フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« ♪ハミングフォークコンサート | トップページ | 音フェス@東大和ハミングホール »

2008年11月23日 (日)

伝え合う

 11月の≪かるふーる≫でピアノ弾き語りのミニライブをやってくださった「せつこ」さん。アコーディオンに興味を持ってくださってアコーディオンをテーマにした曲を2曲作ってくださって、「ピアノ弾き語り&アコーディオン」で曲を仕上げるという楽しみを私にも分けてくださいました。その「せつこ」さんが師事なさっている先生のお教室の発表会が昨日あり、私も一緒にステージでアコーディオンを弾かせていただきました。

diamondAUTUMN LIVE 2008(中村劇場)diamond
 ライブハウス Liverpool (国立)にて

 プログラムの最初の一時間は全てオリジナル曲を歌う方ばかり5名のステージでした。皆さん、それぞれの想いを歌に込め弾き語り、あるいはウクレレやギターの伴奏などで歌われました。そのステージの最後で「せつこ」さんが3曲歌われる際に一緒にステージに上がらせていただきました。
 最初の一曲は「せつこ」さんお一人で『坊やの子守唄』。そしてアコーディオンも加わって『君のアコーディオン』『花ごころ』。実を言うと午前中のリハーサルで、これまで上手く出来ていたのに何度か繰り返してみても上手く行かないという箇所が出てきてしまって、少々不安を抱えて上がったステージでした。それでも、「楽しく演奏しましょう♪」という「せつこ」さんの言葉に励まされ、そして一曲目の『坊やの子守唄』を隣で目をつむって聴いているうちに気持ちも楽になってきて、本番は100%ではないにしても何とか形になる演奏ができたように思います。二人で演奏をする場合は、気持ちが同じ着地点に向かっていないと上手くいかないのだと思いますが、リハーサルの時点では私の集中力がきっと不十分だったのだと思いました。そして本番までの間、「せつこ」さんとお喋りしたり他の方たちの演奏を聴いたりしている間に何だか固かった気持ちが和らいで、本番では「せつこ」さんが歌に込めてくださったものを感じながら、こちらもそれに応えたいと思いながら演奏ができたように思います。
 まだまだ上手く自分の思うようにアコーディオンで表現できない私ですが、音を通して誰かと気持ちを伝え合う、そんな経験をさせていただけて、ありがたく、また嬉しい時間を過ごしました。「せつこ」さん、ありがとうございました。

« ♪ハミングフォークコンサート | トップページ | 音フェス@東大和ハミングホール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ♪ハミングフォークコンサート | トップページ | 音フェス@東大和ハミングホール »