フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

My Space♪

 マイペースで生きている私ですが、今日はパリとロンドンを行き来して暮らしているベトナム人の友人からメールが来て「My Spaceというサイトでブログを始めて自分や家族の写真も見られるから是非あなたもMy Spaceに登録して見に来て!」とありました。えぇ~やっとミクシィに慣れてきたばかりなのに~と思いつつ、My Spaceというサイトを見つけて何とかかんとかユーザー登録して友人へメッセージを送ることに成功!(私にしては大仕事!) そして音楽関係の友人・知人も多い彼女は「いろんな有名アーティストの音楽や映像も楽しめるから、メッセージを送ることもできるから楽しんで」と書いてあったので、どんなものが見られるんだろうと試しに検索してみるとイヴ・デュテイユ、ジェラール・ルノルマンなどの私の大好きなシャンソン歌手やアコーディオン奏者もたくさんいました。全部見ていると時間がいくらあっても足りないので早々に切り上げましたが、フランスのアコーディオン奏者ダニエル・ミルのページには動画もあって、スキンヘッドのミルさんのアコーディオン演奏も見ることができました。暇のある時には、いろいろと楽しめそうです♪(その暇を見つけるのが難しい・・・) お時間のある方はどうぞこちらから。ttp://jp.myspace.com/
日本語のサイトから右上にあるInternationalへ進んでフランスとかイギリスとか地域を選ぶと海外アーティストの検索が楽にできるようです。(よく分かっていませんが)
ユーザー登録しなくても見られるのかどうだか分かりませんが、ダニエル・ミルさんのページです。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=171598192

国境なき子どもたちメールマガジン

* * * * * *  転 送 ・ 転 載 歓 迎  * * * * * * * * *
国境なき子どもたちメールマガジン Vol.27 ~ 2007年6月29日(金) ~
● もくじ ●
 1. KnKフィリピン5月のニュース
 2. KnK東ティモール 『廃墟の中から』
 3. KnKカンボジア 『国際子どもの日』
 4. KnK東ティモール 『新しい指導者と共に、新たな国造りに向けて』
 5. KnKインドネシア『一年という月日』
 6. 『ラスト フロンティア ~東ティモールの光と影~』名古屋展
 7. 特別ツアー「国境なき合唱団」企画のご案内
 8. クリック募金のお知らせ  ~ 誰でもできる1日1円 ~
 9. ご寄付のお願い ~子どもたちに教育の機会を、そして将来の夢を~

詳細はKnKのホームページでどうぞ! http://www.knk.or.jp/index.htm

伊藤浩子さん来日ライブ

 4月に≪炭火煎珈琲はるもにあ≫で開催された Double ”Misako” Concert でステキなアコーディオンを聴かせてくださった松本操子さんからフランス在住のアコーディオン奏者・伊藤浩子さんのライブ情報をいただきました。貴重な機会ですね。お時間のご都合のつく方は是非どうぞ!
・・・・ 以下、転載です ・・・・

♪伊藤浩子さんの来日ライブのお知らせです。

■7月11日水曜 渋谷公園通クラシックスhttp://www.radio-zipangu.com/koendori/index.php(0334642701ホール)にて
■午後7時オープン7時半スタート

伊藤浩子さん言わずと知れたアコーデオニストです。パリでも大好評だったライブを是非東京で聞ける機会をお見逃しなくご期待ください!
編成はアコ、ギター、ベースの三人です。日本民謡や沖縄音階をちりばめたオリジナルはオリエンタルな雰囲気でフランス人には新しく、日本人には懐かしく新しく感じられると思います。 是非聞きに来て下さい!
■料金3500円(ドリンク付き)
■予約・問い合わせ09091486291(松本)
■メール:
misa-lookingfor@t.vodafone.ne.jp

2007年6月29日 (金)

分別のないオバサン

 4月の『立川まちおんライブ』の会場の一つとなった≪炭火煎珈琲はるもにあ≫では、いろんな方たちのライブを楽しむことができました。その時に知り合ったYAMATOさんから「CDを作っているので2曲アコーディオンの音を入れてもらえませんか?」とお誘いをいただき、身の程知らずの私は「いいですよ~♪」と即お返事。まぁ、半分冗談だろうという気持ちもあったのですが、レコーディングの日程とか決めることになり「本当にいいのかしら・・・」と不安な気持ちにもなりました。若い頃なら絶対にお断りしたはずなのですが、歳とともに図々しくなるってホントに怖いですねぇ~。やったことないことにチョッと手を出してみるって何だかワクワクするんですよね。「やってみて使えないと思ったら没にしてくださいね!」という条件の下、今日録音作業をしてきました。既に録音してあるYAMATOさんのギターと歌にアコーディオンの音を重ねる作業。これに更に別の方たちのギターやベースが重ねられるらしいです。自分で聴いた感じでは全部ボツです~。改めて「ヘタクソ~!!!」って思いました。でも一人では決して弾くことがないだろうジャンルの音楽と何日か必死に向き合ってみるという経験は、きっとまたどこかで役に立つだろうと思いながら楽しんできました。
 出身地の佐渡への想いを歌に込めて弾き語るYAMATOさん。熱い人です。今日一緒にレコーディング作業をしてくださったあおちゃんさんと一緒に作ったというCDを頂いてきて聴いています。何だかとってもいいです。熱いYAMATOさんに対して何事にも冷静に対処するという感じのあおちゃんさん、いいコンビでした。お二人のギターとYAMATOさんのハーモニカの音色を聴きながら、「あぁぁぁ私のアコーディオンは要らない!」と思ってしまいました。楽しい時間を過ごさせていただいたので、それだけで満足です。今日のことはなかったことにしてください~。
 それにしても一度会っただけで一緒に演奏したこともないのに、お声をかけてくださったYAMATOさんも懐の大きい方です。それを気軽に受けてしまった私は分別のない人です(^-^)  
●YAMATOさんのことはこちらで紹介されているのを見つけました。http://www.owarai-jima.jp/yamato/
●こちらで動画も見られます。http://www.castella.jp/
●こんなのも見つけました。「暑苦しくないけれど熱い男」その通り!http://satoshins.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/yamato_6f46.html
●なんかいろいろ見つけました。http://www.monolive.fm/book/yamato.html

