フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 埴生の宿 | トップページ | 檜山教室Accordion Live »

2007年4月 7日 (土)

第24回“アコーディオン喫茶かるふーる”

 2年前の5月、「一年続くだろうか、一緒にアコーディオンを楽しもうと思ってくださる方はいるだろうか、都心からは離れた場所だし・・・」との思いを持ちつつ始めた“アコーディオン喫茶かるふーる”。病気療養の日々の後でもあり、とにかく無理はせず楽しみとして続けていけるうちは継続しようと思っていました。始めてみると、幸いなことに興味を持ってくださる方も多く、そして嬉しいことに遠くから来てくださる方やリピーターとなって何度も参加してくださる方も多く、この活動は私の日々の生活の活力となっています。「大好きなアコーディオンの音色を、同じようにこの楽器のことが大好きな人たちと一緒に楽しむ時間が欲しいなぁ」という単純な動機で始めましたが、アコーディオンを弾く方だけに留まらず沢山の音楽仲間が増え、本当に幸せに思っています。
 無事に丸2年を迎えることができたのも、いつも心配りを欠かさず利用しやすいようにと協力をしてくださる会場<炭火煎珈琲はるもにあ>のオーナーのMakikoさんや参加してくださる皆さんのお陰です。昨夜ご参加くださった皆さん、そしてこれまでにご参加くださった皆さん、本当にありがとうございます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昨夜は13名の予定でしたが当日参加希望の方が3名増えて16名での開催となりました。初参加の方2名がいらっしゃったので簡単に自己紹介の時間も取ったりで終了時間が大幅に過ぎてしまいましたが、春を感じさせる食事をいただき音楽を楽しみ充実した時間となりました。ローランドのVアコをご持参くださった方もいて皆さん興味津々で見ていらっしゃいました。ヴァイオリンやギターの独奏、ギター弾き語り、ギター&アコの即興のアンサンブルもあり、最後は2年間皆勤賞の≪かなかな≫さんの準備してくださった『MOSKAU(めざせモスクワ)-空耳バージョン-』『街』を皆で歌ってのお開きとなりました。

♪ショパンのノクターン第2番 ♪ジェルメーヌ ♪コロブチカ変奏曲 ♪ザイツのコンチェルト第3楽章 ♪愛の賛歌 ♪希望のささやき ♪スタイルミュゼット ♪影を慕いて ♪真実のミュゼットワルツ ♪ヘイジュード ♪愛のあいさつ ♪チューリップ ♪忘れないで ♪風吹かれて ♪MOSKAU ♪街

 3年目に入る来月からも気軽に集まって音楽を楽しめる“場”としての“アコーディオン喫茶かるふーる”を力まず気楽に続けていきたいと思っています。どうぞ、まだ参加したことはないけれど興味のある方、これまで来てくださった皆さまも、気軽に気楽に普段着で楽しみいらしてくださいね♪

« 埴生の宿 | トップページ | 檜山教室Accordion Live »

コメント

♪たしろさんへ:とうとうアコーディオンを手に入れたのですね、おめでとうございます!! これで思う存分練習ができそうですね (^-^)
4月29日の発表会で更なる進化を遂げた≪たしろ≫さんの演奏が聴けるのではと今からワクワクしています。

♪parmerhuseさんへ:アコーディオンを手放されて寂しい日々かと思いますが、研修が一段落したらまたアコーディオンとふれ合う日々へと戻れるといいですね。

うわぁ、楽しそうだったのですね。たしろさんもいらしていたのですか。私も、早く研修のリズムに慣れ、アコに復活したいです。自宅からアコが一台もなくなると、寂しい。実に、物足りない。ちょっとの時間でも触れていたいですもの。夏までなんていわず、何とかするぞ。

昨夜は、アットホームで素敵な機会をとても楽しく過ごさせて頂き、どうも有り難う御座いました。
皆さんの演奏を聴かせて頂くうちに、僕もなにかやりたくなり、Nさんに楽器を貸して頂いて音の自己紹介もさせて頂きましたが、今日めでたく僕もアコのオーナーになりました。やはりNさんと同じ名前のアコです(*^_^*)。
お陰様で昨夜から今日にかけて大いなる進化、脱皮を遂げることが出来ましたが、今後は「アマ・アコ弾き」の名前に恥じないよう努力する心算であります(^◇^;)。
ということで、どうぞまた宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埴生の宿 | トップページ | 檜山教室Accordion Live »