フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

ジャバネイロ・ライブ♪

 いつもお世話になっている「ま組」組長さんからお誘いいただき、今夜は≪ジャバネイロ≫というアコーディオンとギターのユニットのライブへ行くことになりました。

●下北沢OffBEAT http://homepage3.nifty.com/Shimokita_offBEAT/
●夜8時~
●1,000円+オーダー

●≪ジャバネイロ≫ギター:古和靖章/アコーディオン:佐々木憲
  ゲスト:中藤有花(バイオリン

※佐々木憲さんのHP:http://www.geocities.jp/swing_accordion/index.htm

かとうかなこさんラジオ出演情報♪

かとうかなこさんのスニマ企画さんからいただいた情報です。明日ラジオ出演があるそうです!
我が家ではマンション修繕工事の影響で最近ラジオがまともに入らないことが多いので聴けそうにありませんが、葉加瀬太郎さんとのトーク、楽しそうですね!

この他にも情報いろいろです。かなこさんのHPです。http://www.katokanako.com/
こちらは公式ブログです。http://blog.livedoor.jp/katokanako/

・・・・・・・・・・・・ 以下、転載です ・・・・・・・・・・・・・・

★━━ 12/1(土) J-WAVE “ANA WORLD AIRCURRENT 放送” ━━★

12/1(土) J-WAVE (東京 81.3MHz) 19:00~19:54
「ANA WORLD AIRCURRENT(ナビゲーター:葉加瀬太郎)」

 
http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

東京エリアのみです。  タイトルどおり、ANA(全日空)の番組。 葉加瀬太郎さんが、ゲストと一緒に世界を旅する という番組です。 かとうかなこ との行先は、もちろん“Auvergne via Paris”。  放送時間(出発時間)は、12/1(土) 19:00です。 お楽しみに!

2007年11月26日 (月)

12月の≪かるふーる≫

12月の“アコーディオン喫茶かるふーる”の予定です。

■12月7日(金)夜7時~9時
■≪炭火煎珈琲はるもにあ≫にて
 
http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/
■参加費1,000円(軽食・珈琲代として)
■準備の都合上、ご予約をお願いします。
 締め切り 12月5日(水) です。

今年最後の集まりですね。寒い季節ですがお店の中はきっと熱気でムンムン♪
アコーディオン以外の楽器を弾かれる方、歌のお好きな方、音楽が好きで聞くだけで、という方も遠慮なくどうぞ♪

◎“アコーディオン喫茶かるふーる”の詳細についてはこちらでごらんください。
 http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/cat4702634/index.html
 

2007年11月24日 (土)

依田プロジェクト

 今日はまた素敵な方たちと出会いました。カフェバーCooのライブスケジュール表で目にしたり、名前を聞いたことはあったものの、演奏を聴いたことはなかった「依田プロジェクト」。数週間前に家の近所でやっていた野外イベントに立ち寄ったら、たまたまこの「依田プロジェクト」さんたちが演奏していて2曲聴いて帰りました。その後「ま組」組長さんから「依田プロジェクトさんたちの病院慰問ライブの音響のお手伝いをしますが、アコーディオンとギターで2曲一緒にやりませんか」とお誘いいただき、とても興味があったので即お引き受けしました。それで今日は家の近くにある病院へ行ってアコーディオンでお手伝いさせていただいてきました。組長さんと工藤といえばこの曲という感じになってきた「花」「Going Home」を聴いていただきました。
 自分の出番は2曲だったし私は音響のお手伝いもできないので、出番以外の時間はすっかり観客になって「依田プロジェクト」の皆さんの演奏を楽しませていただきました。聴いてくださっている患者さんたちは療養病棟に入院中の平均年齢は80歳を越すのではないかという方たちだったので、その年代の方がご存知の曲が多く選ばれていましたが、どの曲もちょっとオシャレなアレンジになっていました。リーダーの依田さんが作った曲も2曲披露されましたが、とてもいい曲で心に響くものがありました。「依田プロジェクト」というのは数十名の協力メンバーがいて、ボランティア演奏活動をしているグループのようです。今日は、ギター2名、ベース1名、キーボード1名、ドラム1名、ヴォーカル2名のユニットでしたが、その都度メンバーは異なるらしいです。素敵な活動を続けていらっしゃる方々とご一緒できて、幸せな午後でした。Cooでも時々ライブをやるようなので、今度行ってみたいと思います。「依田プロジェクト」さんのHPを見つけました。
http://homepage3.nifty.com/nobonobo/00.htm
 依田さん同様、さまざまな活動を地道に続けている「ま組」組長さんも素晴らしいなぁと思います。時々お声をかけていただくことで私も見える世界が広くなっていくようで嬉しいです。
 入院患者さんたちの後ろから私はライブを見ていたので患者さんたちの様子も良く分かりましたが、皆さん感激やら感動やらでうれし涙の止まらない方や身体全体で喜びを表している方などいらっしゃって、とても喜ばれていることが感じられました。人と人のつながる温かい時間、寒い季節でも心はほかほかです♪