 自分も地域での音楽活動を大事にしていきたいと思っているので、音楽で佐渡のために何かしたいという熱いYAMATOさんをそっと応援したいなと思います♪

日曜日はお菓子付き♪

 このところ、職場などでの頂き物のお菓子が多くて、「ちょっと一口甘いもの」が大好きな私には嬉しいことです。

 7月1日の≪かるふーる≫には15名のご予約をいただいています。一時トップページに「軽食・飲物付き1,000円」と間違って表示していましたが、日曜日の≪かるふーる≫は「菓子・飲物付き800円」です。丁寧に入れたおいしい珈琲とともに一口甘いものがあると幸せな私です♪ 楽器をご持参の方も多いとおもいますが、雨が降りませんように! お待ちしてます~

2007年6月27日 (水)

大塚雄一さんのライブ情報

今日は午後から美容院へ行って髪をカットをしてもらいながら気がついたら居眠りをしていました。途中、頭がガクッとなり危なかったです。家にいたらお昼寝をしてしまっていたことでしょう(^-^)  このところ息子の朝練のために毎朝5時半起きです。

大塚雄一さんからライブ情報をいただきましたので、一部抜粋で転載させていただきます。
・・・・・・・・・・・ 以下、転載です ・・・・・・・・・・
こんにちは、大塚雄一です。なんだか梅雨らしからぬ天気が続いていますね。水不足が心配です。さて夏に向けてライブ目白押しです。ご案内させていただきます。詳細はこちらで!http://www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka
●7月4日(水)銀座 伽藍バー 03-3289-3600
  http://www.ghalan.com/p-index.html
銀座のバーらしからぬ?ナチュラルで居心地の良いバーです。木を生かした内装の感じがお気に入りです。この日はジプシーギタリストの若柳吉三郎さんと一緒にミュゼット、ジプシースイング、シャンソン、ラテンなどを中心にお届けします。お楽しみに!

夕凪の街 桜の国

夕凪の街 桜の国
 日頃「疲れるから漫画は嫌い」と言っている私に「これは漫画だけど絶対にいいから読んでみたら」と連れ合いが貸してくれた漫画本。病院では いつも待たされるから 暇つぶしにと持参して読み始めて 程なく「しまった〜」と思っていた私です。人の何倍も涙もろい私が平静に読み進めることのできる内容じゃありませんでした。待合室で鼻をすすりながら涙ふきふき漫画を読んでいるアヤシイおばさんになっていました。
 いろんなことを考えさせてくれる作品でした。自分が今生きていることの意味を改めて考えさせてくれました。原爆がテーマです。何も難しいことは描かれていません。また巡ってくる8月6日を前に、平和な世界のために自分にできることは何だろうと少し考えてみたい気持ちになりました。大きなことのやれるはずもない私に出来そうなことは やっぱり音楽で周りの人達を幸せな気持ちにすることかなぁと思います。そのためにも もっと自分自身を磨いて いい音を奏でることが出来るようになりたいです。

 私が知らなかっただけで巷では評判になっていた作品なのですね。こちらで詳しく内容紹介されていました。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%95%E5%87%AA%E3%81%AE%E8%A1%97_%E6%A1%9C%E3%81%AE%E5%9B%BD

2007年6月26日 (火)

7月の≪かるふーる≫

個人的にバタバタと過ごしているうちに、ふと気付くと7月の≪かるふーる≫は次の日曜日! お待ちしています~♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎月に一度のアコーディオンを中心に音楽を楽しむための集いです。
■2007年7月1日(日)午後2:00~5:00
          (時間内の出入り自由です)
■<炭火煎珈琲はるもにあ>にて
 http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
■参加費 800円(飲物・菓子代として)
■ご予約締め切り 6月28日(木)
 準備の都合上、ご予約をお願いします
◎<かるふーる>詳細についてはこちらでごらんください。
 http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/cat4702634/index.html

田ノ岡三郎さんのライブ情報♪

田ノ岡三郎さんから届いたライブ情報を一部抜粋で転載させていただきます。他にも面白そうなライブがたくさん予定されているようです。詳細は田ノ岡さんのHPでご覧になってくださいね!http://www.fieldbig.co.jp/sabu/
・・・・・・ 以下、転載です ・・・・・・

