フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

Joy - TETSUYA KUWAYAMA

 桑山哲也さんのニューアルバムを手に入れました。近くのCDショップには黙っていたら決してアコーディオンのCDは入荷されないので(cobaさんのは別ですが)、予約しておいたら今日届きました! ライブで既に聴いた曲もありますが初めて聴く曲もいくつか。藤田朋子さんのヴォーカルも入っています(しかも英語です)。今回楽しみだったのは「チュイルリー公園にて」。既に赤坂達三さんのアルバムでクラリネットとの共演でCDに入っているのですが、今回は桑山さんのアコーディオンでの重ね録り。この曲はTAM10周年記念曲集に入っていて、とても気に入っていて前から弾いていたので、今回は桑山さんのアコーディオンだけでどんな感じに仕上がっているのかなと楽しみでした。思った通りパリの街角の楽しげな雰囲気たっぷっりでした。桑山さんの演奏を聴いてしまったら自分で弾くのは躊躇われてしまいますが、10月14日のジョイント・ライブではこの曲も弾いてみたいと思っています。楽しく弾けるように、もう少し練習に力を入れなくては(!)です。

KODAIRAわいわいバザール

 10月8日(日)午前10時半より小平市内にある都立小平養護学校で開催されるバザー(KODAIRAわいわいバザール)の会場内で「ま組」の演奏があります。無料です。かなり大規模なバザーで古着・食料品など沢山の品物が並んでいます。8月にルネ小平でのイベントで演奏した内容とほぼ同じプログラムですが、お近くの方はバザーを楽しみがてらお暇がありましたらどうぞ!  「ま組」は今回はギター・ピアノ・パーカッション・アコーディオンの4名での演奏です。
♪花 ♪ジョージア・オン・マイ・マインド ♪涙そうそう ♪リベルタンゴ etc.

http://www.kodaira-net.jp/p.html?siteid=kodaira&jb=list_site_event (イベントの紹介)
http://www.kodaira-sh.metro.tokyo.jp/ (会場の地図)

 ちなみに昨年は大塚雄一さん・田ノ岡三郎さんのアコーディオンと二胡の方のユニットaco-nicoの演奏が聴けるということで楽しみに出かけていきました。とても楽しい演奏を至近距離で聴けたのですが、残念なことにお客さんが少なかったのです。そのせいか今年はプロ奏者の方たちの演奏はなく、私たちアマチュア・バンドの演奏のみのようです。「ま組」の後には<かるふーる>でもお馴染みの竹之内兄弟の参加するバンドも演奏予定です。翌日9日にもCDリリースもしている若いミュージシャンたちの演奏があります。

2006年9月28日 (木)

10月、11月の<かるふーる>

■10月6日(金)夜7:00~9:00
   1,000円(軽食・飲物付 要予約)

■11月5日(日)午後1:30~2:30 コンサート(入場料1500円)
          午後3:00~5:00 交流会(飲物代600円)
          (要予約)(詳細は以下で)
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/09/post_b59a.html

※10月の<かるふーる>はもう来週ですね。10月3日(火)を締め切りでご予約を受け付けています。来月も夜ですが人数は比較的多そうです。満席でお断りということにはならないと思いますが、ご希望の方はご連絡をお待ちしています。

アイリッシュのお好きな方へ

ロバハウスさんからいただいたお知らせからアコーディオンやコンサーティナを聴けるものを紹介します。①②はそれぞれ会場が違います。HPで確認してくださいね。守安ご夫妻の演奏は心温まります。

①◆◆「アイルランドの風」チケット発売中◆◆
 チケット:4000円(大人子ども共)  全4ステージ
  10/21(土)   13:00  16:00
  10/22(日)   11:00  14:30
 出演:ショーン・ライアン、守安功、雅子ほか
チケットのお申込はこちらから。満席に近いステージも多くなっています。
http://www.roba-house.com/order.html

②◆◆アイルランドの風 in フェデリーコ(代官山)チケット発売中◆◆
 11/16(木)  19:30~ 
 出演:J・デイリー(アコーディオン)、守安功、雅子ほか
 店のオープンは18:00~ 食事可
 詳しくは
http://www.roba-house.com/live.html

ブログ開設一周年

Pict0004

Pict0001

「簡単よ~」と人にすすめられても、なかなか踏み出せずにいたブログを始めて、なんと一年経ちました。やってみたら意外に簡単で楽しく、アコーディオン好きのお仲間が増えました。同じことに興味があったり好きなものが似ている方たちとの出会いの場にもなっていて、また書くことで自分の頭の整理もでき、老化防止にも役立っているかもしれません。これからもマイペースで続けていきますので、よろしくお願いします。上手く撮れていませんが、ブログのタイトルになっている場所の写真です。

2006年9月27日 (水)

更年期の特効薬

 このところ更年期の諸症状に悩まされています。ホットフラッシュから始まって動悸・息切れ・頭痛・頭重・・・  歳を重ねて私も成長したということでしょうか。年齢相応のことで心配はしていないのですが、何だか疲れたよ~ということが増えてきました。でも、ふと気付くと、掃除・洗濯・台所仕事などしている時には辛く思えるのに、アコーディオンを弾いている時には何ともないのですね!
 私にはよく効く特効薬があって幸せです。アコーディオンさん、ありがとう!

