フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« ゴミ投げる人々 | トップページ | 春を呼ぶコンサート♪(再掲載) »

2008年2月28日 (木)

見晴茶屋の歌声

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2008/01/post_c577.html
上記投稿記事にてご案内しました『見晴茶屋の歌声』ですが、4月から定期開催が決まっているそうです。初回は4月12日(土)。ご案内くださったfujimoさんからのお知らせを転載させていただきます。興味のある方は、お待ち合わせして一緒に行きましょうとのことです。fujimoさんは3月2日の≪かるふーる≫に顔を出してくださるそうなので、行ってみたい方は直接お話ができるかもしれません。
・・・・・・・・ 以下転載です ・・・・・・・・・・・・

≪見晴茶屋の歌声≫
●日程は4月12日の第2土曜日
●費用は、夕朝食込みで6000円です。持ち込みOKです。
●雨具とヘッドライトはお忘れなく
●待ち合わせ場所は、渋沢駅北口の階段下のバス停2番で待っています。
●3時18分発で行けたらと思っています。


■「新ハイキング」という山の雑誌に赤川さんという方が投稿して載りました。
見晴茶屋の歌声の雰囲気が伝わるのでそれを紹介します。

「丹沢に響く歌声」
 丹沢、大倉尾根にある見晴茶屋は、大倉バス停から徒歩1時間弱。ここでは年に数回「山の歌を唄う会」が催されています。
 青春の残り香のする思い出の山の歌、唱歌、フォークソング、ロシヤ民謡など、酒を飲みつつアコーディオンの調べに乗って仲間達と唄いまくると、多いに盛り上がり、楽しさに夜のふけるのも忘れてしまいます。下界と山小屋とでは歌に味わいの変化があるようです。
 この会で、取っておきの歌はなんといっても「松電バスの歌」でしょう。歌詞が歌詞なので、CD化できないが故に、その愉快さ楽しさは格別。皆ヤンヤの喝采です。
 明日の山行で早寝をするのが常識の山小屋にあって、こういう小屋があるのも悪くないでしょう。
 山に登るための山行が当たり前なら、飲み唄うための山行もまた、ありです。でも、翌日は真面目に塔ノ岳まで頑張りましょうね。

« ゴミ投げる人々 | トップページ | 春を呼ぶコンサート♪(再掲載) »

コメント

●赤川さんへ:
初めまして。山の歌声の楽しい様子が赤川さんの文章からよく伝わってきます。雑誌の記事の引用とのことで、一応情報提供してくださったFさんには問題ないか確認していただいて、このブログで紹介させていただきました。いつになるか分かりませんが、私も一度は遊びに行ってみたいと思っています。その時には、どうぞよろしくお願いします m(_ _)m

まさか、こんな所で(失礼)私の書いた文章を
発見するとは思ってもみませんでした。
4月は都合で行けませんが、
6月には行くつもりです。
お会いできればいいですね。
何たって山での歌声は楽し~いですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴミ投げる人々 | トップページ | 春を呼ぶコンサート♪(再掲載) »