Cooライブ

 五十嵐さんのライブの後、家に帰って息子に夕食を食べさせてから、夜は東大和カフェバーCooで開催されたライブへ行ってきました。「本間バンド」の日ということで、Cooの常連のお客さまである本間さんとそのご家族、本間さんの知人の方たちのバンドの演奏を楽しんできました。家族の共演ではドラム&ギターのお父さま、フルート&ヴォーカルのお母さま、ベース&ヴォーカルの息子さんという形で2曲演奏されました。お父さまも息子さんも、それぞれが参加しているバンドがあり、お母さまはフルートを習い始めて一年ぐらいと仰っていましたが、家族で一緒に音楽を楽しめるっていいなぁと思いました。Cooの常連さんにはご夫婦や親子で音楽を楽しんでいらっしゃる方たちが大勢います。月に一度のCooイベントへ行くと、そういう微笑ましいご家族の方たちの演奏もたくさん聴けます。
 12月のCooイベントはCoo6周年の記念イベントです。私もアコーディオン・ソロで2曲演奏させていただきます。7時半過ぎた頃から始まるそうです。多分一番最初にやらせていただくと思うので、お暇な方は是非どうぞ! 6周年を記念しての大幅改装で、またちょっと雰囲気が変わっています。ぐっと大人の雰囲気になったかもしれません。

◆◆Coo6周年 ありがとー大感謝祭◆◆
   ●12月1日(土)夜7時半頃~?
   ●1,500円(1ドリンク付き)
   http://www.cafebar-coo.com/

2007年11月23日 (金)

五十嵐美穂アコーディオンライブ

 美しい紅葉を思わせる衣装で登場した五十嵐美穂さん。≪炭火煎珈琲はるもにあ≫でのライブは昨年12月以来とのことでしたが、会場いっぱいのお客さまを前にタンゴ「カミニート」で幕を開けました。プログラムは以下のようなものでした。

第一部:♪カミニート ♪クシコスポスト ♪ロンドンデリーの歌 ♪チャルダッシュ
第二部:♪山寺の和尚さん ♪美空ひばりメドレー ♪愛の想い ♪軽騎兵序曲
アンコール曲:♪小さい秋見つけた

 それぞれの曲の紹介や曲に対する想いを語りつつ、演奏はいつものように全て立奏でした。今年は体調が思わしくない時期もあったという五十嵐さんですが、辛い時期も乗り越えて、すっかりお元気になられて、どの曲も丁寧に、それでいてのびのびと演奏なさっていたように感じます。第二部の「美空ひばりメドレー」では「真っ赤な太陽」「お祭りマンボ」「川の流れのように」の歌詞カードも用意され、五十嵐さんご自身も演奏しながら歌われて、会場のお客様たちも一緒に楽しそうに歌っていました。歌声喫茶の伴奏などしていても私は伴奏しながら歌えないので、歌も伴奏も素晴らしい五十嵐さんの演奏に「すごいなぁ~」と聴き惚れていました。
 途中の休憩時間にはお客様でいらしていた坂本光世さんのライブ情報や≪かるふーる≫の紹介もさせていただきました。ありがとうございました。(坂本さんはご自身のライブ案内チラシに≪かるふーる≫情報も入れて作ってきてくださっていて感謝です!) アコーディオン・デュオ「みのかさご」のお二人からも、現在休止中の活動を来年春頃から再開するというお話もありました。楽しみです! 顔馴染みの皆さんにもたくさんお目にかかれて本当に楽しいライブでした。
 ライブ終了後もしばらく坂本さんや五十嵐さんとお喋りをしていたのですが、もう帰ろうかと私が立ち上がったところ坂本さんが五十嵐さんに一曲一緒にやりませんかと声をかけられて即興デュオが始まったので、私も帰るのを止めて聴き入ってしまいました。「リベルタンゴ」「帰ってきたつばめ」「スタイル・ミュゼット」「オブリビオン」と、随分と豪華なオマケを楽しませていただきました。最後まで残っていらした何名かの方たち、とっても得をした気分だったのではないでしょうか。坂本さん・五十嵐さん、ありがとうございました!(そして、こんな時にお店にいつも置いてあるビクトリアが本当に重宝します。楽器を提供してくださっているNさんにも本当にいつも感謝しています。)
 五十嵐さんの来年のご予定として5月2日(金)に「めぐろパーシモンホール」でのリサイタルが決まっているという情報もいただきました。大きな会場でのリサイタル、アットホームな雰囲気の≪はるもにあ≫でのライブとはまた一味違った演奏会になることと思います。楽しみですね♪

2007年11月21日 (水)

歌声カフェ「空」

 今日の歌声カフェ「空」は男性参加者の方が多く大きな声で歌ってくださったので、人数の割には賑やかな雰囲気でした。秋の歌を中心に、いろいろと歌い、また地域の話題などのお喋りも楽しく過ごしました。
 平日の午後の時間帯で一年と4ヶ月続けて来ましたが、毎回ご参加くださる方もいる一方で、思う程にはこの時間帯にお暇な方は多くないのではないかということで、来年からは、毎月、水曜日に一度・日曜日に一度という形に開催日が変更になります。また変更もあるかもしれませんが、今の時点での今後の予定を書いておきます。私も引き続きお手伝いさせていただく予定です。

歌声カフェ「空」~東大和カフェバーCooにて~

◆2007年12月
  ・12/5(水)午後2:00~4:00
   ・12/19(水)午後2:00~4:00

◆2008年1月
   ・1/13(日)午後2:00~4:00
   ・1/23(水)午後2:00~4:00

◆2008年2月
   ・2/10(日)午後2:00~4:00
   ・2/20(水)午後2:00~4:00

●参加費1000円(1ドリンク付き)
●ご予約不要です
●場所はこちらですhttp://www.cafebar-coo.com/

2007年11月19日 (月)

