フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 音の記憶 | トップページ | 南街公民館まつり »

2007年3月 3日 (土)

尺八のビブラート

 昨夜はカフェバーCooの常連Sさんのお誕生日を祝うためのライブへ行ってきました。他の常連さんたちの演奏に混じって私もSさんのピアノと一緒に一曲(枯葉)やらせていただきました。他の方たちのように即興で何でもこなせる力はないので、かなりドキドキでした。自分の演奏はちょっと合格点を付けられるものではありませんでしたが、他の皆さんの様々なジャンルの演奏をたっぷり楽しんできました。
 尺八の真藤さんも来ていらして、ちょうど隣の席だったので、いろいろとお話ができました。その中で面白く記憶に残ったのは尺八のビブラートのことです。尺八とケーナは構造は同じなので、尺八を吹く人がケーナを、あるいはその逆もできるだろうというお話だったのですが、ビブラートのかけ方が違うのだそうです。尺八は頭を揺らしてビブラートをかけるのだそうです。そういえば尺八奏者の方たちは頭を振り振り演奏していますが、あれはビブラートをかけていたのですね。ということは頭の振りの大小でビブラートのかかり具合も違ってくるのですね。面白いなぁと思いました。アコーディオンのビブラートのかけ方も様々ですが、私はまだ上手にかけられません。いつの日か、さりげなく嫌味のない気持ちのいいビブラートがかけられるようになりたいなと思います。

« 音の記憶 | トップページ | 南街公民館まつり »

コメント

たしろさん、今回も勉強になるコメントをいただき、ありがとうございます!
ひとことにヴィブラートと言っても楽器によって様々なのですね。それにしても楽器もいろいろとこなされ、音楽に留まらない幅広い知識をお持ちのたしろさん、すてきな生き方をしてこられたのですね(現在進行形だと思いますが)。
やはり品のあるヴィブラートを目指すことは大事ですね♪

ヴィブラート
ちょっと理屈っぽくなりますが、ヴィブラートについて私見を書きます。
ほどほどに抑制されたヴィブラートは、音楽を生き生きしたものにしますが、やりすぎると品のない物になってしまいます。

このようなヴィブラートですが、ヴィブラートには「音程」を変化させるものと「音量」を変化させるもの、そして「それらの複合」のものがあり、さらにその変化の「速さ」と「深さ(強さ)」がありますから、それらのうちの何なのか、どのような組み合わせなのかをハッキリ捉えておく必要があるように思います。

前者について言うと、ヴァイオリンなどの弦楽器やトロンボーンなどは主として音程の変化ですが、アコーディオンやフルートは音程は殆ど変化しませんので音量の変化で、これに変化の速さや強さが表現の要素として加わることになります。

ところで尺八ですが、尺八って以上の全部が備わっているのですね。
すなわち「首振り」は少ない指穴で音階を吹くためもともと音程を変化させるテクニックで「メリ」とか「カリ」とかの半音上下のために使われるものですが、吹く息の量や速度の変化も加えながらできますから多様です。
ケーナは縦笛やフルートと同様に指穴で音程を変化させますから首振りで音程を変化させる吹き方は基本的にありません。このため尺八と基本構造や発音原理は同じですが奏法での違いが出て来ます。

僕は一応チェロ弾きで笛吹きなのでこれらのことには何時も神経を使いますが、昔はヴィブラートは嫌われました。例えばファゴットにヴィブラートを加えるとサキソフォンのようだと言って嫌われたこともありましたが、最近はどの楽器でもヴィブラートが重要な表現要素として認知されてきたように思います。

でも、一番気になるのはヴィブラートの速さでしょうか。音楽とは関係ないスピードで自動的にかかってしまうものはやはり困りものですよね(^◇^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音の記憶 | トップページ | 南街公民館まつり »