フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« フィリピン流の幸せ | トップページ | ゆい企画 »

2006年7月27日 (木)

ガングリオン

 右手の小指の関節が腫れてアコーディオンを弾く時に少し痛いなぁと思いつつ、一ヶ月以上も腫れがひかないので整形外科へ行ってきました。レントゲンを撮ってみて特に異常はないので「多分ガングリオンですね」との診断。初めての病院だったのですが、初老の先生は「まあ、放っておいてもいいし、気になるようだったら自分でつぶしてください。」と仰るのですが、自分で押してみても簡単にはつぶれません。更に、その先生「さっき、別の人のは つぶしやすい場所にあったからやってあげたんだけど、あなたのは やりにくい場所にあるから やりたくない。」と仰ってニコニコ笑っています。次に整形外科にかかる時には別の病院にしようかなと思いながら、一応お礼を言って病院をあとにしました。

 この怪獣のような名前のガングリオンって何だと思って調べてみたら、よくある良性腫瘍のようですが、指をよく使う女性が特にかかりやすいと書いてありました。確かにアコーディオンを弾いていると指は使うので確率からいえばガングリオンちゃんとまた遭遇する可能性は大きいかもしれません。アコーディオンを弾かれる特に女性の皆さん、手指の関節に腫れ物が現れた時には、まずガングリオンを疑ってみてください。

(ガングリオンについてのサイト)
http://www.orth.or.jp/Hospital/wrist/ganglion.html
http://www.sankei.co.jp/databox/karada/html/125.html

« フィリピン流の幸せ | トップページ | ゆい企画 »

コメント

♪まちくんさんへ:やっぱりガングリオンとお付き合いなさっているのですね。つぶしたり、注射針で吸い取ったりしても再発しやすいのでしょうか。自分でつぶすようにと言われても簡単にはつぶれないんですよね。(今日随分と頑張ってみましたが私の力ではつぶれません。これで無理して腱鞘炎にでもなっても嫌なので止めました。)8月はお目にかかれないとのことで、とても残念ですが、また次回を楽しみにお待ちしています。

♪parmerhuseさんへ:男性でもなるようですね。今日メールで情報をくださった別の男性もいらっしゃいました。悪いものでないと分かっていれば、余程痛みがでるとか生活に支障があるとかでなければ、上手く付き合っていけばいいようなものなのではないかと思っています。

♪marieさんへ:やっぱりアコーディオンを弾く人には結構出来るのでしょうか。痛くないのは私のも同じです。腫れ物そのものは痛まないのですが、指を曲げた時に腫れているせいで圧迫されて関節部分が痛いみたいです。指の使いすぎが原因ということはパソコン仕事の多い人なども気をつけなくてはいけないのかもしれませんね。ご心配いただき、ありがとうございます。

去年の夏、アコ教室の先輩(女性)の左手首にできていたのを思い出しました。練習熱心な上にフリーベースで難曲を弾く人なので左手首に特に負荷がかかったのかもしれません。さわっても痛くないとのことでした。
たくさん練習しているアコ弾きの勲章みたいなものなのでしょうか。万年練習不足の私はできそうにないです…。えりさん、どうぞお大事に。

こんにちは。怖いですね。確かに左の指親指以外はきちんと使うと小指まで使って演奏しますよね。男の人はならないんですか?心配です。でも、好きなことはやってしまいますよね。けが、負傷してまでも。今日は、町内会の仕事で、自転車に乗って朝から届け物。たっぷり汗かきました。

ご無沙汰しています。いつも「かるふーる平日版」で演奏できないSです。私も右手親指の付け根にガングリオンができています。(右手親指を常に支え棒とした四指法での演奏スタイルがその犯人と疑っています。)医者の兄に注射針様のものでつぶしてもらいましたが2~3日で元どおりに復活してしまいました(8月のかるふーるは仕事でお休みさせて頂きます。ガックリです。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィリピン流の幸せ | トップページ | ゆい企画 »