Sarasa LIVE 「止まらぬ妄想」

 素晴らしい夜でした! 福嶋亮さんと岩城里江子さんの2台のアコーディオン、後半にはゲストの嶋田吉隆さん(カホン&パーカッションいろいろ)も加わり、3人の創り出す音の世界に浸りきってしまった昨夜のSarasa LIVEでした!
 オープニングは岩城さんのオリジナル曲。9月に「罪に塗る蜜」という舞台に参加した際に作った曲だそうです。岩城さんが雪の精になってしまっていました。聴く者の心を捉えて離さない印象的な曲でした。これまでも毎回Sarasaのお二人の表現力の進歩には驚かされてきましたが、今回は過去にない位の大きな一歩を新たに踏み出したように思えました。ただアコーディオンの音がしているだけの私などの演奏とはレベルが全く違っています。音と音楽と本気で闘って創り出しているステージだと思えました。様々なジャンルの演奏の場をこなしアコーディオン奏者としての活躍を続ける岩城さんの表情には、音と音楽と真摯に向き合いつつも音と戯れている余裕がありました。お忙しい本業の傍らSarasaの活動にも手を抜かずに持てるエネルギーの全てを注ぎ込んで取り組んできたのではと思える福嶋さんの演奏にも心を打たれました。ゲストの嶋田さんは本来はドラマーさんだそうですが、今回はカホンと小物パーカッションでの参加でした。カホンだけでも豊かな表情のあるリズムを刻み出し、そこに効果的に組み込まれるパーカッション小物の音色。Sarasaのバックでリズムを担当しているのではなく、対等な立場での共演者だと感じました。素敵な方でした。いただいたプログラムが楽しかったので紹介します♪(曲目は書かれていなかったので、私の記憶で書いているので違っているものがあるかもしれません)

「止まらぬ妄想」
~そのまま駆け抜けろってば~

Sarasa 6Years LIVE
2007.11.18.(Sun.)
グレープフルーツムーン


~MENU~

●1st Stage 
Sarasaおまかせ海の幸から山の幸まで6曲盛り合わせ
地中海パルメジャーノチーズこってり風味

♪雪おと ♪クロードのタンゴ ♪レオエスタンテナムインスタンテ ♪僕が鬼 ♪サンフォーナ ♪プシュケ


●2nd Stage
シェフの気まぐれ妄想コースSarasa六彩
アヤドリエ&ryobaのカルパッチョ
ブラジルからパリまで ヨシさんどっしり風味

♪アメージング・グレース(ピアノ&アコーディオン) ♪The reeds lead reeds ♪ルパン3世 ♪ベベ ♪ゆがんだ時計 ♪花市場 ♪パリの空の下 ♪アンディフェランス(アンコール曲)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TAM(東京アコーディオンメイツ)の仲間として一緒に発表会に参加したりイベントを企画したりなどしていたSarasaのお二人の留まるところをしらない力強い歩みを見ていると心の底から喜びを感じます。これからも、ますます演奏にも表現力にも磨きをかけて活躍の場を広げていってくださいね~♪♪♪

※岩城さんは、年内もまだまだいろいろと活動が続くようです。詳細はこちらでどうぞ。
・岩城さんの活動予定など http://yaplog.jp/raku_rie/
・岩城さんのブログ http://raku-rie.jugem.jp/
・Sarasaのブログ http://yaplog.jp/sarasa-acc/
・嶋田さんのブログ http://ameblo.jp/yoshi-shimada/
・山口いづみさんのブログ http://yaplog.jp/vert_saison/monthly/200711/
 (福嶋さんがマネージャーを務める山口さんのブログに写真もアップされています!)
・福島さんが本番中に紹介してくださっていた五十嵐美穂さんのライブ詳細はこちらです
 http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2007/10/post_7dc0.html

2007年11月18日 (日)

求めない

 読んではいないのですが新聞広告を見て気になった本。

『求めない』 加島祥造
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3388706/s/

ほんの3分でも求めないでいてごらん。不思議なことが起こるから―。

求めない―すると心が広くなる
求めない―すると恐怖感が消えてゆく
求めない―するとひととの調和が起こる
求めない―すると待つことを知るようになる
 
迷ったとき、苦しくなった時、自分にっさやいてみる。「求めない」と。
                               (新聞広告より)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YAMATOさんの「Happy Birthday」という曲に似たようなフレーズがあったなぁと思い出しました。お嬢さんに向けて作られた曲なのかなぁと想像していますが、歌詞の一部勝手に抜粋させていただきます。(今回発売になったCDではなく、その前に作られたCDに収録されている曲です)

「これから君が漕ぎ出す社会に 何かを求めたら傷つくだけだから
大切なことはまず君から 取り巻く全てを愛してみること」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ついつい、特に家族には、いろいろと求めてしまいます。何かを口に出す前に3分待ってみようと思います。できるかなぁ???  それでも、今の私は以前に比べると随分口数少なくなったように思いますが・・・   ということは、昔はかなり口うるさい母親であり妻であったってことかなぁ~



2007年11月17日 (土)

黒い瞳にクラクラ~

 ≪炭火煎珈琲はるもにあ≫の歌声喫茶の司会進行及び歌のリーダーを務めていらっしゃるYさんにお声をかけていただき、立川市内の障害児福祉センターで子どもたちと保護者の方たち向けの一時間ほどのイベントに参加させていただきました。

