フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

青木孝明&仲間達 ジャズ(アコーディオン)コンサート

 結企画さんから青木孝明さんのアコーディオンを聴けるイベントのお知らせをいただきました。こちらでチラシをご覧になれます。「yui.chirashi...xls」をダウンロード   「yui.chirashi.Book1.xls」をダウンロード

青木孝明&仲間達 ジャズ(アコーディオン)コンサート

詳細はこちらでどうぞ。結企画さんのHP
http://www.geocities.jp/machida_yui/

青木孝明さんはキャオ教授さんとして知られている方で、アマチュアとは思えない素晴らしいテクニックで演奏のみならずトークでも楽しませてくださいます。私は4月のライブで聴いてすっかりファンになりました(今回は残念ながら行けませんが)。普段は中部アコーディオンクラブのメンバーとしてや様々な形でのライブ活動をなさっているようです。キャオ教授さんのHPも楽しいですよ。勝手に紹介してしまいます。
http://www.hi-ho.ne.jp/kyao/

アンサンブル・ヴィエナ・コラージュ

 新聞の片隅の写真に目が引き寄せられて見つけたのは≪アンサンブル・ヴィエナ・コラージュ≫来日という芸能記事。8人いる演奏家の真ん中にボタン・アコーディオンを抱えた男性がいます。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーを中心に結成されたグループだそうです。詳細は以下のサイトでどうぞ!
http://www.kanagawa-arts.or.jp/13kiaf/c01.html
http://www.toho-music.ac.jp/event/1212goldenconcert_j.html
(アコーディオン奏者アルフレッド・メリヒャー氏のプロフィールも)
http://www.kanagawa-arts.or.jp/13kiaf/c01.html

2006年11月29日 (水)

伊藤ちか子さんの演奏予定

11月の“アコーディオン喫茶かるふーる”のゲスト、伊藤ちか子さんの演奏予定をいただきましたので転載させていただきます。
・・・・・・・・・・ 以下転載です ・・・・・・・・・・・・・・

★ 12月13日(Wed)14日(Thu)
リストランテ国立文流にて
アコーディオン 伊藤 ちか子


イタリア料理店【文流】国立店にてフェスタがあり、お食事の合間に弾きます。文流がイタリアのトスカーナで運営する料理学校、ルッカ・イタリア料理学校の校長先生が来日致します。トスカーナ料理は野菜、魚介、肉、豆などを使い素材の味を生かした調理法が特徴的です。美味しく、滋養あふれるお食事と朗らかな音楽で、師走を乗り切りましょう!営業時間内に2、3ステージの演奏で、18:00辺りから弾き始める感じでしょうか。詳細はお問合せ下さい。

リストランテ国立文流 17:00~22:00 (L.O.21:30)
国立市東1-6-30 パティオマグノリア1F(国立駅から徒歩3分)
ご予約・お問い合わせ  042-571-5552
http://r.gnavi.co.jp/g750000/

2006年11月27日 (月)

<かるふーる>予定(再掲)

今年最後の<かるふーる>は今週の金曜日です!

■12月1日(金)夜7:00~9:00
  <炭火煎珈琲はるもにあ>にて
  http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
  軽食・珈琲付 1,000円(要予約)

※準備の都合上、11月28日(火)までにご連絡をお願いします。
※1月に≪新春かしましアコーディオンライブ≫でご一緒する緒方さんや、12月に<はるもにあ>でクリスマスライブを開催なさる五十嵐さんとの即興デュオなども予定しています。

■2007年1月7日(日)午後2:00~5:00
 <炭火煎珈琲はるもにあ>にて
  珈琲・菓子付 800円(要予約)
※既にお知らせしましたが来年より<かるふーる>のスタイルが少し変わります。日曜日開催の時には3時間たっぷり皆さんの演奏を楽しみたいと思います。お一人2~3曲弾いていただくことも可能になります。レパートリーが沢山ある方は、どうぞそのつもりでご準備していらしてください。情報交換の時間もゆったりと取れるといいなと思っていますので、これまで同様、お教室・サークルの演奏会情報などお寄せください♪ リニューアルの詳細についてはこちらでどうぞ。http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/11/__c06e.html

2006年11月26日 (日)

シャルル・アズナブールさよなら日本公演

 大好きなシャルル・アズナブールが16年ぶりに来日するらしい。そしてこのツアーが日本を訪れる最後となるそうだ。82歳という年齢を考えれば本当に最後なのかもしれない。とすれば何とかしてこの最後の機会に生の歌声を聴きたいと思う。けれど、チケットがS席20,000円、A席15,000円。来年2月の公演に向けて随分前から新聞での広告は何度も見かけるので、発売開始後即完売という状況ではなさそうです。行きたい~。でも高すぎます~。せめてネット上でアズナブール情報を眺めてがまんしようと思ったら面白い記述を見つけました。

『“シャンソン界最後の巨人” “シャンソンの父” “シャンソンの神様”など さまざまな異名を持ち、フランスを代表するベテラン、ビッグ・ネームとして広くその名を知られている。アニメ「機動戦士ガンダム」の登場人物、シャア・アズナブルの元ネタにもなったほどの存在感で・・・・・』

アニメは見たことがありませんが、子どもたちはアズナブールを知っているのでしょうか? シャンソン好きなお母さんやお父さんが一緒に見ている子もいるかしら? アズナブールさんは自分の名前が元になった登場人物が日本のアニメに登場していると知っているのかしら? etc. 一人でいろいろと想像して楽しんでしまいました。コンサートは行けそうにないので、せめてネット上でいろいろと情報を探して楽しんでみましょう。

http://info.pia.co.jp/et/promo/music/c_aznavour.jsp
http://www.pia.co.jp/column/music/c_aznavour.html
http://www.conversation.co.jp/schedule/aznavour/
http://blog.eplus.co.jp/mv_ipop/0610_062(試聴あり)

スーパーピアノレッスン

 NHK教育テレビで放送されている『スーパーピアノレッスン』という番組が好きで時々見ています。世界の超一流の演奏家がマンツーマンでレッスンをする模様を見ることができるのですが、やっている楽器は異なっても音楽を学ぶ人にはとても参考になる番組です。クラシック曲を対象としたレッスンなので楽譜の解釈や曲が作られた背景などの解説も交え、もちろん講師の先生の模範演奏も豊富で、こういうレッスンを受けてみたいなぁと心から思うレッスン風景です。今朝もたまたまテレビをつけたらやっていたので、次はいつ見られるのかなぁと調べてみたら、なんと11月で放送終了のようでカッガリ! 下のサイトでどんな番組だったのか分かりますよ。

http://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=0130&webCode=69106112006
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A1%BC%A5%D1%A1%BC%A5%D4%A5%A2%A5%CE%A5%EC%A5%C3%A5%B9%A5%F3?kid=127228