蒸し暑い季節になって参りましたが、、、熱いのも涼しいのも取り揃え各所でイベント、ライブなど予定しております。7/9の次回主催ライブでは、パール兄弟のサエキけんぞうさん&フランスの歌姫アンヌリ-ズさんをゲストに迎え、豪華にお送りします。皆様のお越しを心からお待ちしております!    田ノ岡三郎より
===============
★次回主催イベントです!
7月9日(月)「自由ヶ丘パリ祭!?!?」
@自由ヶ丘マルディグラ 

http://www.jiyugaoka-mardigras.com/
開場:19:00 開演20:00 (終演:22時頃) 
チャージ:\2300+order

予約優先着席制、下記メールor電話にて受け付けています。livebar@jiyugaoka-mardigras.com
電話03-3722-6892
(注:予約されたお客様は19時半迄にご来店下さるようお願いします。遅れる
際はお店迄ご連絡下さい)
出演:田ノ岡三郎(accordion)<with 愛川聡(guitar)>
スペシャルゲスト:サエキけんぞう(vo,fromパール兄弟)、アンヌ・リーズ
(vo.from france)
⇒豪華ゲストを迎えての、自由が丘初登場!アコーディオン演奏も、フレンチテイストいっぱいのゲストコーナーも、たっぷりでお送りします。お早めのご予約を、お薦めいたします。出演者プロフィールなど、更に詳しい情報はHPをご覧下さいhttp://www.fieldbig.co.jp/sabu/

2007年6月23日 (土)

「ま組」マジック!

 “アコーディオン喫茶かるふーる”の次に大事にしているのが「ま組」での音楽活動。仲間に入れていただいて2年とちょっと。“≪かるふーる≫の歴史ともほとんど重なっていますが、どちらも私にとって、とても大切な活動です。「ま組」が大好きなのは何故かしら(?)と考えたら、≪かるふーる≫同様、「ま組」での活動でもステキな出会いが沢山あるからだと思い当たりました。組長さんの人間的魅力もありますが、その周りに集まる人たちがまたステキな方たちです。今日も、いろいろな方と出会い話をし、幸せをたくさん分けていただいて帰ってきました。今日に限らず「ま組」での活動の際には本当に様々な出会いに恵まれてきました。私はこれを密かに「ま組」マジックと呼んでいます。このマジックがあるから何よりも優先して「ま組」の活動には参加させていただくようにしています。
 今日は、その「ま組」で小平市内の施設で開催された「働く障害者の集い」で一時間程のライブをやらせていただきました。sayacoさんのヴォーカルを中心にギター2名・キーボード・パーカッション・アコーディオンの編成で「花・放課後の音楽室・アメージンググレイス・涙そうそう・少年時代・朧月夜・千の風になって・旅立ちの日に・カントリーロード・証城寺の狸囃子・夜空ノムコウ・世界で一つだけの花」を演奏しました。「証城寺の狸囃子」ではお客様にも手作りパーカッションなどを手に持っていただき一緒にリズムを奏でてもらって会場全体で盛り上がりました。練習が足りず反省すべき点もたくさんあったのですが、それでも会場のお客様との一体感は充分に作れて楽しい時間となったと思いました。身体全体で楽しんでくださって、楽しい・嬉しいという気持ちをストレートに表現してくれる方たち聴いていただけることは本当に嬉しいことです。
 写真は演奏のお礼にといただいてきた「あさやけ風の作業所」で作っているビスケットと絵葉書です。この作業所は私のウォーキングコースの途中にあるステキな場所です。玉川上水沿いで散歩をなさる折に立ち寄られと気持ちいいですよ~。すぐ近くに最近足湯もオープンして賑わっています。こちらで地図や作業所の詳細をご覧になれます。http://www.asayake.or.jp/kaze.html 手作りスコーンもとってもおいいしいのですよ!

2007年6月20日 (水)

ようこそ東大和へ!

 カフェバーCooでの歌声カフェ「空」、今日は遠路はるばる横浜から≪かなかなさん≫(別名:横浜の欽ちゃん)が遊びに来てくださいました。真夏のような暑さの中、誰よりも早く会場に着いて開場を待ってくださっていました。ありがとうございました! 
 合唱団にも所属なさっている≪かなかなさん≫、リクエストもしていただき、マイクの前でも歌ってくださいました。日頃から割合的には女性が多いのですが、今日は男性が2名。大きい声で歌ってくださる男性がいらっしゃると女性の方達も歌いやすいようです。暑さのせいか参加者は多くはありませんでしたが、途中、ちょっと見学という方が4名お見えになったりで、今日も楽しく3時間を過ごしました。
 次の土曜日の施設のイベント用に練習している曲が、たまたま何曲かリクエストで出ました。キーとかアレンジが違うので頭の切替が必要でしたが、これも頭の体操だと思って、何でもこなせるように、これからも精進を続けたいと思います。退屈している暇のない人生です♪ ちなみに、ここ2週間ぐらいはスマップの「夜空ノムコウ」と格闘中です。ピアノ伴奏譜をアコーディオンで出来るだけ再現してみたいなと思って練習中ですが、なかなか難しいです。和音の響きは活かして演奏は簡単にと思いつつやっていますが、同じ和音を弾いてもピアノとアコーディオンでは聞こえて来る音の響きが違うのが面白いです♪

2007年6月17日 (日)

