フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« Moon of love / Sayaco Tanaka | トップページ | メンテナンスです »

2007年11月13日 (火)

地域密着型

 前からよく口にしているしブログにも書いたこともあるかもしれませんが、地域密着型アコーディオン・ライフというのが私の理想とするところです。我が家には車がないし私には体力がないことを考えると、地域でアコーディオンを弾くことが無理なく長く続けるコツかなぁと思いながらやっています。40代の今は、電車に乗って行けるところであれば、ある程度遠くても出かけていけますが、70代・80代までもし長生きできたとしたらアコーディオンを持っての遠出は大変になりそうです。身体の動く限りはアコーディオンを弾いていたいので、身近な場所で「アコーディオン弾いていただけますか?」と声をかけていただけることは、とっても嬉しいことです。
 アコーディオンを持って歩いている時に知人と久しぶりにバッタリ会って立ち話をしたことがきっかけで、来月はその方が勤める東大和市内のデイサービスでアコーディオンを弾かせていただくことになりました。私の住むマンションには自治会がなく人の繋がりがあまり強くないのですが、高齢者施設にボランティアで行くようになって自分も地域の一員として日々を生きているという実感がわくようになりました。考えてみると子どもの頃は転勤族の父親について転々としていたので一箇所に長く住むという経験は12年目となる今の場所が一番長くなりました。おばあちゃんになってもアコーディオンを持って近所の公民館とかへ行って、歌の伴奏したりしていたいなぁと、のんびりとした老後を夢見ています。

« Moon of love / Sayaco Tanaka | トップページ | メンテナンスです »

コメント

●てるおさんへ:
てるおさんの広島でのご活躍ぶり、素晴らしいなぁといつも楽しくブログを拝見しています!
アコーディオン人口はピアノやギターやバイオリンなどに比べるとずっと少ないから、自分にやる気さえあれば、結構いろんなところからお声がかかりますね。いろんな楽器や歌の方たちと一緒に音楽を楽しみつつ、地域活動にもお役にたてれば、こんないいことはないですね♪
私もそうですが、てるおさんもきっとアコーディオンを弾いていることで、病気も吹っ飛んで免疫力大幅アップとなっていることと思います。ライブ、頑張ってくださいね!!!

地域密着型アコーディオンライフって、全く同感です。
重いアコを徒歩と電車・バスでは、遠方だと辛いですね。

九州の福岡へエキセルシャーの#911をソフトケースに入れて新幹線で行った時は、大変でした。
新幹線車両の通路にアコを置いていたら、車内販売の手押し車が通らなかったりで抱えあげたり、駅の階段やトイレでは狭い階段があったりして大きくて重い手荷物アコは大変でした。
遠いところは車が良いなぁと思ったです。

僕はアコーディオン演奏は我流なので正しい形での演奏力はありませんし、未だに独奏は限られた優しい曲以外はダメです。
そんなレベルでも沖縄三線サークルの皆さんに誘って頂き、皆さんと一緒に高齢者施設の訪問演奏に加えて頂いたり、大きなステージやフロアーのライブに参加させて頂いて、とても楽しいアコーディオンライフを送らせて頂いてます。
胃が無くなって体力は落ち、指も痛くなったりしているので、いつ頃までアコーディオンが弾けるのかな、と言う心配はありますが、今をしっかり楽しんでいます。
年末までに、4回ライブが入っていて、まだ加わりそうです。
自宅近くの平安閣で行われるロータリークラブのイベント出演はドキドキものです(汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Moon of love / Sayaco Tanaka | トップページ | メンテナンスです »