フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« アコーディオン関連情報 | トップページ | 何の花? »

2010年4月30日 (金)

Vocalise ヴォーカリーズ

2010429320104202

20104291

ピアノを習っていた小さい頃、教会のパイプオルガンを弾いてみたいなぁ~と夢見ていました。何となくオルガンの音色に憧れていました。大人になってエレクトーンを習い始めたのは潜在意識の中でパイプオルガンとの共通点を感じていたのかもしれません。そんな幼い頃の夢はすっかり忘れた頃になって、パイプオルガンのある教会でピアノを弾く機会をいただきました。

「炭火煎はるもにあ」のオーナーMakikoさんが主宰する「バイオリンの気軽な演奏交流会」の発表会が昨日「SDA立川キリスト教会」で開催されて、私はMakikoさんのバイオリンの伴奏をピアノでやらせていただきました。ステンドグラス越しに差し込んでくる光が大変美しく、奏でられる音も丸みを帯びて柔らかく、とても心地のよい素敵な教会でした。休憩時間を含めて4時間を超す長い演奏会でしたが、弦楽器だけでなく木管アンサンブルなどもあり、2台のビオラによるゲスト演奏も素晴らしく、久しぶりに音楽をゆったりと楽しむことのできた休日となりました。

伴奏させていただいた曲は、もう何十年もピアノをきちんと弾いていない私には少々難しい曲でしたし練習時間も充分取れませんでしたが、やっているうちに次第に曲の魅力を感じられるようになってきて、バイオリンの音を聴きながら息を合わせることの楽しさを味わいました。普段の家での練習は壊れかけの電子ピアノ、「はるもにあ」で何度か合わせの練習をしたものの昨日の本番はグランドピアノ。譜面台の高さが違って譜面がよく見えない、鍵盤のタッチも違って思うように音が出せないなどありましたが、それでもとても気持ち良く演奏ができました。今回は演奏レベルは置いておいて、とにかくMakikoさんとの二人のステージを楽しみたいと思いました。いつも『アコーディオン喫茶かるふーる』を支えてくれて、プライベートな面でも支えてくれているMakikoさんと一緒に音楽を作っていく、そんな時間を持てたことを、とても嬉しく思っています。ちゃんとした伴奏ができるお知り合いも大勢いらっしゃるのに私に声をかけてくださったこと、ともに悩み愉しむ時間をいただけたこと、感謝しています。

Makikoさんと私が目標とした演奏はこちらです。

「ヴォーカリーズ」(ラフマニノフ)http://www.youtube.com/watch?v=KIAoIA7rs08&NR=1

« アコーディオン関連情報 | トップページ | 何の花? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アコーディオン関連情報 | トップページ | 何の花? »