フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 「せきたさらい」さんからの演奏情報♪ | トップページ | 五十嵐美穂 Accordion Recital »

2011年3月30日 (水)

永六輔さん「生きるものの歌」

 朝の片づけものをしながらよくラジオを聴いています。蛇口から普通に流れ出てくる水に、日々三食きちんといただけることに感謝しつつ洗いものをしていると、聞こえてくる歌声にふと手が止まりました。知らない歌だけど引き込まれてしまう、声楽家が歌っているような歌い方ではないけれど心に沁み入ってくる、そんな歌でした。永六輔さんの歌う「生きるものの歌」という曲でした。

●譜面を見つけました: http://bunbun.boo.jp/okera/aaoo/ikiru_mono_uta.htm

語り部分が一部聴いたものと違う気がして探したら、歌詞だけ紹介したサイトも見つけました

●歌詞:http://j-lyric.net/artist/a052ac7/l01d380.html

「誰もが耐えて生きている。思い出と友だちと歌があなたを支えていくだろう。」

とありました。

 永六輔さんの歌ではありませんが、こんな歌です。

●諸口あきらさん「生きるものの歌」:http://www.youtube.com/watch?v=FL_TN8h4Yxg

 私は自分が上手く歌えないので伴奏でお手伝いすることしかできないのですが、歌の力で人を元気にできるということを、ここ数年の地域での活動の中でも感じてきました。アコーディオンを始めた頃、歌の伴奏をしたいと思った訳ではありませんでした。大好きなミュゼットやシャンソンをたくさん弾きたいと思っていました。でも、どこへ行っても自分の好きなものだけを弾くよりも皆さんが良く知っている歌を弾く方がずっと喜んでもらえることに気付きました。大好きなものを弾く時間を少しは確保しつつも、これからも歌の力で誰かを支えていく、そんな活動のお手伝いをしながらアコーディオンを弾いていきたいなと改めて思いました。

« 「せきたさらい」さんからの演奏情報♪ | トップページ | 五十嵐美穂 Accordion Recital »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「せきたさらい」さんからの演奏情報♪ | トップページ | 五十嵐美穂 Accordion Recital »