2006年11月23日 (木)

桑山哲也さんのライブ情報♪

今日のスペシャルゲストとして素晴らしい演奏を披露してくださった桑山哲也さんのアルバム「JOY」の発売記念LIVEも来月あります。詳細は桑山さんのHPでどうぞ。http://kuwayamatetsuya.net/index.html

■桑山哲也「JOY」発売記念LIVE
  日時:12月11日(月)
  場所:BLUES ALLEY JAPAN

ダニエル・コランさん来日コンサート♪

   フレンチ・カフェ・ミュージック
    ~ パリ・ミュゼット ~

フランス・アコーディオン界トップ・プレイヤー:ダニエル・コラン
歌手アンリ・サルヴァドールの専属ギタリスト:ドミニック・クラヴィッチ
スペシャル・ゲスト:大貫妙子(ボーカル) 桑山哲也(アコーディオン)

 「秋の一日、青山でパリの気分を味わいませんか?」という宣伝文句の通り、本当に素敵なパリ気分の午後を味わってきました♪
 10年ぶりぐらいで聴くコランさんの生演奏。客席と舞台が近いので指の動きまでしっかり見えて、コランさんの絶えることない笑顔もはっきりと見えて、最高のライブでした。最初と最後の曲はコランさんの完全なソロ演奏。軽快に演奏されるミュゼット・ワルツ。これが本物のミュゼットなんだと感激!(私の弾いているのは一体なんだ??)
 第一部はコランさんのアコーディオンとクラヴィッチさんのギターでのステージ。クラヴィッチさんのギター・ソロ、ギターでの弾き語り(ゲンズブールの「アコーディオン」「ラ・ジャヴァネーズ」)もステキでした。
 第二部にはゲストの大貫妙子さんと桑山哲也さんも登場してステージは益々豪華に。4人がステージに上がっている時にはコランさんと桑山さんが両端に位置していたため、左目でコランさん・右目で桑山さんを見ていたので大変でした!? 桑山さんのソロ、クラヴィッチさんとのデュオ(桑山さんのオリジナル「アカプルコの月」)もありました。
 「ジェルメーヌ」「ナポリのそよ風」「パッション」「フランベ・モンタルバネーズ」「パリ祭」「男と女」「チャイニーズ・ワルツ」「宵闇せまるころ Douce joie」(私のポンコツ・メモリーではこのぐらいしか覚えられませんでしたが間違っているものもあるかもしれません)などなどパリミュゼットのCDでも聴ける曲たちを目の前での生演奏で堪能しました。こんな豪華なステージを楽しめるなんて夢かと思うような2時間でした。
 今日は演奏と同じぐらい素晴らしいことがありました。インターネット上で知り合った方たちとも実際にお目にかかってお話ができたのです。名古屋のカブトガニさん と ふつぞうさん、神戸のmilleさんとお友達お二人、福岡のやまぐちまりこさん。その他にも<かるふーる>のお仲間にもたくさん会えました。
 このところ歌声喫茶のリストの曲を全曲制覇しようと懐メロや歌謡曲ばかり弾いていたので久しぶりのミュゼット漬けの時間は大きな刺激となりました。家に帰ってきて食事を済ませた後、音を出していても怒鳴り込まれないですみそうな時間まで ひたすらミュゼットばかり弾き続けました。ミュゼットに出合ってアコーディオンを始めた私の原点は やっぱりミュゼットだと再認識しました。来年はミュゼットのレパートリーを増やすぞぉ~!(と気合だけで終わってしまう恐れも大いにありですが・・)

2006年11月21日 (火)

あさやけ風の作業所

 私のお気に入りの散歩コースの途中に≪あさやけ風の作業所≫という様々な障害を持った成人の方々が働いている場所があります。つい最近見つけたのですが、そこで週に2回だけですが喫茶コーナーを設けて手作りスコーンと飲物を楽しめると知り、今朝ウォーキング友達のMさんと立ち寄ってみました。手作り柚子ジャム入りの飲物と温かい手作りスコーンにジャムが付いたセットで300円。散歩帰りにちょっと立ち寄るのにいい感じです。お近くの方、玉川上水を散歩がてら いかがですか? (風を送って音を出すアコーディオンが大好きな私は風という言葉を見るとつい興味を持ってしまいますが、とても温かい雰囲気のすてきな喫茶コーナーです。)

営業日: 毎週火曜・木曜日 10:00~14:30
(雨天の場合 休業、2階テラスでの営業)

12月7日(木)11:00~ のこぎり奏者さんによる演奏が予定されているそうです(雨天中止)

http://www.asayake.or.jp/index.html(社会福祉法人ときわ会のHP)
http://www.asayake.or.jp/kaze.html(あさやけ風の作業所のHP)
お店のチラシ(地図もあります)「cazecafe.pdf」をダウンロード

かとうかなこさん Solo Project 2006 東京

かとうかなこさんのスニマ企画さんからお知らせが届きましたので転載させていただきます。東京で聴けるのは今年最後のチャンスのようです。
======== (以下転載です)================

★━━ いよいよ 東京 Solo Project 2006 ━━━★

来週金曜日は、東京でのSolo Project。9月に大阪で開催から、さらに新曲も増えました。舞台には、3000枚のトレーシングペーパーを敷き詰めて、舞台美術、音響スタッフも大阪から一緒に行きます。今年、関東最後のライブ! 今年の集大成をお見せしたいと思っていますので、ご期待ください(☆_☆)
■東京  初台 <Solo Project 2006 >
   11/24(金) DOORS
http://www.livebar-the-doors.com/
             東京都渋谷区本町1-2-1榎本ビルB1 TEL:03-5350-5800
  ・Open  19:00 / Start  19:30
  ・前売  3,000円 / 当日 3,500円(ドリンク別) ※整理番号付き
  ・チケット :
       ネット予約
http://www.harmony-fields.com/ticket/ticket.html
       ローソンチケット (Lコード=35694)
       イープラス(かとうかなこで検索してください)
       HarmonyFields  072-774-8838 
info@harmony-fields.com
       DOORS   03-5350-5800 
フライヤー >>
http://www.katokanako.com/concert/fl/pdf/omote_new.pdf

