フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« エニス・トラッドフェスティバル・ツアー | トップページ | CROSS Air 2006 »

2006年7月16日 (日)

続・イベント終了(KnK支援イベント)

 昨日のイベントの内容の紹介です。

■アコーディオン・ソロ(くどう えり)
♪ムーンリバー ♪エデンの東 ♪エンターティナー ♪忘れな草 ♪ただ一度だけ ♪ミュゼットの女王 ♪クリスタルの真珠

竹之内貴英&ナヴィガトーレ + 竹之内智英(ゲスト)
 (ギター&アコーディオン + リコーダー・カホン)

♪ファーストラブ ♪イパネマの娘 ♪オーラリー ♪アンダルシア ♪ピンボール ♪赤とんぼ ♪うちのブーちゃん(貴英君のオリジナル) ♪マイムマイム
音楽で世界を駆け抜けるというキャッチコピーのもと、20代の3人による演奏は若さにあふれ楽しいものでした。<かるふーる>で出会った二人が何か一緒にやろうよと意気投合し、お兄さんの智英君も協力してくれ、今日の演奏のため練習を重ねてくれました。まだまだ、いろいろな可能性を秘めた若い方たちの今後の活躍を見守っていきたいと思いました。

オオノシンヤさんのギター弾き語り&バグパイプ演奏
♪人間とは何か(詩・オオノシンヤ) ♪嗤い(詩・山村慕鳥) ♪針(詩・山村慕鳥) ♪老いたる海老のうた(詩・室生犀星) ♪小さいうた(詩・オオノシンヤ) ♪オランダのバグパイプの演奏(インストゥルメンタル)
自作あるいは大正時代の詩人の詩に自分で曲をつけ弾き語りをするというスタイルで音楽活動を続けているオオノさん。最初の曲は昨日の朝起きて読んだマーク・トゥエインの本に触発されて作った曲だとのこと。3月に生まれたばかりのお嬢さんもお母さんと一緒に聴きにきてくれていました。畑を耕し野菜を作り、梅干や味噌も手作り、子育ても紙おむつなどなかった時代のままのスタイルで自然体で生きているご夫婦に、私は初めて出会った一年前に、とてもひかれてしまいました。オオノさんの語る言葉を聞いていると、生きるということ、音楽をやるということ、様々なことへと思いが至ります。歌で・言葉で何かを伝えたい、ただ楽しみで音楽をやるのではなく何かを変えたい・良くしたい、本当の意味で歌を・言葉を求めている人へと向けて自分は歌を歌いたい、そのような意味のことを仰っていたオオノさんの生き方には厳しさを感じつつ自分を貫いていく力強さも感じます。何度も繰り返して聴きたいと思う歌たちでした。最後に珍しいオランダ製のバクパイプの演奏も披露していただきました。普段はブルガリア製のバグパイプを吹いているそうで昨日のものもブルガリア風の即興演奏のようでした。

国境なき子どもたち(KnK)活動紹介
KnKスタッフによるパネルや写真を用いての活動紹介。地震や津波で被害を受けた地域に実際に足を運んで支援活動に携わっているスタッフの話には説得力がありました。活動を一般の方に紹介するという機会は多くはないのが実情で、今回のことをきっかけに興味を持たれた方が、またどこかで誰かに「こんな団体があるんだって」と伝えていただけたら嬉しいなと思いながら聞いていました。

お話「生きてる幸せ」 さわきょうこ&くどうえり 
ディズニーランドで仕事をしていた頃の経験を中心に生きているということの幸せについてのお話をしてくださいました。背骨のない難病の少女との出会いの体験、その少女の夢(ディズニーランドへ行ってみたい)を叶えるためのディズニーランドのスタッフ・お客さまたちの尽力と協力。一人の少女の夢を叶えるという共通の思いで結ばれた人たちの間で共有された幸せな気持ち。その少女自身やそのご家族をも幸せにし、周りにいた人たちをも幸せにした出来事、それから、さわさん自身の体験から「幸せについて思うこと」を話してくださいました。
幸せの感じ方は人それぞれ。誰しも、死や不幸な出来事には出会いたくない、でも、そのような局面を切り抜けてこそ見えてくることもたくさんあり、幸せの実感も持てるようになると思います。さわさんとも出合ってまだ短いのですが、初めてお話をした時に、さわさんの言葉には人を前へと向かわせる魔力があるように思えたのです。今回、私の時間配分が悪く時間的余裕がなくなって、ちょっと端折った話になってしまいましたが、またゆっくりと さわさんのお話を聞きたいと思いました。(さわさん、すみませんでした。)

■アンサンブルいろいろ
出演者全員とお店のオーナーのMakikoさんのヴァイオリンにも加わっていただいてのアンサンブル(リコーダー、ギター、アコーディオン、ヴァイオリン、カホン)

♪クリーガーのメヌエット ♪エーデルワイス ♪ドナドナ ♪明日へ ♪今日の日はさようなら(お客様にも歌っていただきました)

« エニス・トラッドフェスティバル・ツアー | トップページ | CROSS Air 2006 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エニス・トラッドフェスティバル・ツアー | トップページ | CROSS Air 2006 »