フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« ♪伊藤ちか子さんからの演奏情報 | トップページ | 天然温泉 ゆの郷 »

2009年2月15日 (日)

♪バレンタイン・ライブ@カフェバーCoo

 昨夜のカフェバーCooではsayacoさんのお誕生日のお祝いを兼ねたバレンタイン・ライブが開催されました。黒いドレスに身を包んだsayacoさんの歌声とCooママ杏子さんのピアノで、たくさんの曲を楽しませていただきました。一番心に残ったのは何といっても『水の花』でした。一月のハミングホールでのイベントのために杏子さんが作った歌ですが、何度聴いても素晴らしいです! 
 第二部はBobさんのマジックから始まり(いつもながらステキなマジック!)、その後、余興第二弾という感じで私のアコーディオン伴奏で2曲、sayacoさんが歌ってくださいました。「アニーローリー」「埴生の宿」でした。三日前に決まった話で私の方が練習不足ではありましたが、sayacoさんに歌っていただける機会は嬉しく、ご一緒させていただきました。後から考えると、アコーディオンを弾くことに精一杯で、歌い手さんの呼吸に寄り添えていなかったなぁ~と思います。もう少し延ばしたい箇所、すこし間を置きたい箇所など歌を表現する歌い手さんの想いを感じ取って、そこに寄り添えるような伴奏ができるようになりたいと思います。
 自分で弾き語りをする方のサポートとしてアコーディオンの音色を加える場合、歌声喫茶で大勢で歌う伴奏をする場合、歌い手さんの独唱にアコーディオンだけで伴奏をする場合、一言でアコーディオンを弾くと言ってもケースバイケースで違う取り組み方をしなくてはいけないと感じました。昨夜の経験は、また別の機会に生かしていきたいと思います。
 ライブ終了後、sayacoさんファンの小学生の男の子がミニサイズ(子ども用?)のエレキギターを持ち出してステージへ。sayacoさんのために遊ぶ間も惜しんで練習したという「ハッピーバスデー」と「キセキ」を弾き語りで披露してくれました。目のクリッとした可愛い男の子です。一生懸命練習した演奏を聴いてもらいたくて、ちょっと照れながらも頑張って弾いていました。お店全体が暖かい空気に包まれていました。年齢に関係なく幅広い層のファンを持っているsayacoさんです。これからも、きっと私達を魅了し続けてくれることと思います!

« ♪伊藤ちか子さんからの演奏情報 | トップページ | 天然温泉 ゆの郷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ♪伊藤ちか子さんからの演奏情報 | トップページ | 天然温泉 ゆの郷 »