 どの程度の障害を持った方たちが集まるかも分からない状況でしたが、手話やパーカッション用打楽器を利用し身体を動かす時間もたっぷり取った、静と動を上手に組み合わせたYさんのプログラムは、子どもたちにも保護者の方たちにも大好評で、最後は私たちも子どもたち一人一人と握手をして笑顔でお別れをしました。私のアコーディオンが少しでもお役にたったとしたら本当に嬉しい時間でした。
 障害の種類やレベルによって出来ること出来ないこと、好きなこと嫌いなことがあり、一律に皆が同じことを出来る訳ではありませんが、ちょっと恥ずかしそうにお母さんの陰に隠れているようなお子さんも含めて、皆とっても音楽が好き・楽しいという気持ちが伝わってきました。子どもたちの飾ることなく偽ることなく感じたまま思ったままに身体全体を使って表現する姿を見ると、心が洗われるような気がするとYさんも言っていましたが、本当にそうです。私は、まだまだ手探り状態で、このような活動に参加していますが、専門知識のあるYさんと一緒にやらせていただくことで学ぶことが多いです。声をかけていただける限りアコーディオン持参で今回のような集まりに参加させていただきたいなと思いました。

●今日のプログラム●

♪あいさつの歌 ♪世界中の子どもたちが ♪聖者の行進 ♪おまつりワッショイ ♪ビリーブ ♪青春アミーゴ ♪アコーディオン演奏(オーシャンゼリゼ~黒い瞳~トロイカ~ララルー) ♪千の風になって ♪グッデーグッバイ

 
アコーディオン演奏もメドレーで4曲聴いていただきました。弾き慣れた曲を選んだはずだったのに、演奏を始めたとたん目を輝かせてこちらを見てくれていた女の子の黒い瞳にクラクラしてしまいベースが迷子になってしまいました。ちょうど「黒い瞳」の曲が始まったばかりの時に(^-^)  高齢者施設では相手の顔を見ながら弾くことにも結構慣れてきたのですが、子どもの真っ直ぐな瞳で見つめられると少々動揺してしまいます(何かやましい事でもあるのかな?)。 自分も笑顔で相手の顔を見ながら、しかも余裕で弾けるようになることが夢です~ 

2007年11月16日 (金)

永別の空-YAMATO

 YAMATOさんのソロアルバム「故郷を遠く離れて」を毎日毎日聴いています。繰り返し繰り返し聴くうちにYAMATOさんの伝えたい思いがあれこれと見えてくるような気がします。私なりに曲を聴いて受け取ったものを書き残しておこうかなと思います。今日はこの曲。

●「永別の空」(わかれのそら)
 若くして亡くなった知人の女性の追悼のために作った曲だそうです。歌詞の中に「出会ったことに意味があるのならば 早過ぎる永別(わかれ)にどんな意味がある」とあります。これを耳にした時に7月に旅立っていった友人のことが思い出されて涙が出てきました。「早過ぎるわかれ」-これを避けられないものかもしれないとの思いを心の隅に抱えての彼女との年月は4年に満たないものでした。でも、この短い時間の中に彼女が残してくれた大切なもの。それは今も私の心の中に大きな場所を占めています。この歌を聴きながら、花の中に埋もれて眠っているように見えた彼女の最後の顔が思い出され悲しみが蘇ってきました。でも不思議なことに、同時に彼女が私のすぐ近くにいて見守ってくれているような感覚にもとらわれました。
 彼女と出会ったこと、そして早過ぎたわかれを私は私なりに意味のあるものとして何か形にして残したいという気持ちを、ここ数ヶ月ずっと持ってきました。YAMATOさんの「永別の空」を聴きながら、そっと背中を押してもらったような気がしています。少し時間はかかるかもしれませんが、彼女との出会いと思い出を活かすことが何か出来るような気がしてきています。

※YAMATOさんは佐渡出身のミュージシャンです。http://www.owarai-jima.jp/yamato/

2007年11月15日 (木)

☆ミュージックフェスタ2007☆

 第59回 川越市民文化祭
 ☆ミュージックフェスタ2007☆

●2007年11月24日(土)
●川越市民会館 中ホール やまぶき会館
●開場13:00 開演13:30(16:30終演予定)
●入場無料

日曜日の≪かるふーる≫にいつも参加してくださっているmurakamiさんの所属なさっている川越アコーディオンサークル「たんぽぽ」がアコーディオン合奏で参加するそうです。他にも、ギター・サークルが複数参加するようです。アコーディオンやギターの音色のお好きな方、お近くの方、いかがでしょうか?

●「たんぽぽ」さんのHPです。http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/5411/

この情報をくださったmurakamiさんから以下の情報が届いています。曲目も魅力的です!

◆交通:東武東上線、JR「川越駅」東口または西武新宿線「本川越駅」から東武バス「城西高校」または「神明町車庫」行きに乗車「一番街」で下車、徒歩5分です。駐車場が少ないです。また、周辺の道も狭いです。おいでになる際は交通機関をご利用下さい。

◆川越たんぽぽの演目は
1、ポーレ・シュカ・ポーレ(ロシア民謡)
2、ストライク・アップ・ザ・バンド(ガーシュイン)
3、リベルタンゴ(ピアソラ)

です。お楽しみに!

2007年11月14日 (水)

お座敷アコーディオン/伊藤ちか子さん

 アコーディオン奏者の伊藤ちか子さんから大変興味深いイベントのご案内をいただきました。お近くの方、お時間のある方、お座敷での正座弾きアコーディオンを楽しめる貴重な機会を楽しまれてはいかがでしょうか?