★━━━ 年内のライブスケジュール ━━━━━★
  詳細はこちらです >>
 
http://www.katokanako.com/concert/concert.html

2006年11月20日 (月)

SPレコードで聴くシャンソン・フランセーズ

 ジジジジ・・と1~2秒の雑音の後、耳に届いてくる音は優しく柔らかく温かい、母の胎内のように人を大きく包み込む、耳にも心にも刺激を与えるのではなく幸せ感を与えてくれる、そのような演奏会へ行って来ました。

≪21世紀にこれだけは残したいSPの名演奏≫
  第69回 シャンソン特集 その6
  阿佐ヶ谷 ヴィオロンにて


 CDプレイヤーでさっと聴いてしまえば一時間もかからない曲数を、一枚一枚レコードを取り替えながら、レコード針もその都度取り替えながら、それぞれの曲を歌う歌手たちの写真もパネルにしてお客さんに見せ、歌詞の朗読や曲解説も加えながら、ゆっくりとゆったりと流れて行く時間。外で降り続く冷たい雨のことなどすっかり忘れ去ってしまう至福の時間でした。日本には数えるほどしかないというアメリカ製の大型蓄音機。電気は一切使わず全て手動で動かして音を出します。店主さんのこだわりと熱意と音楽への強い愛情があって、このようなSPレコードを聴く会を続けていらっしゃるようです。
 一曲めの「巴里の屋根の下」だけは唄の入らないアレクサンダー・ダンス管弦楽団の演奏でしたが、アコーディオン奏者の率いる楽団だとのことで18歳の時に初めて見て一度で大好きになったこの映画の場面が思い浮かぶすてきな演奏でした。他はシャンソン・フランセーズとして有名な曲を有名な歌手が歌っているものばかりでしたが、最後にプログラムにないものを2曲聴かせてくださいました。一曲は「ルナ・ロッサ」。リュシエンヌ・ドリールが日本語で歌っていました。とても上手な発音でした。そして最後はエディット・ピアフの「愛の賛歌」。やはり最高のシャンソンです。
プログラムはこちらでご覧になれます。「violon.pdf」をダウンロード (プログラム8~13の曲は元々はフランスの曲ではないものがフランス語の歌詞が付きシャンソンとして定着したものだそうです。)

 11月の“アコーディオン喫茶かるふーる”のゲストですてきな演奏を聴かせてくださった伊藤ちか子さん。このSPの名演奏を聴かせる会(シャンソン特集)では毎回
曲の解説を含めた進行役を務めていらっしゃいます。年に一度のシャンソン特集、今回で6回目でした。また来年11月頃に予定されています。今から楽しみです!

情熱のタンゴ

 立川市にある≪画廊喫茶ギャラリー花≫で開催された≪ギャラリー花 サロン・コンサート 情熱のタンゴ ~アコーディオン&ヴァイオリン&ピアノ~≫へ行って来ました。アコーディオンは檜山学さん。9月の“アコーディオン喫茶かるふーる”のゲストで来ていただいて以来の檜山さんの生演奏でした。50席ほどの客席の最前列はほとんどがアコーディオン・ファンでした。一曲ずつ解説をまじえながら、タンゴを中心としたコンサートでしたが、アコーディオン・ソロも2曲あり(クロードのタンゴ、マイタンゴ)、ボサノバとミュゼットも一曲ずつありで、日曜日の午後を心地よく楽しめる内容でした。
 檜山さんのオリジナル曲である<マイタンゴ>を演奏中に楽器のトラブルが発生しましたが、檜山さんは慌てふためくこともなくジョークも交えながらにこやかに落ち着いて対応していらして「さすがぁ~」と感心してしまいました。以前、リシャール・ガリアーノさんのライブへ行った時に演奏中に左手を支えるバンドが外れてしまったことがありましたが、その時も落ち着き払って曲の最後まで左手で楽器を掴んで演奏なさっていて驚いたことがあったことを思い起こしました。
 演奏活動を続けていると楽器のトラブルに見舞われることも皆無とはいえないのでしょうが、そういう場合の対処の仕方とかトラブルを回避するための日頃のメンテナンスなどにも心配りをしていかなくてはと思いました。性格的なものでしょうか、振り返ってみると自分の楽器の扱いはかなり乱暴かもしれないと反省しています。

≪演奏されたプログラム≫ ♪エルチョクロ ♪奥様お手をどうぞ ♪ブエノスアイレスの冬 ♪クロードのタンゴ ♪誰もいない海岸 ♪碧空 ♪ラ・クンパルシータ ♪マイタンゴ ♪ジェラシー ♪いたずらな風 ♪天使のミロンガ ♪リベルタンゴ ♪オブリビオン(アンコール)

2006年11月17日 (金)

アコーディオンが聴けるイベントいろいろ!

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/11/post_a969.html
以前にお知らせした内容ですが、この先<かるふーる>常連さんたちも演奏をなさるイベントがいろいろとあります。上記でご覧になれます。チラシなども見られるようになっています。

この他に新聞に折り込みの情報誌で見つけたものです。
■ファンタスティック・コンサート
11月19日15:00 
深沢小さな美術館(武蔵五日市駅徒歩30分)

NHK人形劇「プリンプリン物語」の人形作者・友永詔三さんが造った美術館で、橋爪恵一さんのクラリネットとアコーディオンと歌、語りによる3人のコンサート。曲目は「マルチェリーナのタンゴ」など。50人。大人3,000円、学生2,000円(高校生まで)。飲物・菓子付。
申込み:042-522-6135 カーニバルカンパニー


1月にまた<はるもにあ>でライブをご一緒できる坂本光世さんのライブもあります。
■坂本光世 Accordion Live
11月25日(土)14:00~ 15:00~(入替えなし)

青山シーバードにて
Accordion 坂本光世、Conga 廣江 靖
他にもライブいろいろとあります。詳細はこちらでどうぞ
http://plaza16.mbn.or.jp/~stella/(坂本さんのHP)

Sarasaの岩城里江子さんも何やらすごいイベントに出演のようです。
■開座『金蹄ぐじ』 11月25日(土)
詳細は岩城さんのブログでどうぞ。
http://yaplog.jp/raku_rie/

2006年11月16日 (木)

田ノ岡三郎さんの週末ライブ情報

田ノ岡三郎さんから週末のソロライブのご案内をいただきましたので、転載させていただきます。セッションもできるそうです。楽器持参で行けば楽しさ倍増でしょうか!!
・・・・・・・・・ 以下転載 ・・・・・・・・・

