フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 変わりゆく街 | トップページ | 街の人 Close Up-杏子さん »

2008年6月30日 (月)

♪ヴィオラ&アコーディオン ライブ

 昨夜は生憎の雨でお客さまも少ないライブではありましたが、個人的には顔馴染みの方ばかりの中でリラックスして演奏ができました。共演のヴィオラのAさんは知り合って3週間位、ヴィオラとアコーディオンでライブやりませんかと声をかけていただいたのが1週間位前。普通に考えたら「即お断り」のお話なのですが、ライブ会場であるカフェバーCooはこれまで何度も演奏させていただいている場所だし、ヴィオラの音色とアコーディオンの組み合わせで何曲か演奏できるというのは、ちょっと魅力的なことに思えました。曲目を決めて譜面をお渡ししたのが金曜日の夜、それで日曜日の夜にはライブという強行日程でしたが、とても気持ちのいいデュオ演奏を楽しむことができました。そして、≪かるふーる≫でもお馴染みのtakahide君も聴きにきてくれるというので、それならば是非一緒にとお誘いして2曲はトリオで演奏しました。あと、昨夜のメインのユニットである『はるいち』のサックス奏者:宇津木さんにもお願いして1曲加わっていただきました。いろいろな形でアンサンブルを楽しめてラッキーでした。

♪街角 ♪The Keys of heaven/シチリアーナ ♪Sound of music ♪水色のワルツ ♪バッハの無伴奏チェロ組曲 第一番(ヴィオラ・ソロ) ♪ヘンデルのラルゴ[オンブラマイフ](ヴィオラ・ソロ) ♪Over the rainbow ♪さびしいアコーディオン(ヴィオラ・ソプラノサックス・アコーディオン) ♪Por una cabeza 首の差で ♪君をのせて(ヴィオラ・ギター・アコーディオン) ♪今日の雨(ヴォーカル:takahide君 & ギター・ヴィオラ・アコーディオン)

spade「水色のワルツ」 パリ国立音楽院に留学経験のある高木東六さんの美しいワルツ。1950年の作品ですが、今でも古びた感じのしない曲だと思います。昨夜会場にいた人の中で知っていたのは私と50代の女性の二人のみでしたが! ヴィオラの切ない音色にピッタリだと思って選んでみました。

club「さびしいアコーディオン」という曲はJAA会報に掲載されていた譜面を利用して時々アンサンブルを楽しんでいるのですが、歌詞がついている曲で次のサイトでロシア語で歌っているのが聴けます。加藤登紀子さんがレコーディングもされているそうです。最近とってもお気に入りの曲です!http://byeryoza.com/topic/log2005/garmoni.htm
今回は4コーラス繰り返しソプラノサックスのカッコいいアドリブも入れていただきました!

heart「今日の雨」 これはtakahide君のオリジナル曲。タイミングよく雨の夜となりましたが(笑)、雨を嫌なものととらえずに、「雨降って地固まる」という感じの前向きな詞の内容が大好きです。家で些細なことで家人と口喧嘩などした後には、この詞を読んで心静めています(^-^)

diamond切ない響き: これまでヴィオラという楽器に馴染みがなく知らなかったのですが、ヴァイオリンを少し大きくしただけの楽器かと思ったら、そうではなくいろいろと異なる面もあるそうです。特に音色は単純にヴァイオリンを5度下げた音域という訳ではなく、音質そのものが異なるのだそうです。聴きにきてくださっていた方が「とっても悲しく切ないような音色に聞こえたのですが・・・」と感想を言ってくださったところ、Aさんは「そう言っていただくと、とても嬉しいです!」と応えていたのですが、ヴィオラの曲にはエレジー(哀歌)が多いのだとか。ヴィオラを明るく響かせて弾くことは上手な弾き方ではないそうです。そういえば、昨夜ご一緒していただいた曲の中でもマイナーの曲はよりしっくりときました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『はるいち』ライブも、たっぷりと楽しませていただきました。
ピアノ弾き語りのはるかさんと、ソプラノサックスの宇津木紘一さんのデュオです。はるかさんの「はる」と紘一さんの「いち」を組み合わせて『はるいち』というユニット名になったようです。「NHKみんなの歌」系のオリジナル曲を目指してますという はるかさんのオリジナル曲、なかなか楽しいものでした。オリジナル曲もカヴァー曲も、すてきなアレンジで聴かせていただき、はるかさんの歌声もいろいろと表情を変え、心地よく耳に残りました。宇津木さんのサックスは「ま組」でもご一緒しているので素晴らしいことは既に知っていたのですが、昨夜は1曲ピアノも披露してくださいました。ピアノの腕前もなかなかです! (次は宇津木さんの歌声も聴きたいなぁなどと思っています)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 今回のように、あまり緊張せずに楽しみながら新しいことにチャレンジする場を与えていただけることは、本当にありがたいことです。新たな出会いやライブのお誘いのタイミングが上手く一致して実現した昨夜のライブでしたが、こんなマジックを生み出してくれる≪炭火煎珈琲はるもにあ≫やカフェバーCoo、そこに集う方たちに感謝感謝です!

« 変わりゆく街 | トップページ | 街の人 Close Up-杏子さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変わりゆく街 | トップページ | 街の人 Close Up-杏子さん »