酢で和えて鰹節をかける
③薄切りにしてキュウリ・人参と甘酢につけてサラダに

 いずれも、黙って出したら家族はスイカの皮とは気付かずに食べていました。後で正体を伝えるとビックリ。②は先日福岡出身の方とお話していたら「福岡では前からスイカの皮よく食べてますよ。」と言って教えてもらったレシピです。大分の私の実家ではスイカの皮は食べませんでしたが、福岡ではポピュラーなのでしょうか。あるいは、この方の家庭では食べていたということでしょうか。そういえば、九州にはザボン漬けのように柑橘類の皮を砂糖漬けにする伝統もあるのでした。

 ここで思い出したことはフランスのスーパーで買ったある商品のことです。ケーキやお菓子に入れるドライフルーツのような外見のものを買って帰って、よくよく原材料をみると「スイカの皮」と書いてあったのです。オレンジピールとかドライ・パイナップルとかチェリーとかの混ざったものかと思っていたら、スイカの皮の砂糖漬けに着色したものでした。ちょっとガッカリしたと同時に、そうかザボン漬けと同様にスイカの皮も砂糖漬けにするんだと納得したのでした。

« ライブ情報 | トップページ | Patricia Kaas - rendez-vous »

コメント

てるおさん、新鮮なスイカが手に入ったら、本当においしいので是非食べてみてくださいね! 生ゴミも少なくできるし、野菜として有効利用できるし、いいですよ。

こんにちは

スイカの皮も食べられるんですね。
昨年暮れに死んだワンコのレックスがスイカの皮が大好きでしたよ。
スイカを切っていたら臭いをかぎつけて、直ぐに側へ来ていました。
堅い皮だけ剥いで白いところを食べさせていました。

レックスももう、居ないし、今度何かに和えて食べてみようかなぁ。

parmerhuseさん、オレンジ・ピールのチョコ、私も大好きです。でも、結構高いので たま~にしか買えません。一度食べるとやみつきになる味ですね。骨せんべい、売っているのは買って食べたことがありますが、ご自分で作ってしまうところが すごいです。

オレンジ・ピールのチョコレート、初めて食べた時は感動ものでした。空中庭園の演奏が終了した際、milleさんがみなさんに「いかがですか。」と配ってくれました。あれって、けっこう、ほろ苦いチョコレートとオレンジの皮の味が甘さにマッチして、疲れが取れるんですよ。エコ料理といえば、私は、前述の通り、魚を料理すると、骨をごま油で炒めて「骨せんべい」にします。おいしいですよ。癖になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライブ情報 | トップページ | Patricia Kaas - rendez-vous »