2006年11月18日(土) ※明後日!!
『田ノ岡三郎のアコーディオン室内楽Vol.38』

※リクエスト&セッションデー!! @中野ブライトブラウン(予約不要、お問いあわせ:080-3024-4685) http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/
☆JR中野駅北口サンモール商店街コージーコーナー右折した左側2軒目☆
19:00オープン 20:00スタート~22時頃まで
チャージ:1300円
★今回のソロライブは「リクエストデー」です!! リクエストコーナーでは皆様の「演奏してほしい曲」にできる範囲で、 いや、できない曲でも無理やり(!!???) 挑戦したいと思っています。そしてミュージシャンの方の飛び入りもいつも以上に 大歓迎です!! アットホームな雰囲気で 二時間お送りしたいと思います。
===========================
11/19sabou et mamie@三軒茶屋manamana Tel: 03-3419-7909
11/22ウエキ弦太hochi-pochi@大塚greco     www.greco.gr.jp/
12/3 kenji yamahira(二胡)&saburo(acc)duo@Vanilla mood
www.vanillamood.net
12/8 java2 birthday(ayako&yuuichi's) live@西荻窪音や金時
12/9 yoshihiro naruse(bass)solo project live@都立大学悠久庵
~~~~~~等など様々なスケジュールの詳細はHPにあります! ↓
http://www.fieldbig.co.jp/sabu/
==========================
田ノ岡三郎accordionhttp://www.fieldbig.co.jp/sabu/

12月、1月の<かるふーる>

■12月1日(金)夜7:00~9:00
  <炭火煎珈琲はるもにあ>にて
  http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
  軽食・珈琲付 1,000円(要予約)

※準備の都合上、11月28日(火)までにご連絡をお願いします。
※1月に≪新春かしましアコーディオンライブ≫でご一緒する緒方さんや、12月に<はるもにあ>でクリスマスライブを開催なさる五十嵐さんとの即興デュオなども予定しています。

■2007年1月7日(日)午後2:00~5:00
 <炭火煎珈琲はるもにあ>にて
  珈琲・菓子付 800円(要予約)
※既にお知らせしましたが来年より<かるふーる>のスタイルが少し変わります。日曜日開催の時には3時間たっぷり皆さんの演奏を楽しみたいと思います。お一人2~3曲弾いていただくことも可能になります。レパートリーが沢山ある方は、どうぞそのつもりでご準備していらしてください。情報交換の時間もゆったりと取れるといいなと思っていますので、これまで同様、お教室・サークルの演奏会情報などお寄せください♪ リニューアルの詳細についてはこちらでどうぞ。http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/11/__c06e.html

2006年11月15日 (水)

歌声カフェ「空」 8回目

 東大和のカフェバーCoo(空)での歌声カフェ「空」も4ヶ月が過ぎ、少しずつ伴奏のコツを学びつつあります(まだ現在進行形です。完了形になる日はくるのでしょうか??)  今日のお客様は初参加の方が多く、通りかかったら楽しそうなことをやっていたからと立ち寄ってくださった方もいらっしゃいました。森のクマさんの素敵な歌声も楽しむことができました。
 300曲位ある曲目リストのうち95%程の曲は譜面を揃えたのですが、譜面があることと弾けることが一致しない事が悲しいです。ここ数日、歌いやすいキーにするためにコードネームを書き換えたり、歌の進行順を確認したり、知らない曲を覚えたり etc. 集中的にやってみましたが、まだまだ半分以上手付かずの曲が残っています。それでも嬉しいことに、やっているうちに簡単な曲だと、わざわざコードネームを書き換えなくても移調できたり、移調するにしても手早くできるようになってきました。残りの曲も年内には一通り目を通してリクエストに応じてサッと伴奏ができるようにすることが目標です。
 もう一つの目標は、途中で間奏を入れる場合に、それを上手く歌い手に伝えられるようにすることです。Cooのオーナーの杏子さんがピアノ伴奏する時には、間奏が入る時には自然と皆さん休んでいるのです。そのテクニックを真似よう・学ぼうと思いつつ簡単には身につきませんが、今日気付いたことがあるので、次回はもう少し上手くやれるかもしれません(希望)。
 毎回 参加してくださるお客様から様々なことを教えていただきます。歌の持つ背景なども知っているか否かで曲に対する気持ちの込め方も変わってきます。また気持ちよく歌い終えるためのコツなども教えていただき、とても参考になります。まだ今は伴奏することで精一杯ですが、慣れてきたら自分でも歌いながら弾けるようにしていければいいなぁと思います。自分で歌ってみると歌いやすい伴奏かどうかが分かると思って、家での練習時には歌いながらやってみたりもしますが、とっても難しいです。長期計画で取り組みたいと思いま~す!

2006年11月13日 (月)

ラジオは脳にきく

 一時期あまり聴かなくなっていたラジオを最近割とよく聴いています。音声情報だけなので想像力が刺激されていいなぁと思っていたら、昨日の新聞に、ずばり「ラジオは脳にきく」というタイトルの本の宣伝が出ていました。

テレビ、ケータイ、パソコン、ファミコン・・・  視覚に頼りすぎた便利すぎる生活では「脳」は萎縮する! 
ラジオを聴いているときは音声情報しか脳に届かないため、脳は得られない情報を補おうとして働く ――。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、うつ病・アルツハイマー防止に効果抜群なシンプル生活のすすめ。

上記のような宣伝文句がありました。う~ん、ラジオは私にピッタリのようです! 息子にもラジオを聴かせた方がいいかも・・・・

2006年11月12日 (日)

中川イサトさんのソロライブ

 お世話になっている「ま組」の組長さんの企画(あぶない世界ではありません、念のため)で、ギタリストの中川イサトさんのソロライブへ行ってきました。期待した以上に心に残るライブでした。以前にCDで聴かせてもらって気に入っていたのですが、生で見るとまた一段と感動を呼び起こす演奏でした。1970年代頃のオリジナルから最近の新曲(まだタイトルのないものもありました)まで、また日本やアイルランドなどの古い曲のカバーまで、内容もバラエティーに富み飽きさせることなく休憩をはさんで、たっぷり2時間半のライブでした。トークもとても好感が持てて、話の内容的にも充実していました。どれも良かったのですが、「浜辺の歌」「琵琶湖周航の歌」など日本の古い曲のカバーが特に心に残りました。ギターのテクニックとしても、琴や三味線などのような日本的な響きを出すための工夫や、さまざまな特殊奏法を利用した曲もあり、見て楽しめるものもありました。
