フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« aco-nico(アコニコ)ラストライブ♪ | トップページ | 3月の『かるふーる』 »

2011年2月28日 (月)

「となりのトトロ」

 110226_201919_2 アコーディオンを弾くようになって、障がいを持ちつつも生き生きと生活されている方たちと出会う機会を数多く持つようになり、そんなことがまた自分の人生を豊かにしてくれることに気付きます。様々な活動のお手伝いに声をかけていただけること、本当にありがたいことだと思います。

 先週の土曜日には、立川市の「アミューたちかわ大ホール」で開催された『2011年! 第12回 春を呼ぶコンサート』に参加させていただくことができました。13のグループのうち「立川手をつなぐ親の会」の親子の皆さんと一緒にステージ上で「となりのトトロ」を一緒に演奏させていただきました。私以外の皆さんは振付指導の先生と一緒に歌いながら踊っていたのですが、私は横でCDの歌のメロディーに合わせてアコーディオンを弾いていました。アコーディオンが加わることで少しでも楽しい雰囲気が演出できればということだったので、私も精一杯の笑顔で演奏したつもりですが、自分では見えていなかったので、どんなものだったでしょうか? たくさんの人たちと一緒にイベントに参加できたこと、自分でもとても楽しかったです。一つだけ残念だったことは、リハーサルの後、アコーディオンの蛇腹止めをうっかり上下ともに留めてしまって(普段すぐ弾く予定がある時にはめったに下は留めないのですが・・・)、下の留め具を外すのを忘れて演奏を始めてしまったことです。一小節目で蛇腹が開かないことに気付いて慌てて外しましたが、出だしからちょっとアタフタとしましたcoldsweats02  でも、すぐに気持ちが切り換えられたので、そんなことは忘れて最後まで思いっきり楽しく演奏することができました。最近、自分でも何が起きても気持ちの切り替えが比較的すぐにできるようになってきたような気がします。これも年齢を重ねることによる度胸というのか図々しさというのか分かりませんが、よい傾向かなぁ~と思っていますhappy01  そんな演奏だったにも関わらず、終演後には大きな花束をいただき、恐縮しながら帰ってきました。

 どんな障がいであれ、それを苦にするだけでは生きていくことが辛くなります。それぞれの人たちが自分らしくいきいきと生きていけるように支え合っていける社会であれば、障がいを持っていても笑顔を忘れず命を輝かせるような生き方ができるのだと思います。ステージで演奏や踊りなどを繰り広げる各グループの方たちのパフォーマンスを見ながら、素晴らしさに時折感動がこみ上げてくるようでした。「障がい」というのは生まれつきのものもあれば、生きていく中で後天的に得てしまうこともあります。私を含め、どんな人にとっても「自分には無関係」とは言えないことです。さまざまな障がいを抱えながらも懸命に生きている人たちが少しでも生きていきやすい地域社会であるように、これからも音楽を通じて自分なりにできることは何かを考えていきたいなと思います。

 お声をかけてくださった「立川手をつなぐ親の会」の皆さん、ありがとうございました。

●「となりのトトロ」:http://www.youtube.com/watch?v=6jpxSFZMG2M

« aco-nico(アコニコ)ラストライブ♪ | トップページ | 3月の『かるふーる』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« aco-nico(アコニコ)ラストライブ♪ | トップページ | 3月の『かるふーる』 »