こげら合唱団練習日♪

 今日はメンバーの一員としていただいているバンド「ま組」の練習日でした。途中お昼ご飯は食べましたが、8時間位練習室にこもっていました。でも、結構いろいろと練習以外のことにも時間を費やしていたので、そんなに楽器は弾いていなかったかもしれません。それでも、初めての曲をやってちょっと遊んでみたり、何となくゆる~く流れる「ま組」時間に浸っているのは、それなりに心地いいので楽しかったです。
 途中、練習で使わせていただいていた同じ施設の中で「こげら合唱団」の方たちが練習をしているので見学に来ませんかとお誘いをいただいて行って来ました。「こげら合唱団」はバリアフリー合唱団とどこかで紹介されていましたが、どうも障害がある人もない人も一緒に歌を楽しもうという合唱団のようです。今日は50名位の方たちがいらしたようでしたが、私たちが見学している時間帯には「千の風になって」と「旅立ちの日に」を練習していました。皆さん、大きな声で楽しそうに歌っていました。私も一緒に声を出して歌ってみました。何だかいい気持ちでした。このような集まりに参加している方たちの私利私欲のない温かい笑顔を見ていると幸せな気持ちになれます。
 次の土曜日には、「こげら合唱団」の方たちが今日練習をしていたお部屋で「ま組」で演奏をすることになっているので、明日からは気合を入れて練習に励まなくてはなりません。聴いてくださる方たちが笑顔で楽しんでくださるように、いい演奏ができるように、しっかり練習をしようと思います。

アルゼンチンの風に吹かれて♪

 ≪はるもにあ・アコーディオン・コンサート≫
 ~アコーディオン:牧田ゆき/ギター:大塚幸治郎~
  アルゼンチンの音楽チャマメを楽しみませんか?
Photo_5
 

左から:クラリネット村松由美さん、アコーディオン牧田ゆきさん、ギター大塚幸治郎さん



Photo_6Photo_3  昨日は真夏のような暑い一日となりました。そんな中、東京立川≪炭火煎珈琲はるもにあ≫ではアルゼンチンの風に吹かれての楽しい時間を午後から夜にかけて過ごすことができました。ご来場くださいました皆さま、ありがとうございました。そして懇親会にも大勢の方にご参加いただき、相次ぐ突然の訪問者の登場で予定時間を大幅に過ぎての終了となりましたが、最後までお付き合いくださいました皆さま、ありがとうございました。

 牧田さんのアコーディオンと大塚さんのギターによる「群集」でスタートしたコンサート。途中、クラリネットの村松さんが参加なさる曲もあり、伝統的なチャマメやタンゴから牧田さんオリジナルのチャマメの曲、そして大塚さんによるクラシック・ギターの曲まで、最後のアンコール曲では牧田さんが客席の中までアコーディオンを抱えて入って行き、クラリネットの村松さんのヴォーカル&ピアノで賑やかに盛り上げていただきました。
 私は、いつもチャマメの「チャ」の部分にアクセントを付けて発音していましたが、実は語尾の「メ」にアクセントが付くのだとか、よく耳にするタンゴとかチャマメ以外にもミロンガやラスギードドブレなど様々なリズムがあるのだとか、牧田さんのトークも楽しませていただき、お客さまとの交流を持ちたいという牧田さんから客席に向けての「どんな楽器を使ってますか?」etc.の質問コーナーもありました。
 現在レコーディング中のアルバムに収められる予定の新曲の披露もありました。チャマメというジャンルの音楽を日本で広めていきたいという牧田さんのチャレンジの道のりは険しくはあるものの、その先には必ず空が明るんでくる時が来ると信じて邁進していることを思わせる「遠い夜明け」という曲は印象的でした。信じる気持ちがあるからこそ続けていけるのだと思いますし、支えてくださるご家族や仲間があるからこそ頑張っていけるのだろうと想像しました。ニューアルバムの発売の予定はまだ少し先のようですが、今後も精力的に演奏活動を続けていかれるようです。これからも、このブログでライブ情報などお届けしていこうと思います、7月8月のご予定をいただいていますので、こちらからご覧ください。「makitayuki-liveinfo.pdf」をダウンロード
あわせて牧田さんのオフィシャルサイトで今後のライブ情報もごらんください。http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/

 懇親会の部では、“アコーディオン喫茶かるふーる”の常連の方たちがアコーディオン持参で来てくださって、いつものように演奏を披露してくださって6月の第二回目の≪かるふーる≫となりました。≪かるふーる≫第一回めからの連続参加記録更新中でありました≪かなかな≫さんが6月1日の会では出張と重なって参加できませんでした。ですが、今回の≪臨時かるふーる≫へのご参加と演奏で、連続参加とみなして、また今後の記録更新を楽しみにさせていただきたいと思っています(^-^)  もうお一方、昨夜演奏をしてくださったOさんも昨年5月からの連続記録を更新中です! そのOさんのタンゴ演奏を聴いて「こうするともっと良くなるよ」と、その場で個人レッスンのような形でマンツーマンで演奏のコツを伝授されていた牧田さん、タンゴやチャマメに対する熱い熱い思いが感じられました。私の恩師でもあります小川経子先生もご来場くださり、最後まで演奏と交流をお楽しみくださるとともに、懇親会終了間際にお店に現れたアコーディオンを習いたいというご婦人に気さくに説明をしてくださっていました。(ありがとうございました!) その小川先生に、エフエムラジオ立川の方からラジオ番組でアコーディオンの話を是非というご提案もあり、今後の展開が楽しみです♪ 立川・昭島地域でしか聴けないようですが実現の折には、またご案内します。

2007年6月15日 (金)

最終のご案内です♪ アルゼンチンの蛇腹音楽♪

 ≪はるもにあ・アコーディオン・コンサート≫
 ~アコーディオン:牧田ゆき/ギター:大塚幸治郎~
  アルゼンチンの音楽チャマメを楽しみませんか?