 最近よく思うのは、自分がやっている楽器の演奏会だけでなく、他のいろいろな楽器の演奏を聴くことも自分の演奏を豊かにすることに役立つのではということです。アコーディオンを弾いている人はアコーディオンの演奏会やアコーディオンのCDだけ聴いていればいいのではなく、他の楽器やオーケストラなど、あるいは歌など、様々な音楽を吸収することで、自分の音楽にもより深みを与えることができるのではないかと感じています。今日のギターの演奏を聴いて、アコーディオン弾くために直接は参考にはならないのですが、ギターから流れてくる音色を聴きながら、この音楽にアコーディオンの音色を重ねるとしたらどんな感じかしら~♪などと、いろいろと想像力が刺激されて楽しい時間でした。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/n-1310/(中川イサトさんのHP)

MIYUKI タンゴトリオ in Coo

 昨夜、東大和のカフェバー空(Coo)であったMIYUKI タンゴトリオ(pf 佐藤美由紀、gt スズキイチロウ、バンドネオン 早川純)の演奏、素晴らしかったです。事前にもらったチラシの中に「- 秋の夜長・・気温2度上昇の感動 -」と書かれていましたが、本当に演奏開始後の会場内の室温がどんどんと上がっていくような熱気溢れる演奏でした。
 同じ蛇腹楽器を弾く者としてバンドネオンの演奏を間近で見られることが楽しみで行ったのですが、ピアノもギターもエネルギッシュでパワーいっぱいの演奏でした。バンドネオンという楽器を見たこともないというお客さんも多いのを配慮して早川純さんによるバンドネオン解説もありました。昔ながらの左右のボタンの並びも異なる押し引き異音タイプの「悪魔の楽器」と呼ばれて当然かもと思える難しそうな楽器を、早川さんは涼しげな表情で簡単そうに弾きこなしていました。(実際は大変な努力を重ねていらっしゃるのだと思いますが)。
 「エル・チョクロ」「ラ・クンパルシータ」などの古典的なタンゴから「ブエノスアイレスの夏」「オブリビオン」「リベルタンゴ」などのピアソラまで、そしてギターのスズキさんによるオリジナルもあり、疾走するような勢いにあふれた演奏会でした。古典的タンゴもアレンジが斬新で古臭くなく、ピアソラの曲もどこにでもあるというスタイルでなく個性的なアレンジでした。ピアノのMIYUKI さんを中心にデュオ・トリオetc. 様々な形でタンゴの演奏をなさっているようです。詳細はこちらでどうぞ。http://elfuelle.exblog.jp/

2006年11月10日 (金)

不思議なシクラメン

不思議なシクラメン

3週間前に買ってきた小さなシクラメン。一度も水やりしないのに何故だか元気。さすがに今朝は少ししおれて見えたので水をやったら またすぐ元気になった。380円で随分長持ちしてますd(^O^)b

2006年11月 9日 (木)

無声映画上映会(生演奏付き)へのお誘い。

田ノ岡三郎さんから とても興味深いイベントのご案内をいただきましたので転載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・ (以下転載) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アコーディオン弾きのさぶろうです。只今毎週末国立近代美術館にて行われている無声映画上映会シリーズ「京橋映画小劇場」、今週末(金、土)は1910年代のフランス映画二本立てを、アコーディオンの生演奏つきで上映します。詳細は以下の通り、、、滅多に見られないサイレント映画の名作をアコーディオンの調べとともにお楽しみください!僕自信無声映画の生伴奏は初体験なのですが、素敵な時間を過ごして頂けるように頑張ります。。

『シネマの冒険 闇と音楽 2006』
会場:国立近代美術館フィルムセンタ-(中央区京橋3-7-6)
小ホール(地下一階) 03-5777-8600  銀座線京橋&浅草線宝町各歩1分
開演:11月10日(金)18時、11月11日(土)15時
それぞれ同演目、上映時間67分
※定員制(151名)、開映後入場不可ですので、なるべく
開演30分前の御来場をお薦めいたします。
料金:一般1000円、高校大学生&シニア800円、小中学生600円、
障害者(付添者一名迄)無料。当日開映30分前からB1受付にて発売。

★プログラム:花の奇蹟(13分・1912年)ジゴマ(54分・1911年)
アコーディオン=田ノ岡三郎

★会場ホームページ(当イベントの案内ページもあります)
www.momat.go.jp/
==================================
田ノ岡三郎accordion(090-8518-9503)
http://www.fieldbig.co.jp/sabu/

川嶋哲郎 Meets 佐藤芳明

 先日の佐藤芳明さんが出演なさっていたライブ会場でCDを一枚買いました。サックス奏者の川嶋哲郎さんがゲストを迎えて作っているデュオシリーズの二作目(一作目のゲストは鬼怒無月さん)です。

リーズン・オブ・リーズ REASON OF REEDS
川嶋哲郎 Meets 佐藤芳明

冒頭の川嶋さんのオリジナル「MAHANA」から、いきなり「あっ、いいなぁ~」と引き込まれます。川嶋さん、佐藤さん、それぞれのオリジナルが4曲ずつ、その他、W.Shorter とJ.S.Bachの曲が1曲ずつです。Bachもとても美しいです。変拍子風や変拍子の曲も面白いし、一発取りという緊張感にあふれているような気がします。正直に言うと、途中「ここのところは訳わかんない~」という箇所もあるにもかかわらず、この三日間ずっと聴いています。ともにリード楽器であるサックスとアコーディオン、口で息を吹き込むか、蛇腹で空気を送り込むか、奏法の違いはあってもリードに心奪われているお二人のハーモニーは、同じようにリードが生み出す音に心ひかれる私の心にも深くしみこんできます。

http://tetsudas.com/topics.html(アルバム紹介)
http://tetsudas.com/etc/r.o.r.html(曲目紹介)
http://www.jp.sonystyle.com/Style-b/Station/Wj09/Diary/2006/0930_3.html(ライナーノーツ筆者のサイト)

2006年11月 7日 (火)

新春かしましアコーディオンライブのお知らせNo.1

    新春かしましアコーディオンライブ
     (坂本光世・緒方昭子・工藤絵里)


■2007年1月21日(日)午後2:00~4:00
  ■立川<炭火煎珈琲はるもにあ>にて
  ■1,500円(飲物付)
  ■お問合せ・ご予約は工藤まで

    
eri-kudo2005fevrier@nifty.com

