フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 今後の予定いろいろ | トップページ | ♪<かるふーる>リニューアル予定 2007年1月♪ »

2006年11月 6日 (月)

ジャズライブ 国立「奏」

 <かるふーる>終了後、「佐藤芳明さんのアコーディオンを聴いてみたい方はご一緒に」とお声をかけたら6名になり、ベース・ドラムス・アコーディオンのトリオによる本格的ジャズを楽しんできました。佐藤さんの演奏は初体験というFさんは「いいねぇ~、ジャズだねぇ~」とすっかりお気に召したようです。私は数年ぶりに聴く生演奏でしたが、また一段と衝撃度が増したなぁと思いました。初めて演奏を聴いた日のことも今でも思い出すぐらい衝撃でした。そしてその後も聴く度「すごい~」と衝撃を受け、昨夜はまたまた かなり大きな衝撃を受けて帰ってきました。真似をする気は毛頭ありませんし、佐藤さんの演奏なさるジャンルは実はよく理解できなかったりするのですが、好き嫌いとか理解できるかできないかに関わらず、やっぱり「すごいなぁ~」と思いました。そして、自分がアコーディオンで演奏したいジャンルとはかけ離れていても、いろいろな音楽を聴いて刺激を受けることは自分にとってプラスになることが沢山あるなぁとも感じました。
 本格的なジャズがそれ程好きな訳ではないので、火花散るようなジャズセッションの現場を生で、しかも狭い空間ですぐ近くで見るということは滅多にないのですが、真剣勝負という感じで圧倒されっぱなしでした。佐藤さんのアコーディオンドラムスの古澤良治朗さんは今回初めての共演だったそうですが、お二人がお互いの音楽をぶつけ合っている間にはいってベースの吉野弘志さんがニコニコ笑いながら全てをつないでまとめているというような印象の曲が多かったような気がしました。(ジャズど素人の感想なので変な言い方かもしれませんが) 身体を大きく揺さぶられるようなライブでしたが、たまにはこういうものもいいなぁと思いつつ家路につきました。

« 今後の予定いろいろ | トップページ | ♪<かるふーる>リニューアル予定 2007年1月♪ »

コメント

murakamiさん、おはようございます。
生の音だから、あの音量でも聴いていられたのかもしれません。私はスピーカーから大音量で流れてくると結構辛くなるほうなので・・
「ヒジ奏法」ビックリでしたね! ちょっと真似しても、なかなか格好がつかないような気がしますが、若い方々チャレンジしてみてください!

帰りは終電の2本前の列車に乗れました。しっかり「午前様」でした。
やはりPA通さない生の音はいいですね!佐藤さんの「ヒジ奏法」凄かったです!誰か真似しないかな?

いえいえ、parmerhuseさんのように大阪まで足を延ばすことは出来ませんから、私などまだまだです(笑)

えりさんも、あれからはしごするなんてびっくり。エネルギッシュで尊敬します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今後の予定いろいろ | トップページ | ♪<かるふーる>リニューアル予定 2007年1月♪ »