■6月16日(土)
  3時~5時(コンサート) →入場料2,500円(飲物付)
  5時~7時(軽食付懇親会)→参加費1,000円 (ご希望者のみ)
■<炭火煎珈琲はるもにあ>にて
  JR中央線立川駅北口より徒歩8分
  地図は以下のHPでご確認ください。

  
http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
準備の都合上、ご予約をお願いします(定員30名)
 当日までご予約は受け付けます。
 E-mail:
eri-kudo2005fevrier@nifty.com(工藤)

 当日のご予約はお店へお電話でお願いします。
  042-521-2959(はるもにあ)

少しずつご予約をいただき、窮屈でなくちょうどいい感じの人数になってきました。が、せっかくの機会です。お席には、もう少し余裕がございますので、アルゼンチンの蛇腹音楽に興味のある方は、どうぞ!!

梅雨入り?まだ?

 昨夜は仕事帰り、かなり強い雨で車道を走る車がはね飛ばす水しぶきが歩道を歩く私にまで飛んできました。関東地方も梅雨入りかなぁなどと思っていたら今朝は晴れてきました。まだ少し先になるのでしょうか。
 昔は大嫌いだった雨の季節。今は、四季折々の季節感を楽しめばいいのだと、あまり苦痛に感じずに、この季節を過ごしています。雨の季節には雨を、風の吹く日には風を、真夏の太陽が照りつける季節には暑さを、木枯らし吹き荒ぶ日には寒さを、逆らわずに受け入れて風情を楽しめばいいんだと。といっても災害が起きるほどの荒れた天気は困りますが! あと水不足も困りますね! 節水節水!!!
 全然関係ありませんが、アトピー性皮膚炎なのか膝にできた湿疹がどんどん大きくなり80円切手を横に3枚並べたような長方形になっています。いつもは大抵丸い形なのに、今回は何故か角ばった長方形になっていて笑えます。笑い事でなく痒いんですが、なかなか薬で納まらず自然消滅を待つしかない持病です(^-^) 

2007年6月14日 (木)

ゆっくりゆっくり~

Yukkuriyukkuri 五月の連休に私の故郷大分で開催されたマラソン大会に行ってきたというハーモニカのMさんからお土産にいただいた絵葉書です。国東半島(くにさきはんとう)、交通は不便だけれど、のどかでいいところです。大学生時代に友だちと二人でお寺巡りをしました。バスが一日に一本しかないなんてことに行って初めて気付き途方にくれていた時、通りがかりの人が車に乗せてくれたことを思い出しました。
 このところ忙しいので、この絵葉書を眺めながら、気持ちがせかせかしないように心掛けています♪

アイルランドの風

 私のウォーキングコースの途中にある、ちょっとステキなメルヘンチックなおうち≪ロバハウス≫。古楽器の練習場を兼ねた演奏会の場でもあります。今回いただいたご案内の中には先日≪炭火煎珈琲はるもにあ≫でも演奏をなさったという守安ご夫妻(守安功・雅子)の演奏を聴くことのできる『アイルランドの風』も含まれていました。私も久しぶりにお二人の演奏を聴きに行きたいなぁと思っています。
詳細はこちらでご覧になれます。http://www.roba-house.com/live.html


「アイルランドの風」  now on sale!!
■9/29  (土) 13:00~,16:00~ 
■9/30 (日) 11:00~,14:30~
■4,000円
●ショーン・ライアン(ホイッスル)、 キアラ・ライアン(ダンス)、
 守安功(フルート)、守安雅子(ハープ、コンサーティーナ)   

2007年6月12日 (火)

一人反省会

 ≪STOP THE DRUG ! キャンペーン≫ イベントの一環としての歌声喫茶http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2007/05/stop_the_drug.html の際のDVDを貸していただいたので見ました。客席からどのように見えていたのか聞こえていたのか全く分からなかったので、DVDを見ながら一人で反省会をしました。大きな舞台の上ではありましたが、杏子さんと一緒という心強さで、あまり緊張はしていなかったみたいです。細かくみると反省点はいろいろありますが、結構気持ちよく弾けていたので今回はこれで良かったのかなとも思います。ピアノとアコーディオンで伴奏するということにも、歌声カフェ「空」で毎回即興的にやっているうちに少しずつ慣れてきました。しっかり音を外していても慌てふためくことなく素知らぬ顔して弾き続けていました。演奏力でなく度胸だけついてきたのではないかと思われます(o^-')b  でも、こうやってビデオに撮ったものをじっくり見る機会は多くないので、いろいろと今後に向けての参考になりました。
 最後に出演者全員とお客様とで「千の風になって」を歌っている時の他の出演者の皆さんの表情が生き生きとしていました。私も舞台上そして客席の皆さんとの一体感を感じながら幸せを感じながらアコーディオンを弾いていました。地域の活動にアコーディオンで参加できることは本当に嬉しいことです。自分が今生きているのは、こういうことのためなのかしらと思うぐらい、このような活動は私にとって大切なことです。

2007年6月10日 (日)

アルゼンチン・タンゴも♪

 何度かお知らせをしていますが、6月16日に≪はるもにあ・アコーディオン・コンサート≫が開催されます。チャマメと呼ばれるアルゼンチンの民俗音楽を中心のコンサートとなりますが、皆さんにお馴染みのアルゼンチン・タンゴも、もちろん演奏されます。師匠のラウル・バルボサさんもチャマメのみでなくタンゴも演奏する方のようです。本場のアルゼンチン・タンゴ奏者直伝の情熱的なタンゴの演奏もお楽しみいただけると思います。
 このような音楽は、やはりお酒を一緒に楽しみたいという方には、珈琲の代わりにビールをお出しすることもできますので、ご希望の方はお申込みください。

 ≪はるもにあ・アコーディオン・コンサート≫

 ~アコーディオン:牧田ゆき/ギター:大塚幸治郎~
  アルゼンチンの音楽チャマメを楽しみませんか?

