フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

かるふーる

  • 2007年7月の≪かるふーる≫
    月に一回開催されている“アコーディオン喫茶かるふーる”の様子です。<炭火煎珈琲はるもにあ>のHPでも過去の<かるふーる>の様子をご覧になれます。http://homepage2.nifty.com/harmonie2000/ako.html クリックすると写真は大きくなります。
無料ブログはココログ

« 流しのアコーディオン弾き:村井しげるさん♪ | トップページ | 「フィフティーーン・パリ」ダニエル・コラン&クレール・エルジエール♪ »

2013年6月27日 (木)

梅のビール煮!

Pict0002 テレビ番組で「梅のビール煮」というのを作っているのを見て、最初は「えぇ~!?」と思ったのですが、出来上がりを見たら何となくとても美味しそうに見えました。それで、私も作ってみました。梅は大好きなんです!

 そして結果は、「じぇじぇ!」と言いたくなる美味しさでしたsign03

 作り方を紹介したサイトもたくさんあり、分量もいろいろあって迷ったので、適当に作りました。ちなみに、梅1kg+氷砂糖700g+ビール350ml を40分ほどホーロー鍋で煮ました。煮る前に良く洗ってヘタを取った梅を5時間ぐらい水につけておきました。以前やはり自己流で作った梅ジャムよりもずっと美味しくできました。何週間も漬け込んでおかなくても梅ジュースがすぐに飲めるレシピ、毎年作ることになりそうです。梅の実の方は、何日か置いて味を含ませた方が美味しくなるような気がしました。(参考にしたレシピでは青梅を使っていましたが、私は熟した梅の香りを楽しみたくて、購入後2日ぐらい部屋に置いて黄色くなった梅を使ったので仕上がりの色も橙色です。)

 氷砂糖と少々の焼酎を加えて漬け込んである梅シロップの方は、もうしばらく置かないと飲めそうにありませんが、夏はゼリーや寒天にしたり水や炭酸水で割って飲んだりと大活躍ですhappy01

Pict0003
梅のビール煮の作り方:http://cookpad.com/recipe/1158037
http://cookpad.com/recipe/403040
http://cookpad.com/recipe/403040
http://blogs.yahoo.co.jp/fuuko7240/32279985.html

« 流しのアコーディオン弾き:村井しげるさん♪ | トップページ | 「フィフティーーン・パリ」ダニエル・コラン&クレール・エルジエール♪ »

コメント

clovershihoさん、おはようございます~happy01
美味しくできて良かったです! 
私は来年は固めの青梅で作ってみようと思ってますdelicious

作りました!!
驚きの美味しさです!!
母にもさっそく教えました。

上等の和菓子屋で売ってるみたいな味です~
わたしも毎年作ろうっと♪

clover炭酸水の効果を試し中さん、コメントありがとうございます!
砂糖の分量が少し多かったようで甘めに出来上がったので、確かに炭酸水で割るとスッキリとより美味しくなりそうですhappy01

cloverTさんも梅酒がお好きなんですね!
私もお酒には弱いのに梅酒は好きで、昨年は「本みりんで梅を漬ける」というのを試してみました。
甘ったるくない大人向けの梅酒ができました。
梅酒の代わりのつもりでビール煮を作ると、アルコール分は飛んでしまうので、ちょっと期待外れになるかもしれませんsign03

clovershihoさん 
ほんの一時間もあれば飲めるものが出来るので楽ですよlovely
じっくり漬け込んだ時にできるカリカリした梅も美味しいんですが、柔らかく煮えた梅もまたGoodです!
アルコールはすっかり飛んでビールの味は全くしませんよhappy01

梅を炭酸割りで飲んでいるのでこのシロップ試してみたいです。

まさに、じぇじぇですね(@jj@)
そんなレシピがあったとは・・・
梅酒は好きで10年ほど前から毎年6月になると漬けてましたが(うちのキッチン棚の半分は梅酒の瓶に占領されてます)、ビール煮は知りませんでした。
今年は涼しいので7月に入っても梅は出回ってそうですね。ぜひ試してみたいと思いますー。

やるやる!!!
今度の休みにやります!!!ヽ(▽`)ノワーイ♪

先日、キャンプ場(職場)で梅シロップを作ってきました。
でも、待つのが苦手なわたし。
これはいいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 流しのアコーディオン弾き:村井しげるさん♪ | トップページ | 「フィフティーーン・パリ」ダニエル・コラン&クレール・エルジエール♪ »