続・満州の丘にたちて

「満州の丘にたちて」について新しい情報を下さった方がいらっしゃいます。以下、いただいたメールから引用させていただきます。

~~~ ~~~ ~~~
 「満州の丘に立ちて」は、山之内重美さんの「トロイカから私を呼んでまでー続ロシア愛唱歌集ー」(東洋書店発行)によれば、「もともとは、日露戦争に従軍したシャトロフが追悼のために作曲した吹奏楽曲。人々がさまざまな歌詞をつけて歌いました。不思議なことに、日本語訳は帝政時代版の詞の部分訳を、ソ連版の演奏順につけたようです」とあり、“日露戦争のレクイエム「満州の丘にたちて」1960年”という見出しの下、1ページもの曲解説があります。
 なお、作曲年は、手許にある60年代の本等には1926年とありますが、この山之内本には、1906年9月に敗戦後に移動したサマーラで作曲し発表とあり、当初の原題は「満州の丘のモクシャ連隊」だったとあります。その他詳しくは同書をお読み下さい。
 また、「さすらいのギター(ベンチャーズ・スタイル)」の演奏はここでも聴けますヨ。結構聴かせます。♪ http://bunbun.boo.jp/sub4_index.htm で「曲名の検索」でマ~ワ行をクリックし、マ行の最後の「満州の丘に立ちて」をクリックしてください。

2006年9月26日 (火)

満州の丘にたちて

 関東アコーディオン演奏交流会で聴いた「満州の丘にたちて」という曲が良かった、弾いてみたいなぁなどと感想を書いたら、早速Nさんから楽譜を送っていただきました。ありがとうございました!

 「1926年頃出来たソヴィエト最初のワルツ歌曲。日本の兵隊と戦って満州に倒れたソヴィエトの兵士たちを歌った美しいワルツはたちまちロシア全土に広まり、ソヴィエト人のもっとも好む曲の一つとなった。」と解説がありました。世界中から戦争がなくなることを祈りつつ弾こうと思いました。

「ジャバラ・ヴィ」ライブの様子

●私は行けませんでしたが、23日に<炭火煎珈琲はるもにあ>で開催された「ジャバラ・ヴィ」ライブの様子がお店のHPの掲示板で紹介されています。たくさんのお客さんで素晴らしい演奏を堪能したようです。
http://hpcgi2.nifty.com/harmonie2000/keijiban/joyful-dy.cgi

●24日に開催された<音楽を楽しむ会>の様子も見ることが出来ます。

2006年9月25日 (月)

Sarasa 5周年!!!!!

今年1月の“アコーディオン喫茶かるふーる”のゲストでもありましたアコーディオン・デュオSarasaのお二人(岩城里江子さん&福嶋亮さん)、何ともう結成5周年となるそうです。Sarasaが生まれる前からお二人を知っていたし、結成後も可能な限り追っかけをしてきた私にとっても、大変嬉しい5周年です。岩城さんから来月のライブのお知らせをいただきましたので転載させていただきます。***************************************************

ひさしぶりにSarasa単独ライブをすることになりました。しかも、五周年記念。なんだかんだと、そんなに経ってしまいました。早いです。ハイ。あのころ1曲だけだった持ち曲も二桁になりました(笑)。
力を入れて探しまくった今回の会場となる下北沢ラカーニャは、なかなかに素敵な場所でございます。ここでみなさまと一緒に過ごせることを心から楽しみにしています。ぜひ、ぜひ、おいでくださいませ。
***************************************************
 Sarasa5周年ライブ
   「ちょっぴり大人になりました。」
      ~もっと大人になってくれ~

アコーディオンの音を重ねることによって呼び起こされる、懐かしくも新しい時間。5年分のパッションと感謝をこめて。
日時●2006/10/29(日)OPEN18:00、START18:30
場所●下北沢ラ・カーニャ      
http://www1.ttcn.ne.jp/~LaCana/
    世田谷区北沢2-1-9代2熊崎ビルB-1
    Tel   (03)3410-0505
出演●Sarasa 福嶋亮・岩城里江子(Acc.)
   ゲスト 黒川倬生(Gui.)
       市川(ゲーリー)寿治(Per.)
チャージ●¥1700(1ドリンク別¥500)
予約アドレス
●sarasa_acc@hotmail.co.jp

2006年9月24日 (日)

<音楽を楽しむ会>in はるもにあ

 気持ちのいい秋晴れの日曜日、野外活動もいいけれど、今日は<炭火煎珈琲はるもにあ>で開催された<音楽を楽しむ会>へ行って来ました(お店の企画です)。毎回いろいろな楽器の方が参加なさってジャンルも様々な音楽を楽しむことができます。今日は山梨県・神奈川県・千葉県・埼玉県などからの参加者もあり、演奏された曲もクラシックからジャズまでいろいろでした。きっと同じようなイベントを企画して開催されている場所は他にもあるのではないかと思うのですが、毎回かなり遠方から参加なさる方がいらっしゃるのには驚きます。十数名の参加者の中で今日初参加の方が4名いらっしゃいましたが、新たな出会いもまた楽しいひとときでした。楽器はピアノ・ヴァイオリン・フルート・ギター・アコーディオンで、歌の方たちもいらっしゃいました。
 私は最近ピアノももっと弾けるようになりたいなという気持ちがあって、この<音楽を楽しむ会>ではアコーディオンよりもピアノを弾くことが多いです。今日はピアノ用にアレンジされた「テルーの唄」を弾いてみました。もう一曲「バッハのブーレ」をヴァイオリンで演奏なさったMakikoさんのピアノ伴奏をさせていただきました。まあ、私のピアノは大して上手くはないので純粋に自分の楽しみで弾いています。でも、このような場があり、同じように音楽を楽しんでいらっしゃる方たちと交流を持つことができることは幸せなことです。次回もピアノを弾きたいと思い、密かに練習を始めようかと思っている曲があります。ピアノは多分中学校1年生の時が最盛期で(それまでレッスンに通っていたので)、今はいくら練習したところで当時のレベルには達しないのですが、中途半端で止めてしまった事が今頃になって引っ掛かっていて、もう一度少し向き合いたい気持ちが起きています。

関東アコーディオン演奏交流会

 昨日は関東アコーディオン演奏交流会を一日楽しんできました。今年は独奏の部はなく、重奏・小アンサンブル・合奏の各部門でした。10時開始で最終組の演奏終了が5時半、その後ゲスト演奏や審査結果の発表などまで含めると閉会式は7時過ぎという長丁場でしたが、年に一度は こんなアコーディオン漬けの一日もいいものです。(私は審査結果まで聞いたところで都合で失礼してしまいました。)
 実行委員会の皆さん、長期に渡っての準備から本番に至るまでの様々なご苦労があったことと思いますが、一日たっぷりと楽しませていただきました。ありがとうございました。出演者の皆さん、いろいろなスタイルのアコーディオンの楽しみ方を見ることができ、刺激の多い一日となりました。ありがとうございました。
 <かるふーる>に来てくださっている方たちの演奏は聴き逃さないようにと思い、重奏の部32組、小アンサンブルの部7組、合奏の部20組、ほぼ全ての演奏を聴きました(途中4組だけ都合で聴けませんでしたが)。皆さん、練習に励んだ時間を感じさせる演奏をなさっていました。最後の方で少しだけ出演者の紹介原稿を読むというお手伝いをさせていただき、その際にステージ登場間際の皆さんの様子なども身近に感じていたのですが、独奏部門の時のような張り詰めた緊張感はなく、何となく和やかな雰囲気を感じるグループが多かったと思いました。やはり仲間がいて一緒にステージに上がるというのは若干の緊張はあっても楽しい面が強いと思います。出演者の方たちの楽しそうな様子をうらやましく眺めていました。
 私は最近はギターやピアノの方たちと地域でアンサンブルを楽しんでいるのですが、今回は他の楽器のパートを譜面にするのは難しく出場は考えませんでした。でも、2年後・4年後・・の開催時には可能であれば自分も参加できた方が、より楽しいだろうなぁと思いつつ会場を後にしました。
 ゲストのレインボウ・ノウツの皆さんの演奏も 演出も楽しく飽きさせずにあっという間の30分でした。本来は8名のグループから昨日は6名の方が来てくださっていましたが、中部アコーディオンクラブ(CAC)の層の厚さ・レベルの高さを感じました。CACのHPも充実しています。cobaさんを中心にしたメンバーの皆さんの写真など見つけることもできますよ! http://www.ne.jp/asahi/cookie/cac/top.htm

2006年9月22日 (金)

アコーディオン伴奏講座

関東アコーディオン演奏交流会の実行委員会の方から11月に予定されている伴奏講座のご案内をいただきました。毎年好評で4回目になるそうです。チラシをダウンロードして見られるようにしてあります。「bansoukouza.doc」をダウンロード

■日時:11月4日~5日(一泊二日)
■場所:八王子ゆうやけこやけふれあいの里
(詳細は上のチラシをダウンロードしてご覧下さい。

♪明日はいよいよ今年の関東アコーディオン演奏交流会ですね。<かるふーる>に来てくださっている方たちが大勢参加なさるので、応援兼ねて一日たっぷりとアコーディオンを楽しもうと思っています。皆さん、練習の成果をしっかり出せるように、でもアンサンブルを楽しむ気持ちの余裕も持って、いい演奏をなさってくださいね。楽しみにしています。(今年は自分は演奏しないので、お気楽なことを言っていますが・・) ゲストのレインボウ・ノウツの方たちの演奏も とても楽しみです。

2006年9月21日 (木)

大塚雄一さんからのお知らせ

大塚雄一さんから今週末のイベントのお知らせをいただきましたので転載させていただきます。
  ~~~ 以下転載です ~~~