・・・・・・ 以下転載です ・・・・・

日本で洋楽器を扱う者として、やはり目指すところは風土に適応した演奏です。今回の会場は築八十年以上の民家を改装したカフェ「Boogaloo」に於いて2年間に渡りゆるりと続くイベント「OLD DAYS LOUNGE」。http://sound.jp/disconet/odl 古びた窓硝子からもれる夕暮れ時の光、DJブースは押入れ上段(!)、小さなお座敷もあります。予てからの憧れであったお座敷演奏が実現できる!と喜んでいます。日本人の美しき特性である「正座」を取り入れた奏法、正座弾きのお披露目です。半日ほど、ゆっくり秋の宵を堪能される予定でご来場下さい。

●11/25(日)13:00~21:00
●演奏は15:00前後~、17:00~の2回。
* Music Chargeはかかりません。お飲物、軽食あります。


◆Boogaloo Cafe
http://gourmet.yahoo.co.jp/0007304817/0010997037/
東京都八王子市子安町1-9-3
042-644-8516
18:00~24:00 不定休

◆伊藤ちか子オフィシャルHP
http://chikakoito.com/

2007年11月13日 (火)

メンテナンスです

11月13日(火)20:00~14日(水)10:00

ココログのメンテナンスのため、コメント投稿できなくなります。
このところ睡眠不足なので今夜は私もメンテナンスです~

地域密着型

 前からよく口にしているしブログにも書いたこともあるかもしれませんが、地域密着型アコーディオン・ライフというのが私の理想とするところです。我が家には車がないし私には体力がないことを考えると、地域でアコーディオンを弾くことが無理なく長く続けるコツかなぁと思いながらやっています。40代の今は、電車に乗って行けるところであれば、ある程度遠くても出かけていけますが、70代・80代までもし長生きできたとしたらアコーディオンを持っての遠出は大変になりそうです。身体の動く限りはアコーディオンを弾いていたいので、身近な場所で「アコーディオン弾いていただけますか?」と声をかけていただけることは、とっても嬉しいことです。
 アコーディオンを持って歩いている時に知人と久しぶりにバッタリ会って立ち話をしたことがきっかけで、来月はその方が勤める東大和市内のデイサービスでアコーディオンを弾かせていただくことになりました。私の住むマンションには自治会がなく人の繋がりがあまり強くないのですが、高齢者施設にボランティアで行くようになって自分も地域の一員として日々を生きているという実感がわくようになりました。考えてみると子どもの頃は転勤族の父親について転々としていたので一箇所に長く住むという経験は12年目となる今の場所が一番長くなりました。おばあちゃんになってもアコーディオンを持って近所の公民館とかへ行って、歌の伴奏したりしていたいなぁと、のんびりとした老後を夢見ています。

2007年11月11日 (日)

Moon of love / Sayaco Tanaka

  素敵な歌姫Sayacoさんのライブへ行ってきました。予約をした人たち一人一人へのメッセージカードや素敵な絵葉書のお土産が受付で渡され、今日のライブに込めたSayacoさんの想いを開演前に既に感じていました。
 途中休憩を挟んでの2時間ほどのライブ、透き通るような美しいソプラノの歌声をたっぷり堪能してきました。今日のプログラムは音大の声楽科出身のSayacoさんらしくクラシックの割合が多いようでした。「ま組」でご一緒する時にはクラシック曲はやらないので、本格的なクラシックを歌うSayacoさんの歌声は初めて聴いたかもしれません。「さすが!」という感じでした。ちょっとジャズっぽいものや日本の歌も、とても良かったです。曲のジャンルによって歌い方も雰囲気も違っていて、いろいろなSayacoさんを楽しむことができました。
 伴奏の大園麻衣子さん(Piano)と見田諭さん(Guiter)の演奏も素晴らしく、息もピッタリ合っていて、温かさにあふれるライブでした。
 故郷を離れて30年近いので、偶然と同郷の方と出会ったりすると本当に嬉しいのですが、Sayacoさんも私が小学生の時期の2年間を過ごした大分県日田市の出身なので、勝手に娘のような気がして大好きなのです。これからも応援し続けたいと思います♪  
 Sayacoさん、素敵なライブ、ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 そのライブ会場で以前から存じ上げている尺八奏者の真藤一彦さんにバッタリ会ったのですが、いろいろお喋りしていたら「今度、岩城里江子さんとご一緒しますよ!」と聞き、そういえば舞踏の方たちと何かやるような話を以前に聞いたなぁと思い出しました。興味のある方は詳細はこちら岩城さんのブログで!http://yaplog.jp/raku_rie/
 最近、出会いの面白さ・不思議さを感じることが続いています。岩城さんと私は出合って10年位になるでしょうか。岩城さんと真藤さん、私と真藤さんは全く別ルートで出会い、偶然に真藤さんと話していて岩城さんとも出会いがあったと聞いて驚いたのが数ヶ月前です。そして今日、真藤さんからいただいた尺八ライブのチラシを見て、またちょっと驚きがあったのですが(それは長くなるので割愛しますが)、「う~ん、出会いって不思議~」って思いました。
 そんな真藤さんの尺八ライブ12月7日(金)pm8:00~(2ステージ)、チャージ2,500円(1ドリンク付き)、新宿のスモーキンブギです。
http://smokinboogie.com/
伝統的な尺八演奏だけでなく、様々なジャンルの音楽に尺八で取り組んでいる真藤さんはこんな方です。http://veeschool.com/contents/lesson/sr_11/  ≪かるふーる≫の日と重なって私は行けませんが、ピアノやギターの方たちと共に≪尺八、雑談、ときどき歌≫という≪Take Talk≫と題するライブ、楽しそうです♪

2007年11月 9日 (金)

