フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 坂本光世さん&五十嵐美穂さん のライブ情報 | トップページ | マンドリン教室発表会 »

2010年7月16日 (金)

「O-KA-E-RI」 Rieko Iwaki 発売になりました♪

 岩城里江子さんに出会ったのは、私がアコーディオンを習い始めて2、3年後だったでしょうか。当時私が通っていたお教室に後輩として入ってきた岩城さん、発表会会場にはまだ幼い二人のお嬢さんたちの姿もありました。会うたびに力をつけて上手になっていく岩城さんの姿に私はいつも大きな刺激を受けていました。その後、積極的にライブ活動を始めた時には、私は「追っかけ」になって彼女の姿をいつも目で追っていたような気がします。私がアコーディオンを介して人とかかわることに楽しみを見つけ、それを生きがいにするようになったのは岩城さんの影響も大きいように思います。彼女と出会ったことで私の人生も大きく方向転換したようにも思います。
 そんな彼女が、しばしの活動停止の後に発表した1st.アルバム「O-KA-E-RI」。アマゾンで予約注文しておいたら発売日の昨日届いたので、早速聴いてみました。

 これから聴く方にあまり先入観を与えてしまってもいけないので詳細は省きますが、チラシには「一台のアコーディオンと旅してできた音日記」とのサブタイトルが付いています。岩城さんが、これまで生きてきた人生の中から生み出した曲たち、アコーディオンとともに過ごしてきた時間や想い出の集大成となっているように感じました。ジャケットや中に入っているイラスト付きのカードも温かみにあふれる優しい感触です。私が病気をして入院した時には、遠方からお見舞いにきてくれて優しく手を握ってくれたことなど、彼女とのいろいろな思い出が蘇ってきました。きっと、これからも益々いろいろな活動へと踏み出していく岩城さんだろうと思います。今は時間が取れずライブには行けないのが本当に残念ですが、また「追っかけ」になれる日を待ちつつ、しばらくはCDを聴きながら時折彼女のブログで活躍ぶりを追っていきたいと思います。

::: 以下は再掲載記事です :::

 私の大好きなアコーディオン奏者たちの中のお一人、岩城里江子さん。『かるふーる』のオープニング・イベントを盛り上げてくださったことを覚えていらっしゃる方も多いと思います。その後、アコーディオン・デュオSarasaのメンバーとして、あるいは声とアコーディオンのユニット「楽香(らっきょ)」メンバーとしても「炭火煎はるもにあ」で私たちを楽しませてくれました。

 昨年から演奏活動を一時休止中でしたが、その期間中に曲を作ったり様々な経験を積み重ね、さらに大きく成長した姿で私たちの前に戻ってくるようです! 初のCD「O-KA-E-RI」のリリース情報とライブ情報をいただきました。

 詳細は岩城さんのブログでご覧になれますので、是非!! 

● http://yaplog.jp/raku_rie/
● http://raku-rie.jugem.jp/?eid=528

« 坂本光世さん&五十嵐美穂さん のライブ情報 | トップページ | マンドリン教室発表会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂本光世さん&五十嵐美穂さん のライブ情報 | トップページ | マンドリン教室発表会 »