10月14日の坂本さんと工藤とのジョイントライブの後、緒方さんも一緒に食事をしながら楽しくおしゃべりをしているうちに大変盛り上がり「次は3人でやろうよ~♪」ということになりました。それぞれのソロ、デュオ、トリオなどを予定しています。お客様にももちろん楽しんでいただきたく思っていますが、まず自分たちが楽しんでしまいそうです!!!

坂本光世さんのHPもご覧下さい♪http://plaza16.mbn.or.jp/~stella/

♪<かるふーる>リニューアル予定 2007年1月♪

 2005年5月から毎月一度開催を続けてきた“アコーディオン喫茶かるふーる”。2006年11月までにコンサートも7回開催することができ、毎回会場一杯のお客さまにプロ奏者の素晴らしい演奏と、その後の交流の時間を楽しんでいただくことができました。ゲストで来てくださったアコーディオン奏者の方たちです:田ノ岡三郎さん、坂本光世さん、大塚雄一さん、アコーディオンデュオSarasaさん(岩城里江子&福嶋亮)、オランさん、檜山学さん、伊藤ちか子さん。
 毎回ゲストの方たちもコンサート後の交流の場に参加してくださって、アマチュアの演奏や情報交換を一緒に楽しんでくださっていました。何物にも代えがたい充実した時間を過ごせたと、これまでの様々な思い出が蘇ります。ただ、コンサートのご希望者の数が次第に増えてくると(とてもありがたいことです)、スペースの面で少し問題も出てきました。コンサートに引き続き交流会をやることにすると演奏の為に楽器を持参なさる方も多く、楽器の置き場に困ることも時々起きてしまいます。そこで、来年より少しリニューアルを計ることにしてみました。

●月に一度の<かるふーる>は演奏とおしゃべりや情報交換による交流会のみとします。(奇数月に開催していたコンサートはなくなります。)
  奇数月:第一日曜日 午後2時~5時(参加費800円 飲物・菓子付)
  偶数月:第一金曜日 午後7時~9時(参加費1000円 飲物・軽食付)

  これまで同様、楽器や配布希望の印刷物などご持参くださって結構です。
●日曜日の<かるふーる>開催日にはアンサンブルの練習(個人練習も可)を希望される方には1時間500円で場所をお貸しします(11時~13時、18時~19時)。1時間単位で直接お店にお申込みください(複数時間のご利用も可です。通常はこのような低料金での時間単位の場所貸しはしていません。日曜日の<かるふーる>限定のサービスです)。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/(お店のHP)
●コンサートについては、不定期になりますが<かるふーる>と重ならない日程で≪はるもにあアコーディオン・コンサート≫という名称で年に1~2度位企画できればと思っています。<かるふーる>の常連の方たちが<はるもにあ>を利用したり他の会場を利用したりで独自のライブ企画もなさっていますので、そちらもお楽しみいただければと思います。
※また新たなリニューアルということもあるかもしれませんが、しばらくは上記のような形でやってみようと思います。日曜日は3時間となりますので一人2~3曲の演奏も可能になると思います。よろしくお願いします♪ 
※<かるふーる>の過去の活動記録はこちらからご覧になれます→
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/cat4573472/index.html

2006年11月 6日 (月)

ジャズライブ 国立「奏」

 <かるふーる>終了後、「佐藤芳明さんのアコーディオンを聴いてみたい方はご一緒に」とお声をかけたら6名になり、ベース・ドラムス・アコーディオンのトリオによる本格的ジャズを楽しんできました。佐藤さんの演奏は初体験というFさんは「いいねぇ~、ジャズだねぇ~」とすっかりお気に召したようです。私は数年ぶりに聴く生演奏でしたが、また一段と衝撃度が増したなぁと思いました。初めて演奏を聴いた日のことも今でも思い出すぐらい衝撃でした。そしてその後も聴く度「すごい~」と衝撃を受け、昨夜はまたまた かなり大きな衝撃を受けて帰ってきました。真似をする気は毛頭ありませんし、佐藤さんの演奏なさるジャンルは実はよく理解できなかったりするのですが、好き嫌いとか理解できるかできないかに関わらず、やっぱり「すごいなぁ~」と思いました。そして、自分がアコーディオンで演奏したいジャンルとはかけ離れていても、いろいろな音楽を聴いて刺激を受けることは自分にとってプラスになることが沢山あるなぁとも感じました。
 本格的なジャズがそれ程好きな訳ではないので、火花散るようなジャズセッションの現場を生で、しかも狭い空間ですぐ近くで見るということは滅多にないのですが、真剣勝負という感じで圧倒されっぱなしでした。佐藤さんのアコーディオンドラムスの古澤良治朗さんは今回初めての共演だったそうですが、お二人がお互いの音楽をぶつけ合っている間にはいってベースの吉野弘志さんがニコニコ笑いながら全てをつないでまとめているというような印象の曲が多かったような気がしました。(ジャズど素人の感想なので変な言い方かもしれませんが) 身体を大きく揺さぶられるようなライブでしたが、たまにはこういうものもいいなぁと思いつつ家路につきました。

今後の予定いろいろ

■11月19日(日)ギャラリー花 サロン・コンサート
 情熱のタンゴ(アコーディオン&ヴァイオリン&ピアノ)
 アコーディオン:檜山学
 詳細はこちら 「hanaconcert.pdf」をダウンロード
■11月21日(火)ハルムハルム公開練習
 ボタンアコのかっちさん&ギターのtakahideさんのデュオ
 詳細はこちら http://love.ap.teacup.com/variete/
■11月23日(木)アルバムリリース公演
 フレンチ・カフェ・ミュージック~パリ・ミュゼット~

 アコーディオン:ダニエル・コラン スペシャルゲストに桑山哲也
 詳細はこちら http://www.respect-record.co.jp/topics/res112_concert.html
■11月24日(金)ボタンアコデュオ「五月の巴里」ミニライブ他
 ボタンアコのかっちさんのイベント
 詳細はこちら http://love.ap.teacup.com/variete/
■11月26日(日)秋のロマンス
 アコーディオンとうたごえのひとときを

 詳細はこちら 「tomoshibimap.pdf」をダウンロード
■12月1日(金)HATARI INCA
 フォルクローレ・ライブ

 詳細はこちら 「hatariinca.pdf」をダウンロード
12月1日(金)“アコーディオン喫茶かるふーる”
 <炭火煎珈琲はるもにあ>夜7:00~9:00
■12月2日(土)第3回ぬくもりコンサート
 アコーディオンの調べ(音楽センター三多摩教室)

 詳細はこちら 「nukumoriconcertmap.pdf」をダウンロード
■12月3日(日)楽器で遊ぼう会
 クリスマス・ライブ

 詳細はこちら 「gakkideasoboukai.pdf」をダウンロード
■12月17日(日)青木孝明と仲間たち
 ジャズライブ

 詳細はこちら http://www.geocities.jp/machida_yui/yotei.html
12月23日(土)五十嵐美穂アコーディオンライブ
 詳細はこちら http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/10/post_04ed.html
■伊藤ちか子さんの今後のご予定
 詳細はこちら http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/10/post_e3ba.html

♪アコーディオンの音色が聴ける機会がたくさんありそうですね。お近くでの演奏会へ足を運ばれてみると楽しそうです!

第19回“アコーディオン喫茶かるふーる”

 暑くも寒くもない気持ちいい秋の午後のひととき、昨日は伊藤ちか子さんのコンサートと交流会が開催されました。

【コンサート】曲選び・演奏の場の雰囲気作りなど 当日の演奏に至るまでの過程をもとても大切に考えていらっしゃる伊藤さん。今回<かるふーる>では初めてのことですが、お店のインテリアを利用したり、伊藤さんが持参なさった布地などを用いて≪伊藤ちか子さんの演奏会≫らしい雰囲気を醸し出すところから始めてみました。照明や椅子の配置にも少し工夫をこらしてみましたが、聴きに来てくださった皆様のご感想はいかがだったでしょうか。交流会の部で楽器をお持ちになる方のことも考えて、お店でいろいろな工夫をしてくださいました。(感謝感謝!)
日本の唄、普段聴く機会の少ない世界各地の民謡、クラシック曲のアレンジ、そしてオリジナルまで幅広い内容のプログラムで伊藤さん独特の雰囲気で楽しませてくださいました。
演奏曲目:♪前奏曲(オリジナル) ♪Nino rota の曲(映画「道化師」より ♪甘い言葉 (聞かせてよ愛の言葉を) ♪Sobre las Olas (波涛をこえて) ♪La Poubelle Cuisine (レバノンの作曲家 ガブリエル・ヤルドの曲) ♪イタリア各地の伝統曲 ♪間奏曲(オリジナル)♪カチューシャの唄 ♪ベートーヴェンのピアノソナタ 俗称「月光」 ♪竹田の子守唄 ♪グリーンスリーブス ♪バシキール民謡 ♪Vas y mimile(ヴァジミミール) ♪街角(アンコール)

【交流会】伊藤さんにも一緒にお聴きいただいての交流会、16名の方が演奏を披露してくださいました。
♪幸せを売る男 ♪サンタルチア ♪ムーンライトセレナーデ(フリーベース・ボタンアコ&ヴォーカル+ギター) ♪ぼくのきもち(ギターソロ/オリジナル) ♪シェリー ♪青色のジャヴァ ♪小雨降る径 ♪チャルダッシュ ♪ミスティー(ピアノソロ) ♪7月9日 ♪アンディフェランス ♪ユーモレスク ♪紺色の夜(オリジナル) ♪おおマリネラ ♪ビア樽ポルカ ♪スタイルミュゼット ♪枯葉
演奏と同時に、いろいろな演奏会やイベントの情報もいただきました。最後にはゲストの伊藤ちか子さんからも交流会を一緒に楽しんでいただいてのメッセージをいただき、充実した2時間が終わりました。

伊藤ちか子さん、コンサートと交流会にご来場いただきました皆さま、ありがとうございました♪

※ブログサイドバーの下の方に写真も少しアップしてあります。

2006年11月 4日 (土)

楽香(ラッキョ)ライブ

 ≪第六回 楽ちん展2006 ~はじける~ 六歩展≫ の中の企画の一つである<朗読+アコーディオンライブ>に行ってきました。

■さわきょうこ(こえ)×岩城里江子(アコーディオン)=楽香
      LIVE 「みあげたそらに」
これまでもお二人で活動を続けてきたもののユニット名がなかったとのことで、今回が楽香(ラッキョ)というユニット名を付けての初ライブとなったそうです。才能あふれるお二人の個性と個性が寄り添って醸し出す世界は温かく心地よく、もっともっと聞いていたい・見ていたいと思いました。岩城さんのアコーディオン・ソロも何曲か聴けました。Sarasaのアコ・デュオとはまた違う味わいです。さわさんのお話の一部は昨年も聞いていて内容を知っているにもかかわらず思わず涙腺が緩んでしまう私でした。Sarasa同様、この楽香もずっと長く続いていって私の心を癒して欲しいユニットです。
●楽香のブログもスタートしたそうです。こちらです。http://yaplog.jp/raku_kyo/
●岩城里江子さんのブログはこちら。http://yaplog.jp/raku_rie/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・本日のMENU・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   「ちいちゃんのかげおくり」 あまんきみこ
     「パンダに抱かれて」 川原晴子
   「なんでもない普通の一日」 さわきょうこ
   ♪海の見える午後  荒井由美
   ♪ルパン三世のテーマ  大野雄二
   ♪カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲 マスカーニ
              他

大塚雄一さんからのお知らせ

大塚雄一さんからライブのお知らせをいただきましたので転載させていただきます。
・・・・・・・以下転載です・・・・・・・
こんにちは、大塚雄一です。気持ちの良い天気が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は今月はソロのライブが続きます。お時間がありましたら是非お越し下さい。お待ちしております。詳細はこちらでもどうぞhttp://www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka

<マイオン・サロンコンサート>
土曜の昼下がり、親子でお楽しみください。
出演:大塚雄一(ボーカル・アコーディオン・ギター) 原田芳宏(スティールパン) ゲスト:林夏子(ボーカル)
日時:11月11日(土)15:00開演
料金:大人3,000円(ドリンク付)
   子供1,000円(ドリンク付)
場所:アルテ・ピアッツア(東長崎)
http://www.maion.jp/map.htm
問:03-3950-2603 (平日10:00~18:00)
<大塚雄一ライブ・その一>
オリジナルからビートルズ、シャンソンまで幅広い選曲でお送りします。
出演:大塚雄一
日時:11月17日(金)19:30開演
料金:2,100円
場所:音や金時(ネパール料理のあるライブハウス)
http://www2.u-netsurf.ne.jp/%7eotokin/
問:03-5382-2020
<大塚雄一ライブ・その二>
オリジナルからビートルズ、シャンソンまで幅広い選曲でお送りします。
出演:大塚雄一
日時:11月22日(水)19:30開演
料金:2,000円(1ドリンク付)
場所:gout(本郷3丁目)