幸せ

 洗濯物を干しながら何気なく付けたテレビで中井貴一さんが話していました。中国で映画を撮った時の話でしたが、中国の僻地の農村での生活は電気も水もなく如何に大変だったかということを話された後、またこんな仕事のオファーがあったらという質問に、ちょっと考えて「また行くと思います、いや行かなければならないと思います」というような返答をなさっていました。過酷な状況での日々を過ごした後の自分に大きな変化があり、幸せの感じ方が変わってきたというような意味のことを仰っていました。水道水でうがいができる、お腹がすけば少し歩けば買えるお店がある、そんな些細なことでさえも幸せに思えると話されていました。
 そうなんですよね。辛い日々というのは出来れば避けて通りたいものです。でも、そこを何とか抜け出すことができれば、幸せの感じ方が変わってくるんですね。本当に小さなこと・些細なことが幸せに思えてきます。木漏れ日が美しい、せせらぎの音が耳に心地よい、そよ吹く風が気持ちいい・・・・ そんな些細なことに幸せを感じながら生きていれば、辛いことや悲しいことも、きっと吹き飛ばすことができると信じて、このブログも続けています。気がついたら、いつの間にか2年が過ぎていました。

2007年11月 7日 (水)

歌声カフェ「空」

 前回の歌声カフェ「空」はアコーディオンの蛇腹を開くことなく終わってしまったのですが、今日はしっかりと弾いてきました。が、歌詞カードと自分の使っている譜面の歌詞が異なっているのに気付いていなかったり、繰り返しの箇所がよく分からなかったり、知っていると思っていたメロディーが曖昧だったりetc.、まだまだ勉強不足です。譜面を集めるところまではしたものの、曲の構成や複数の歌詞があるものの場合どれを使っているかなど、細かいチェックが全く追いついていません。もちろん弾く方も、かなり危なっかしい状態で申し訳ない曲が多々あります。今日は、そんな曲が続いてしまって、少々反省モードで帰宅しました。
 ですが、今日はまた、嬉しい再会もありました。4月の≪立川まちおんライブ≫ http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2007/04/post_9d71.html でCooの歌声に興味を持ってくださった方が来てくださいました。半年ぶりにお会いして嬉しかった上に、私のブログを読んでくださったそうで、私が大分の出身だと知って「私も大分の出身ですよ」と教えてくださいました。国東(くにさき)の方だそうで、ハーモニカのMさんが春頃マラソンを走りに国東に行って来たということもあり、話が盛り上がりました。そのMさんは先月四国へお遍路をしに行っていらした間に撮った写真や作った曲も披露してくださいました。
 もう一つ嬉しかったことは、先回の悩み事相談室の相談者の方が、最初の一歩を踏み出しましたと笑顔で報告してくれました。http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2007/10/post_99da.html 11月末に初めての施設訪問をしてピアノ伴奏をさせていただく予定だとのことで、彼女の活動がスムーズにスタートできるように初回はお手伝いをするお約束をしました。
 アコーディオンの演奏の面では何だか調子はイマイチでしたが、人との交流の場としては充実感のある時間となりました。

◆◆今月より歌声カフェ「空」の営業時間が変わりました。第一・第三水曜日は変わりませんが、時間が午後2時~4時の2時間となりました。日が暮れるのが早くなる時期、皆さん明るいうちにお買い物などして帰宅できるようにとのことです。◆◆

2007年11月 6日 (火)

音楽が町にやってくる♪

吉澤美砂子&Friends
   ~ 音楽が町にやってくる ~

●12月3日(月)杉並公会堂小ホール
●開場PM 7:00 開演 7:30
●全席自由 当日2,500円、前売2,000円

Yoshizawa

 日曜日の≪かるふーる≫でも素晴らしいパフォーマンスで楽しませてくださった吉澤美砂子さんと、そのお友だちによるコンサートです。アコーディオン奏者の松本操子さんやサックス奏者としてご活躍の傍らアコーディオンも演奏なさるという岩佐真帆呂さんのご出演もあるそうです。≪かるふーる≫の時間帯では1~2曲しかお願いできず、いつももっと聴きたいなぁと思っていらした方も多いこととおもいます。このコンサートでは、アコーディオン大好き、自分もアコーディオンを買って始めたいと仰る吉澤さんの歌やピアノ演奏に加えて、アコーディオン奏者のみによる演奏も予定されているようです。とても楽しいコンサートになりそうです。ちょっと早めのクリスマス。お近くの方、お時間のある方、どうぞ楽しみに行かれてくださいね♪

◆吉澤さんのHP http://humming-pieko.hp.infoseek.co.jp/
◆主催のアニドウのHP http://www.anido.com/index-j.html

大塚雄一さんのライブ情報♪

大塚雄一さんから今週末のライブのご案内をいただいています。スティールパンの原田さんとのデュオ、先日見てきましたが本当に気持ちいいです。アコーディオンの音色と同じぐらいスティールパンの音色も大好きです!

** 以下、転送です **

こんにちは、大塚雄一です。すっかり秋めいて気持ちのよい季節になって来ましたね。さて、今週9日の金曜日、スティールパンの原田君とデュオのライブをやります。オリジナルを中心にお届けしますので是非遊びに来てください。場所は高円寺のこじんまりとしたカフェsabriel cafe(サブリエルカフェ)です。http://www.sabriel-cafe.jp/

■■11月9日(金)20:00開演 2ステージ■■
●2,300円プラス飲食代(別途)
●JR高円寺駅北口から徒歩5分
●チケットのお求めはsabriel cafe(サブリエルカフェ)
  03-3336-9112まで。

  お席に限りがありますのでご予約をお勧めします。

他にもライブ満載です。詳しくはこちらで!
大塚雄一ホームページhttp://www.hi-ho.ne.jp/acc-ohtsuka

☆ミュージックフェスタ2007☆

Kawagoe

 第59回 川越市民文化祭
 ☆ミュージックフェスタ2007☆

●2007年11月24日(土)
●川越市民会館 中ホール やまぶき会館
●開場13:00 開演13:30(16:30終演予定)
●入場無料

日曜日の≪かるふーる≫にいつも参加してくださっているmurakamiさんの所属なさっている川越アコーディオンサークル「たんぽぽ」がアコーディオン合奏で参加するそうです。他にも、ギター・サークルが複数参加するようです。アコーディオンやギターの音色のお好きな方、お近くの方、いかがでしょうか?

●「たんぽぽ」さんのHPです。http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/5411/

2007年11月 5日 (月)

YAMATOさんのライブ

 昨夜、≪かるふーる≫終了後の時間帯に≪はるもにあ≫でYAMATOさんのミニライブをやっていただきました。道路事情でYAMATOさんの到着が少し遅れたため、ギターのサポートで来てくださった青山さんのギター弾き語りを何曲か聴いていただき、予定時間を15分ほど遅れてライブ開始となりました。聴いてくださった皆さま、ありがとうございました!!

♪佐渡島 ♪永別の空 ♪故郷の君へ ♪夕暮れの東京で ♪月 ♪遙かなる故郷の空よ、海よ

 CD録音に参加させていただいた「故郷の君へ」「夕暮れの東京で」の他に、今回「月」という曲もアコーディオンでご一緒させていただきました。重ね録りでのレコーディングだったため一度も一緒に演奏したことがなく、昨夜が初共演でした。機械から出てくる音に合わせてアコーディオンを弾くより生身の人間と一緒に弾く方が、ずっとやり易いなと思いました。CDという形に残して何度でも繰り返して聴けるのも、それはそれで嬉しいし、生演奏で共演できるのは、もっともっと楽しいなと思いました。今回はギター2本にはアンプを繋いでアコーディオンは生音でしたが、≪はるもにあ≫の空間では音のバランスはどう聞こえていたでしょうか? 他の楽器と合わせる際のマイクの使い方など試行錯誤・暗中模索の私ですが、聴いてくださった方、もし気付いたことなどございまいたらメールやコメントいただけますと嬉しいです。
 YAMATOさんの故郷を思う優しい気持ちが伝わってきたと後でメールをくださった方もいらっしゃいましたが、15曲入りのCDを繰り返して聴いていると故郷や家族や周りの人たちへの優しい気持ちが強く伝わってきます。私は、これまでどちらかといえば音楽はメロディーやハーモニーやアレンジなどで聴いてきたので、歌詞に込められたメッセージをじっくり聴くという新たな音楽の楽しみ方を覚えました。

 ≪はるもにあ≫でのライブの後、場所を東大和カフェバーCooに移して、月に一度のCooイベントに参加しました。お店の常連客の皆さんで結成された「テケテケ隊」の元気一杯の演奏の後、2番目にやらせていただきました。「夕暮れの東京で」「月」の2曲を演奏しました。Cooでは場所が広いのでアコーディオンにもマイクを付けました。演奏の後、顔馴染みの方から「月」良かったねぇと言っていただき嬉しかったです。≪はるもにあ≫でのサポートギターが入るバージョンと、CooでYAMATOさんとアコーディオンの二人でやるバージョンと二通り考えてみましたが、どうだったでしょうか。自分でも録音して後で聴いてみようなんて思っていて、すっかり忘れていました! 譜面のないものを自分で考えて弾くという作業は「これが正解!」というものはないので、難しい反面すごく楽しいことでもあります。結局はセンスが問われるのだと思いますが、お声をかけていただくいろんな場を経験して積み重ねていくことで、少しずつでもセンスに磨きをかけていきたいです。あと、リズム感ですね、結構リズムきちっと取ることには弱いので(^-^) 

第31回“アコーディオン喫茶かるふーる”

 気持ちのよい秋の日の午後、15名の参加者で11月の≪かるふーる≫も昨日終了いたしました。漏れや記憶違いもあるかもしれませんが、皆さんの演奏曲目です。(順不同)

♪帰ってきたつばめ ♪Song for Joss ♪女学生 ♪いつも楽しく ♪スタイル・ミュゼット ♪夜霧のしのびあい ♪ジュピター ♪秋 ♪小さい秋見つけた ♪ビオレッタに捧げし歌 ♪オクラホマミキサー ♪真実のミュゼットワルツ ♪サンジャンの私の恋人 ♪テネシーワルツ ♪河は呼んでいる ♪ドミノ ♪チャルダッシュ ♪リベルタンゴ ♪ジャズサンバ(ヴォーカル吉澤美砂子さん&アコーディオン五十嵐美穂さん)  ♪小さな木の実(“かなかな”さんと五十嵐さんの伴奏で皆で合唱)

 先日ブログに書きました「アコーディオンの胸あて」も、ご自宅で作った見本を持参してくださった方もいらして、質問者ご本人がいらしていたので試用していただきましたし、他にも何人かの方からアドバイスをいただきましたので、きっとご自分で工夫して使いやすいものを作られることと思います。ご協力いただきました皆さま、ありがとうございました。古いアコーディオンや小型のアコーディオンには付いていないものが多いと聞きました。私が初めてアコーディオンを買ったのは1994年でした。その頃には多くの楽器に胸あてが付いていたのかもしれませんね。
 ナヴィガトーレさんからはリシャール・ガリアーノさんが若い頃のCDを紹介していただきました。ヴォーカリスト・ピアニストとしてプロ活動なさりながらもアコーディオンへの熱い思いをお持ちで≪かるふーる≫にも時々参加してくださっている吉澤美砂子さんは今回は歌に専念しますとのことで五十嵐美穂さんに伴奏を頼まれて、お二人で「ジャズサンバ」を演奏してくださいました。五十嵐さんの今目にしたばかりの譜面を弾きこなす音楽家としての基礎力にも頭が下がりましたし、いつも会場を巻き込んで楽しませてくださる吉澤さんのエンターテイナーとしての力量にも感服しました。
 そんな素晴らしい演奏家であるお二人のライブのお知らせもいただきました。

