フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« Vアコーディオン・コンテストのレポート | トップページ | 後藤ミホコ with モーダスカルテット(続き) »

2011年10月 8日 (土)

『後藤ミホコ with モーダスカルテット』無事終了♪

 昨夜、東京・江東区の森下文化センターで開催された『後藤ミホコ with モーダスカルテット』、盛況のうちに終えることができました。ご来場くださいました皆さん、心から心からお礼を申し上げます。終演後、懐かしい古い友人たちや久しぶりに会うアコーディオン仲間など、大勢の方たちと心楽しく言葉を交わすことができました。

 今回の合同アンサンブルには、万が一家族の体調が良くない場合には直前あるいは当日になって不参加になることもありうるのですが・・・という少々身勝手な条件付きでの参加申し込みをさせていただいたのですが、幸いにも家族の病状も安定していて昨日は安心して家を空けることができる状況でした。そして、この素晴らしいコンサートのオープニングとエンディングで思い切り演奏を楽しむことができたこと、本当に幸せな時間でした。自分と同じようにアコーディオンが大好きな仲間たちと心を通わせ一緒に練習を重ね、本番へ向けて取り組むことができたこと、ステージ上でも緊張感を持ちつつも音楽を楽しむということができたこと。そういうことを思うと、今回のことは私にとって大きな収穫となるものでした。

 後藤さんと出会って、まだ3ヶ月ほどですが、合同アンサンブルのメンバーを集めたいというお話を伺い、『かるふーる』仲間の皆さんを中心にお声をかけ、無事に昨夜のコンサートを終えることができたこと、嬉しいと思うと同時に、こんな素晴らしい経験の場を私たちにくださった後藤さんに感謝の気持ちでいっぱいです。東京FOTA(Friends Of The Accordion)メンバー13名のうち11名は『かるふーる』に参加経験のある方たちでした。あちらこちらのお教室やサークルから集まった13名に後藤ミホコさんと名古屋や西宮から上京されたアコーディオン奏者の方たちも加わってのアコーディオン・アンサンブル、さらにモーダスカルテットの方たちにも入っていただいてのアンコール曲の演奏、大勢で一緒に音楽を奏でるって、こんなに楽しいんだと改めて思いました。音楽の恵みをたっぷりといただいて、私の心の中にも身体の中にも元気が満ちているような気がします。この充実した気持ちを、またさらに新たなことに取り組んで少しでも前進することにつなげたいなぁ~と思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(プログラム)

♪「リベルタンゴ」合同アンサンブル
♪モーダスカルテットのステージ(約40分)
♪「ホウダウン」後藤ミホコさん&ドラム
♪「大地へ」後藤ミホコさんソロ
♪「コロマイキ~ガンキノホロ」後藤ミホコさん&銀羽功美男さん&カホン
♪「モルダウ」「アコーディオンブギー」「ディージーフィンガース」
  後藤ミホコさん&銀羽功美男さん&平野新祐さんのトリオ
  + 笛 三味線
♪「ロシアンメドレー」合同アンサンブル
 (カリンカ~仮面舞踏会~チェブラーシカより「青い列車」~ダッタン人の踊り~展覧会の絵
♪「いつも何度でも」出演者全員で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

モーダスカルテットの演奏は会場で見ることができました。アコーディオン&サックス・クラリネット&コントラバス&パーカッションという4名のユニットが紡ぎだしてゆく音楽、ちょっと不思議な雰囲気です。スイス・ドイツ・イタリア・イスラエルと国籍の異なる4名が作り出す音楽ですから、様々な要素が混じり合って、これまであまり聴いたことのないようなものでした。とても面白く感じました。何と言っても一番目をひいたのはhang(ハング)と呼ばれる珍しい楽器。スティールパンのような音色ですが、手の平でたたいていました。とてもきれいな音色です。一見ただ凹んでしまった中華鍋かと思うような外見ですが、魅力的な音を生み出す楽器なのですね、びっくりでした!

●英語のサイトですが「hang」について:http://en.wikipedia.org/wiki/Hang_(musical_instrument)

YouTubeでも hang の演奏が聴けます。
● http://www.youtube.com/watch?v=ka1oRS4h7B8
● http://www.youtube.com/watch?v=TQXn5ba0aT8
● http://www.youtube.com/watch?v=R-tmBX8fDug&feature=fvwrel

昨夜のコンサートにはいらっしゃれなかった方にはモーダスの皆さんの演奏も♪
● http://www.youtube.com/watch?v=9LEV23AkhMM

●モーダスのリーダーのオムリ・ヘイソンさんのHP:http://www.omrihason.ch/EN/Instruments.EN.html

●モーダスカルテットのHP:http://www.omrihason.ch/EN/Modus.EN.html

●モーダスのアコーディオン奏者アントネッロさんのHP:http://www.antonellomessina.it/
●演奏はこちらで聴けますよ:http://www.antonellomessina.it/VIDEO%20GALLERY.html

アントネッロさん、イタリア人ですが英語もフランス語も話すようで、私たちの片言英語にも気さくに答えてくださって楽しい方でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の写真、きっと近いうちに後藤さんのブログにアップされるのではないかと思いますので、そうしたらリンクさせていただいてご紹介しますね♪

« Vアコーディオン・コンテストのレポート | トップページ | 後藤ミホコ with モーダスカルテット(続き) »

コメント

clover田代さん、昨夜はお忙しい中、コンサートへ来てくださって、ありがとうございました。
終演後、お姿を見つけられなかったのでご挨拶ができませんでしたが、早めにお帰りになっていたのですね。温かいコメントをいただき、私たちにも今後の励みになります。会場内に関東アコや『かるふーる』仲間のお姿をたくさん見つけ、私もとても嬉しかったです。ご予約はいただいていなかったものの、昨日になってご都合がついて来てくださった方も多かったようで、コンサートの途中でかなり椅子を追加で出していました。多くの方に聴いていただけて、よかったです♪

昨夜は、3時間余をぶっ通しの素敵なコンサートでした。

モーダスカルテット演奏は、普段あまり聞くことのないジャンルの音楽ですが、聞いていて浮かんだ言葉は"Philosophy"という用語でした。統一感があり、人間の尊厳に対する尊重の気持ちが国境を越えてそのまま音楽として表現されたというか。そして、この感想は終演後の会場で彼らに自分の言葉で伝えたいと思ったのですが、とても自分の語学の力を越える物だったので、諦めざるを得なかったのが残念でした。今日は栃木方面で演奏をなさるそうですがご成功をお祈りしています。

東京FOTAの皆さんの演奏は、後藤ミホコさんのリードで()とは言え指揮も無いのに一糸乱れることのない素晴らしい演奏でした。きっと一人一人がしっかり練習を積んで演奏に臨まれたことで実現したのではないかと思います。皆さんは良い経験をなさいました。

後藤ミホコさんの演奏は、明るくダイナミック。そこに名人芸を織り交ぜながら聞き手を楽しませる技を織り込みながらの熱演でしたが、全体を統一した力、そのコンセプトに感銘を受けました。一言で言うと“人の繋がり大切に”というメッセージが強く感じられるコンサートだったと思います。皆さんお疲れ様。そして有り難うございました。

会場には、かるふーるでお馴染みの皆さんのお顔や、関東アコでお馴染みの皆さんのお顔が沢山見えましたが、急ぎの宿題を抱えていたので終演後はご挨拶もそこそこに会場を後にしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Vアコーディオン・コンテストのレポート | トップページ | 後藤ミホコ with モーダスカルテット(続き) »