フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 11月の『かるふーる』 | トップページ | 世界一受けたい授業 »

2010年10月31日 (日)

仲間っていいな(^O^)

 月に一度お邪魔している高齢者施設でボランティア交流会があり、昨日行ってきました。普段、他のボランティアさんたちとお話する機会はないので、こういう場はとてもありがたいものです。自分の得意なことを生かして何らかの形で地域と関わりたいという同じような気持ちを持つ方たちとお話のできる場は、自分の活動の参考にもなります。
 昨日は、音楽活動の他に訪問美容・車椅子ダンス・書道・俳句・麻雀・同居犬のお散歩・話し相手などをなさっている方たちが参加なさっていました。全体会の後のフリートークの時間に、同じように音楽での活動、特に歌の伴奏をなさっている方たちとお話をすることができました。そこで感じたのは、皆さん、同じように悩みつつ試行錯誤を重ねて活動を続けられているんだなということでした。
 高齢者の施設と言っても、障がいを持ち若くして入居(あるいは通所)されている方たちもいらっしゃるので、年齢の幅がかなりあります。極端な話、60代の方たちと100歳を超える方たちでは親子以上の年齢差です。そんな中で少しでも皆さんに楽しんでいただきたいと考えると選曲にはかなり迷います。今は施設で作成してくださった歌集を中心にやっているので楽にはなりましたが、それでも毎回同じものでは飽きがこないかとも思い、新しいものも少しずつ取り入れています。そんな時、「この曲はどうだろうか、喜んでいただけるだろうか? 知らない人が多いかしら?」などなど、結構選曲に悩みます。ハーモニカやピアノでの歌伴奏をなさっている方たちからも同じような話を伺って、皆さん同じようにいろいろ悩みつつ活動されているんだと知って、ちょっとホッとしたりしています。
 「青い山脈」「リンゴの歌」など定番の曲だけをやっていれば時間は持つものの、それだけでは自分自身が何となく物足りないという思いがあります。皆が知っている訳ではないものの、きっとお好きな方もいるに違いないという曲を入れてみたり、歌集にない曲だけど皆さんご存じなんではと思う曲を入れてみたり、そういう試行錯誤もまた私自身の楽しみでもあります。
 地域の中で生きていく、人と関わりながら日々を過ごしていく、そんな時、仲間がいるという安心感はかけがえのないものだと思います。職場の仲間・ウォーキング仲間・ボランティア仲間などなど、違う分野での仲間を持っていると心強いなぁ~と思いますhappy01

« 11月の『かるふーる』 | トップページ | 世界一受けたい授業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月の『かるふーる』 | トップページ | 世界一受けたい授業 »