フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 中川イサトさんのソロライブ | トップページ | 歌声カフェ「空」 8回目 »

2006年11月13日 (月)

ラジオは脳にきく

 一時期あまり聴かなくなっていたラジオを最近割とよく聴いています。音声情報だけなので想像力が刺激されていいなぁと思っていたら、昨日の新聞に、ずばり「ラジオは脳にきく」というタイトルの本の宣伝が出ていました。

テレビ、ケータイ、パソコン、ファミコン・・・  視覚に頼りすぎた便利すぎる生活では「脳」は萎縮する! 
ラジオを聴いているときは音声情報しか脳に届かないため、脳は得られない情報を補おうとして働く ――。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、うつ病・アルツハイマー防止に効果抜群なシンプル生活のすすめ。

上記のような宣伝文句がありました。う~ん、ラジオは私にピッタリのようです! 息子にもラジオを聴かせた方がいいかも・・・・

« 中川イサトさんのソロライブ | トップページ | 歌声カフェ「空」 8回目 »

コメント

♪ろばの耳さんへ:応援してくださるお気持ち、とっても嬉しく思います。私の場合ヴォランティア精神なんていう大袈裟なものでなく、誰かに喜んでもらえて自分も楽しくて、しかもアコーディオンも少しでも上手くなれるなら一石二鳥(三鳥?)と、最近はお誘いがあれば出来るだけ人に聴いてもらう機会をたくさん持つようにしています。自分の好きな曲ばかりでなく求められて演奏したり覚えたりする曲もまた自分の財産になっているので、長い目で見たら今あれこれ手を出していることが実る日も来ると信じつつやっています。

♪かつきさんへ:今夜ももうすぐ12時ですね。ジェットストリーム、私も高校生から大学生頃にかけてよく聴いていました。懐かしいです~。今もやっているのですね。ほんとに心落ち着く番組ですね。図書館でこの番組のCDを置いてあるのを見ました。今夜もこれからジェット気流に乗られるのでしょうか。どうぞお楽しみください―。

イサトさんへのコメントを書いていたら、もうすぐ12時です。 シンデレラの門限ではなく、私が高校の頃から聴いては、その日をゆっくり振り返るひとときとしている、ジェットストリームの始まる時間です。

FM放送が開始した時から続いている番組です。それまでの定番だったAMの深夜放送に比べ心落ち着き、本当に雲海の上をジェット気流に乗って飛び、宇宙の鼓動を頭と心で感じていたように思います。

あ! 12時です。 ジェット気流に乗って来ます。

カブトガニさんのコメントを読ませて頂き、僕も学ぶことが多くて嬉しくなりました。ご指摘の通りだと思います。「学ぶ」下地として「真似る」ことの重要性を排除してはいけないと思います。そして、こういう瑞々しい感性を磨き続けておられるカブトガニさんには是非とも後に続きたいところです。

ところで、くどうさんの『気が多くてアコーディオン以外のものもあれこれ手を出してしまうため、思うように上達しないのかもしれませんね。』というくだりについては、ホントかな?っていう気もします。要は、あれこれ手を出すときの動機の問題なのではないでしょうか。僕は、くどうさんのヴォランティア精神には、いたく感ずるところがあり、そのような手の出し方を気持ちだけでも応援したいなと思っていたところなのですよ、勿論アコにも精を出して欲しいけど(*^^:*。

カブトガニさん、素敵なアドバイスをありがとうございます! 気が多くてアコーディオン以外のものもあれこれ手を出してしまうため、思うように上達しないのかもしれませんね。アコーディオン、もっともっと上手く弾けるようになりたいので、たくさん聴くようにします。
来週は表参道でお目にかかれるので、とても楽しみです。どうぞ、よろしくお願いします!

コンサート、ライブなど生の音楽やテレビ、DVDなどで視覚と聴覚合わせて聞ければ一番良いのでしょうが、それにはそれだけの時間その場所から移動もなにも出来ませんが、CDを聴くだけなら車の運転も出来、夕飯の支度をしながらでも聴けます。
私は初心者の人にアコーディオンを練習するのと同じくらいの時間、巨匠、名人、達人と云われる有名プレーヤーの演奏を聴く様にアドバイスします、アコーディオンに限らず外国の音楽は日本人に無い歴史や民族の感性が有りますが、それを私達が演奏するには、書道の練習でお手本の通り書くとか、絵描きさんが美術館で有名な絵を模写するようにCD等聴いてそのフィーリングを真似するのも上達の近道です、好きなタイプのプレーヤーを常に聴いてその感性を養えば技術だけでない本物の音楽に近づけるでしょう。
脳の活性化にも役立つアコーディオンCDの流しっぱなしも良いかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中川イサトさんのソロライブ | トップページ | 歌声カフェ「空」 8回目 »