フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 「東北アコーディオン・ジャンボリー」合同演奏参加者募集 | トップページ | アコーディオン三昧♪後藤ミホコさん&檜山学さん »

2012年1月15日 (日)

JAA伴奏講座(杉村先生)

 昨日午後はshineschoolJAA伴奏講座の最終回、杉村寿治先生の講義schoolshineでした。

 長年NHK「のど自慢」番組の関西地方予選での歌伴奏をされたりビアホールなどでの演奏経験も豊富な先生のお話はとても興味深いものでした。コードの勉強なども少しした後、後半はシャンソン「ろくでなし」にカヤク(おかずフレーズ)を入れたりなどして4人1組のグループでアレンジをまとめて披露するというものでした。短い時間の中でも各グループそれぞれに工夫をして何とか演奏することが出来ていました。一人ではなかなかやらない このような経験を積み重ねることも 伴奏力アップに繋がるのだと思います。いろいろヒントを得ることの出来た4時間でした。「かやく」を入れるのは音符が全音符や二分音符などで伸びているところがいいですよとか、歌い手が気持ちよく歌えるように伴奏の方がついていくような気持ちで伴奏するといいですよというようなお話を忘れないように心にとめておこうと思います。


 最後は杉村先生お得意のタンゴの名曲の数々を聴かせて頂くこともできました。十数年前初めて杉村先生のタンゴを聴いた時に、その歯切れの良さに驚いたことを思い出しました。(もう一つ驚いたのは、その十数年前と杉村先生の見た目が全然変わっていらっしゃらないことでした。その話を夜のライブの際に関西出身の後藤ミホコさんにもしたら、杉村先生は40代の頃から80歳を超す現在までほとんど変わらないのだと仰っていました。アコーディオンを弾き続けている先輩方を拝見すると本当に皆さん若さを保っていらっしゃいますね。私もアコーディオンを弾いていつまでも若々しくいたいものだと思いました。)

 今回の伴奏講座を企画して下さったJAAの皆さん 杉村先生 充実した時間をありがとうございました。

**************************************

●JAAのHP: http://www.npo-jaa.jp/report20111211.html

  前回の桑山哲也さんの講義の内容が紹介されていますよ♪
(私は行けなくて残念だったのですが、とても充実した内容だったようです)

« 「東北アコーディオン・ジャンボリー」合同演奏参加者募集 | トップページ | アコーディオン三昧♪後藤ミホコさん&檜山学さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「東北アコーディオン・ジャンボリー」合同演奏参加者募集 | トップページ | アコーディオン三昧♪後藤ミホコさん&檜山学さん »