■6月16日(土)
  3時~5時(コンサート) →入場料2,500円(飲物付)
  5時~7時(軽食付懇親会)→参加費1,000円 (ご希望者のみ)
■<炭火煎珈琲はるもにあ>にて
  JR中央線立川駅北口より徒歩8分
  地図は以下のHPでご確認ください。

  http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
準備の都合上、ご予約をお願いします(定員30名)
 当日までご予約は受け付けます。
 E-mail: eri-kudo2005fevrier@nifty.com(工藤)

 当日のご予約はお店へお電話でお願いします。
  042-521-2959(はるもにあ)

Cooイベント「ROCK」の日

 昨夜はカフェバーCooの月に一度のお店主催のイベントの日でした。今回は6月9日ということで「ロック」がテーマでした。といっても、静かめな弾き語りの曲からマジック、お笑い、ハードロックまでジャンルも様々、出演者も初出演の方から常連の方まで、賑やかに盛り上がった3時間でした。Cooのイベントではいつも、ご夫婦や親子など家族で音楽を楽しんでいる方を多く見かけて、いいなぁと思います。我が家では、それぞれが好き勝手に音楽を楽しんでいますが、たまには一緒に楽しむことができればいいなぁと思います。

羽田健太郎さん

 先日お亡くなりになった羽田健太郎さんの追悼番組を見ていたら「音楽というものは楽しみを10倍に、そして悲しみは2分の一にしてくれる」と仰っていました。軽妙なトークと素晴らしい演奏で楽しませてくれる羽田さんの番組は大好きでした。本当に、もっともっとお元気で活躍を続けて欲しい方でした。
 羽田さんの言葉を実感しながら日々生きている私ですが、これからも音楽で悲しみや苦しみは吹き飛ばしながら歩んでいきたいです。

2007年6月 8日 (金)

牧田ゆきさん

 情熱の女性・牧田ゆきさんに初めて会ったのは7年ぐらい前だったでしょうか。当時私がメンバーとして活動のお手伝いをしていたTYAM(東京ヤングアコーディオンメイツ)の第一回イベントとして開催したコンサートにゲスト出演してくださったのが牧田ゆきさんでした。パリ在住のアコーディオン奏者ラウル・バルボサ氏のもとへ留学をなさって帰国されて間もない頃だったのではないでしょうか。お会いしての第一印象は、「よく笑う元気な女性」でした。ミュゼットに憧れてアコーディオンを始めた私がチャマメに興味があったかといえば、実はその頃は全くありませんでした。アルゼンチンの音楽を演奏するらしいぐらいの予備知識しかなく当日を迎え、初めて聴く牧田さんの演奏は思わずジッと見入ってしまうものでした。それまでに見たことのある日本人女性のアコーディオン演奏のスタイルとは随分違うと感じました。それでチャマメの虜になったかというとそうでもなく、私の好きなのは相変わらずミュゼットやシャンソン。それでも、その後ライブ会場へも何度か足を運ぶうちに、リズムの面白さ、メロディーの美しさ、突き抜けるような明るさ、チャマメのもつ魅力の様々な面を見せていただき、いつも何となく気になる存在となってきました。
 
同じアルゼンチンの音楽でも一般的によく知られているタンゴより聴く機会は少ないです。牧田さん以外に日本で演奏している方がいるのかどうか分かりません(いないのではないでしょうか?)が、孤軍奮闘で牧田さんはチャマメを聴いてもらうためのライブ活動を続けてきていらっしゃいます。本場アルゼンチンでも演奏をなさってきて、絶賛され牧田さんのオリジナル・チャマメも好評だったようです。
 
そんな牧田ゆきさんのコンサートが来週開催されます。今回≪炭火煎珈琲はるもにあ≫で開催されるコンサートは本当に貴重な機会です。息遣いが聞こえる距離での演奏を、聴くというより感じていただけます。チャマメ演奏になくてはならないというギターの共演者も本格的な演奏をなさる方のようです。是非この機会をお見逃しなく、お時間のある方は一緒に楽しんでくださいませ。牧田ゆきさんとチャマメに関するサイトをいくつか集めてみました。お時間ありましたらどうぞ。

牧田さんのオフィシャルサイトhttp://www.planet-y.co.jp/makita/yuki/Home.html
●牧田さんのCDhttp://www.kingrecords.co.jp/makitayuki/index.html
●牧田さんのCD評http://www.melma.com/backnumber_110062_651019/

チャマメについてhttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/1535/genkou/chamame.html
●チャマメのリズム形式についてhttp://tokyo.cool.ne.jp/ligafolklore/ritmo/chamame.htm
●牧田さんの師匠ラウル・バルボサさんについてhttp://www.arion-edo.org/tsf/2003/program/m05/
●ラウル・バルボサさんのCDhttp://www.amazon.co.jp/Raul-Barboza-Ra%C3%BAl/dp/B000027Y2P/ref=cm_lmf_tit_11/250-7884234-5789061

 ≪はるもにあ・アコーディオン・コンサート≫
 ~アコーディオン:牧田ゆき/ギター:大塚幸治郎~
  アルゼンチンの音楽チャマメを楽しみませんか?

