フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« りぼんの手風琴士 | トップページ | Waltz for Debby »

2006年9月12日 (火)

「ジャバラ・ヴィ」ライブ

<かるふーる>の常連のお客様 Fさんの企画で開催されるライブのお知らせです。会場は<かるふーる>と同様<炭火煎珈琲はるもにあ>です。関東アコーディオン演奏交流会の日ですが、ライブの主役のお二人は演奏交流会に出場後、立川へと場所を移してライブに臨まれるそうです。広島から上京なさる このお二人の演奏をたっぷりと聴けるまたとないチャンスです。昼間は予定があって関東アコへは行けないけれど夜は空いているという方など、アコーディオン&ヴィオラによる素敵なデュオをたっぷり楽しめるようですので、いかがでしょうか? 広島を中心にフリーの演奏家としてご活躍の方々です。

「ジャバラ・ヴィ」ライブ
■日時:9月23日(土) 18:30~21:00
■会場:<炭火煎珈琲はるもにあ>
      
http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
■チケット:2,500円(飲物、軽食付)
       1,000円(ライブのみ)

■お申込み・お問合せは<炭火煎珈琲はるもにあ>へどうぞ。
■予定プログラム:♪チゴイネルワイゼン ♪ダークアイズ ♪2つのギター ♪ルーマニアンラプソディーNo.2 ♪チャールダッシュ ♪真珠の首飾り ♪ベニスの謝肉祭 etc.

~~~ 以下はライブを企画されたFさんからのメッセージです ~~~

 土本さんとは30年前に知り合ったのですが今も昔のままアコに対するアツイ思
いはそのままで大人になったという感じの人です。
 今回、ビオラの吉本さんとのDUOです。「ビオラの表現の幅を広げてもらって
いる」という吉本さんです。ビオラもいいですよ。
編曲は彼がしているのですが編曲はどのようにしているか聞いたところ「いつも
考えている」のだそうです。
 私もいつも考えているのですがいつも途中であきらめてしまうからいけないのか
な?
 土本さんは、ブガリのJ130という96べース、37鍵のジュニア用のアコを
使っています。
 MMLと波をフラットにしたMMMの2台を使っています。
 彼は、途中でスイッチを替えません。「他の楽器にはスイッチはないのにあれだ
け表現豊かにやれている、アコでも出来るんじゃないか」というのが彼の言葉で
す。
 アコが好きでアコをずっと続けている男の思いを聞いてあげてください。

« りぼんの手風琴士 | トップページ | Waltz for Debby »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« りぼんの手風琴士 | トップページ | Waltz for Debby »