こんにちは、大塚雄一です。今週末の土曜日、ちょっと風変わりなイベントに参加する事になりました。コロンビア人の詩人、エクトル・シエラさんが主催する失恋をテーマにしたイベント。興味のある方は是非どうぞ!

「デスペチョ」
ろうそくの下で
ブロークンハートナイト
At www.sundalandcafe.com
9月23日(土)秋分の日

ココロにバンドエイドをつけてないですか? 詩や音楽で、傷口を治しましょう。「デスペチョ」へようこそ。 “デスペチョ”(DESPECHO)はスペイン語で「失恋」 の意味です。今宵、失恋をテーマにした詩の朗読や、デスペチョ的なライブ行います。

作詞家朱沢典子(ひみこ)さんやコロンビア人の詩人 エクトル シエラさんも詩を朗読します。そして、アナタも今夜、詩人になりませんか。失くしてしまった恋、愛について、詩や手紙でアナタの気持ちを自由に表現し、読んでみましょう! さらに、「失恋コンテスト」も行います。一番感動的な詩を読んだ人に、ヒーリングの音楽CDと料理の一品をプレゼントいたします。

お互いに、励ましたり、癒されたり、新しい出会いがありますように・・・

プログラム

オープン 18:30 pm.
● 作詞家朱沢典子、詩人 エクトル シエラ (1回目)
● 演奏 大塚雄一
● 作詞家朱沢典子、 エクトル シエラ(2回目)
● だれでも詩人タイム
● 対談  エクトル シエラ X ストレスセラピスト生井 隆明
テーマ『失恋によるPTSDを治り方』
(生井 隆明氏はストレス科学研究所所長、NPO AWOA・ アジア戦災孤児救済センター設立者や代表理事
http://www.awoa.org/
● 失恋について話すタイム(自由参加)
● 「失恋コンテスト」の受賞者
● 22:00~23:00 ライブ演奏 大塚雄一
www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka/

チャージ \1500 (w/1drink) ★泣き放題

場所:渋谷スンダランドカフェ 詳細→ 
www.sundalandcafe.com
住所:渋谷区渋谷3-15-2コンパルビル5F [TEL/FAX] 
03-5485-0503
Map: www.sundalandcafe.com/archives/2004/11/sundaland_cafe.html#map

歌声カフェ「空」 4回目

 昨日の午後はカフェバーCooでの4回目の歌声喫茶でした。歌声喫茶をよく知らない世代のCooのオーナーさんと私は、お客さんにいろいろと教わることも多いのですが、昨日はオールリクエストで、きっと昔ながらの歌声喫茶スタイルだったのだと思います。皆さん、やはり自分たちのリクエスト曲を歌えることが楽しみで来てくださるのだと実感しました。リクエストを出した方や歌いたい方たちが、入れ替わりでマイクの前で歌って、とても楽しい雰囲気であっという間の3時間でした。ハーモニカ・サークルの方たちのハーモニカ演奏と一緒に歌う「赤とんぼ」も良かったです。
 まだまだ一人では対応できない曲も多いのですが、ピアノ伴奏に合わせてアコーディオンでも少しオカズを入れてみたりメロディーを一緒に奏でたり、懐かしい曲を久しぶりに聴いたり(弾いたり)、お客様たちとの会話もまた楽しい時間です。前から思っていたことですが、今回再確認できたことは、フォーク系・歌謡曲系が得意ではないので少し練習した方がいいなぁということでした。曲は知っているものの今までアコーディオンで弾く機会のあまりなかったジャンルにも少しずつ馴染んでいきたいものです。

2006年9月19日 (火)

かとうかなこさん Solo Project 2006 東京

スニマ企画さんより かとうかなこさん情報をいただきましたので紹介させていただきます。11月24日のチケットの先行発売のお知らせです。
    ~~~ 以下転載です ~~~

★━ 明日先行発売! Solo Project 2006 東京 ━★
明日、9/20(水) 10:00より、インターネットでの先行発売します。
整理番号順のご入場となりますので、お早めにお申し込みください。
一般のプレイガイド発売は、9/25(月)からとなります。

インターネット先行予約売 >>
 
http://www.harmony-fields.com/ticket/ticket.html

大阪で9/3行われた、Solo project
  写真を一部 更新しました
     >>
http://www.katokanako.com/cgi-bin/diarypro/diary.cgi
  ブログに色々な感想を頂きました
     >>
http://blog.livedoor.jp/katokanako/archives/50698322.html#comments