■6月16日(土)
  3時~5時(コンサート) →入場料2,500円(飲物付)
  5時~7時(軽食付懇親会)→参加費1,000円 (ご希望者のみ)
■<炭火煎珈琲はるもにあ>にて
  JR中央線立川駅北口より徒歩8分
  地図は以下のHPでご確認ください。

  http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
準備の都合上、ご予約をお願いします(定員30名)
 当日までご予約は受け付けます。
 当日のご予約は工藤携帯かお店へ
お電話でお願いします。
 080-3129-4717(工藤)
 042-521-2959(はるもにあ)

誰か故郷を想わざる♪

 準備の時間が取れず、今まで弾いたことのある曲を選んで譜面を用意し、昨日も人生の先輩方と歌を楽しむ時間を過ごして来ました(デイサービス&特養施設での歌の伴奏)。一曲だけでも新曲をと思って2週間ぐらい前に思いたって少し練習しておいた「誰か故郷を想わざる」も一応持参しました。歌のリードのお手伝いをしてくださるKさんも、この曲は何となくしか知らないというので大丈夫かしらと少しだけ不安に感じつつも、施設で作ってくださっている歌集に掲載されているから多分大丈夫だと思ってやってみました。70代~90代ぐらいだと思われる方たちは皆さんよくご存知のようで大きな声で歌ってくださいました。
 西條八十 作詞・古賀政男 作曲、「昭和15年2月、霧島昇の歌でコロムビアより発売されたもので、詞も曲も大変優れている歌謡曲である。戦争非常時下にかかる個人的感傷を歌うとは許し難いと情報局からクレームがついたので、コロムビアでは戦地の将兵慰問用に、殆どのレコードを送ってしまった。すると戦地から猛烈に歌われだし、内地に逆輸入のかたちで入って来た。流行歌といえども悲しみの表現そのものが禁圧され、最早悲しみを悲しみとして表現出来るのは、過ぎし幸福な日々だけであった。」と譜面に解説がありました。
 小中高と日本や世界の歴史はざっと学んだはずですが、恥ずかしながら歴史認識がしっかりあるとは言えない私です。今、歌の伴奏をさせていただく機会をたくさん持つことで、様々ことを学ぶ場ともなっています。「昔はよかった」「いや、辛く思い出したくない時代だった」等々、人によって曲によって呼び起こされる感情もいろいろだと思います。ただただメロディーをなぞって適当に和音をつけてではなく、それぞれの歌に込められた想いや歌の作られた時代の空気をも感じながら、伴奏ができるようになっていきたいものです。
 それにしても、この曲「誰か故郷を想わざる」心に沁みる曲でした。私自身、故郷を離れて30年近く。自分の意思でというより周りに流される形で上京してきて、そのまま居ついてしまいましたが、親も年老いていくにつれて自分も望郷の念を感じることも多いこの頃です。

2007年6月 7日 (木)

万里君アメリカへ!

 以前にも2度取り上げましたが、先天的な心臓の病気のため心臓・肝臓同時移植しか生きる道のない万里君。昨日はお昼のテレビニュースで万里君がアメリカへと旅立ったことを知りました。新聞の記事にもなっていました。渡米後ドナーが見つかるのを待つことになるそうです。病院への保証金などとりあえず渡米に必要な額の募金が集まったとはいえ、まだまだこの先の手術、その後の費用など不足しているそうです。昨日の歌声カフェ「空」でもお店におかれた募金箱に参加者の皆さんの善意が届けられていました。私も僅かではありますが私の気持ちを入れてきました。お店にはお母様から「今日アメリカへ出発します。」とお電話があったそうです。
 このようなことは人に強制することではないし、各々の自由意志でやってもやらなくてもいいものです。でも一人でも多くの人が例えばペットボトル一本分の金額であっても協力をすれば、それが積み重なれば大きな力になるのではないかなんて考えます。まだまだ募金活動は続くそうです。お近くで募金活動中のボランティア・スタッフの方を見かけたら、ちょっと想ってみてください。もし、これが自分の身内だったら、あるいは自分自身だったら・・・  今元気な人だっていつ難病に侵されるか分かりません。人は一人では生きられないから支えあって助け合って生きていくのだと・・・・

万里君を救う会のHPです。http://www.banrihelp.com/

2007年6月 6日 (水)

歌声カフェ「空」~ハミング効果♪

ハミングは、家族みんなが大好きな柔らかさ、大好きな香りを追求し進化し続ける柔軟仕上剤です。青空のようにすがすがしいブルーのボトルと家族団欒の温かみを表す黄色い文字がシンボルのロングセラーブランドです。(花王のHPから借りてきてしまいました。いけませんねぇ~)

 ハミングってどこかで聞いたことがあるけれど何だったっけと思って検索したら柔軟仕上剤でした。今は石鹸洗剤で洗濯をしているので使わないけれど、以前合成洗剤を使っていた頃にはお世話になったことがありました。
 と前置きが長くなりましたが、今日は歌声カフェ「空」の日でした。5月26日に開催された東大和市のハミングホールでの歌声イベントhttp://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2007/05/stop_the_drug.html)でプログラムと一緒に宣伝のハガキも配ってくださったとのことで、今日はハミング効果で少し賑やかな集まりとなりました。久しぶりにCooにお顔を見せてくださった森のくまさんロシア民謡「仕事の歌」の歌唱指導をしてくださいました。他のお客さまからの「何か歌ってください、是非!」というリクエストに応えて「千の風になって」を独唱してくださいました。ありがとうございました m(_ _)m 
 このところ疲れが溜まってしまって、今日は休もうかなぁ~なんて思ったりしましたが、やっぱり行って良かったです。楽しい3時間を過ごしてきました。音楽は人を元気にする栄養ドリンクのようなものですね♪