http://jazz-gout.hp.infoseek.co.jp/index.html
問:03-5800-9638
<タップとのコラボレーション<java2>のライブ>
出演:宇川彩子(TAP)・田ノ岡三郎(アコーディオン)・大塚雄一(アコーディオン)
日時:11月8日(水)19:30開演
料金:2,600円
場所:ドルフィー(桜木町)
http://homepage2.nifty.com/dolphy/
問:045-261-4542

2006年11月 3日 (金)

佐藤芳明さんのライブ

 先日のSarasaの5周年ライブで佐藤芳明さんの話題が出たのをきっかけに「佐藤さんの演奏はすごいですよぉ~」という話になり、佐藤さんをご存知ないというFさんと5日の<かるふーる>の後、国立である佐藤さんのライブへ足を運んでみようかと思っています。興味のある方はご一緒しましょう! (佐藤さんの生演奏を聴くのは私も数年ぶりです)

佐藤さんのHP(http://www.geocities.jp/acc_sssaaatttooo/)に詳細がなかったのでお問合せをして以下の情報をいただきました。会場の地図はこちらです。http://www.geocities.jp/exit1670023/MAP/sou.html

会場:音楽茶屋 奏
開場:18:30 開演:19:30
住所:国立市東1-17-20サンライズ21 B1F
Tel:042-574-1569
チャージ:カンパ方式で、ライブ終了後にカゴを
回して頂戴するというかたち。
(設定金額も決まった額はないそうです)
※別途、飲食代

2006年11月 2日 (木)

湖畔の宿

 今日は高齢者施設での演奏でした。昨日と連日なのと施設内の気温がかなり高く暑さで参ってしまい、2時間が終わる頃にはフラフラしていました。
 デイサービスでは施設のスタッフの作った歌集があるのでそれを利用していますが、結構知らない曲が含まれています。勉強の機会だと思って毎回少しずつ新しい曲も覚えていくようにしています。今回新たに覚えた曲は「庭の千草」「故郷の廃家」「古城」「湖畔の宿」「長崎の鐘」。
 「湖畔の宿」は何となく聞いたことはある気がしましたが、よく知りませんでした。とりあえず3番まで歌詞が書いてあるからと思って自分の見つけた譜面を見ながら伴奏をしていました。ところが2番が終わって3番に入ったところで何だかざわついているのです。とにかく最後まで弾いてしまって、利用者さんの見ている歌集に目をやると、2番と3番の間に何だか文章が書かれています。この部分は間奏を入れて語りが入るらしいのです。高峰三枝子さんが歌われた曲ですが、きっと切ない女心を美しく歌い語られたのでしょう。それを知っている方たちは、歌のお手伝いで一緒に来てくださっているKさんが、この語りの部分をやってくれるものと思って期待していたらしく、それがなくてガッカリしてざわついていたようでした。
 自分が準備したのではない歌集を使う時には演奏を始める前に、何番まであるかとか進行について予めチェックをしておかなくてはと反省しました。(これまでにも何度も反省しているのですが、まだ懲りていないようです。)
 今日は珍しくシャンソンなどヨーロッパのものがお好きな男性が近くにいらっしゃって「パリ・カナイユ」「ビア樽ポルカ」「ラ・メール」などリクエストをいただきました。自分の好きなジャンルのリクエストをいただくと嬉しくなってついつい弾いてしまうのですが、これまでの経験から、この手のものが好きな方はどちらかというと少数派だと感じているので、長々弾かずに適当に切り上げるようにしています。(私自身、少数派としてこれまで歩んできていますし! 中学生の頃からシャンソンを聴き始めて、周りの友人たちにシャンソンが好きだという人はほとんどいませんでした。)

2006年11月 1日 (水)

MIYUKI タンゴトリオ

 カフェバー空でちょっと気になるチラシをもらってきたので紹介します。
「miyukitangotrio.pdf」をダウンロード (チラシをご覧になれます)


■MIYUKI タンゴトリオ■
 (pf佐藤美由紀、gtスズキイチロウ、バンドネオン:早川純)
 11月11日(土)20:30開演 カフェバー空にて 2,500円(1ドリンク付)
 http://www.cafebar-coo.com/(カフェバー空のHP)


日本を代表するタンゴ集団 El Fuelle(エルフエジェ)より今回はトリオの編成。
ピアソラは勿論、メンバーオリジナルまで幅広いレパートリーを楽しめるようです。

Pf : 佐藤美由紀 http://elfuelle.exblog.jp/
Gt : スズキイチロウhttp://members.jcom.home.ne.jp/kamedahouse/ichiro/
Bn : 早川 純 http://www.geocities.jp/puro_zurdo/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
早川純さんといえば、cobaさんの蛇腹イベント≪ベローズラヴァーズ≫にも出演されていて小松亮太さんと共にあるいは独自の活動で活躍中の若手バンドネオン奏者。その早川さんの演奏を目の前で見ることができるとなると、これは「忙しいから・・」なんて言っている場合ではないかしらと、ほとんど行く気になっている私です。翌日も中川イサトさんのライブを予約しているのに。都心まで出かけて行かずに済む(家から徒歩数分の場所での)こんなチャンスを逃す訳にはいかないでしょうねぇ。これを機会に苦手なタンゴを少し勉強してみようかなぁ!(たまにタンゴをリクエストされると「クンパルシータぐらいしか弾けません、しかも多分タンゴらしくないと思います・・」と答える工藤です)

歌声カフェ「空」 7回目

 8月の暑い最中に始まった歌声カフェ「空」も4ヶ月目に入り、季節も秋へと移り変わりました。今日は秋の歌をはじめ、ちょっと古めの歌謡曲なども多かったでしょうか、またたくさんの歌を歌いました。先回に引き続き森のクマさんが来てくださって盛り上げてくださいました(ありがとうございました!)。今回初参加の方のお一人は、一年前に新聞の折込チラシの中に入っていたCooのチラシを捨てずに取ってあったのを最近見つけて、昨日電話をしてみて今日の歌声を知ったということで、今日は本当に楽しんでいらっしゃるのが良く分かり、見ているこちらまで幸せな気持ちになれました。その方は、森のクマさんをご指名のリクエストを出してくださって、素晴らしい歌声で「昴」を歌ってくださっている間、目を潤ませていらっしゃいました。出会いとか運命とか、最近そんなことを時々思います。その方は、今日のこの日の歌声カフェとの出会いのためにチラシを捨てずに取ってあったのかな、その方に歌のプレゼントをするために森のクマさんは今日も来てくださったのかな、そんなことを思っていると何だかホンワカとした気持ちになります。人と出会うって本当にステキです!

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »