フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

JAAアコーディオン サマー・ワークショップ2008

 3日連続で開催された『JAAアコーディオン サマー・ワークショップ2008』。私は今日の『ラース・ホルム公開レッスン』『ラース・ホルム・セミナー』の二つのイベントにしか参加できませんでしたが、全イベントに参加なさった方も多かったようです。とても素晴らしいイベントでした。企画や運営に関わられた皆さまやボランティアでお手伝いなさっていた皆さまに感謝したいと思います。もちろんラース・ホルムさんやトークゲストとして参加なさっていたcobaさんにも!

flagラース・ホルム公開レッスン
(ジュニア/シニア/アンサンブル/中・上級)

10年以上前になるのでしょうか、以前に東京で公開レッスンをなさった時にも見にいったので、ラース・ホルムさんのレッスンの素晴らしさは知っていました。今回は、子どもたちの指導でも定評があるというラースさんのジュニアの部の指導の仕方に特に興味がありました。ユーモアを交え実演もたくさん交え、分かりやすい指導で、アコーディオンを始めてまだ一年も経たないという子どもさんたちへの指導も参考になることが沢山ありました。このところ自分自身が必要にかられて数をこなすことに追われて基本をすっかりおろそかにしているという反省の気持ちが強くあったので、子どもたちへの言葉の一つ一つを自分自身への言葉だと思って受け取りました。ジュニアの受講者の皆さんも、それぞれにいい演奏をされていましたが、シニア/アンサンブル/中・上級の各部門の受講者の皆さんは昨日行なわれた公開レッスン(日本人講師の先生方によるレッスン)の受講者の中から選ばれた方たちということで、皆さん本当に素晴らしい演奏でした。それらの非の打ち所ないと思える演奏もラースさんのアドバイスで更にレベルアップしていく、その様を見ることはまた、とても勉強になりました。レベルに関わらず優れた指導者によるレッスンを見せていただくというのは貴重な学びの場だと思います。このような機会が頻繁にあると嬉しいなと思います。

flagラース・ホルム・セミナー(トークゲスト:cobaさん)
「スカンジナビアのアコーディオン音楽の歴史」

cobaさんの音楽に影響を受けてアコーディオンを始めたという若い方も多いことと思いますが、そのcobaさんがゲストとのことで会場は一杯になっていました。ラースさんが持参された貴重な音源や映像資料を交えてラースさんとcobaさんのトークで、たっぷり2時間。なんと贅沢な時間だったことでしょう! 資料はcobaさんも聴くのも見るのも初めてというような本当に貴重なものばかりだったようです。cobaさんの演奏は残念ながらありませんでしたが、ラースさんのフリーベース・アコーディオンのよる演奏はいろいろと聴くことができました。指導者としても演奏者としても、そして多分一人の人間として本当に素晴らしい方なのだろうなと思いました。最後の質問コーナーで「アコーディオンを学ぶ上で大事なことを一つあげると?」というような趣旨の問い対し「自分の音を良く聴くこと」と答えていらしたように思いますが、これも自分自身に対して言われたことと思い肝に銘じて日々の練習に励みたいなと思いました。このところ意識して自分の音を聴くように努めてはいるのですが、このことを忘れてはいけないのだなと再認識しました。それから他の楽器と一緒に演奏することの大切さも説かれていました。これも、自分自身、他の楽器や歌の方と一緒にやる機会が増えて強く感じることですが、一人でやったりアコーディオンだけでアンサンブルしているのでは気付かない様々なことに目が行くようになり、アコーディオンという楽器をより魅力的に奏でるにはどうしたらいいのかなと下手は下手なりに考えます。いろいろな機会をアコーディオン上達の近道と思って、バンド活動や歌の方のサポートなど、お声をかけていただくチャンスは最大限に生かしつつ、これからも少しでもいい音が出せるように頑張っていきたいなと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 有意義に過ごすことが出来た日曜日でした。また明日からの日々を元気に過ごすパワーもいただけたようです!

2008年8月30日 (土)

ガリアーノさんラジオ出演?

今 NHK FMラジオを聴いていたら8時頃からフランスのアコーディオン奏者リシャール・ガリアーノさんのユニットのライブが放送されるように言っていた気がします。間違っていたら すみません。「今日は一日 東京ジャズ三昧」という生放送番組のようです。
取り急ぎ 携帯から投稿です。フレンチ・ジャズのお好きな方には お薦めです。

9月の≪かるふーる≫

 来月、9月7日(日)の“アコーディオン喫茶かるふーる”のご案内です。今日現在のご予約は15名です。初参加の方も何人かいらっしゃいます。またお仲間が増えそうですhappy01

●ミニミニライブ(無料)←注目!!!
 1:30~2:00
 今回は池内光子さんによるライブです。石川町Tapでの坂本光世さんのライブの折にも終演後に演奏を披露されて好評だったと聞いています。
お楽しみに♪

●“アコーディオン喫茶かるふーる”(珈琲代cafe600円)
 2:00~5:00(時間内の出入りご自由です)

※準備の都合上、ご予約をお願いします。
eri-kudo2005fevrier@nifty.com

♪田ノ岡三郎さんのライブ情報

 田ノ岡三郎さんから来週火曜日のライブ情報をいただいていますので転載させていただきます。その他の情報も満載の田ノ岡さんのHPもどうぞ!

・・・ 以下転載です ・・・

関西を拠点に、独特の音楽世界を展開中のアコーディオニスト・神出さんと蛇腹2台によるジョイントライブを行います。よろしかったら是非遊びにいらして下さい。田ノ岡三郎

★9月2日(火)
田ノ岡三郎acccordion solo
with神出高志(accordion,from奈良)

http://www.kamide.net/
@中野ブライトブラウン
http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/
(080-3024-4685)にて。
☆JR中野駅北口サンモール商店街コージーコーナー 右折した左側2軒目☆
20:00~2stage入替なし \1000
※今回は予約不要です。先着順のご入場となります。
(開場19:00)
20:00~田ノ岡三郎solo
21:00~ゲストコーナー&セッション
22:00頃 終演予定
=============
田ノ岡三郎  accordion
※晩夏~初秋のスケジュールetc、以下HPにアップしています!
http://www.fieldbig.co.jp/sabu/

坂本光世さんライブ@Coffee Spot Life

 昨夜、cafe武蔵中原Coffee Spot Lifecafeで開催されたheart坂本光世さんのソロライブheartに数曲デュオで参加させていただきました。お店のHPの写真で見た印象そのままの飾らない優しいマスターと温かい雰囲気の、噂通りのとっても素敵なお店でした。
 夕方まで晴れ間も出たもののライブ開始直後からrain雷雨thunderになるという不安定なお天気の中でしたが、坂本さんのファンの方がたくさん集まって、とてもいい感じのライブとなりました。ブログを見て来てくださった≪かるふーる≫仲間の方たちもいらっしゃいました。ありがとうございました m(_ _)m
 坂本さんのソロ演奏を聴いて、いつも感じるのはアレンジの面白さです。独自の切り口で工夫をしてあって、「そうか、こんな風にしても面白いなぁ、楽しいなぁ~!」と参考になることが沢山あります。自分のレパートリーでもある同じ曲を坂本さんの演奏で聴くと、数倍良く聞こえて自分で弾くのが嫌になるぐらいですが、そういう刺激をいただいてまた自分のアレンジにももう少し工夫を加えようかなと思ったりします。ファンの方からのリクエストに応えての曲やチャレンジ中の曲というのも含めて、坂本さんのソロ・アコーディオンの世界を、たっぷりと楽しませていただきました。

noteラ・クンパルシータ、ノルウェーの森、群集、枯葉、ムーラン・ルージュの唄、ティコティコ、アクアレリ・クバーニ、バラ色の人生 etc. (もっとあったと思いますが、今思い出せた坂本さんのソロ曲です。記憶違いもあるかもしれません。)

 そして各ステージの最後にデュオで数曲をご一緒させていただきました。私の力量だと短時間のリハーサルでピタッと合わせるのは難しいので坂本さんにはご迷惑かけていることと思うのですが、回を重ねるごとにますますデュオが楽しくなっています。「本番をたくさん経験して身に付くこと」というのを大切にしたいと思います。失敗を恐れて家で一人で弾いているよりも、お客さまに聴いていただくことで学ぶことがたくさんあります。それはソロでもデュオでもアンサンブルでも同じだなぁと思いました。私に、このような機会を与えてくださる坂本光世さんには本当に感謝です。いつも、ありがとうございます!

noteアニバーサリー・ソング、Rain a sup、天使の飛行、Por una cabeza、華麗な逃げ切り、帰ってきたつばめ(デュオ演奏曲)
note浜辺の歌、高校三年生(皆で歌いましょうコーナーでデュオで伴奏)

 会場のCoffee Spot Lifeは≪炭火煎珈琲はるもにあ≫に似た雰囲気を持つお店でした。JR南武線・武蔵中原駅を出て信号を渡るとすぐの場所にある喫茶店ですが、週末(金・土)の夜にはライブがあるようです。お近くの方、一度行かれてみるといいですよ。お薦めのお店です。私も是非また行きたいなと思います。何だかホッとする居心地のいいお店でしたhappy01

flag武蔵中原 Coffee Spot Life
HP http://www2.tba.t-com.ne.jp/cslife/

大雨・雷雨・浸水etc

 我が家は幸い水の害に会う心配はない土地にありますが、このところ続いている雷や大雨による被害や交通機関への影響のニュース、気にかかります。≪かるふーる≫の常連の方からも雷雨の影響で電車が動かなくなり「陸の孤島」になっていますとのメールをいただきました。私も、このところアコーディオンを持って出かける度に雨が降っていますが、早くこの不安定な天候から抜け出して欲しいですね。
 大雨や雷による被害や影響を受けた皆さまにはお見舞い申し上げます。

2008年8月28日 (木)

♪アコーディオン・サマー・コンサート

 既にご紹介していますが、明日からJAAアコーディオン・サマー・ワークショップが始まりますね。初日の明日は、7月の≪かるふーる≫に参加してくださった峯島さんもファミリーで出演なさるコンサートです。お近くの方も、そうでない方も、お時間がありましたら是非行ってみてくださいね! 峯島さんと同じサークルのmurakamiさんからの情報によると、小学生のお二人も含めて素晴らしい仕上がり具合だそうです。私は先約があり残念ながら行けないのですが、夏休みの最後を家族で楽しむコンサート、いいですね♪

 30日、31日のイベントにも≪かるふーる≫にご縁のある方が多く出演なさるようです。私は31日は一日会場で過ごす予定にしていますが、とても楽しみです。会場で見かけたら声をかけてくださいねhappy01

・・・・ 以下 再掲載です ・・・

≪かるふーる≫初参加で来てくださった方のお一人はアコーディオンサークル「たんぽぽ」に所属なさっている峯島さん、遠く熊谷から来てくださいました。8月にはJAAアコーディオン・サマー・ワークショップの一環として開催される「アコーディオン・サマー・コンサート」にファミリーで参加されるとのことでチラシも持ってきてくださったので、ご紹介します。

Summerconcert1_2 Summerconcert2_2  ゲストにスウェーデンから来日されるラース・ホルムさんをお迎えしての素晴らしいコンサートとなりそうです。埼玉県熊谷市にある≪熊谷文化創造館さくらめいと≫が会場です。最寄り駅はJR高崎線 籠原駅(南口)から1kmとのことです。11歳の男の子二人を含む二組のファミリーが出演するコンサート、家族皆で楽しめるものとなりそうです。さらにラース・ホルムさんの演奏も楽しめるとなると、お近くの方も、そうでない方も、お時間があれば行く価値は充分ありそうです。

spadeアコーディオン・サマー・コンサートspade
flag8月29日(金)18:30開演
flag熊谷文化創造館さくらめいと 月のホール
flag大人2000円 小人1800円 親子3500円

 この「アコーディオン・サマー・コンサート」を含む夏のJAAイベント『JAAアコーディオン・サマー・ワークショップ』の詳細はJAAホームページでご覧になれます。
http://www.npo-jaa.jp/

※上記チラシの全体を見たい場合は右クリックで「リンクを開く」を選択すると見られると思います。

2008年8月27日 (水)

フォークの神様-岡林信康

 恥ずかしながら、岡林信康という方を今まであまり知りませんでした。昔『フォークの神様』と呼ばれていた方だそうです。最近テレビで見て、何だかとても惹かれました。ちょっと気になる人の一人になりそうです。
 高石ともやさん(この方も知らなかった!)という歌手に影響を受けて歌を作り始めたと岡林さんが言っていたので、高石さんてどんな方かと思ってプロフィールを見てみたら『想い出の赤いヤッケ』で1966年にデビューした方でした。『想い出の赤いヤッケ』は歌声カフェ「空」の歌集にも入っていて、最近覚えた曲でした。
 歌と歌の作り手や歌い手、その歌の生まれた時代背景など、いろいろと結びついてくると、また一段と興味が広がって面白いですね。

 高石ともやさんのHPには素敵な言葉が書かれていました。
http://www.geocities.jp/takaisi_tomoya/

 人生には暗い一面と輝く一面と
  いつでも二つの面がある
でも明るい方を見ようと努力すれば
 太陽はきっと君を抱いてくれるよ

   (高石ともやさんのHPより)

2008年8月26日 (火)

♪坂本光世さんソロライブ@Coffee Spot Life

 今週末、金曜日の夜、お仕事帰りにアコーディオン・ライブはいかがでしょうか? いつも素敵な演奏を聴かせてくださる坂本光世さんのソロライブですが、またまた工藤がお邪魔して数曲デュオをやらせていただきます。お客さまと一緒に歌うコーナーもあるようです。回を重ねて、坂本さんとのデュオも息が合ってきたのではないかと思います。「ソロでは絶対に出来ないことが出来る」という楽しさがあるデュオです。毎回、坂本さんの大きな懐に包まれて、少しずつ育てていただいている感じです。頑張りま~す! お店のHPトップページのにこやかなマスターさんにお目にかかるのも楽しみです。JR南武線・武蔵中原駅から徒歩約2分です。お近くの方、お暇な方、よろしかったら是非どうぞ♪ 

・・・ 以下、坂本さんからのインフォメーション転載です ・・・

spade8/29(金) 武蔵中原 Coffee Spot Lifespade
■出演 坂本光世(アコーディオン独奏)
■時間 20時~/21時~
■料金 800円+オーダー(360円~)
■場所 JR南武線「武蔵中原」駅より徒歩1分位
■TEL 044-722-0024
■HP
http://www2.tba.t-com.ne.jp/cslife/
■コメント
優しいマスターとお客さんたちに囲まれての恒例ライブ♪♪♪
アコーディオン・ソロの世界を、たっぷり味わってください。

2008年8月25日 (月)

YAMATOさんライブ

 昨日は銀座Miiya CafeでのYAMATOさんのライブにアコーディオンでご一緒させていただきました。初めて行ったMiiya Cafeは、優しそうなマスターのいる、とっても素敵なお店でした(エレベータのない4階というのがアコーディオンを持って上がるには少々大変でしたが!)。今回は1ステージまるまるYAMATOさんと二人という初体験で少々緊張気味でした。ジャンベやベースなど、ビート感の強い楽器が一緒だと私としてはとても安心感があるのですが、何となく不安感を持ちながら弾いていたら演奏に現れていたようです。終わってからの控え室で他の出演者の方に「緊張してましたね」と見抜かれてましたcoldsweats01  最近、足がガクガクするとか胸がドキドキするとか譜面が追えなくなるというような緊張の仕方はあまりしませんが、何となく自信がないと演奏にはしっかり出てしまいますね。精進精進happy01 YAMATOさんは自分の歌に集中しているのでアコーディオンが音を外したりしていても気になっていないと言ってくださるのですが、やっぱりライブに参加させていただくにあたっては、もっとしっかりとした演奏が出来るようになりたいなぁと思います。と反省点はあるにしても、YAMATOさんのライブで一緒にアコーディオンを弾いていると何とも言えない爽快感があります。だんだん盛り上がって力強く歌うYAMATOさんの歌声に合わせて一緒にアコーディオンも音量を上げていく時など、とっても気持ちいいです。この気持ちよさがあるので、「ご遠慮した方がいいのでは?」と思いつつもライブ参加のお誘いをいただくと、ついつい受けてしまいます。一回の本番は100回の練習よりも上達には効果的とも言われるので、それを信じて、これからも頑張りたいと思います。

♪佐渡ヶ島 ♪命の花 ♪真夏の太陽を抱きしめて ♪月 ♪男道 ♪追憶の故郷

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 夜は引き続きYAMATOさんがゲスト演奏するというある集まりで3曲一緒に演奏させていただきました。こちらでは譜面台がなかったので、演台をお借りして譜面を載せて立奏でやってみました。3曲ぐらいなら大丈夫かなと思いましたが、大丈夫でしたhappy01

♪命の花 ♪月 ♪男道 

続・鍵盤ハーモニカ情報

続・たしろさんからのコメントです。
鍵盤ハーモニカという楽器に関して、多くの人が持っている小学生が使う楽器というイメージを変えなくてはならないということを感じさせてくれますね!
それにしても、蛇腹操作も思うようにならない私には息継ぎのことなど考えるとアコーディオン以上に難しそうな楽器に思えてきました。でも以前から興味のあったこの楽器、ますます面白い楽器だなぁと思うようになりました。じっくり研究してみたいです♪
たしろさん、いろいろと参考情報ありがとうございましたhappy01

・・・ 以下コメント欄からの転載です ・・・

コメントを紹介して頂き有り難う御座いました。
ご紹介頂いたガリアーノは素晴らしいですね。彼は、もともとプロのトロンボーン奏者でもあったらしいですが呼吸の使い方が抜群です。

鍵盤ハーモニカ(メーカーによって呼称が違う)の演奏例がYouTubeにこんなにあるとは驚きでした。序でにYouTubeで見つけ演奏例の中からPRO-37V2 による演奏を二つ程聞いて見てみましょう。

http://jp.youtube.com/watch?v=xWVYYegiA2U&feature=related

フルートも声楽もなさったと言うだけ、流石に達者です。しかし、このようにフレキシブルで長い吹き込み管を使う例やり方が比較的多いのには吃驚でした。
鍵盤ハーモニカの演奏は、やはり呼吸のコントロールが決めてのようで、管楽器奏者がやるような舌を使う(タンギング)方法を取り入れるとメリハリのある演奏になりますが、次に短い吹き込み管を付けてダイレクトにコントロールした例も聞いてみましょう。

http://jp.youtube.com/watch?v=UBpk5jNutJI&feature=related

ここでは呼吸によるビブラートや舌によるフラッターまで使っています。どのようなテクニックをどう使うかはプレイヤーの感性の世界なので好き嫌いが入りますが、ここまで来ると同じ楽器とは思えないほど表現の幅が拡がって面白いですね。

この他にも、例えば音の切れに着目しただけでも鍵盤操作のテクニックが有ると思いますが、こういう楽器でもしっかり表現しようとするとやはり奥が深いようですね。

しかし、ご紹介頂いた記事の中にあった HAMMOND 44 の開発の話にはショックを覚えました。だって、45鍵のものが有ると良いなと最初から思っていたから。いやぁ、ちょっと早まったなぁ。

2008年8月23日 (土)

鍵盤ハーモニカ情報

 昨夜書いたメロディカの記事に対して、たしろさんから詳細な情報をいただきましたので、もしかしたら興味のある方もいらっしゃるかと思い、コメント欄からこちらへ転載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

spadeたしろさんからのコメント①
類似の商品に、鍵盤ハーモニカ・メロディオン PRO-37 V2 というのがあります。
ここで試聴できますので聞いてみて下さい。↓
 http://www.suzuki-music.co.jp/product/1.htm
演奏者は、松本在住の「はざまゆか」さんで、実は知人です。

僕は、アコの右手の練習用(公園練習など)に6月頃に手に入れたのですが、耳に近くなるせいか、リードの形状のせいか、かなり甲高い音がします。アコよりも大きな音がする感じなので、家では殆ど触っていません。また、合唱伴奏の打合せなどにも使えそうですが、演奏用として使うには、やはりtuningをし直す必要があるようです。この点は、ちょっとガッカリでした。(ネット上で15000円前後の品物ですが、まさかtuning手抜きの格外品ではないだろうなぁ)

演奏テクニックについては侮れない難しさがあり、先ずしっかりした呼吸法が求められるようです。(上の演奏者は現役のピアニストですが、声楽をかなりなさったようで、フルートの経験もあるとのことでした。)

フィンガリングの練習や工夫のために使えるかどうかということで、3オクターヴ分(36鍵)の鍵盤幅を実測したことがありますのでこれも参考になさって下さい。

 僕のアコ(大型鍵盤)  42.5cm
 HAMAHA PortaSound PS-3 40.9cm(深夜練習用の秘密兵器)
 鍵盤ハモ PRO-37 V2   39.5cm
 Excelsior 308(中型)  38.2cm

spadeたしろさんからのコメント②
勘違いをなさる方があると困るので、ちょっと補足します。

実測のために選んだ鍵盤の範囲は、最低音のFから最高音域中のEまでの3オクターヴ、36鍵です。ピアノの鍵盤の場合、49.4cmだったと思います。(今は娘の所へ運んでしまったので確認出来ませんが。)
あ、それと先の書き込み中、HAMAHAはYAMAHAの誤りです。失礼しました。

ところでピアノ鍵盤の感触は、鍵盤幅も大きく影響しますが、やはり鍵盤の長さやストロークの深さによってもタッチ感がかなり違いますね。

また、以上の状況に加えて、一応鍵盤が視野にはいるとは言え、アコの右手感覚と同じ感じでブラインドで弾くには鍵盤ハーモニカと右腕との角度はかなり大切なようです。

メーカーは、これを教育用の楽器としてではなく、もう少し力を入れて育てて欲しいし、また、鍵盤だけでなくボタン・ヴァージョンなども発売して貰えると、いろいろ楽しみが増えるだろうし、大人の新規ユーザー確保に役立つように思っています。

HOHNERをお持ちの方、36鍵のキー幅を教えて貰えると嬉しいですね。

heartくどうのコメント
いろいろな情報ありがとうございました!
≪かるふーる≫に来てくださる方たちの中にも、既に持っているという方も何人かいらっしゃいましたし、同じようなことを考える人は多いことと思っていましたが、たしろさんもですね。メロディオンのサイトも試聴してみました。素敵な演奏でした。
アコーディオンの持ち運びの大変さを思うと、鍵盤ハーモニカを上手に操れると、お天気の悪い時には役に立ちそうだなぁと思うのですが、現実問題としては結構大変そうですねthink
ゆっくりと時間をかけて、自分に向いていそうな商品を品定めしようかと思います。
ミュージシャンの方たちの中には、この楽器をかなり本格的に使っている方たちもいるようですね。ボタン版のアコーディナは日本でも桑山哲也さんなども使っていますし、フランスのガリアーノさんの吹いている動画もありました。http://wonderfulmusicblog.blog93.fc2.com/blog-entry-175.html

こちらのサイトも、随分と詳しくいろいろと紹介しています。(ボタンも含めて)http://skmt.cooktone.com/text_kenhamo/top.html

ボタン式のアコーディナについては、こちらで詳しいようです。http://www.h3.dion.ne.jp/~accord/index.htm

2008年8月22日 (金)

メロディカ

 今日 買い物へ出かけたついでに立ち寄った新星堂で、大好きなBia(ビーア)という歌手のCDを見つけたので買ってきました。前2作と異なりアコーディオン・プレイヤーの参加はなかったのですが、鍵盤ハーモニカみたいな音色が入った曲があったので解説書を見たら『メロディカ』と書かれていました。どんな楽器かなと思ったら、やっぱり鍵盤ハーモニカのことでした。ホーナー製の鍵盤ハーモニカのことを、こう呼ぶみたいです。
http://web2.moridaira.com/hohner/melodica.htm

 実は少し前から、鍵盤ハーモニカが欲しいなぁと思っています。息子が小学校の時に使っていた小さいものを時々吹いてみたりするのですが、何だかちょっともの足りないので、36鍵ぐらいのものが欲しいなぁなんて。右手しか使わないバンドやサポート参加などの時に、これがあると悪天候の時など役に立つかなぁなどと思うのですが、きっと、そんなに甘くはないですね。吹きこなすのに、やっぱり時間が必要ですよね。肺活量もあまり多くないと思うので、上手には吹けないかも。でも、お値段とかサイズとか研究して、そのうち手に入れたいです♪

アンデスの風-風のこんさーと

 http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2008/08/post_7788.html

 上記記事でご紹介したケーナ奏者の大柿賢二さんの『風のこんさーと』へ行ってきました。お天気にも恵まれ、とても気持ちのいい午後のひとときを過ごしてきました。会場のCAZE CAFEには大きな樹があり日差しも遮ってくれていて、時折吹いてくる心地よい風に吹かれながら、遠くアンデス山脈から聞こえてくるようなケーナの温かい音色に身を委ねた30分間でした。時間があれば、ゆっくりお茶を飲んで2ステージめも聴いていきたかったのですが、仕事が休めなかったため1ステージのみで帰ってきました。でも、仕事前の素敵なひとときのおかげで、居眠りすることもなく快調に仕事もはかどりました!

♪岩山の踊り ♪二羽の小鳩 ♪沈思の時 ♪峠の我が家 ♪スカボロフェアー ♪ポカレカレ・アーナ ♪野に咲く花のように ♪しゃぼん玉 ♪千の風になって ♪風とケーナのロマンス ♪コンドルは飛んで行く

どれも素敵でしたが「風とケーナのロマンス」という曲が特に心に残りました。こちらのサイトで聴けます。
http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=101416
http://jp.youtube.com/watch?v=OVhhPGzcVb8

●ケーナはこんな楽器です:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%8A

2008年8月21日 (木)

栄冠は君に輝く

 昼間の歌声カフェ「空」の後、いったん帰宅し、夜はまたカフェバーCooへ。歌声カフェのお客さまも来てくださって、また歌やハーモニカの伴奏もさせていただきました。ハーモニカのMさんに今度アコーディオンで弾いてみて欲しいとリクエストいただいたのが「栄冠は君に輝く」。全国高等学校野球選手権大会大会歌だそうです。甲子園で流れる曲なのですね。これも毎年いろんな方が歌っているのですね。今度、頑張って練習して聴いていただこうと思います!

・夏川りみさん:http://jp.youtube.com/watch?v=Io2wemCfYMQ
・サーカス:http://jp.youtube.com/watch?v=PbkEOQnY-S0

 時間が遅くなるにつれてお客さまの増えてくるカフェバーCoo。杏子ママや常連のお客さまたちと、いろいろな曲をご一緒させていただきました。ライブというのではなく、その場にいる人たちで皆で楽しむという、こういう参加型イベントは本当に楽しいです。常連のお客さまたちは皆さんレベルも高く、毎回新しい経験をさせていただけるので、月に一度のこの日が、とても楽しみです♪ ご来場くださいました皆さま、ありがとうございました!

 ハーモニカのMさんが来年のピースコンサートでは皆でフォークダンスをやってはどうかという提案をしてくださって、そんな話題から最後はコロブチカ・マイムマイムなどフォークダンス曲を弾いて、踊ってくださるお客さまもいて、賑やかに終わりました。帰ろうとした時に、アコーディオンの左のボタンってどうなっているのと質問をしてくださった方がいらして、またボタンの仕組みなど解説して弾いていただいたりしていたら、すっかり帰宅が予定より遅くなりましたが、アコーディオンに興味を持っていただけることは嬉しいですhappy01  ギターやキーボードの経験のある方は覚えるのも早いですね! 昨夜ちょっと弾いてみた男性は、アコーディオンを持つのは初めてとのことでしたが、少し練習すれば弾けるようになりそうでした。

heart9月のCooアコーディオンナイト:9月24日(水)夜8時ごろからです

2008年8月20日 (水)

いのちのうた(コロブチカ)by橋幸夫

 今月は東大和南公園でのピースコンサートがあった関係で歌声カフェ「空」は今日の一回のみとなりましたが、暑い中、常連の皆さまが集まってくださいました。ありがとうございました。前半1時間の司会進行役を務めてくださるハーモニカのMさんは、いつも歌集にはないけれど「これはいいよ!」という曲を見つけては、歌詞カードを作ってきて皆に紹介してくださいます。今日紹介してくださったのは2曲。

 一つはアメリカ民謡『谷間のともしび』。この曲は日本では昭和9年に東海林太郎さんの歌で広く知られるようになったのだそうです。Mさんが1コーラスをハーモニカで吹いてくださって、その後、皆で歌ってみました。私がメロディーをちゃんと知らなかったので、伴奏がちょっともたつきましたが、歌ってみると何となく知っているという方が多かったです。

 もう一つは『いのちのうた(コロブチカ)』。これはロシア民謡のコロブチカに日本語の歌詞を付けたものを橋幸夫さんが歌っているのだそうです。今年発売になったばかりのCDを見せてくださいましたが、ちょっとレトロな感じのジャケットで[社団法人 日本フォークダンス連盟]推薦となっていました。コロブチカ、ジェンカ、山のロザリアの3曲を歌で楽しみ、カラオケ・ヴァージョンも入っているので、自分で歌っても楽しめて、さらにフォークダンスの踊り方の解説まで付いているというCDでした。『いのちのうた』の歌詞が、とても素晴らしく、今日は歌詞を少しずつ区切りながら練習をして歌ってみました。こちらも、今日初めてだったので、歌詞とメロディーが上手く一致しない箇所などありましたが、来月までには、ちゃんとバッチリ伴奏ができるように練習しておきますので、また皆さんで歌いましょう。元気が出てくる歌です♪

 このCDを紹介したHPもありました!:http://www.jvcmusic.co.jp/inochi/
フォークダンスの動画も見られます。昔懐かしい「ジェンカ」のダンスも見られます。小学校でフォークダンスをやった世代には懐かしいかもしれません。今の若い世代は、フォークダンスってやらないようですね。うちの息子も小学校で組体操はやっていましたがフォークダンスは一度もやっていません。「コロブチカ」を聞かせたら、「ゲームの音楽でしょう?」と言われました!

2008年8月19日 (火)

YAMATOさんライブ@Miiya Cafe

 ギター弾き語りシンガーソングライターYAMATOさんのライブに、またサポートメンバーとして参加します。今度は銀座のMiiya Cafeだそうです。YAMATOさんは2ヶ月に一度のライブを続けているお店ですが、私には初めての場所です。ちょっと緊張happy01

 ≪炭火煎珈琲はるもにあ≫で出会ったのが去年の4月。一年前には自主制作アルバムに2曲だけアコーディオンの音色を入れてみようということで、録音に参加させていただき、今年になってからはライブのサポートメンバーとして時々ご一緒させていただいています。音楽で何かをやりたいという強い思いに突き動かされて歌い続けるYAMATOさん。10月にはメジャー・デビューCDの発売を控えて、ますます力強く歌ってくださることと思います。13時開演で4組出演のブッキング・ライブで2組めです。13:45からの予定です。お時間・興味がありましたら是非!!

●8/24(日) 13:45~ 
●銀座【Miiya Cafe】/チャージ:¥2000+1Dr

 http://www.miiya-cafe.com/
●他の出演者情報はこちらで:http://www.miiya-cafe.com/sch2008.8.html

clubhttp://www.owarai-jima.jp/yamato/ ←YAMATOさんはこんな方です。

2008年8月18日 (月)

夫婦音曲漫才おしどり

 先日、病院の待合室でお会計を待ってボーっとしている間に、ふとテレビの画面を見るとアコーディオンを弾いている女性がいます。「なんだなんだ!」と誰も見ていないテレビの前へ歩いていって一人でジッと見ていました。音声が消してあって、動画のみですが、何やら漫才っぽいなぁと思いながら見ていると、最後に「吉本」とあったので、それを頼りに検索してみたら、こんな方たちがいました。男性が、針金を曲げて、いろいろな形を作り、女性がアコーディオンを弾きながら歌っているんだか喋っているんだか、でも見てて面白そうでしたhappy01

spade夫婦音曲漫才おしどり:http://oshidori.laff.jp/

2008年8月17日 (日)

あさやけ風の作業所 CAZE CAFE

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2006/11/post_7788.html

 以前、一度ご紹介したことがある(↑)のですが、私のウォーキング・コースの途中にある、ちょっと素敵なカフェ『あさやけ風の作業所 CAZE CAFE』。以前より営業日やメニューも増えています。HPはこちらです。http://www.asayake.or.jp/kaze.html

 このカフェで、今週木曜日にケーナの演奏を聴くことができます。先月『骨董茶屋まこちゃん』で知り合い、カフェバーCooのアコーディオン・ナイトにも来てくださって、Cooでのアメリカン・フォークのライブでは一緒に演奏もさせていただいたケーナ奏者:大柿賢二さんのソロ演奏です。雨天中止となりますが、お近くの方、お散歩ついでにいかがでしょうか? 私もお天気が良かったら1時~の回に行く予定にしています。入場無料です。

 clubdiamond風のこんさーとdiamondclub
ケーナ演奏:大柿賢二さん

   flag8月21日(木) 
     ①1:00~1:30
     ②2:00~2:30
   flagあさやけ風の作業所 
     2階テラス CAZE CAFE

flagプログラム:岩山の踊り、二羽の小鳥、小鳥、コンドルは飛んで行く、ポカレカレアーナ(マオリ民謡)、野に咲く花のように、岬めぐり、しゃぼんだま、椰子の実、千の風になって

一期一会 キミにききたい!

 昨夜、たまたまつけたテレビに、またまた知った顔が出ていてビックリ(最近こんなことが多い!)。しかも、つい2~3日前にブログで取り上げた「国境なき子どもたち」の関係者。2003年、高校生の時に友情のレポーターとして「国境なき子どもたち」の活動の現場(カンボジア)を見にいき、その後、学業のかたわらフォト・ジャーナリストへの道を歩んでいるという安田菜津紀さんです。「写真の力で世界を変えられる」という強い信念を持って、中東など戦争の傷跡の残る地に赴き写真を撮り続けているそうです。彼女と、大学医学部に通う葉田甲太さんとのやりとり、なかなか面白かったです。葉田さんは2年前にボランティアで資金を集め、カンボジアの貧しい村に小学校を建て、一時は自分を救世主だと思ったものの結局は村の人びとの暮らしが良くなったわけではないと無力感を感じているという医大生。このような若い世代の行動力をみると、素晴らしいなぁとちょっと感動します。

 この番組、来週また再放送があるようです。興味のある方はどうぞ! 詳細はNHKホームページで。http://www.nhk.or.jp/151a/list/list.html

2008年8月16日 (土)

♪桑山哲也さんのライブ

 ベルギー式ボタン・アコーディオン奏者の桑山哲也さんのライブのご案内も届いています! 場所は、やまぐちいづみさんと同様 六本木スイートベイジルです。

    clubdiamond桑山哲也diamondclub
 KUWAYAMA STYLE at STB139

flag2008年8月26日(火)
flagOpen 18:00  Start 19:30
flagCharge \5,500
flag六本木STB139

clip桑山哲也オフィシャルサイト:http://www.kuwayamatetsuya.net/
clip桑山哲也オフィシャルブログ:http://kuwayama.jugem.jp/

♪やまぐち いづみ LIVE

Izumiyamaguchi  

 アコーディオン・デュオSarasaの福嶋さん(男性の方)のプロデュースによるライブのお知らせが届きました。女優のやまぐちいづみさんの歌のライブです。昨年秋のSarasaの単独ライブへ行った折に、会場に来ていらしたやまぐちさんと少しお話をするチャンスがありました。とっても素敵な女性でした! 私は仕事と重なっていて行けそうにないのですが、お時間ある方、興味のある方、よろしかったら是非どうぞsign03

 spadediamondやまぐち いづみ LIVEdiamondspade
  VOL.4 「艶やかな夜」

   flag2008年9月22日(月)
   flagOPEN 18:00  START 19:30
   flagCHARGE \5,500
   flagSTB139スイートベイジル

pencil山口いづみ公式ブログ:http://yaplog.jp/vert_saison/
pencil上記のチラシをはっきり見たい場合はこちらから:
  「izumiyamaguchilive.pdf」をダウンロード
pencilついでにSarasaの公式ブログも:http://yaplog.jp/sarasa-acc/
 8月30日(土)には柏WUUにて久しぶりのSarasaのライブ
 予定されているようです! 
 Sarasaファンの皆さまは、こちらも覗いてみてくださいね。

2008年8月15日 (金)

ケルト倶楽部 ライブ

 アコーディオン奏者の坂本光世さんから明日のライブのお知らせが届いています。明日は多摩川の花火大会だとか。花火見物とノリノリのケルト音楽のライブ、楽しそうです♪ お近くの方、ソロ演奏とはまた一味違う坂本光世さんのアコーディオンを楽しんできてくださいね! 今回はケルト倶楽部というユニットでの演奏のようです。
・・・・・  以下転載です ・・・・・

★8/16(土) 二子玉川 LIALEH(ライラ)

●時間 20時~23時 休憩しながら数ステージ
●料金 席料500円+3千円(飲み放題、税込)
●TEL 03-5491-1951
●地図http://lialeh.net/access.html
●出演 【ケルト倶楽部】
坂本光世(アコーディオン)/石井鉄也(ギター)/ハタボウ(フィドル)/吉村由起夫(ベース)
●コメント
ノリノリのケルト音楽一色のライブです。
モダン・アイリッシュ、アイルランドのダンス曲、北欧トラッドの数々で盛り上がります。
当日は多摩川の花火大会のため、電車や駅周辺が大変混雑しますが、花火見学の方は併せてライブもお楽しみになってはいかがでしょう?
花火後のLIALEHも混み合う可能性がありますので、お店にお電話で様子の確認をおすすめします。

2008年8月14日 (木)

国境なき子どもたち支援委員会

 「国境なき子どもたち(KnK)」という名前を聞いたことがあるでしょうか。1999年にノーベル平和賞を受賞している「国境なき医師団(MSF)」の活動の中から生まれた団体で、主にアジアの恵まれない子どもたちの支援活動を続けています。その「国境なき子どもたち(KnK)」の活動をサポートするために、支援者の方たちが立ち上げた団体が『国境なき子どもたち支援委員会』です。

 現在、『国境なき子どもたち支援委員会』代表を務めていらっしゃる寺田朗子さんとは知り合って十数年になります。「国境なき医師団(MSF)」の一ボランティアとして活動なさっていた頃に初めてお目にかかり、その後MSF会長も長く務められ、MSFでの役職を退かれた現在はKnKの活動支援に全力を注がれています。私自身は細々とMSFやKnKとの関係を持ち続けつつ、大きなことは何も出来ずにいますが、寺田さんは驚くべき行動力で様々なことに打ち込んでいらっしゃいます。お会いするたびに、お話しする機会があるたびに、こんな素晴らしい女性と出会うことができたことの幸福を思います。

 そんな寺田さんを紹介しているサイトを見つけました。読めばきっと力が湧いてくるような話がたくさん紹介されています。「若者の視点で伝えるオンリーワンな生き方辞典」ということで取材を受けていらっしゃいますが、若い世代にも、例えば退職後これから何か新しいことに取り組みたいと思っていらっしゃる世代にも、何かヒントを与えてくれるような内容です。お時間がありましたら是非読んでみてくださいね!
club「国境なき子どもたち(KnK)」のサイトはこちらです。http://www.knk.or.jp/index.htm

clubmixi をなさっている方には、こちらもご紹介します。
国境なき子どもたち支援委員会のコミュニティーhttp://mixi.jp/view_community.pl?id=3546265 
 学生さんが取材を通じて最も心に響いた言葉としてあげているのが「できる範囲のことしかできない」ということです。寺田さんの場合、この「できる範囲」というのが人並みではないのですが、この言葉に私もとても力付けられます。いくら寺田さんが素晴らしい活動をなさっているからと言って、私が真似しようとしてもそれは無理なことです。でも、私には私にしか出来ないことがあると信じて、私に出来ることは何かを常に探りつつ生きています。大きなことは出来ない、でもそれでいいんだと、この言葉は励ましてくれるようです。

2008年8月13日 (水)

奈加靖子さんのアイリッシュ・ナイト

 アコーディオンが取り持つご縁で知り合った奈加靖子さん。元タカラジェンヌのとても素敵な女性です。アイルランド音楽に魅せられて、その魅力を伝えていきたいと、そして同世代の人たちに生きる喜び・夢を持つ喜びを伝えたいとライブ活動をしています。昨年、41歳にしてプロ歌手としての再スタートをきった彼女が念願のアイルランド音楽のライブを開催するそうです。アイルランドの音楽のお好きな方、いかがでしょうか?

flagライブのチラシです「nakayasuko.jpg」をダウンロード
flagオフィシャル・サイトhttp://www.eastvillage.jp/nakayasuko/

・・・・・ 以下、転載です ・・・・・

spadediamond「アイリッシュ・ナイト」diamondspade
note日 時: 2008年9月5日(金)
     18:00  open
     19:30~ 1st stage
     21:00~ 2nd stage   入替なし
note場 所: november eleventh (ノヴェンバー・イレブンス)
     東京都港区赤坂3-17-8 都ビル2F (一 ツ 木通り沿い)
     http://www.risingdragon.jp/

note出 演: 奈加靖子(ボーカル アイリッシュハープ)
       庄司祐子(アイリッシュ・ホイッスル)
         大久保真奈(フィドル)
         廣瀬沙耶佳(アイリッシュハープ バウロン)

noteチャージ:3,150円(税込み)
note予約・お問い合わせ: TEL 03-3588-8104

heart女性ばかりの4人組で、美しくいきたいと思います!!
ホイッスルの庄司さんは、多方面で活躍中の方で、彼女の奏でる音色は必見です。

2008年8月12日 (火)

ケセラセラ~

 新聞のコラムを読んで気になって大谷由里子さんという方を検索してみました。私の目に留まったのは「大谷由里子のココロの元気」というコラムのタイトル『悩みは未来変える種』。書かれている内容も私にはスッと入ってくるもので気持ちが良かったのですが、吉本興業マネジャーを経て人材活性プロデューサーとして「笑い」を取り入れた人材育成で話題になっている人だとか。公式サイトのタイトルが「ケセラセラ」。こちら→ http://www.yuriko-otani.com/otani/index.html

 私が読んだコラム記事はまだアップされていませんでしたが、パブリシティ欄にバックナンバーがあったので、近いうちに掲載されると思います。大谷さんは、いろんな悩み事相談のメールをいただくそうです。そしてどんな風に答えるかというと、こんな風です。

「目の前に起こっていることは、既に起こってしまったこと。後は、あながた『どうしたいか』だよ。当たり前のことだけど、過去は変えられない。変えられるのは未来だけ。どんな未来にしたいのかは、自分次第だよ。」 「悩まない人生なんてないよ。自分が生きてきた人生が、自分の人生だよ。今までは嫌な人生だったかもしれない。でも、未来を良くしたかったら、それを受け止めて、自分で変えるしかない!」

 この『悩みは未来変える種』という言葉が、とっても気に入ってしまいました! 悩み事のない人なんていないはず。それを「未来変える種」と捉えて上手に育てていければ、自分で未来を変えられはず。何だか読んでいて力が湧いてくるメッセージでした。

2008年8月10日 (日)

「ま組」の夏、終了

 3年前の4月頃から「ま組」に仲間入りさせていただいて以来、夏はまさに「ま組」の季節といった感じです。毎年恒例のγライブとピース・ライブ。4回目の今回も、いろいろな出会いや音楽を楽しんだ二日間でした。組長さん以外は、その時々で参加できるメンバーでの活動を続けている「ま組」。このところ一緒にやることの多かったピアニストのYさん、サックスのUさんの都合がつかず、今回はパーカッションのマミータさんが別のバンドで一緒に活動している女性ヴォーカルこれりさんとピアニストねこがきさんを誘ってくださって、また組長さんが本業(教育関連)で知り合ったという女性ヴォーカルYukiさんを誘ってくださっての、初顔合わせのメンバーでの演奏となりました。

flagγライブ: 
・ヴォーカル:これりさんで ♪Sabor a Mi ♪Solamente Una Vez ♪私の青空
・ヴォーカル:Yukiさんで ♪to U  ♪Heartful World
・ヴォーカル&ギター:組長さんで ♪Forever


flagピース・ライブ:
・ギター:組長さんで ♪花
・ヴォーカル&ギター:組長さんで ♪Forever

・ヴォーカル:これりさんで ♪私の青空
・ヴォーカル:Yukiさんで ♪to U  ♪Heartful World

両日とも、伴奏メンバーはピアノのねこがきさん・パーカッションのマミータさん・アコーディオンの工藤でした。

これりさんのサイト:http://sound.jp/koreri/
ねこがきさんのサイト:

http://air.ap.teacup.com/kat-ina/
Yukiさんのサイト:http://blog.livedoor.jp/yukipyon422/
組長さんのサイト:http://www.rika-jikken.jp/index.html

 二日間、いろんなバンドの演奏を聴いて、いろんな人たちと話をして、いろいろ美味しいものも食べ、「夏休みを楽しんだ!」という感じです。自分の演奏には練習不足と反省点がありますが、また新たなジャンルに取り組む機会をいただき、ありがたく思っています。今回はテンション・ノートの散りばめられた曲が2曲あり、算数の苦手な私は指折り数えて音を確認してアレンジを考えてみたりしましたが、なかなか難しかったです。馴染みの少ない、あるいは苦手な分野も取り組んでみるうちに面白くなったりもします。「これは絶対に嫌!」というもの以外は、とりあえずお誘いいただくものは、いろいろとやってみて楽しみたいと思います!
 遠方から、また、お忙しい時間を割いて来て下さった皆さん、ありがとうございました。

続・歌の伴奏のこと

 以前から感じていることですが、歌の伴奏についての話題には関心を持ってくださる方が多いようです。たしろさんから、再度コメントいただきましたので、またこちらにも転載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
spade(たしろさんより) 一晩寝て改めて考えてみましたが、方法が定着するまでの間は、特に曲決めや進行を主体的に進めることが大事だとつくづく思います。実績を積んでレパートリーなどの貯金が増えれば、何が来ようと平気でしょうが、初めが肝要ですね。

heart(くどうより) 仰る通りだと思います。最初のうちは、自分で選んだ曲の歌詞カードを大きめの文字サイズで作ってもらって、それを歌っていただくという形でいいのではないでしょうか。

spade(たしろさんより)くどうさんは、最初の4年間はアコーディオンだけで毎月1時間のプログラムをこなすのはとても大変だったでしょうが、それでもご自分で主体的に決めて進めることが出来たのはきっと救いだったと思います。

heart(くどうより) その通りです。自分で選曲ができたので楽といえば楽でした。毎回演奏曲を記録に残していたのですが、初回(6月)の演奏曲はこんな感じでした。
♪みかんの花咲く丘 ♪茶摘 ♪雨降りお月 ♪テネシーワルツ ♪パリの屋根の下 ♪サンタルチア ♪カチューシャのうた ♪鈴懸の径 ♪山小屋の灯 ♪Amazing Grace ♪愛の挨拶 ♪学生時代 ♪上を向いて歩こう ♪青い山脈 ♪ふるさと 
15曲準備していったら少し足りない感じだったので、翌月から20曲位を準備するようにしました。この初回にいただいたリクエストが「会議は踊る(映画の主題曲)」「ミシシッピー(これも多分映画の主題曲?)」「明日があるさ」「威風堂々」。「ミシシッピー」だけは未だにリクエストにお応えしていません(が、リクエストしてくださった方も今はお顔を見なくなりました・・)。この時にはレンタルCDを借りてきて「会議は踊る」を一生懸命コピーして翌月演奏したら、リクエストくださった方がとっても喜んでくださって、私もリクエストにお応えする楽しさを覚えてしまいました! その後も「影を慕いて」「三百六十五夜」「お富さん」「波浮の港」などなど当時の私にはチンプンカンプンのリクエストが続きました。一つずつ一つずつクリアしていくことで、弾ける曲が増えていきました。

spade(たしろさんより) 改めて考えてみると、僕が一番不安に思っているのは、70年代以降に流行った曲は全くと言って良い程知らないことにあり、誰もが知っているこの時代の曲を曲名だけ言われて伴奏して欲しいと要求されてもキョトンとしてしまう・・・これは大きなコンプレックスになっています。だから、この辺りのことは勘弁して貰ないとスタートが切れません・・・トホホ。
(70年代以降は、連日残業の企業戦士時代で、週末のオーケストラ参加(それも何度か休団するなどの中断を含む)以外はテレビを見ることもなく、音楽とは全く無縁の生活でした。当時親交のあった人達は、僕が音楽が趣味だと言うと吃驚されます。)

heart(くどうより) 私も子どもの頃覚えた童謡唱歌は何とかなっても、演歌とか明治・大正時代の曲となると手も足もでない状態でした。あと、歌声カフェ「空」の伴奏では逆に新しい歌(90年代以降)をほとんど知らない状況でした(子育てと仕事に忙しく流行り音楽はほとんど聴いていなかったので)。でも、7年続けてみて、自分でも随分新しい歌を覚えたものだなぁと驚きます! 継続は力なりですね!

spade(たしろさんより) でも、お陰で考え方も関係者との対応の仕方も、かなり整理が出来てきたように思います。続けるための方法は、皆さんに受け容れられる事だけでなく、自分が堪えられるものであることも大事ですものね。

heart(くどうより) 最初から無理をして続けられなくなるよりは、自分でペースを作って出来ることから始めて、少しずつレパートリーや出来ることを増やしていくといいと思います。と、偉そうなことを書いてしまいましたが、多分、たしろさんは私などよりずっとレパートリーも多いし歌うこともお上手ですし、きっと皆さんに喜んでいただけることと思います。いい形で活動が始められますように!

flag
以下は、たしろさんから高橋由香子さん宛てのメッセージですが、コメント欄で目に付かないといけないと思い、やはり、こちらに転載させていただきます。

高橋由香子 さま
初めまして。相模原市での素敵な取り組みを伺い、とても嬉しく思い、この場をお借りしてコメントさせて頂きます。
アコーディオンは、自分の楽器が使える利点はありますが、楽器運搬の問題の他に、そもそも楽器の取得やメンテなど総て自分でやらなければ成立しない厳しさがあり、重さだけに着目しても優雅なものではありません。また、どんな曲でも「楽譜なしでの伴奏も自由な移調も当然」と思われる節があります。(どうせ趣味なんでしょうからと思われるのはちょいと辛い3K状態と言うべきか。)
これと比較すると、自分で楽器を選べないピアノの不自由さはまた想像を絶するものですが、楽器の管理者に「何とかして下さい。調律もお願いします。」と言える立場があるだけ、これは救いではないかと羨ましく思うことがあります。また、「楽譜を用意して下さい。」と言っても、多分何処でも通用する羨ましさも有ります。

そのような中で
>日々、アイディア探し、ピアノの練習、伴奏譜作り、歌詞カード作りに励んでいます。
と伺い、どれほど共感を覚え嬉しく思ったことでしょう。
大変でしょうが、どうか高橋さまも頑張って下さい。そして、成果の方もまたお聴かせ下さい。
投稿 たしろ | 2008年8月10日 (日) 12時29分

2008年8月 9日 (土)

戦争遺跡の前でライブです!

 明日は野外ライブです。お天気は曇りとの予報。都立東大和南公園、お近くの方、いかがでしょうか? 

・・・・以下、主催者さんのサイトより転載させていただきました・・・・
heartdiamond8月10日(日)「ピース&ミュージック 平和の鼓動」diamondheart
   flag
都立東大和南公園(平和広場)
     http://www.city.higashiyamato.lg.jp/24,5853,292,388.html
   flag14時~18時 入場無料
   flag15時~16時に変電所内の見学も出来ますsign03


今年はフォーク&アコースティックライヴです。 戦災建造物・日立旧変電所前にて終戦から63年。4回目の平和コンサート開催です。 飲食の出店もあります! フリーマーケットもあります! 童心に帰れる懐かしいゲームもあります! 音楽という文化を通して是非平和について考える1日にしてください!

後援:東大和市  東大和市教育委員会
協賛:朝日新聞 大和東部 大和西部 大和南部 大和北部
    大塚製薬
協力:カフェバー空 ピアヤマト 藤原商店 赤尾商店 中国料理空龍
    インターネットラジオ「NET ALIVE」http://www.netalive.info/

出演:相原誠 仙人、ふるや杏、オレンジブロッサム、ブルーグラスチューズデー 、やさしいハーモニカ/あじさい、Yuki、大木正子、ジャック・ザ・フォーク、ま組、山口雅也、コブトリ Bob&リッチー山口、ママッス&パパッス・・・

進行&DJ : 木村園たつや
音響 : ま組
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※イベント詳細や昨年までの様子をこちらでご覧になれます。http://www.netalive.info/netalive/peacelive/vol4_peacelive.html
(小さくて見えないと思いますが自分が写っている写真を発見!)

※「ま組」出演時間は16時頃からです。9日と内容的には同じ予定です。 

※こちらのサイトで朝日新聞の取材記事がご覧になれます。http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000000808070001

2008年8月 8日 (金)

歌の伴奏のこと

 高齢者施設での歌の伴奏について、たしろさんからコメント欄にいくつか質問をいただいたので、こちらでまとめてお答えしてみます。

mobaq素晴らしいですね。そして、続ける事ってとても大事だと思います。今回は、くどうさんご自身の体力配分のことを書かれていますが、それ以前に、そもそもこのような場をどうやって実現するかがとても難しいことのように思われます。事前の選曲と準備、当日リクエストの受け入れと決定、歌集(歌詞カード)の用意、司会進行などについて全部お一人でなさるのか、それとも良き理解者・協力者があるのかお聞かせ下さい。

spade何にしても続けていく中で見えてくるものがあるように感じます。この施設での演奏ボランティアを始めた7年ほど前は、一人だったので、まず自分のアコーディオンのレパートリーを聴いていただくことから始めました。シャンソンとか欧米の映画音楽や世界の民謡などでした。利用者の方たちがお好きそうな曲のレパートリーは多くはなかったので、少しずつ日本の曲も増やしていくようにしてリクエストの多い演歌なども弾くようになりました。そのうちに皆さんを見ていると知っている曲は歌いたいようだし、実際演奏に合わせて口ずさんでいる方が多いので、歌ってもらうことを取り入れたいと思うようになりました。でも、施設側も人手不足でアシスタントなどいないし、しかも重度の認知症の方が多いフロアなので、一人では歌集を配って歌っていただくにしても難しいように思えました。そんな感じで4年ほど続けているうちに、PTA活動を通じて知り合ったKさんが歌のお手伝いをしてくださるようになり、施設で作った歌集や自分で用意した歌詞カードなどを利用して、歌っていただくことを主体にした活動へと移行していきました。ただ聴いているだけの時よりも利用者の皆さんが歌うことで生き生きとしてくるのが目に見えて、「歌の力」の素晴らしさを実感しました。特養施設で歌の伴奏を中心にやるようになって一年位したころに、併設のデイサービスでもやって欲しいとの依頼があり、今はデイサービス利用者向けに一時間(これは施設で準備してくださっている歌集が季節ごとに何冊かあります)、特養施設で一時間(こちらは歌集を利用することは難しい方も多いので皆さんがよく知っていそうな曲やKさんが歌詞を伝えながら一緒に歌う形でやっています)を同じ日に連続でやっています。最初の頃は私が司会進行を一人で全部やっていましたが、Kさんが慣れてきた頃から半分お願いするようにして楽になりました。選曲は、毎月歌集の中から私とKさんで選んでいます。リクエストについては、その場で応えられるものについてはお応えしますが、無理なものは次回以降にということで、出来るだけ翌月に歌っていただけるように心掛けています。最近はYouTubeなどで音源が見つかる場合が多いので、以前ほど困らなくなりました。譜面のないものは音源を聴きながら譜面を作って歌いやすいKeyに移調したりします。

mobaq今朝ほどの質問は、どうも唐突で失礼しました。
このブログを知って以来のことはこれまで大体読んで来たつもりですが、そもそもの経緯とか意志決定に関する部分はあまり記憶になかったので質問をさせて頂きました。
実は、地元で「うたごえ喫茶をやりたいがアコーディオンを弾いてくれないか」という申し出があり、とりあえず日程だけを相談して来月それをお引き受けすることになったのですが、曲もやり方も何の相談も打合せも無い段階で「毎月定例で第○金曜日の夜、歌声喫茶をやる(それも歌声酒場に近いイメージ)」という形で話が勝手に動き出しているらしいのですね。吃驚して聞いてみると、他に手伝ってくれる人は誰も居ない孤立無援の状態らしいので、思い余って質問させて頂いた状況でした。

その後、高齢者施設でのくどうさんの7年余の音楽活動の経緯はブログ開設当初からの記事を読ませて頂いたので大体分かりましたが、僕自身の心情としては次のような気持ちが根っこの所にあるんです。

・知らない曲は弾けません。
視力が悪化して以来読譜が辛くなったこともありますが、楽譜を用意されても多分普段歌い慣れない人が座ったままで楽に歌える高さ(最高音はD程度)に移調しなければならないでしょうから、事前準備なしではとても無理です。

・嫌な曲は弾きたくありません。
お給料を貰っていた頃は、嫌な仕事も引き受けましたけどね。これはボランティアの範囲を超えるのでそういう曲が得意な人を捜してきて下さいと言いたい。

・カラオケ代わりは嫌です。
この歳になってカラオケ代わりや芸者代わりを期待されるのも嫌ですし、皆が飲んで騒いでいる中で賑やかしを期待されるのも嫌ですね。自分が飲むのは好きですが。

やるとすれば日程の折り合いが付いたとしても、企画から司会進行、歌い手の確保など事前の打合せに基づくしっかりした意志決定の手続きと、歌集の用意や伴奏の準備などが必要かと思われるのです。

clubたしろさんの音楽的素養と実力を知っての依頼だと思いますが、いきなり一人で全部やってくださいは確かに厳しいですね。と言っても企画者の方たちがお手伝い(歌のリードとか歌集の準備とかもろもろ)してくださるのであれば、少しずつ体裁を整えていくということで、気軽に始めてみてもいいようにも思います。

・知らない曲は弾けません: 最初はそれでいいのではないでしょうか。私も知らない曲はいきなりは弾けません。移調の作業も結構手間ひまかかります。まずは手持ちのレパートリーからでいいように思います。
・嫌な曲は弾きたくない: これも最初に「引き受けるにあたっての条件」として伝えておけばいいのではないでしょうか。私の場合は、リクエストに関しては出来るだけお応えしたいという気持ちがあるので、たまに気が進まない曲も弾いたりしています。
・カラオケ代わりは嫌: これも「酔っ払い相手の歌の伴奏を期待されるのは困る」ということを伝えて、皆で歌うことを楽しむ場であるならばお手伝いしますという条件を申し出てみてはいかがでしょうか。

実際、新たな活動を始めることはかなりのエネルギーを要しますし、大変なことも多々あります。高齢者施設での歌伴とは別にカフェバーCooでお手伝いしている歌声カフェ「空」では、事前準備といったら300曲近い曲数をカバーしなくてはならず、2年が過ぎた今でも、まだ上手く弾けない曲もあります。でも、少しずつ新しい歌を覚えることを自分の楽しみとして続けてきたので、それほど苦にはなっていません。
無理せず出来ることから始めて、継続していく中で、試行錯誤を重ねつつ、たしろさんらしい活動にしていったらいいのではないかと思います。
せっかくのいいチャンスだと思います。やってみて無理だと思ったら考え直してもいいことですし、是非挑戦してみてはいかがですか。私も、たしろさんはじめ、多くの方から譜面その他のことで助けていただきながら、続けています。音楽、特に歌を通して交流を持てることは、本当に幸せなことだと思います。応援しています!

2008年8月 7日 (木)

ペース配分

 ここ3年半ぐらい、自分の能力・体力を考慮せずに突っ走り気味だった生き方を反省して、最近は少しペース配分を考えるようになりました。

 今日は月に一度の高齢者施設訪問日でしたが、連日の暑さで参り気味の自分の身体・夕方からの仕事・週末の連日イベントなど考慮して、少し抑え気味のペースでアコーディオンを弾いてきました。これまでは、ついつい思いきり力いっぱいアコーディオンを弾き、大きな声で目いっぱい喋り、終わる頃にはフラフラになっているということが、特に夏場は多かったのですが、長続きのためにも自分でペース配分を考えようと思い、今日は少しゆっくりめに進行してみたら、随分と楽な気がしました。力任せでなく、力を抜く術も身に付けて、長く活動を続けられるようにしたいと思います。

 そういえば、施設の入り口にあった張り紙にふと目が留まったのですが、「音楽ボランティア募集」とありました。いつもは「介護スタッフ募集」とか「正職員募集」とかの張り紙がしてある場所に、なぜか今日は「音楽ボランティア募集」でした。月に一度の私たち(アコーディオン伴奏と歌)の他にも音楽ボランティアをしている方たちがいらっしゃるのですが、まだまだ足りないということなのですね。あるいは、今まで活動していた方たちで、お止めになった方がいらっしゃるのかもしれません。そういえば、ここ何回か、帰り際に「これに懲りずにまた来てくださいね。」と毎回仰るおばあちゃまがいらっしゃいます。

 歌うことや音楽を聴くことは、身体の自由が利かなくなっても出来る場合が多いですから、他のサークル活動などに比べて高齢になっても参加しやすいということもありそうです。音楽好きの地域の方たちが、積極的にこういう施設に足を運んで一緒に歌を口ずさんだり、いろんな楽器の演奏を聴いていただいたり、歌の伴奏をしたりなどして、一緒に楽しんで欲しいなぁと思います。知っている方で、こういう活動をやってみたいと長年思っているものの、最初の一歩がどうしても踏み出せないという方がいます。確かに私も最初の一歩は勇気が要りました。でも、始めてしまえば何とかなるし、上手く弾けるかどうかより心を通い合わせることができるかどうかの方が大切だし、続けていくことで少しずつ力を付けていくことも出来ます。迷っている方がいらっしゃったら、勇気を出して始めてみて欲しいなぁと思います。

今日の伴奏曲:♪夏は来ぬ ♪牧場の朝 ♪海 ♪琵琶湖周航の歌 ♪瀬戸の花嫁 ♪夏の思い出 ♪高原列車は行く ♪あざみの歌 ♪星影のワルツ ♪知床旅情 ♪波浮の港 ♪古城 ♪ゴンドラの歌 ♪東京音頭 ♪ソーラン節 ♪私の青空(アコーディオン・ソロ)

訂正&追加情報-週末イベント

 東大和の週末イベントのご案内の訂正と追加情報です。

flag8月9日(土)出演時間が15時ごろから14時20分ごろに変更になりました。

flag8月10日(日)出演時間16時ごろからの予定です。

※いずれもイベントの進行状況により時間が前後することもあると思いますので、ご了承ください。

2008年8月 5日 (火)

東大和の週末イベント

 次の週末(土日)は二日連続のイベント参加です。「ま組」メンバーとしてアコーディオン弾いていますので、お時間ある方はどうぞ! 今年で4回目となる夏のイベント参加、どちらも楽しいイベントです。「ま組」は毎年メンバーが異なっていますが、今回は女性ヴォーカリストお二人をお迎えしての歌が中心のステージです。私にとっても毎回楽しみながら新しいことに取り組む機会をいただける場でもあります。今までやったことのないジャンルの曲もあり、期待も不安もありますが、二日間おもいっきり音楽や交流を楽しもうと思います。よろしかったらご一緒にhappy01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

spadediamond8月9日(土)γGTP Over 100 Music Fest 2008diamondspade
   flag東大和ハミングホール 
     http://www.city.higashiyamato.lg.jp/24,0,298.html
   flag12:30~17:30
   flag入場料:1,000円
※「ま組」出演予定時間は15時頃からです
(14時20分頃からに変更になりました)   ま組」の二組後にはカフェバーCooの杏子ママのユニットの演奏もありますので、杏子さんの歌声のファンの方も是非どうぞ! その他にもCooでお馴染みの方たちのバンドも参加されます。フラメンコやHip Hopなどもあるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

heartdiamond8月10日(日)「ピース・ライブ 平和の鼓動」diamondheart
   flag
都立東大和南公園(平和広場)
     http://www.city.higashiyamato.lg.jp/24,5853,292,388.html
   flag14時~18時 入場無料
   flag入場無料
   flag15時~16時に変電所内の見学も出来ますsign03


今年はフォーク&アコースティックライヴです。 戦災建造物・日立旧変電所前にて終戦から63年。4回目の平和コンサート開催です。 飲食の出店もあります! フリーマーケットもあります! 童心に帰れる懐かしいゲームもあります! 音楽という文化を通して是非平和について考える1日にしてください!

後援:東大和市  東大和市教育委員会
協賛:朝日新聞 大和東部 大和西部 大和南部 大和北部
    大塚製薬
協力:カフェバー空 ピアヤマト 藤原商店 赤尾商店 中国料理空龍
    インターネットラジオ「NET ALIVE」http://www.netalive.info/

出演:相原誠 仙人、ふるや杏、オレンジブロッサム、ブルーグラスチューズデー 、やさしいハーモニカ/あじさい、Yuki、大木正子、ジャック・ザ・フォーク、ま組、山口雅也、コブトリ Bob&リッチー山口、ママッス&パパッス・・・

進行&DJ : 木村園たつや
音響 : ま組

※イベント詳細や昨年までの様子をこちらでご覧になれます。http://www.netalive.info/netalive/peacelive/vol4_peacelive.html
(小さくて見えないと思いますが自分が写っている写真を発見!)


※「ま組」出演時間は16時頃からです。9日と内容的には同じ予定です。 

2008年8月 3日 (日)

JAAアコーディオン サマー・ワークショップ2008

 今月末に迫ってきました。ラース・ホルムさんをお迎えしてのJAAの夏のイベント。3日間通しての割引券やボランティア協力をすると割引になるなどの特典もあるそうです。詳細はJAAのHPでどうぞ。最終日8月31日(日)の「ラース・ホルム・セミナー」ではcobaさんも出演なさることが決まったそうです。楽しみですね♪

flagJAAのHPはこちらです:
http://www.npo-jaa.jp/index0.html

diamond◆JAAアコーディオン サマー・ワークショップ2008◆diamond

8月29日(金)、30日(土)、31日(日)の3日間にわたり、北欧スウェーデンからラース・ホルムさんをお招きしてのイベントの数々!

TANGO CLASSIC CROSSAir

 こちらも≪かるふーる≫でいただいた情報です。大田智美さんのアコーディオンと富田珠里さんのピアノ、そして國末貞仁さんのサックスによるコンサートです。御喜美江さんのもとで学ばれた大田さんの素晴らしいアコーディオン演奏を満喫できそうなコンサートです。ピアノとサックスと一緒に奏でるタンゴやクラシックの数々。魅力的な演奏ばかりでしょうね!

diamondspade TANGO CLASSIC CROSSAir spadediamond

     flag9月24日(水) 19:00~
   flagめぐろパーシモンホール小ホール
   flag2,500円(当日2,800円)
   flag詳細はこちらで

     
http://www.crossair.jp/

関東アコーディオン演奏交流会

 今年は重奏・小アンサンブル・合奏の部です。出場申し込み締め切りは7月31日でしたが、大勢の方たちが申し込みをされたことと思います。私は今回は出場はしませんが、≪かるふーる≫に来てくださる皆さんも沢山参加なさるようなので、応援に行きたいと思っています。ゲスト演奏者は田ノ岡三郎さんです。楽しい一日となりそうです!

 関東アコのHPを見ると、実行委員会ニュースなども読むことができ、最新情報を得ることもできますよ。こちらです。http://www.kanto-acco.jp/

diamondspade第20回 関東アコーディオン演奏交流会spadediamond

  flag9月23日(火・祝)10:00~
  flag北区赤羽会館
  flag参加協力券:1,000円
  flagゲスト演奏者:田ノ岡三郎

坂本光世さんのライブ情報

 坂本光世さんからも8月から9月にかけてのライブ情報をいただいています。お近くのもの、興味のあるものに、お時間ございましたら足を運んでみてくださいね。8月29日(金)には、工藤も少しだけデュオでご一緒させていただきます♪ 駅からも近い、とっても素敵なお店だそうです。

heart 8/21(木) 石川町 Tap(タップ)heart
■出演 坂本光世(アコーディオン独奏)
■時間 19時半~/20時半~ (入替なし。各30分)
■料金 ¥800+オーダー(¥600~)
■場所 横浜の元町商店街に入る手前。
■TEL  045-222-7212
■HP http://www.tap-jp.com/index.html  
■コメント
ライブの後は、セッション!という楽しい時間も作れますので、お声掛けてくださいね。
アコーディオンのお持込&演奏披露も歓迎です~♪

spade8/29(金) 武蔵中原 Coffee Spot Lifespade
■出演 坂本光世(アコーディオン独奏)
■時間 20時~/21時~
■料金 800円+オーダー(360円~)
■場所 JR南武線「武蔵中原」駅より徒歩1分位
■TEL 044-722-0024
■HP http://www2.tba.t-com.ne.jp/cslife/
■コメント
優しいマスターとお客さんたちに囲まれての恒例ライブ♪♪♪
アコーディオン・ソロの世界を、たっぷり味わってください。

club9/12(金) 能見台 Art&Bar ぐりふぉれやclub
■出演 むらかみFけいこ(弾き語り)/坂本光世(アコーディオン&ピアノ)
■時間 20時~/21時~ 入替なし。
■場所 京浜急行 「能見台」駅より徒歩1分
■TEL 090-6043-1436(オーナー携帯)
■HP http://www.ne.jp/asahi/guriforeya/hp/
■料金 2500円(1ドリンク付き)
■コメント
シンガーソングライターの、むらかみFけいこさんとのジョイントライブ。各1ステージずつ演奏しますが、二人の共演曲もあります。リアルな世界に是非~~~!

flag坂本光世さんのHPもご覧くださいね、こちらです♪
http://plaza16.mbn.or.jp/~stella/

そよ風コンサート

 ≪かるふーる≫の時にいただいた情報です。青山善久先生を講師として活動なさっている三多摩アコーディオングループの皆さんの発表会です。≪かるふーる≫の日程と重なっていて、残念ながら私は行けませんが、お近くの方や青山先生の華麗なアレンジのファンの方、お薦めのコンサートです。青山先生の講師演奏もあるそうです。

    diamondclub 第6日回 そよ風コンサート clubdiamond
~ファンタジックでさわやかなアコーディオンの調べ!~


    flag9月7日(日)
    flag午後2時開演(約2時間の予定)
    flag入場無料
    flag詳細及び地図はこちらでどうぞ!

      「santamaag.pdf」をダウンロード
    

2008年8月 2日 (土)

テレビでもラジオでも♪

 田ノ岡三郎さんからご案内いただいていた『阿久悠物語』、昨夜は≪かるふーる≫だったので録画しておいたものを今日見ました。横森良造さん役で登場された田ノ岡さん、ニコニコとアコーディオンを弾かれていました。思ったより長くアコーディオン演奏の場面があったように感じました。それで、初めて知ったのですが、のど自慢大会で鳴らす鐘は『チューブラーベルと呼ぶんですね。一応楽器としてウイキペディアにも載っていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB

 その録画ビデオを見た後、夕食の準備をしながらラジオをつけたら、「今日のお客さまは~クラシカル・アコーディオン奏者のデービッド・ファーマーさん~」とか何とか聞こえてきたので、慌ててヴォリュームを上げて、聴き入ってしまいました。なかなか聴き応えのある演奏を楽しむことができました。使っていらっしゃる楽器が18キロというのにも驚きました。この重さでは、私にはとても持てそうにありませんが、フリーベースの響きに憧れて始める方たちの気持ちも分かるなぁと、ちょっと思いました。先ほど「びたみんAcco」のfoohtaさんのブログを拝見したら、今日の番組のプログラムが出ていました。
http://foohta303.blog28.fc2.com/blog-entry-948.html

 自分の大好きな楽器、でも少々マイナーな楽器、街中でやっている人と出会う機会は多くはない、そんなアコーディオンがテレビやラジオに登場することは、やっぱり嬉しいですね♪ 昨夜の≪かるふーる≫に参加してくださった方からメールをいただきましたが、帰りの電車の中で、アコーディオンを持った方と出会ってお話をされたそうです。そんな素敵な出会いも時々あったりします。そんな日は、何ともいえず幸せな気持ちになりますね♪

第40回“アコーディオン喫茶かるふーる”

 note真夏の夜の音楽会-“アコーディオン喫茶かるふーる”note  12名のご参加で楽しい夜を過ごしました(前日に急なご用事でのキャンセルが4名あったものの、不思議と前日予約&当日参加で最終的に予定通りの12名となりました)。楽器の運搬には暑い夜でしたが、エアコンをきかせていただいた店内では温かい珈琲と差し入れのお菓子も美味しく、演奏・情報交換・おしゃべりを楽しみ、最後は即興アンサンブルをやって名残惜しく思いながら参加者の皆さんとお別れしました。ご参加くださいました皆さん、差し入れご持参くださったお二人のHさん、ありがとうございましたhappy01

♪女学生 ♪エルチョクロ ♪夜明け ♪Sailing ♪幸せを売る男 ♪フィンランド民謡 ♪空 ♪原爆許すまじ ♪夏の思い出 ♪パリの空の下(チェロ) ♪リベルタンゴ(チェロ) ♪さんぽ ♪TSUNAMI ♪ヒロシマという名の少年 ♪モーツアルトのメヌエット(ヴァイオリン) ♪メロディー ♪もみの木(シベリウス) [間違いや漏れなどありましたら、申し訳ありません]

 何度か参加してくださっているTさんが、人数が少なめの時ならば邪魔にならずに置けるのではないかということで、昨夜はアコーディオンでなくチェロを持参してくださいました。アコーディオンを始めて以来随分と長い間弾いていないと仰っていましたが、CD伴奏に合わせて素敵なチェロの音色を聴かせてくださいました。≪かるふーる≫の開催日だと知らずに遠方から来店された青年Sさんも、ヴァイオリンをお持ちだったのでオーナーのMakikoさんが誘って下さったら、そのまま参加してくださって、明日の発表会で演奏予定の曲を聴かせてくださいました。
 今回の人数ならば少し時間的に余裕があると思い、即興で皆さんでアンサンブルを楽しめそうな楽譜を探してみて「ラバーズ・コンチェルト」を最後にやってみました。小学校の音楽の教科書に掲載されていた4パートに分かれた簡単なアンサンブル譜だったので、すぐに演奏でき、楽しい合奏となりました。こんな時、アコーディオン以外の楽器があるとより楽しめますね。チェロもヴァイオリンも生きていました! 私は持参していたリコーダーを吹いて楽しみました♪ お帰りを急ぐ方もいらっしゃることと思い2コーラス演奏して、お開きとしましたが、何となくもう少し弾きたかったなぁという雰囲気の方たちもいらっしゃったので、時間の許す方はさらに残って再度「ラバーズ・コンチェルト」を、そして譜面はありませんでしたが「エーデルワイス」も合奏して(英語で2曲とも英語で歌ってくださった方もいました)楽しみました。参加者数の多い時には、お一人1曲ずつ弾いていただくだけでも時間オーバーしてしまったりで、なかなかアンサンブルを楽しむことまで出来ないのですが、少人数の時には、こんな楽しみもあります。大勢で賑やかなのも、少ない人数でゆったりと楽しむのも、どちらもいいですねsign03

 今年になってからアコーディオンをテーマにした絵をお店に飾ってくださっているKさんが、昨夜はまた新しい絵を(3作め)を持参して取り換えてくださいました。アコーディオンを弾く女性と帆船の絵をバックにSailingを演奏してくださったKさん。アコーディオンを弾くことと絵を描くことには密接な関係があるようです。ただただ楽器を練習するだけでなく、本を読むとか絵を描くとか、心豊かな日々を送ることで、人の心に届く、より豊かな音楽を奏でることが出来るようになってゆくのでしょうね。≪かるふーる≫に来てくださる皆さんのお話を聞いていると、生きてゆく・音楽をやるということのヒントがたくさんあります。ありがたいことです。

 昨夜いただいた各種ご案内は改めてご紹介しますね。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »