フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 夜霧のしのび逢い | トップページ | 今後の予定いろいろ »

2007年2月 3日 (土)

第22回“アコーディオン喫茶かるふーる”

 一番寒い時期の夜の<かるふーる>でしたが、参加者15名で楽しい夜の時間を過ごしました。ピアノ・ギター・鍵盤ハーモニカ・カホン・ヴァイオリンなどアコーディオン以外の楽器も登場し、最後はギターを抱えての弾き語りも楽しませていただきました。オリジナルを披露してくださった方たちの曲もとても素敵でした。私も人の心に残るようなオリジナルが作れるようになったらいいなと将来へ向けての夢としたいなと思います。
 今回2回目の参加でヴァイオリンを弾いてくださったTさん。お店のオーナーMakikoさんのヴァイオリンを貸していただいての演奏で人前で弾くなんて初めてという極度の緊張の中、弓が震えるのが見て取れるのですが、それでも音程はしっかり保ちながら止まることなく曲の最後まで弾き通してくださいました。最初のこのハードルを越えてしまえば、人前に立つことが少しずつ少しずつ楽しく感じられるようになっていき、そのうちにきっとピアノやアコーディオンと一緒にヴァイオリンを弾いてみたいなぁと思うようにもなっていくことと思います。とにかく最後まで弾ききろうと迷いのない真っ直ぐな弾き方で、聴いている私たちにも勇気を与えてくれるような演奏の姿勢でした。
 今流行っているという「千の風になって」は皆勤賞の≪かなかな≫さんが歌詞付の譜面を用意してくださっていたこともあり、たまたま今日はこの曲を弾こうと準備してきてくださっていたKさんのアコーディオンに合わせて皆で歌いました。この曲は≪かなかな≫さんのHPでmidiで聴けます。歌詞もありますよ。http://www.asahi-net.or.jp/~kx8y-hgmt/
 どの方の演奏にも曲に対する想いを感じました。何度も同じ曲を弾いては迷惑かしらと躊躇されることもあるかもしれませんが、そんなことは全然ありません。何度も何度も繰り返し弾くことで曲に対する理解も愛着も深まっていくことと思います。それが演奏にも反映されると思います。そんな変化を感じることもまた楽しいものです。レパートリーがなかなか増えないと悩むよりも好きな曲を極めることも一つの楽しみ方ではないでしょうか。毎回同じ曲を弾いていただいても大歓迎です♪
 今日は演奏はしないで聴くだけ、という方たちもお帰りの際の笑顔を拝見すると、きっと音楽で気持ちを温めていただけたのかなぁと想像しました。
 ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました。寒い夜に少しでも身も心も温まるものをと心遣いしてくださって熱々の食事を準備してくださったMakikoさんにも心から感謝です。おいしい食事と珈琲、音楽とおしゃべり、月に一度の私の幸せなひとときでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※現在「ジョリーキャバレロ」という曲を練習なさっている<かるふーる>参加者の方から質問がありました。この曲名の意味・由来などご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。 

« 夜霧のしのび逢い | トップページ | 今後の予定いろいろ »

コメント

♪kum さんへ:「千の風になって」kumさんの伴奏で皆さんで歌えて心地よかったですね。演奏してくださる方、歌詞・譜面を用意してくださる方、予め決めていたわけではないのに、いい展開となりました! 苦労してアコーディオン持参してくださって、ありがとうございました。
ジョリー・キャバレロが聴けるサイトを見つけてくださって、ありがとうございます。ポルカなのですね。楽しげな曲で弾いていても陽気な気分になれそうですね。

♪parmerhuseさんへ:大阪への旅、すっかり病みつきですね! 無理せずご都合のつきそうな時に、どうぞ遊びにいらしてください。まだまだ続けていくつもりでいますから!

楽しい会になってよかったですね。結局、私は、仕事で遅くなってから、何か気晴らししたくて、大阪に来ました。音楽の旅からも頭が離れなくて、ソハマさんにでも行ってみようかと考えています。来月は、是非、参加したいです。

昨日は久々に参加させていただきました。
寒い夜に、あつあつ田楽が美味しかったです。
朝、アコーディオンを駅のコインロッカーに入れて出勤したのですが、立川南駅のコインロッカーがいっぱいで、立川北駅まで歩いて、再びJRに戻ったので、遅刻するかとひやひやしました。
「ジョリー・キャバレロ」という曲は始めて聴きましたが、綴りが「Jolly Caballero」であれば、「陽気な騎士」という意味のようです。(My電子辞書によると)
caballeroはもともとスペイン語で騎士の意味です。(caballoは馬)
スペイン語では紳士の意味で使いますが、英語の辞書では「乗馬者、騎手」となっています。
曲のイメージからすると、紳士よりも乗馬者のほうがあってますね。
こんなサイトがありました。
http://www.johnjeski.com/jollycaballero.htm

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜霧のしのび逢い | トップページ | 今後の予定いろいろ »