■オフィシャルHP    http://www.katokanako.com/
■かとうかなこブログ  http://blog.livedoor.jp/katokanako/
■コンサート情報 http://www.katokanako.com/concert/concert.html

2006年9月18日 (月)

街角 Coin de Rue

 「街角」というシャンソンがとても好きで、シャンソンの中では一番よく弾く曲です。久しぶりにイベット・ジローさんのCDを聴いていたら、この曲も入っていて、やっぱり一番良かったです。CDのタイトルは以下。最後の来日を記念して作られたアルバム。

- sayonara - adieu Japon

Yvette Giraud et Marc Herrand

さよなら日本
イヴェット・ジロー&マルク・エラン


日本人アコーディオン奏者の水野弘文さんが参加なさっています。もう廃盤になっているようですが、オークションに随分出ているようでした。
http://9.pro.tok2.com/~funmusic/France-1-1.htm

2006年9月16日 (土)

ジョイント・ライブのお知らせ No.3

♪ アコーディオン・ジョイント・ライブ ♪
      坂本光世 & 
工藤絵里

■日時:2006年10月14日(土)13:30開場 14:00開演
■場所:カフェバーCoo(空) 西武拝島線東大和市駅より徒歩5分
■料金:1,500円(1ドリンク付)
■カフェバーCooの地図はこちら 
「coo.bmp」をダウンロード
■カフェバーCooのHPはこちら 
http://www.cafebar-coo.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本番まであと一ヶ月ありません。練習しなくては! ちょっぴり緊張感も出てきましたが何だか楽しみなような気がしています。今日は「不便そうな場所だし、どうしようかな~」と迷っていらっしゃる方向けに交通案内などしてみます。

≪東大和市駅へのアクセス≫
★新宿・高田馬場方面から: 西武新宿駅より西武拝島線に乗ると乗り換えなしで着きます。急行で40分弱。各駅停車だと50分程。各駅に乗車した場合も途中駅で急行へ乗り継ぎが出来ることが多いです。本川越行き・新所沢行きなどの西武新宿線に乗って途中小平駅で拝島行き・玉川上水行きに乗り換えてもOKです。西武新宿駅の次の停車駅が高田馬場です。駅構内でJRと西武線が繋がっています。東西線ご利用の方は高田馬場から西武線への乗車が便利です。
★立川方面から: 立川駅北口のバス・ターミナルから東大和市駅・東村山・久米川・南街・長円寺などを行き先とするバスに乗ると20分~30分程(道路混雑の具合ではもっとかかります)。 東大和市駅(ビッグボックス)に停車するバスであれば何でもOKです。
★国分寺方面から: 国分寺駅より西武国分寺線で小川駅まで行き西武拝島線に乗り換えて1駅。あるいは西武多摩湖線で萩山駅まで行き西武拝島線に乗り換えて2駅。国分寺線の方が本数が多いです。
★所沢方面から: 所沢駅より西武新宿線で1駅の東村山駅で国分寺線に乗り換え、1駅先の小川駅で拝島線に乗り換えて1駅です。
★池袋方面から: 西武池袋線で所沢駅まで行き上記のルートを利用する。あるいは、高田馬場駅経由で西武拝島線を利用する。
★八王子方面から: JR八高線で拝島駅まで行き西武拝島線に乗り換えて4駅(10分程度)。ただし八高線は本数が少ない時間帯があります。国分寺を経由した方が早い場合もあるかもしれません。
★多摩モノレール沿線の方: 多摩モノレール玉川上水駅より西武拝島線に乗り換えて1駅です。多摩センターより玉川上水駅まで30分程です。立川など中央線沿線の方も立川北あるいは立川南よりの多摩モノレール利用も便利です。
お車の場合: 有料ですが駅前に西武の立体駐車場があります。(お店には駐車場はありません)

http://plaza16.mbn.or.jp/~stella/ (坂本光世さんのHP)
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/08/post_2754.html(お知らせNo.1)
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/09/post_f103.html(お知らせN.2)

2006年9月15日 (金)