大塚雄一さんのライブ情報

大塚雄一さんからのライブ情報が届きましたので転載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・ ・以下転載 です・・・・・・・・・・・・・

今晩は、大塚雄一です。なんだか一足早く夏が来ちゃったような気候ですね。さて今月のライブ情報をお知らせします。

まず北海道&福島ツアーを終えて東京に戻って来たjava2<ジャバジャバ>
6月8日(金)に町田のカレーのモコモコでライブです。
カレーのとっても美味しいモコモコで、TAPとアコーディオンのライブをお楽しみください。
カレーのモコモコ:042-727-7774
小田急町田駅東口 徒歩6分 町田市役所隣

■6月19日(土)はフラメンコギターの高木潤一と宇川トリオでライブです。
国分寺gee:042-326-0770


■6月21日(木)は、またライブの本数が減る一方の<PAN CAKE
>(^o^;
吉祥寺のストリングスで、貴重なライブ!お見逃し無く!!
strings:0422-28-5035


詳細はこちらで
http://www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka

2007年6月 2日 (土)

はるもにあ・アコーディオン・コンサート

 ≪はるもにあ・アコーディオン・コンサート≫
 ~アコーディオン:牧田ゆき/ギター:大塚幸治郎~
  アルゼンチンの音楽チャマメを楽しみませんか?

■6月16日(土)
  3時~5時(コンサート) →入場料2,500円(飲物付)
  5時~7時(軽食付懇親会)→参加費1,000円
■<炭火煎珈琲はるもにあ>にて

  http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
準備の都合上、ご予約をお願いします(定員30名)

牧田ゆきさんのプロフィールやチャマメについては、こちらでどうぞ→ http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2007/03/post_ac48_1.html

 昨年まで≪かるふーる≫と同じ日に開催していたコンサートを≪はるもにあ・アコーディオン・コンサート≫として日を改めて行なうことにしました。その第一回目がアルゼンチンの音楽であるチャマメやタンゴを専門的に演奏なさっている牧田ゆきさんのコンサートです。途中、珈琲タイムを挟みますが2時間たっぷりと歯切れのよいパワフルでダイナミックなアコーディオンの音色をお楽しみいただけます。リズムをより生き生きと引き立ててくれるギターの共演者もいらっしゃいます。
 次回≪はるもにあ・アコーディオン・コンサート≫の開催は来年を予定しています。≪炭火煎珈琲はるもにあ≫で午後のひととき、コンサートとゲストとの交流の時間を楽しめる貴重な機会となりますので、お時間がございましたら是非ご一緒に楽しみにいらしてくださいませ♪

今後の予定いろいろ♪

 昨夜、いくつかイベントのご案内をいただきましたので、まとめてご紹介します。

■CAPPELLATTE-永遠につづく春-
 (アカペラ アンサンブル)
 6月9日(土)15:00開演  松明堂音楽ホール
 全席自由2500円
 詳細はこちらで→http://www.cappellatte.com/

■Bando♪アミーゴ 6th Concert
 7月7日(土)14:00開演 
 スタジオK(JR中央線 高円寺南口より徒歩6分)
 2,000円(中学生以下1,000円)飲物付き
 詳細はこちらで→「Bandoamigoconcert.pdf」をダウンロード

■みのかさご~アコーディオン夏コンサート~
 ◎7月8日(日)玉川学園サマータイム
  開演14:30 1,500円(ドリンク込)
 ◎7月22日(日)恵比寿エンジョイハウス
  開演16:00 1,000円(ドリンク別)
 詳細はこちらで→「minokasago.jpg」をダウンロード

■関東アコーディオン演奏交流会
 9月16日(日)10:00~
 板橋区立グリーンホール(旧産文ホール)
 出場者募集中! 申し込み締め切り7月31日(火)
 詳細はこちらで→「kantoako.pdf」をダウンロード

第26回“アコーディオン喫茶かるふーる”

 寝込むほどではないものの風邪気味の状態から抜け出せず、そのせいか、あるいは飲んでいる風邪薬のせいか頭がボーっとしていて、いつも以上に滑らかさに欠ける司会進行だったかもしれませんが、ご参加くださいました皆さん、どうもありがとうございました!
 昨夜の食事は≪かるふーる≫では初めてのカレー。3日位かけて作ってくださったらしく柔らかなお肉に炒め玉葱がたっぷりの、とてもおいしいカレーでした。彩り鮮やかなサラダも付いて満足満足。(Makikoさん、ご馳走様でした!)

♪ザイツのコンツェルト第3楽章(ヴァイオリン) ♪サンタルチア ♪2つのギター ♪LIMONAIRE EN FETE ♪オブリビオン ♪転がるオレンジ(アコーディオン&ギター) ♪日本の民謡メドレー(木曽節~斉太朗節~ソーラン節) ♪パリの空の下 ♪ラ・クンパルシータ ♪喜びのカンタータ ♪祖国よさらば ♪ひまわり(ピアノ)

 夜にしては参加人数が多かったので演奏時間が足りなくなるかしらと少し心配していたら「一身上の都合で・・・」と演奏を遠慮なさる方が多く、最後は珈琲片手に近くのお席の方たちで歓談しつつのお開きとなりました。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »