フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« ♪真藤さんバースデーライブ | トップページ | 立川大人バンドフェスティバル2008 »

2008年6月 1日 (日)

気配!

 今日は家の近所の公民館で開催された「ヒトも生きている! ブタも生きている!!」(東大和子ども劇場主催 生き方講座 その2)というのに行って来ました。何と、いつもバンド活動でお世話になっている「ま組」組長さんが講師でした。
 パソコンを経由してスクリーンに映し出される映像をバックに、組長さんの波乱に富んだ人生を語りつつ、大学院で専門的に研究していたというブタさんの話をたっぷり。それから理科実験授業の体験もさせていただき、思っていた以上に面白く楽しい時間でした。休憩の後、いろんな顔を持つ組長さんのギタリストとしての姿も披露するという流れになっていて、今日は「ま組」メンバーのうちサックスの宇津木さんと工藤でお手伝いさせていただきました。
 「ま組」の活動では、このところサックスが活躍してくれるようになり、私も少し頭を使わなくてはと思うようになりました。宇津木さんはジャズをやる方なので、どんな曲にでもカッコいいフレーズを乗せてくれるのです。そういう方と一緒にやる際に、基本的には決まりきったことしか出来ない私のような人間は、もう少し融通がきくようにならなくてはいけないなぁと感じています。元々はギター・パーカッション・アコーディオンでやっていた曲にサックスが加わるような場合、ぶっつけ本番だと、アコーディオンとサックスが同じ場所で同じようなことをやっているというようなことが時折起きます。それで、今日は相手の気配を感じる努力をしてみようと思いました。こういうことは、まだまだ初心者なので一気に上手くできるようにはなりませんが、前回の時よりは少しコツが分かったような気がしました。宇津木さんは私の何十倍も上手な方なので、譜面も見ていないのに、しっかりアコーディオンやギターのフレーズを聴きながら相手が入ってくるタイミングも計りながら、ぶつからないようにと考慮なさっているように思いました。
 昨日、岩城さんのアコーディオンと真藤さんの尺八の即興演奏を見ながらも感じていたのですが、上手な方達の即興アンサンブルは互いに相手の気配を感じながら自分の出方を考えているようだなぁと思います。真藤さんは、ほとんど視力のない方なので、アイコンタクトなども出来ないし、どうやってあんな即興演奏が可能なのだろうと不思議に思いました。今日の宇津木さんも、アコーディオンの斜め前辺りに立っているのでアコーディオンや私の顔は見えていないはずです。でも、相手の気配や呼吸を感じながら、いい演奏を作り上げていこうとしているのかなと思いました。
 今日、私が一緒に演奏したのは2曲だけでしたが、いろんな経験をさせていただける「ま組」での活動、楽しく又ありがたいものです! そして、このところ、いろいろな方からアンサンブルに誘っていただく機会が多くなっているので、相手の気配を感じながら余裕のある演奏ができるようになっていきたいなと思います!

« ♪真藤さんバースデーライブ | トップページ | 立川大人バンドフェスティバル2008 »

コメント

●ま組さんへ:
いつものことながら、楽しませていただいてます!
今回、演奏も楽しんでましたが、トークや実験、面白かったです~
理科実験も、あんな風だったら子どもも楽しいですよね!

いつものことながら、本当にありがとうございます。

好き勝手にやっている僕をちゃんとサポートしてくださり感謝です。

これからも見捨てないでね。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ♪真藤さんバースデーライブ | トップページ | 立川大人バンドフェスティバル2008 »