フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« MIYUKI タンゴトリオ in Coo | トップページ | ラジオは脳にきく »

2006年11月12日 (日)

中川イサトさんのソロライブ

 お世話になっている「ま組」の組長さんの企画(あぶない世界ではありません、念のため)で、ギタリストの中川イサトさんのソロライブへ行ってきました。期待した以上に心に残るライブでした。以前にCDで聴かせてもらって気に入っていたのですが、生で見るとまた一段と感動を呼び起こす演奏でした。1970年代頃のオリジナルから最近の新曲(まだタイトルのないものもありました)まで、また日本やアイルランドなどの古い曲のカバーまで、内容もバラエティーに富み飽きさせることなく休憩をはさんで、たっぷり2時間半のライブでした。トークもとても好感が持てて、話の内容的にも充実していました。どれも良かったのですが、「浜辺の歌」「琵琶湖周航の歌」など日本の古い曲のカバーが特に心に残りました。ギターのテクニックとしても、琴や三味線などのような日本的な響きを出すための工夫や、さまざまな特殊奏法を利用した曲もあり、見て楽しめるものもありました。
 最近よく思うのは、自分がやっている楽器の演奏会だけでなく、他のいろいろな楽器の演奏を聴くことも自分の演奏を豊かにすることに役立つのではということです。アコーディオンを弾いている人はアコーディオンの演奏会やアコーディオンのCDだけ聴いていればいいのではなく、他の楽器やオーケストラなど、あるいは歌など、様々な音楽を吸収することで、自分の音楽にもより深みを与えることができるのではないかと感じています。今日のギターの演奏を聴いて、アコーディオン弾くために直接は参考にはならないのですが、ギターから流れてくる音色を聴きながら、この音楽にアコーディオンの音色を重ねるとしたらどんな感じかしら~♪などと、いろいろと想像力が刺激されて楽しい時間でした。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/n-1310/(中川イサトさんのHP)

« MIYUKI タンゴトリオ in Coo | トップページ | ラジオは脳にきく »

コメント

♪かつきさんへ:ご家族でスキーを楽しまれているのですね、楽しそうですね!竜矢くんの3級合格おめでとうございます!!(運動音痴の私は二十数年前に一度だけ職場の先輩方に誘われて万座スキー場へ行きましたが、かなり怖い思いをして帰ってきて、それ以来スキーとはご縁がありませ―ん。)
イサトさんをご存知なのですね。私は最近まで知らなかったのですが、PTA仲間だった方に薦められて聴いたらとても気に入ってしまいました。生で見てきたらますます好きになりました。
12月の<かるふーる>でまたお目にかかれるのですね、楽しみにしています。

こんばんは、くどうさん。

竜矢の父です。 前回のかるふ~るでは一家でお世話になりました。

現在、我が家は、スキーシーズンに突入して時間があれば、狭山スキー場通いです。 日曜日に竜矢は3級にチャレンジ、合格して大喜びです。

さて、イサトさんのコンサート行ったんですかいいですね。 団塊の世代のアーチストが最近パワフルですね。イサトさんは、五つの赤い風船にも復帰したり、いろんな人とジョイントしたりして・・・。 音楽が不得意な私にとって、まさにいろいろな人といろいろなジャンルを楽しむこと、そして良いリズムを頭と身体に染み込ませてスポーツに活かすことです。

くどうさん や たかひでくんの演奏を聴いてパワーをもらいに行きます。

parmerhuseさん、ありがとうございます。parmerhuseさんもジャンルを越えて、様々な音楽を吸収中のようですね! クラスタでは演奏も出来るので楽しみですね。

お帰りなさい。楽しんでいらしたようで、よかったですね。私は、今週は、お足もかかるのでちょっと拝聴と演奏は中断。来週、「かっち」さんのクラスタ、「たまとみか」さんの東京タワー、そして、「あみ」さんの「かろる」と21日から23日まで動き回ります。24日から25日は職員旅行です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MIYUKI タンゴトリオ in Coo | トップページ | ラジオは脳にきく »