田ノ岡三郎さんのライブ情報

田ノ岡三郎さんから今夜のライブのお知らせが届きましたので転載させていただきます。

~~~~  (以下、転載です) ~~~~

残暑も厳しかったですが、ようやく少し秋らしくなってきましたね、、、アコーディオン弾きのさぶろうです。今宵は吉祥寺スターパインズカフェで秋祭りです!「サーカスcafeの秋」、山平憲嗣さん(二胡)愛川聡さん(ギター)とのトリオ「らふ・すけっち」の出演は18時半~19時頃です。「サーカス仕様」スペシャルプログラムで臨みます。いずれ劣らぬ個性派揃いの出演者陣。是非あそびにいらしてください!
=======

★9月15日 吉祥寺スターパインズカフェ0422-23-2251 www.mandara.com にてイベント出演 
●『サーカスcafeの秋』18:00スタート 
¥2600
● らふ・すけっち
(山平憲嗣:二胡、田ノ岡三郎:アコーディオン、愛川聡:ギター)で出演します。
●共演:ヨタロウ&メトロローマンスホテル、滝本晃司(exたま)、ヒネモスwith天野耕太(曲芸)エモリハルヒコ(紙芝居)オルガンパイプ(手回しオルガン)超個性派愉快なビッグバンド、ヒネモスさんのイベントに登場です。一癖も二癖もありそうな出演者揃い、、、ハイテンションな夜になりそうです。
さらに詳しい情報はヒネモスHP http://www.geocities.jp/suttonkyocom/hinemos を御覧ください。
=======

☆そして来週末のソロライブも、強力強烈なゲストを迎えてお送りします!こちらもどうぞよろしく!           
●2006年9月23日(土)
●『田ノ岡三郎のアコーディオン室内楽Vol.37』@中野ブライトブラウン(お問いあわせ:080-3024-4685)※予約不要       
http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/   
☆JR中野駅北口サンモール商店街コージーコーナー右折した左側2軒目        
19:00オープン 20:00スタート  (20時~アコーディオンソロ、21時頃~ゲストコーナー、セッション)             
チャージ:1300円  
●今回のスペシャルゲスト:ボンバー・ドラミ(歌・ピアノetc)      http://bombardorami.web.infoseek.co.jp/
ボンバ-ドラミとは:声でできることを絶え間なく追及するシンガーソングライター。精神衰弱系ピアノならびに発狂寸前の雄叫びを得意とする。詩は「迷子」を基調とした焦燥感漂う世界や懐かしくうら悲しい原風景を紡ぎだす!

======
田ノ岡三郎さんのHPhttp://www.fieldbig.co.jp/sabu/

2006年9月14日 (木)

お行儀の悪い親知らず

 歯茎の下で横向きに生えてしまった親知らずを掘り出してもらってきました。腕のいい先生だったらしく、予定よりも短い時間でテキパキとやってくださって、無事に抜歯終了。麻酔が切れた後 痛むのは嫌だなぁと思って、切れてしまう前に鎮痛剤を飲んでしまいました。そのせいか、麻酔はすっかり切れている今も、それ程痛くはなく、出血も止まっています。二十数年前に同じ手術を受けた時には痛みと出血で一晩寝られなかったので覚悟していたのですが、何となく大丈夫そうです。良かった! でも、腫れは3日目ぐらいから酷くなるそうなので、週末は家にこもっていようと思います。こんなことを書きながら「あれっ、なんだか熱っぽい」と思って体温計で計ってみたら やっぱり熱が出ていました。今夜は早く寝ましょう。

2006年9月13日 (水)

Waltz for Debby

Richard Gallianoのアコーディオン、Jean-Charles CaponのチェロのデュオによるアルバムBLUES SUR SEINEを聴いていて、一番気に入っている曲がWaltz for Debbyです。作曲者のビル・エヴァンスが姪であるDebbyのために作った曲だそうです。ジャズには詳しくない私ですが、20年ぐらい前、ジャズの好きな先生から音楽理論を習っていた際に大量に貸していただいて聴いたジャズのレコードの中にもビル・エヴァンスのものがあり、一度聴いて直ぐに好きになった曲でした。私には難しくてよく分からないジャズの曲も多いのですが、このようなメロディーのきれいな曲は大好きです。久しぶりにガリアーノのアコーディオンを聴こうと思って、このアルバムを出してきたら、Waltz for Debbyの魅力の再確認ができました。アコーディオンの音色にもピッタリの曲だなぁと思います。今、地域活動で一緒にやっているピアニストの方がジャズ好きな方なので、そのうちこの曲もピアノやギターと一緒に弾いてみたいと思いました。

このCDは手に入るのかなと調べてみたら、アコーディオン関係のCDをいろいろと扱っているサイトを見つけました。
http://www.minfrance.com/cd/cd_accordion.html

2006年9月12日 (火)

「ジャバラ・ヴィ」ライブ

<かるふーる>の常連のお客様 Fさんの企画で開催されるライブのお知らせです。会場は<かるふーる>と同様<炭火煎珈琲はるもにあ>です。関東アコーディオン演奏交流会の日ですが、ライブの主役のお二人は演奏交流会に出場後、立川へと場所を移してライブに臨まれるそうです。広島から上京なさる このお二人の演奏をたっぷりと聴けるまたとないチャンスです。昼間は予定があって関東アコへは行けないけれど夜は空いているという方など、アコーディオン&ヴィオラによる素敵なデュオをたっぷり楽しめるようですので、いかがでしょうか? 広島を中心にフリーの演奏家としてご活躍の方々です。

「ジャバラ・ヴィ」ライブ
■日時:9月23日(土) 18:30~21:00
■会場:<炭火煎珈琲はるもにあ>
      
http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
■チケット:2,500円(飲物、軽食付)
       1,000円(ライブのみ)

■お申込み・お問合せは<炭火煎珈琲はるもにあ>へどうぞ。
■予定プログラム:♪チゴイネルワイゼン ♪ダークアイズ ♪2つのギター ♪ルーマニアンラプソディーNo.2 ♪チャールダッシュ ♪真珠の首飾り ♪ベニスの謝肉祭 etc.

~~~ 以下はライブを企画されたFさんからのメッセージです ~~~

 土本さんとは30年前に知り合ったのですが今も昔のままアコに対するアツイ思
いはそのままで大人になったという感じの人です。
 今回、ビオラの吉本さんとのDUOです。「ビオラの表現の幅を広げてもらって
いる」という吉本さんです。ビオラもいいですよ。
編曲は彼がしているのですが編曲はどのようにしているか聞いたところ「いつも
考えている」のだそうです。
 私もいつも考えているのですがいつも途中であきらめてしまうからいけないのか
な?
 土本さんは、ブガリのJ130という96べース、37鍵のジュニア用のアコを
使っています。
 MMLと波をフラットにしたMMMの2台を使っています。
 彼は、途中でスイッチを替えません。「他の楽器にはスイッチはないのにあれだ
け表現豊かにやれている、アコでも出来るんじゃないか」というのが彼の言葉で
す。
 アコが好きでアコをずっと続けている男の思いを聞いてあげてください。

2006年9月11日 (月)

りぼんの手風琴士

2,3,4月と<かるふーる>にも遊びにきてくださった≪あんざいのりえ≫さんから とても楽しそうなライブのお知らせをいただきましたので、ご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あんざい&ノンノンの、GINZAオシャレスペシャルミニライヴ

 「りぼんの手風琴(アコーディオン)士」
9月30日 土曜日
銀座 りぼん  bar&livemusic
  中央区銀座8-6-19  渡辺ビルB2   (おでんの赤提灯があるビルです)
 03-3572-2855
  
 20:00  あんざいのりえ 演奏会 40分
  (途中、ちょっと休憩&メイクタイムがあります)
 22:00  アコる・デ・ノンノン 演奏会 40分 
演奏会のあとは、おしゃべりタイムもあります。
写真は撮り放題。でもあとで下さいね。
(人数によって入れ替え制の場合もありです。いてほしいいのですが、スペースが・・・。)  
料金 2000円  飲み物別(食べ物の用意はありませんので、食べてきて下さい )
 
ちょっとお洒落をして、銀座の夜をわたしと過ごしませんか。

予約も受け付けております。
では、待ってまーす。        あんざいのりえ
http://pinkparachute.jpn.org/top/index.html (あんざいさんのHP)

2006年9月10日 (日)

お茶会

 息子の高校の文化祭でお茶会をやっていたので、お抹茶大好きな私は軽い気持ちで入ってみました。おいしいお抹茶とお菓子で楽しんでいこうと思ったのです。ところが、受付でお金を払いドアを開けて中へ入って、ちょっとビックリ。中では本格的なスタイルでのお茶会が進行中。「えぇ~~」と思ったものの今更帰るわけにもいかず、控えの間で観察しながら、次第にしびれていく足もモゾモゾ。前の方たちがお茶を飲み終わって出て行かれた後、自分たちの順番がきてお部屋へ入りましたが、その時点で足は結構痛くなっていました。何となく周りの方たちの様子を見ながら真似をして、何とかお菓子とお茶をいただきましたが、おいしさを味わうより前に疲れてしまいました。
 お茶やお花の素養のないガサツなおばさんには、ちょっと場違いな空間へ迷い込んでしまったようでした。