●11月23日(金・祝)五十嵐美穂アコーディオンライブ 
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2007/10/post_7dc0.html

●12月3日(月)
 吉澤美砂子&Friends 「音楽が町にやってくる」

 後日、このブログでも紹介する予定ですが、吉澤さんのHPを教えていただきましたので、こちらで詳細をご覧いただけます。アコーディオン奏者の共演があります。http://humming-pieko.hp.infoseek.co.jp/

 他にもいくつかご紹介したいイベントがありますが、日を改めてアップします。

2007年11月 3日 (土)

ウィンドフォール/奈加靖子

  アイルランド音楽に魅了された、
    元タカラジェンヌ41才のデビュー!

Wind fall ウィンドフォール/奈加靖子 with  フレア

 アコーディオンがご縁で知り合った女性がCDデビューしました。以前「音楽共和国」というラジオ番組のパーソナリティーをなさっていた時に知り合って以来、ライブやミュージカル出演のご案内をいただくと、都合のつく時には出かけて行くというお付き合いを続けていました。昨年、私が≪炭火煎珈琲はるもにあ≫でチャリティー・イベントを催した時には彼女の方からも悪天候の中、来てくださいました。歌も踊りもとてもお上手で素敵な彼女から「CDデビューすることになりました。」と連絡をいただき、早速CDを手に入れて聴いてみました。
 アイリッシュが好きだと前から仰っていて、一時は小型のアコーディオンをライブに用いていたり、アコーディオン奏者もメンバーに入ったバンドで活動なさっていたりしました。そんな彼女のファーストCDは、やはりアイリッシュが中心ですが、「千の風になって」「さとうきび畑」など日本の曲も入っています。初めて会った時に聴いた澄んだ歌声は今も変わっていません。丁寧に一つ一つの言葉を大事に歌っています。「同世代の人びとに生きる喜び、夢を持つ喜びを伝えたい」という彼女の新たなスタートを心から応援したいと思います。

●こちらのサイトで試聴もできます:
http://mediamax.sumiya.co.jp/review.asp?cd=DXCL111
●私たちの出会いの思い出:http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/04/post_8459.html

2007年11月 2日 (金)

11月の≪かるふーる≫

 11月4日(日)の≪かるふーる≫には14名のご予約をいただいています。毎回の常連の方、お久しぶりの方、初参加の方、それぞれに楽しい時間をご一緒できればと思います。私の方から配布予定のチラシもありますが、お教室やサークルのイベントなどのチラシその他も、ご遠慮なくご持参ください。

 ≪かるふーる≫終了後、5時半~6時に予定されていますYAMATOさんCD完成記念ミニライブも、お時間の許す方はどうぞ聴いていらしてくださいね(無料です)。YAMATOさんのサポートにギターの方がもう1名来てくださることになりました。私も2曲アコーディオンを弾かせていただきます。一曲は、今回のCDには入っていない『月』という曲をやりますが、これが本当にいい曲です! 初めて聴いた時に「いいなぁ」とは思ったのですが、自分でちょっとメロディーを弾いてみようと思ったら♯4つのキーでした。その時は、そのまま放ってしまったのですが、今回「この曲を3人でやりましょう」ということになり、気合を入れて譜面を起こしました。アコーディオンを効果的に入れられるでしょうか。バンドでアコーディオンを弾くときにも、いつも「こんな感じでいいのかなぁ?」と迷い迷いやっていますが、聴いてみてご感想・アドバイスなどいただけますと嬉しいです。

2007年11月 1日 (木)

悲しき口笛♪

 月に一度の定例の高齢者施設訪問日。今月の新曲は「悲しき口笛」。タイトルを聞いても何も思い浮かばず、譜面をいただいて見ても、全く聞いた覚えがない。昭和25年の松竹映画「悲しき口笛」の主題歌らしいです。美空ひばりさんが歌ったそうです。
 思った通り、知らないのは私だけで、施設の皆さんは、ちゃんとご存知でした。先月の新曲「人生の並木道」「旅の夜風」も良かったけれど、「悲しき口笛」もなかなかいい曲でした。
 デイサービス&特養施設の2時間、最近は体力温存法を身につけて(最初から力一杯やらない!)、終わった後にふらふらしなくなりました。(というか、その後、夕方から仕事なので、体力を残しておかないと仕事になりません~)

今日のメニュー:
♪紅葉 ♪赤とんぼ ♪故郷の空 ♪あの町この町 ♪里の秋 ♪叱られて ♪月の砂漠 ♪庭の千草 ♪故郷の廃家 ♪荒城の月 ♪古城 ♪旅の夜風 ♪湖畔の宿 ♪影を慕いて ♪柔 ♪リンゴの歌 ♪知床旅情 ♪船頭小唄 ♪長良川艶歌 ♪青い山脈 ♪南国土佐を後にして ♪高原列車は行く ♪悲しき口笛 ♪ドミノ ♪オーシャンゼリゼ ♪パリの空の下(最後の3曲はアコーディオン演奏、他は歌の伴奏です)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »