フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 平山教室発表会 - 日程訂正です | トップページ | 池内光子さんのライブ情報 »

2009年10月 8日 (木)

「のんちゃnのり弁」みてきました!

 緒方明監督の「のんちゃんのり弁」を昨日みてきました。立川シネマシティーは水曜日のみレディースデーと称して女性は1,000円で見られるので、ちょっと得しました。1,800円が1,000円になるので、かなり得かもしれません。台風が近づいていたこともあり満席とはいきませんが、私同様レディースデーを目当てに来たのか、やはり女性客が多かったです。

 映画の内容は、これから見る方の楽しみを奪ってしまうので書きませんが、とても後味のいい映画でした。「この年で、人生本気で生きたくなりました。永井小巻(31歳・子持ち)」というチラシに書かれている一文が内容を表していますが、奮闘しつつも人生そんなに甘くはないという思いを重ねつつ、それでも本気になった時にこそ発揮される火事場の馬鹿力で突き進んでいきます。最後のシーンは小巻さんのとびきりの笑顔で終わります。

 音楽はアコーディオン・ファンだったら知らない方はないことと思いますがcobaさん。時折流れてくるアコーディオンの音色とともに印象的だったのがcobaさんの口笛。とてもcobaさんらしさが感じられるスピード感のある音楽でした。

 緒方明監督は、≪かるふーる≫仲間でもあり≪かしましライブ≫仲間でもある緒方昭子さんのお連れ合いですが、先週の新聞には写真付きでインタビュー記事が掲載されていました。今、公式ブログをちょっとのぞいてきたら、海苔ファッションに身を包んだ緒方監督の姿がありました! そしてそこに書かれていた記事にちょっと気になることが。次回作が既に発表になっているとのことで何とフランスの名匠ルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』のリメイクだそうです。とっても楽しみです♪

●「のんちゃんのり弁」公式サイト:http://www.noriben.com/
●「のんちゃんのり弁」公式ブログ:http://blog.excite.co.jp/nonchannel/
●作品情報:http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/19804/
●上映スケジュール:http://movie.walkerplus.com/mv38323/
●死刑台のエレベーター:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%8F%B0%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

« 平山教室発表会 - 日程訂正です | トップページ | 池内光子さんのライブ情報 »

コメント

藤野の薬売りさん、こんばんは。
幸い私の住んでいる辺りは、一体台風はどこを通っていったんだろうと思うほど影響はほぼなしでした。テレビで見ると結構な被害が出ているようで自然災害は本当に怖いなと思います。
若い頃は映画が大好きでよく見に行っていたのですが、最近はなかなか行けなくて、この前映画館へいったのは、多分4年前の緒方監督の前作「いつか読書する日」だったと思います・・
次に映画館へ行くのは「死刑台のエレベーター」リメイク版かもしれません!

いつもお世話になります。18号台風被害ありませんでしたか?藤野地域も電車が止まったくらいで良かったですが、被害の出ている地域は本当にたいへんですね。
「のんちゃんのり弁」先般私も拝見しましたが、とても良い映画でした。周りで見ていた方も、とても感動されていたのが、良くを分かりました。次の緒方監督の映画を楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平山教室発表会 - 日程訂正です | トップページ | 池内光子さんのライブ情報 »