フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 後藤ミホコさんと檜山学さんのジョイント・ライブ♪ | トップページ | 「リベルタンゴ・イン・トーキョー」寺井尚子&リシャール・ガリアーノ »

2011年12月22日 (木)

久しぶりのつぶやき

 11月18日~21日の久しぶりの大分への帰省。楽しい旅ではあったのですが、帰京後に体調を崩していた(咳が止まらず胸が痛む)息子の具合がなかなかよくならず(近くの内科医には3回受診したのですが・・・)、12月7日に大きい病院へ行きました。するとレントゲン写真を見るなり「今日はこのまま入院してください。明日、手術ができるように外科医ともすぐに相談します。」とのこと。「気胸」という病名を告げられても、それがどんなものだか良く分からないまま、緊急処置として胸の両脇に穴をあけてドレーンを通し、そのまま入院となってしまいました。

 「気胸」というのは割とよくある病気らしく、背が高く痩せ型の15歳~25歳ぐらいの年齢の男性に多いのだそうです。息子はピッタリと当てはまっていました。大分へ帰省する前から肺に小さな風船のようなものができる気胸の兆候がきっとあったのだろうということで、飛行機で東京・大分間を往復した際の気圧の変化によって肺に穴があいてしまったことが考えられるとの話でした。気胸だと判断がつくまでに時間を要してしまったため片肺が肺水腫と呼ばれる状態になってしまっていて、一度の手術ですまず1週間おいて二度の手術をすることになってしまいました。若いし体力もあったことも幸いしてか、2度目の手術の後は回復も早く、昨日二週間ぶりに退院して家に戻ってきました。その間、毎日病院通いをしていたために、ブログの更新もなかなかできませんでした。

 急なことだったので、JAA伴奏講座・JAPC大忘年会・『歌声カフェ「空」』・保育園園長の友人に頼まれていたクリスマス会での演奏など、みなキャンセルせざるをえませんでしたが、皆さん快くキャンセルをOKしてくださって、ありがたかったです。特に保育園のクリスマス会には『かるふーる』仲間のSさんが私の代わりに出演してくださって助かりました。Sさん、本当にありがとうございました。職場でも、急な欠勤や勤務時間短縮を快く受け入れてくださったので、安心して病院通いを続けることができました。心優しい人たちに囲まれて生きている自分は何と幸せなんだろうと改めて思いました。困った時にそっと手を差し伸べてくれる仲間がいるって、何て嬉しいことなんだろうと感じました。

 ブログ更新がないけど・・・と気にかけてくださった皆さん、メールをくださった皆さん、ご心配をおかけしましたが、ようやく落ち着きましたので、またボチボチと再開していきたいと思っています。

 二週間の病院通い、辛い気持ちで続けていた訳ではなく、最寄駅から病院までの徒歩20分ほどを歩きながら、まだ残る紅葉を楽しんだり鳥の囀りやせせらぎの音に心安らいだりしていました。幸いお天気の良い日が続いたので、雲一つない青空を眺めながら落ち葉を踏んで歩く心地よさを楽しんだりと、自然の中に身を置く時間を少しでも取れることで、自分の気持ちも落ち着き、人間が本来持っている自然治癒力を信じることができました。もちろん病院の先生方のお力があってのことですが、人間の持っている強い回復力というものを信じる気持ちも大事なんだと思います。家族が皆、それぞれに病を抱える我が家ですが、ちょっとぐらいの身体の不調は治る・治すと強く信じる気持ちで何とかしていきたいと思います。

 残り少なくなった2011年、皆さんそれぞれにいろいろな想いを持って、この一年に区切りをつけようとなさっていることと思います。私もパソコン・デスクの上に山積みになっている片づけるべきことを少しずつ減らしていって、大晦日にはゆったりとした気持ちで紅白歌合戦でも楽しみたいと思っていますhappy01

« 後藤ミホコさんと檜山学さんのジョイント・ライブ♪ | トップページ | 「リベルタンゴ・イン・トーキョー」寺井尚子&リシャール・ガリアーノ »

コメント

clovernavigatoreさん、こんにちは。
コメントありがとうございますhappy01
「息子が気胸になって・・」とお話すると、結構いろんな方から「うちの夫も」とか「息子の親友が」とか聞くので、珍しい病気ではないようですね。うちの息子の場合は片方の肺がすっかり潰れてしまって水浸し状態で気づくのがもう少し遅かったら危なかったということで、様子見る間もなくすぐに手術になってしまいました。
navigatoreさんの弟さんも再発がないといいですね。

こんにちは。3年前、私の弟が自然気胸になりました。確かに、背が高くて痩せています。たまたま、最寄の内科が呼吸器の専門家だったため、気胸が見つかり、即入院しました。ただ、その前に、最初に具合が悪くなったときに別の病院を受診したところ、原因が分からず、発見が遅れたようです。あれは、随分、痛いらしいですね。弟の場合は、手術せずに済んだと聞いています。どうか、お大事になさってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後藤ミホコさんと檜山学さんのジョイント・ライブ♪ | トップページ | 「リベルタンゴ・イン・トーキョー」寺井尚子&リシャール・ガリアーノ »