フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 歌声喫茶・空 | トップページ | ウソも方便 »

2006年8月 3日 (木)

高原列車は行く

 今日は高齢者施設で演奏をさせていただいてきました。デイサービスと特養の入居者向けの合計2時間。この暑い季節には、やっぱり少々大変ですが、それでも流した汗の分だけ心の中に残るものがあると思います。終わった後で「楽器重いのに、ありがとうねぇ」と手を握ってくださるおばあちゃまの顔を見ていると、「ああ、今日も来て良かった」と思います。今日一番受けた曲は「高原列車は行く」だったような気がします。その時々の顔ぶれで人気のある曲も変わってくるのですが、今日は久しぶりに弾いた この曲が一番大きな声で歌っていただけたようです。あぁ、私も高原に避暑にでも行きたいなぁ~。

« 歌声喫茶・空 | トップページ | ウソも方便 »

コメント

カブトガニさん、仰る通り今話題の施設に通い始めて6年目です。ごく一部の心無い人たちのために一生懸命仕事をしている大多数の真面目なスタッフの人たちが冷たい視線で見られるかもしれないと思うと、とても心が痛みます。一部を見て全てを判断しないようにと思います。私自身はこれからも入居者の方たちのためのボランティア演奏を続けますが、他のボランティアの方たちにも、これまで同様に施設に足を運んで欲しいなと思っています。地域の皆で、より良い施設へと改善していく過程を見守るべきではないでしょうか。自分の家族や自分自身がお世話になるかもしれない施設です。当然、施設側には頑張っていただきたいですが、地域住民として協力をしていきたいと思います。

くどうさま、
「高原列車は行く」を弾いた高齢者施設、もしかして今話題のあの施設ですか?

てるおさん、高原列車は行く、あこがれの郵便馬車、登山電車 など乗り物シリーズと呼ばれていた歌があるのだそうですね。子どもの頃、汽車に乗っておばあちゃんの家へ遊びに行くことがよくあったのですが、着く頃には白いブラウスが薄黒く汚れているんですよね。トンネルに入る時には窓をしめたりしてませんでしたっけ? 今はもう見ない風景ですね。

これを歌った歌手、えーっと何て言ったっけ・・・
岡本敦郎さんだっけ、あこがれの郵便馬車、白い花の咲く頃、なども素敵な曲でした。高原列車は行く、も良い曲ですよね。
独身の頃までいた広島市安芸区瀬野町のJR山陽本線「瀬野駅」は急勾配で後押しが必要なのでD51など蒸気機関車が沢山機関区に止まっていたです。

ポッ!ポッ!ポーッって走っていた蒸気機関車、懐かしいなぁ。

parmerhuseさん、おはようございます。
子どもの頃には九州の田舎に住んでいたので、ガタンゴトンと走っていたのは皆「汽車」と呼ばれていて電車の存在を知りませんでした。(実際には、当時電気で走っていたものもあったかもしれませんが・・) そのせいで18歳で東京に出てきた当時、よく山手線とかを汽車と呼んで笑われました。

競争より、スローライフ行こうよ。「汽車の窓からハンケチ振れば牧場の乙女が花束投げる・・・」ですよね。ゆっくり行きましょう。大国に溶けないで。アメリカは近くても、所詮移民でしょう。みんな、東京圏と同じ寄ったかりでしょう。人種のるつぼでしょう。対立したらみんなだめになりますでしょう。ゆっくり、ゆっくり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌声喫茶・空 | トップページ | ウソも方便 »