フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 歌声カフェ「空」 | トップページ | 自分にクリスマス・プレゼント! »

2006年12月21日 (木)

Mes chansons favorites

        Patrick Nugier
“Mes chansons favorites”
       Esprit de Paris

 パトリック・ヌジェさんの“Mes chansons favorites”(邦題:シャンソンファボリット))というCDをこのところ毎日聴いています。何故かというと、私もメンバーに入れていただいているバンド「ま組」には今回から女性ヴォーカルが参加するので、そしてヴォーカルがメインの曲がほとんどなので、ヴォーカル・メインの曲にアコーディオンが参加しているものを参考にしたかったからなのです。パトリックさんの歌声は大好きで何枚かCDも持っていますが、このCDは本当によく知られたシャンソンの中からパトリックさんが好きなものを選んだようです。どれも素敵な歌ばかりです。
 歌もいいのですが、ほとんどの曲にアコーディオンが使われているということがまた、いいのです。パトリックさん自身がアコーディオンを弾いている曲もありますが、多くの曲でフランスの有名なアコーディオン奏者であるマルセル・アゾラさんが、そして「ア パリ」「パリの空の下」「行かないで」では桑山哲也さんがアコーディオンを弾いています。「行かないで」ではAccordina(アコーディナ)の音色も聞こえてきます。「詩人の魂」で聞こえてくる愛らしいClaviola(クラヴィオーラ)の音色も とてもいいです。
 Accordinaは桑山さんのライブでは毎回目にする鍵盤ハーモニカのボタン式という感じの楽器です。Claviolaは一度しか見たことがありませんが何だかとても面白い楽器でした。随分以前になりますが、佐藤芳明さんと大塚雄一さんがデュオ・ライブをなさった際に佐藤さんが弾いていらしたように記憶しています。
 すっかり脱線してしまいましたが、歌がメインの曲にアコーディオンを絡ませるにあたって、このCDはすご~く参考になりました。どの曲も、「あぁ、こんなふうにアコーディオンの音を重ねられたらカッコいいなぁ」という素敵なフレーズに満ち満ちていました。素敵すぎて、とても真似は出来ないのですが、でも今直ぐに真似できなくても将来の目標として、これからも何度も聴きたいと思うCDです。
 音を聴いて弾いている人の顔が思い浮かぶことが時々ありますが、このCDの中でも桑山さんの演奏は、はっきりと彼だと分かる音でした。自分の音を持っているというのは素晴らしいなと思います。私も私ならでの音が出せるように精進していきたいと思います。
http://www.usen-cs.com/ch/DH/H29/column/column10.html(CDが紹介されているサイト)

« 歌声カフェ「空」 | トップページ | 自分にクリスマス・プレゼント! »

コメント

foohtaさん、こんばんは。
foohtaさんも素敵な出会いに恵まれたのですね。きっと、どちらのCDも普通のCDショップに並んでいないものかもしれませんが、その場所できっとfoohtaさんを待っていたのですね! 私は数年前に桑山さんのライブへ行った際にたまたまパトリックさんがゲストで出ていらっしゃって、その時に会場で買ったのですが、実はこのCDを持っていることをすっかり忘れていました。ちょっと前に<はるもにあ>へ行った時にお店で流れていたのを久しぶりに聴いて、「そうだ、私、こんな素敵なCDを持っていたんだ!」と思い出して聴いてみたら、今の自分が必要としていることがたっぷりと詰まっているCDでした。(その日に、私が行った時間に、このCDをかけてくれていたMakikoさんに感謝です!) 
マルセル・アゾラさんや桑山さんのような演奏は出来るわけはないんですが、目標は高く持っても誰からも咎められはしませんよねぇ~?

えりさん、こんにちは。
えりさ~ん!私今まさにコレ聴いていたです。
先日新宿のヨドバシカメラに行った時、たまたまヨドバシの中にあった、ほんとにチョッとのスペースしかないCDコーナー・・それも、またその中のワールド・ミュージックのスペースときたら、ホンのホンのチョ~ットの数しかなかったのに、何となく、のぞいて見たくなったってしまって・・立ち寄ってみました。
そしたら桑山哲也さんの「ぼくのミュゼット」とパトリック・ヌジェさんのこのCDが並んでいて、パトリック・ヌジェさんのこと全然知らなかったのですが・・衝動買いしてしまいました。
ジョリ・モーム、パリ空、地下鉄の切符きり、ラ・ジャバネーズ、詩人の魂、ヴィ・ヴィオロンス、さくらんぼの実る頃・・みんなイイです。

>歌がメインの曲にアコーディオンを絡ませるにあたって、このCDはすご~く参考になりました。
そうかぁ~!そういう聴き方をするとアレンジとかの勉強になるんですね。
私は、まだまだアコーディオンのメロディーや和音に感動しちゃってるだけですが・・
えりさんと同じCDを選んだ・・というだけで何か嬉しくなっちゃってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌声カフェ「空」 | トップページ | 自分にクリスマス・プレゼント! »