2006年9月 9日 (土)

ジョイント・ライブのお知らせ No.2

♪ アコーディオン・ジョイント・ライブ ♪
      坂本光世 & 
工藤絵里

■日時:2006年10月14日(土)13:30開場 14:00開演
■場所:カフェバーCoo(空) 西武拝島線東大和市駅より徒歩5分
■料金:1,500円(1ドリンク付)
■カフェバーCooの地図はこちら
 「coo.bmp」をダウンロード
■カフェバーCooのHPはこちら http://www.cafebar-coo.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日は坂本光世さんとの出会いについて少し書いてみます。もう5~6年も前のことになるでしょうか、TYAM(東京ヤングアコーディオンメイツ)というサークルがありました。TAM(東京アコーディオンメイツ)の下部組織のような形で比較的若い世代の会員で構成され、コンサートなど企画してやっていました。活動の主力メンバーが若いため選曲にもモーニング娘の曲が取り入れられたり面白い活動が出来たと思っていますが、若いが故の難しさもあり(仕事や家庭でも現役バリバリですからアコーディオンの活動にのみは専念できず・・)、それ程長くは続けられずに活動を終えました。その際に、感心を寄せてくださり入会してくださった中のお一人が坂本光世さんでした。プロ奏者としてご活躍の坂本さんの入会は大変嬉しく、坂本さんにも出演していただいてのイベントを是非実現させたいと思っていたのですが、その機会のないまま終わってしまい、とても残念に思っていました。
 その後もメールでのやりとりなど、時折していただいていたご縁で昨年は“アコーディオン喫茶かるふーる”のゲストとして9月にコンサートをお願いすることができました。そして、今回、自分の地元でアコーディオン・コンサートを企画してみたいと思いお願いしてみたところ、快く引き受けてくださいました。ジャズがお好きで即興もお得意な坂本さんに対して、私はリズムにも乗れないしアドリブもできず差がありすぎますが、それでも坂本さんと工藤だからできるというようなものを目指してデュオにも取り組んでいます。当日どんなものに仕上がるやら楽しみなような怖いようなですが、お暇な方はどうぞ見にいらしてください! また来週あたり、お知らせNo.3を発行予定です。

 http://plaza16.mbn.or.jp/~stella/ (坂本光世さんのHP)
 http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/08/post_2754.html(お知らせNo.1)

2006年9月 7日 (木)

歌声カフェ「空」

 昨日の午後は歌声カフェ「空」でした。生憎の雨になり、参加者の数は少なかったものの、ハーモニカ・サークルの方たちと、ちょっと気の早い秋の歌をたくさん演奏したり歌ったりしました。気がついたら秋を通り越して冬の歌まで歌っていました。東京では昨日は気温はかなり低めだったので、まぁいいでしょうか。

 お若い頃に歌声喫茶に通われたような方たちは、本当にいろいろな歌を知っているなぁとビックリします。曲目リストを見ても知らない曲が多いのですが、回を重ねるうちに私も周りの人がビックリするぐらい沢山の曲を覚えて演奏や伴奏ができるようになるといいなぁと思います。ロシア民謡に人気があるようで、私も結構好きなので今まで知らなかったロシア民謡も新たに覚えたいなと思っています。

カフェバーCooでの歌声カフェ「空」の次回開催日
9月20日(水)2:00~5:00 です。場所はこちらからどうぞ。
http://www.cafebar-coo.com/

CooセッションDAY

 10月14日(土)に坂本光世さんとのジョイント・ライブを予定してるお店≪カフェバーCoo≫では毎週火曜日の夜はセッションDAYとして自由に演奏やおしゃべりを楽しむことができます。ピアノやドラムセットもあるし、電源もあるのでエレキギターなども可です。

 一昨日の夜は、エレキギターとドラムがメインでやっているバンドの方に誘われて一緒に練習などしてきました。ザ・シャドウズというグループが演奏している「春がいっぱい」という曲にアコーディオンを入れたら合いそうだとのことで音源を聴いてみたら、確かに原曲では弦楽器が奏でているらしいパートをアコーディオンでやっても なかなかいい感じでした。実はエレキギターはちょっと苦手な気がしていましたが、メロディーのきれいな曲ならばエレキも悪くはないかなぁなんて思いました。何にしても新しいことはワクワクして楽しいです。これから秋という季節に、かなり先取りして春の雰囲気を感じながら練習を楽しんできました。イベントなどで演奏したアコーディオンの音を聴いて、一緒にどうですかとお声をかけていただけるのは嬉しいことなので、無理せずに出来る範囲であれば積極的にいろんな方たちと演奏を楽しんでいきたいと思います。

2006年9月 6日 (水)

津花幸嗣さんのコンサート

 murakami さんからお知らせをいただきました。昨日レッスンに行かれてチラシをもらっていらしたとのことで、今週末のコンサートの予定です。津花さんと言えば、何年か前に関東アコ独奏の部で優勝なさった時に演奏を聴いて「すごいなぁ~」と感動したことを思い出します。その後、留学なさったと聞いたように記憶していますが、今回はピアソラの曲がたくさん聴けるコンサートだそうです。
♪四重奏コンサート♪
■9月9日(土)午後3時開演
■北部市民会館劇場(東部伊勢崎線大袋駅徒歩7分)

2006年9月 5日 (火)

ボサコルデオン

 新潟を中心にご活躍の田中トシユキさんからライブのお知らせをいただきました。田中さんはCDも出されていて私も「RONDO」というタイトルのものを持っていたのを思い出して久しぶりに聴いてみました。ジャズアコーディオンのお好きな方にはお薦めです。ユニット名が面白いです。Atagiin(アタジーン)。アルファベットを逆から読んでみてください! 
今回は別のユニット≪ボサコルデオン≫ですが、ボサノバが中心のライブでしょうか。楽しそうですね!


♪ボサコルデオン・ライブ♪
■10月21日(土)19:30~
■国分寺クラスタ 
http://www.d3.dion.ne.jp/~atagiin/

※ボサコルデオンはアコーディオンとヴォーカル&ギターのデュオで、ボサノバをメインにミュゼットやジャズなどを演奏なさっているそうです。詳細はこちらで
 ・クラスタHP 
http://www.classta.com/index.htm
 ・田中トシユキさんHP http://www.d3.dion.ne.jp/~atagiin/

2006年9月 4日 (月)

伊藤ちか子さんの演奏予定

 “アコーディオン喫茶かるふーる”11月のゲスト、伊藤ちか子さんから近々の演奏予定をいただいていますので、ご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・ (以下、伊藤さんより) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今年の夏は思いのほか短かく、朝晩は秋の気配に随分と過ごし易くなりました。
如何お過ごしでしょうか。演奏のお知らせをお送り致します。

★9月15日(Fri) 18:00開演
ギャラリー悠にて
アコーディオン 伊藤 ちか子


絵や置き物の展示される小さなギャラリーで、1時間程の演奏会を行います。
久々にお話も交えて進めてみようかと思います。入場無料です。
 
ギャラリー悠
国立市 中 1-9-38 1F  042-575-2051
国立駅から徒歩3分、ブランコ通り
http://kunitachi.shop-info.com/units/36236/galleryyou/


★10月7日(Sat)~9日(Mon.祝)
リストランテ国立文流にて
アコーディオン 伊藤 ちか子

イタリア料理店【文流】国立店で開店10周年のフェスタがあり、お食事の合間に弾きます。腕によりをかけたお料理、朗らかな時間を召し上がって頂ける事でしょう。個人的にお勧めは中庭のテーブルで、店内とは硝子戸で仕切られますが、この時期虫の音と音楽が混ざって聴こえると思います。但し虫刺されが気になる方はお勧め出来ません。営業時間内に2、3ステージの演奏で、18:00辺りから弾き始める感じでしょうか。詳細はお問合せ下さい。

リストランテ国立文流
17:00~22:00 (L.O.21:30)
国立市東1-6-30 パティオマグノリア1F
国立駅から徒歩3分
ご予約・お問い合わせ  042-571-5552
http://r.gnavi.co.jp/g750000/

10月、11月の<かるふーる>予定

■10月6日(金)夜7:00~9:00
   1,000円(軽食・飲物付 要予約)

■11月5日(日)午後1:30~2:30 コンサート(入場料1500円)
          午後3:00~5:00 交流会(飲物代600円)

☆11月のコンサートのゲストは伊藤ちか子さんです。自分の思いを全てアコーディオンの蛇腹の中にこめて、そこから出てくる音は甘く切ない印象です。シャンソン、ミュゼット、アイリッシュ、イタリア民謡などヨーロッパの音楽がお得意だと感じていますが、さて今回はどのような演奏を聴かせてくださるのか、とても楽しみです。その伊藤さんから<かるふーる>へゲストとして来てくださるにあたってメッセージをいただきました。

日々生活している中、気になって仕方のない音がありました。
蛇腹で風を送り金属弁が震え音が出るこの楽器のものであると、知った時は運命の恋人を探しあてたかのような甘い錯覚に陥りました。
もっとも気に入る音が、この場所から音が聴こえたらさぞかし素敵な事、と思い立って公園で弾いてみたり(すると親切な方が足元のかんからにお金を入れて下さり、大変嬉しかったです)と、若気の思い込みも手伝って、音を探すと言う物欲にも似た感覚に手を引かれて来たようです。
そのうち親切な方が室内に連れて行って下さり、お店などで弾くようになりました。(嗚呼、屋根や壁がある事はなんて素晴らしいのだろう、寒すぎたり暑すぎたりしないし、なにしろ雨の日も弾ける!)
今興味深く思っているのは、時間や距離などの隔たりを飛び越えるものについてです。
日頃扱うのは、国や時代も様々で今に残る、そしてこれからも残って行くだろう大衆曲の数々。楽しみとして受け取って頂けるようなものを携え、寄せて頂きたく思います。

伊藤ちか子

今後の予定いろいろ

ドイツピアレストラン≪ゲルマニア≫で聴けるアコーディオン
 ・9月20日(水)6:30~5ステージ(各30分)
 ・演奏:北川桜とエーデルワイスムジカンテン
 ・緒方昭子さんがメンバーのお一人でアコーディオンを弾いています
 ・詳細はこちらでどうぞhttp://www.ginza-germania.com/

■関東アコーディオン演奏交流会
 ・9月23日(祝・土)10:00~
 ・北区赤羽根会館
 ・参加協力費 1,000円

■「ジャバラ・ヴィ」ライブ
 ・9月23日(祝・土)18:30~21:00
 ・炭火煎珈琲はるもにあ
 ・チケット 2500円(飲物、軽食付)
 ・お申込み/お問合せ 
  http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/

Accordion Live 坂本光世
 ・9月28日(木)19:30~/20:30~(入替なし)
 ・阿佐ヶ谷ヴィオロン
 ・1,000円(お茶付き)
 ・詳細はこちらでhttp://plaza16.mbn.or.jp/~stella/

のりえとノンノンの『りぼんの手風琴士』
 ・9月30日(土)20:00~あんざいのりえ
           22:00~アコる・デ・ノンノン
 ・LIVE BAR りぼん
 ・2,000円(この他に飲物代)
 ・詳細はこちらで
  http://www.pinkparachute.jpn.org/top/index.html

平山アコーディオン教室発表会
 ・10月1日(日)13:00~
 ・川崎市中原市民館 2Fホール
 ・入場無料

五十嵐美穂 アコーディオンライブ
 ・10月29日(日)15:00~
 ・炭火煎珈琲はるもにあ
 ・1,500円(1ドリンク付)
 ・お申込み/お問合せ 
  http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/

第17回“アコーディオン喫茶かるふーる”

 残暑厳しい日曜日となりましたが、昨日の<かるふーる>はボタン・アコーディオン奏者の檜山学さんをお迎えしてのコンサート・交流会・懇親会、大勢のご参加をいただき、熱く盛り上がりました。

【コンサート】お客様からの質問にも答えながら、笑いを誘うようなトークも交えての素晴らしい演奏の数々。耳馴染んだ曲にもオリジナル曲にも檜山さんらしさが感じられ、1メールにも満たない距離で空気を震わせる蛇腹から流れ出る音楽を聴きながら私も幸せを感じていました。会場一杯のお客様のお顔も皆さん満足そうに見えました。
♪マイタンゴ(ピアソラ風オリジナル) ♪ジャネット~スタイル・ミュゼット ♪イル・ソーレ(オリジナル) ♪木いちご(オリジナル) ♪フランベ・モンタルバネーズ ♪チキリン・デ・バチン~エル・チョクロ~アディオス・ノニーノ ♪ジャヴァ・サラヴァ ♪ドマーニ(オリジナル曲) ♪パリ組曲(パリ空etc.のメドレー) ♪クロードのタンゴ(アンコール)

【交流会】檜山さんにも一緒に聴いていただきながら、参加者の皆さんの演奏や一言メッセージ。フランスへ短期留学していらした方のお話なども聞けました。
♪山の人気者 ♪女学生 ♪ジェルメーヌ ♪エスパニアカーニ ♪パリの空の下 ♪ボギー大佐 ♪12番街のラグ ♪ニグロのワルツ ♪イパネマの娘~ブラジルの水彩画(アコーディオン&ギター&カホン) ♪マルゴーのワルツ ♪ナポリのそよ風 ♪ジャヴァ・ブルー ♪主よ人の望みの喜びよ ♪ダーク・アイズ ♪帰ってきたつばめ ♪ラ・クンパルシータ 

【懇親会】お店で用意してくださったおいしい食事をいただきながらの懇親会。交流会の時間帯には懇親会に参加できない方からのみメッセージをいただきました。そのため懇親会は参加者の皆さんから一言ずついただくことから始めました。コンサートの感想や近況報告などをいただきながら、次第に檜山さんへの質問コーナーのような形になり、音楽的な内容からプライベートなことまで、いろいろとお答えいただき、アコーディオン奏者として活躍されるようになるまでの道のりなど窺い知ることができました。そのうちにカホンやジャンベなどパーカッション類にも興味をお持ちの檜山さんが叩くカホンに合わせてギターやアコーディオンも加わっての即興演奏が始まり、五十嵐美穂さんと檜山さんのアコーディオン・デュオでも素敵な演奏がいくつか聴けました。最後は皆で歌えそうな曲をいくつか演奏していただき、皆で過ごした楽しい時間を締めくくりました。

●素敵な演奏を聴かせてくださった檜山さん、ご来場・ご参加くださいました皆さん、本当にありがとうございました。そして、楽器のことでご協力いただきました皆さんにも大変感謝しております。いつもですと楽器ご持参で来てくださる方の多くが今日は手ぶらで来てくださり、会場内で身動きが取れなくなる状況を避けることができました。来年以降は、コンサート企画と、参加者それぞれの発表や交流の場としての<かるふーる>を別々に開催するような形を模索中です。11月の<かるふーる>もコンサート&交流会という形ですが、お申込みの人数次第では再度楽器の件でご協力をお願いするようなこともあるかもしれませんが、その際にはどうぞよろしくお願いします。

●今回配布したお知らせをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。檜山さんの今後のご予定もご覧になれます。「oshirase2006.9.3.doc」をダウンロード
檜山さんのオフィシャルサイトも併せてご覧下さい。http://www.manabuhiyama.com/information.html

2006年9月 1日 (金)

田ノ岡三郎さんの週末ライブ情報

田ノ岡三郎さんより週末のライブ情報をいただきましたので転載いたします。(今日のお知らせもあったのですが、もう間に合いそうにないので割愛しました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アコーディオン弾きのさぶろうより、、、
       明日ライブの詳細です。jazzyな週末です。 是非遊びにいらして下さい!

  ★9月2日(土)梅津和時2デイズ@大泉学園inF
       2日目に出演します。
       梅津和時(sax,cl)+田ノ岡三郎(acc)
       guest:秋山羊子(p,vp)
       開演20:00~ 2800円
       問: 03-3925-6967(インエフ)
       http://homepage2.nifty.com/in-f/
       学生時代から客席で観ていた梅津さんのライブに初登場、
       少し緊張しますが、楽しく頑張ります!!
       more information
       www.fieldbig.co.jp/sabu/

水色のワルツ - 高木東六

 9月25日に102歳で亡くなった作曲家の高木東六さんに関する記事を読みました。

作品とテレビ番組での軽妙な語り口で、クラシックとポピュラーをつなぐ象徴的存在だった。その口癖は「音楽とおしゃれは文化だ」。最後まで独自の音楽観を貫いた。~中略~ その音楽観を支えたのは欧州で培われたダンディズムだった。フランス和声に魅せられ、24歳でパリ留学。専攻はピアノだったが、サティらを育てたヴァンサン・ダンディの薫陶を受け、されには山田耕筰に才能を見出され、作曲家としての道を歩みだした。~後略~

 高木さんの曲と言って思い出すのは「水色のワルツ」しかないのですが、以前から不思議と日本人の作った曲らしくないなぁと思っていました。何だかシャンソンっぽい曲調だと思っていましたが、このような背景があったのかと納得しました。自分が水色が好きなこともありますが、この曲も好きで時々施設で弾かせていただいています。

ジャズ・ヴォーカルはいかがですか?

伊藤ステラさんよりライブのお知らせをいただきましたので転載いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (以下、転載) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月のご案内に続き、今年3回目の9月13日(水)夜のジャズ・ヴォーカルのライブを行います。今回は、“フレンチ・ジャズ”と題して、フランス語のレパートリー曲を前面に出した選曲で、お届けします。 なお、これまでの活動につきましては、下記のJAZZサイトにて、ご高覧下さい。
●ずっと、海外は米国派だったのですが、今年は、15年ぶりに、晩秋のパリに立ち寄ってみたいと思い、わくわくした気分で、準備をしているところです。
★★ ご興味のある方は、是非、お誘い合わせて、お越し下さい。

■日時: 2006年9月13日(水) 19:20-23:00
 【3セット(入れ替えなし)、オープン18:30~】
■メンバー: 伊藤ステラ(vo)、 山川浩一トリオ
 【 山川浩一(P), 垣内裕志(b), 川口雷二(ds)<ジョージ川口Jr.>】
■場所: ジャズクラブ 上野アリエス 
 【最寄駅:上野広小路、湯島、御徒町他】
 台東区上野2-4-8 サントリー会館B1F(藤田ビル)
 TEL: 03-3831-0523
■地図: http://www.jazz-cygnus-aries.co.jp/aries/aries.html
 【 Mapにて、ご確認下さい。】
■チャージ:  \2,500 + チャーム(お通し)\1,100 + ご飲食代

★ 現在は、各種のイベント等を通し、パーソナリティとして、お洒落でCoolなJAZZを中心とした音楽を普及させ、プロデュースする活動に主眼をおいていますが、素晴らしい恩師の山川先生のお蔭で、ヴォーカリスト活動ができる喜びを大事に、こちらの方も、細く長く、スローなペースで、継続させて行きたいと思っています。
以上
**********************************************************
伊藤ステラ(Stella Y. Ito)
JAZZサイト:http://www.yijapan.com/stella
E-mail:  stella@yijapan.com

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »